当サイトのコンテンツにはスポンサーからのPRが含まれている場合があります

ファクタリング会社おすすめランキング2024年決定版!大手から独立系中小まで一覧表で徹底比較

ファクタリングは別称では請求書買取と呼ばれており、入金期日前の請求書を売却することで早期に現金化が可能です。

他の資金調達手段と比べ、審査のハードルが低く資金調達のスピードが早い特徴があります。

ファクタリングと他の資金調達方法を比較した画像

2022年の中小企業白書では非対面で取引できるオンラインファクタリングが融資に変わる代替金融として注目されており、ファクタリングの利用は一般的になっています。

画期的な資金調達手段ですが、「どの会社を利用すればいいのか分からない」とお考えの方が多いかもしれません。

そこで管理人の調査の元、おすすめのファクタリング会社をランキング致しました。

公認会計士ファクタリングの相談窓口の協力の元、優良会社のみを厳選しています。

本記事ではファクタリングについて詳しく知りたい方のために、仕組みやメリット・デメリットについても解説いたしますので、是非ご参考ください。

ファクタリングおすすめランキング16選!一覧表で優良会社を比較

弊メディアの管理人がファクタリングの優良会社を調査した結果分かった「用途別おすすめのファクタリング会社のカオスマップ」は以下です。

ファクタリング会社のカオスマップ

以下はおすすめのファクタリング会社の一覧表です!

ファクタリング会社  1位 ファクタリングベスト 2位 アクセルファクター 3位 日本中小企業金融サポート 4位 ベストファクター 5位 ペイトナーファクタリング 6位 JTC 7位 QuQumo 8位 ビートレーディング 9位 ベストペイ 10位 マネーフォワードアーリーペイメント 11位 ファストファクタリング 12位 ラボル 13位 ファクターズ 14位 ジャパンマネジメント 15位 けんせつくん 16位 paytoday
ファクタリングベスト アクセルファクター 日本中小企業金融サポート機構 ベストファクター ペイトナーファクタリング (3) JTC ququmo ビートレーディング ベストペイ マネーフォワードアーリーペイメント ファストファクタリング ラボル ファクターズ ジャパンマネジメント (2) けんせつくん paytoday
実績 非公表 買取金額350億円 非公表 利用者数13,730件 累計申し込み数10万件 買取金額500億円 非公表 買取金額1,060億円 非公表 非公表 非公表 非公表 非公表 非公表 非公表 累計申込額100億円
手数料 1.0%〜20% 2.0%〜20% 1.5%〜10% 2.0%〜 一律10%  5.0%〜10% 1.0%〜14.8% 2.0%〜12% 5.0%〜 2.0%〜10% 5.0%〜 一律10% 3.0%〜 3.0%〜20% 5.0%〜 1.0%〜9.5%
入金スピード 最短3時間 最短3時間 最短3時間 最短即日 最短10分 最短即日 最短2時間 最短2時間 最短翌日 最短2営業日 最短即日 最短1時間 最短4時間 最短即日 最短翌日 最短1時間
おすすめの利用対象 法人 法人 個人、法人 個人、法人 個人、法人 法人 個人、法人 個人、法人 法人 法人 個人、法人 個人 法人 法人 個人、法人 個人、法人
利用限度額 30万円〜1億円 下限・上限無し 下限・上限なし 1万円〜100万円 100万円〜無制限 下限・上限無し 下限・上限無し 100万円〜 50万円〜3億円まで 10万円〜1億円 1万円〜 30万円〜3000万円 30万円〜1億円 下限・上限なし 下限・上下無し
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
医療ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
注文書ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
注文書ファクタリング
注文書ファクタリング 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング 2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング
注文書ファクタリング
2社間ファクタリング
審査通過率 90%以上 93% 95% 92.2% 95% 90%以上 95%
オンライン対応 ◯(契約時対面) △(契約時対面有り)
債権譲渡登記の有無 場合によって有り 場合によって有り 場合によって有り(留保も有り) 無し 有り 無し 場合によって有り 無し 原則無し 無し 無し 場合によって有り 有り 無し 無し
公式サイト 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

※実績は公式サイトの情報を参照にしています
※ファクタリングベストは一括見積もりサービスなので利用限度額を記載していません

当サイトのランキングは公式サイトと第三者の調査機関の情報に基づいて作成されています。評価基準をポイント化し、総合評価を算出しています。ランキングは総合評価が高い順にご紹介しております。
>>【ファクタリング会社】ランキングの根拠-2024年版

銀行ファクタリングは融資と同レベルの審査難易度があり、即日の資金調達は難しいです。

独立系のファクタリング会社は、審査難易度が低く入金スピードも早いです。

サービスによっては24時間で即時入金できるファクタリングも存在します。

早急に資金繰りを希望している方は、独立系ファクタリング会社を利用することを覚えておくと良いでしょう。

また既に他社利用中の方は、乗り換えに強いファクタリングの方が手数料が良いサービスを利用できます。

ファクタリングベストは一括査定サイトで優良4社から最短1分で相見積もりが可能

ファクタリングベスト

ファクタリングベストは審査通過率が90%を超える最大4つのファクタリング会社から相見積もりが取れるサービス

ファクタリングベストのメリット

  • 一括査定で1番良い条件のファクタリング会社を見つけれる
  • 審査通過率が高いファクタリング会社のみ選定されているので、即日で資金調達しやすい

ファクタリングベストのデメリット

  • 法人のみしか利用できない

ファクタリングベストは法人向けのファクタリング会社の一括査定サービスです。

サービスの特徴は以下になります。

  1. 1億円までの買取に対応したファクタリング会社を探せる
  2. 優良会社のみ厳選されているので悪徳業者を利用するリスクを避けられる
  3. 最短3時間での資金調達が可能

ファクタリングベストは自社のニーズに合う最適なファクタリング会社を探すときにおすすめのサービスです。

請求書の内容を専用のフォームで入力すると、最短1分で見積もりが提示されます。

また審査通過率が9 割超のファクタリング会社から見積もりを受けれるので、必ずファクタリングで資金調達したい方でも利用しやすいサービスです。

また提携しているファクタリング会社はオンライン取引に対応してるいるので、全国どこからでも利用可能です。

▼ファクタリングベストの公式サイト▼

入金スピード 最短3時間 web完結 ×
手数料 2.0%〜 債権譲渡登記 無し
買取限度額 〜1億円 運営会社 株式会社フューチャーリンク
審査通過率 90%以上- 本社所在地 札幌市中央区北2条西28丁目1-26 エストラーダ円山3F
おすすめの利用対象 法人 代表者 相馬哲也
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング 営業時間 平日9:00〜18:00(土日祝日休み)
オンライン取引 資本金 9900万円

アクセルファクターはグループ経営によって資本力があるので審査の柔軟性が高い

アクセルファクター

アクセルファクターは資本力のあるファクタリング会社で、100万円〜1億円のファクタリング実績が豊富です。2022年には外部機関である日本マーケティングリサーチ機構のファクタリング利用者に対する調査で「安心して利用できるファクタリングサービス」の部門で1位に選出されています。

アクセルファクターのメリット

  • 年商130億円の巨大グループ企業が持つ資本力により、高額債権の買取が可能
  • 利用者の5割が即日入金を達成している
  • 売掛金の額が大きいほど手数料が安くなる
  • 最大180日の支払い期日の請求書まで買取実施

アクセルファクターのデメリット

  • 売掛先との継続取引がない場合は審査に通りにくい
  • 月末の繁忙期は個人事業主の審査が厳しい傾向がある

アクセルファクターは東京、大阪、仙台、名古屋に拠点を構えるファクタリング会社です。

「手数料の透明性」「即日入金」「審査の柔軟性」「高額買取」に強みがあります。

手数料は2.0%〜20%で売掛金が高いほど、手数料が安くなる仕様となっています。

参考:アクセルファクター-手数料設計

継続でファクタリングする場合は、利用回数に応じて手数料が減額が可能です。

利用者の50%以上が即日入金を達成しており、早急な資金繰りに対応できます。

エビデンス資料の不足など通常のファクタリング会社には断れてしまうケースでも、代替資料の提出によって審査に通過させるなどの柔軟性のある対応に定評があります。

銀行系を除く独立系ファクタリング会社の中でも最も資本力があるので、高額債権のファクタリングには最も相性の良いサービスです。

▼アクセルファクターの公式サイト▼

入金スピード 最短3時間 web完結
手数料 2.0%〜20% 債権譲渡登記の有無 どちらも対応(契約前に留保も有り)
買取限度額 30万円〜1億円 運営会社 株式会社アクセルファクター
審査通過率 93% 本社所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル5階
おすすめの利用対象 法人 代表者 本成 善大
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、診療報酬ファクタリング 営業時間 10:00〜19:00(土日祝は休み)
オンライン取引 資本金 2億8,447万円(グループ総資本金)

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人ならでは低手数料で1.5%から利用できる

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は政府により認定された経営革新支援等認定機関で、ファクタリングを含む資金繰りのトータルサポートが実施可能です。非営利追求の一般社団法人ならではの業界最安水準の低手数料を提供しています。

日本中小企業金融サポート機構のメリット

  • 国から認定された経営革新等支援機関のため安心
  • 1.5%〜10%の手数料
  • ファクタリングだけじゃなく金融機関の紹介や補助金の申請サポートを提供

日本中小企業金融サポート機構のデメリット

  • 売掛先との継続取引がない場合は審査に通りにくい
  • 月末の繁忙期は個人事業主の審査が厳しい傾向がある

日本中小企業金融サポート機構は東京都港区に拠点を置く一般社団法人です。

日本中小企業金融サポート機構はファクタリング、M&A、補助金・助成金の申請など資金繰りのトータルサポートを実施しています。

ファクタリングの利用後も、専門的な財務改善の無料コンサルなどを受けることが可能です。

ファクタリング業界の中でも手数料が安く1.5%〜10%での買取に対応しており、法人利用者が多数のサービスとなっています。

▼日本中小企業金融サポート機構の公式サイト▼

入金スピード 最短3時間 web完結 ×
手数料 1.5%〜10% 債権譲渡登記の有無 どちらも可能
買取限度額 限度額無し 運営会社 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
審査通過率 95% 本社所在地 〒105-0011 東京都港区芝公園一丁目3-5ジー・イー・ジャパンビル2階
おすすめの利用対象 法人 代表者 谷口亮
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング 営業時間 営業時間 10:00〜18:00
オンライン取引 資本金

ベストファクターは即日振り込み率No.1でスピード取引の評判が高い

ベストファクター

ベストファクターは即日入金達成率がファクタリング会社で最も高いです。個人事業主・法人ともに利用しやすいサービスで、ファクタリング会社の口コミの中でスタッフの対応に関する評価が高いサービスとなっています。

ベストファクターのメリット

  • 利用者の60.5%が即日入金を達成している
  • 建設業界の債権買取の審査通過率が高い
  • スタッフの対応に関する評価が高い
  • 個人事業主でも利用しやすい

ベストファクターのデメリット

  • 契約時に来社もしくは訪問の面談が必須

ベストファクターは東京・大阪に拠点を構えるファクタリング会社です。

ベストファクターは利用者の6割超が即日入金の実績があり、資金調達したいタイミングに合わせて柔軟な対応しています。

無料の簡易審査を行なっており、手数料や資金調達までの期間を本審査を受ける前に知ることが可能です。

公式ホームページに年間相談件数8455件、利用者数1079件であることを明示しており、中でも建設業の取引が最も多いことを明示しています。

ベストファクターのスタッフには建設業界に知見があるスタッフが揃っているので、他のファクタリング会社と比べて建設業の審査通過率が高くなっています。

スタッフの対応に関しては利用者の高評価が多く低評価がないほど、親身な対応を重視している会社です。

▼ベストファクターの公式サイト▼

入金スピード 最短即日 web完結 ×
手数料 2.0%〜 債権譲渡登記の有無 どちらも可能(登記の留保も可能)
買取限度額 8万円〜4億円(※実績から) 運営会社 株式会社JTC
審査通過率 92.2% 本社所在地 愛知県名古屋市中区錦2-17-28
CK15伏見ビル5F
おすすめの利用対象 個人、法人 代表者 奥村 淳司
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング 営業時間 8:30〜19:00(土日祝日365日営業)
オンライン取引 資本金 8000万円

ペイトナーファクタリングは個人事業主やフリーランスの少額債権向けサービスでAI審査によって最短10分での現金化できる

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングは個人事業主でも一律10%の手数料で取引できるサービスです。2023年現在で累計申し込み数が10万件を突破しており、個人向けのファクタリングとして最も認知があります。

ペイトナーファクタリングのメリット

  • 一律10%の手数料
  • AI審査により必要書類をwebにアップロードすれば面談なしで取引可能
  • 最短10分で資金調達できる
  • 1万円からの少額債権に対応
  • 債権譲渡登記なし

ペイトナーファクタリングのデメリット

  • 初回は25万円より大きい額の買取に対応してない
  • 2回目以降でも取引限度額が100万円ま

ペイトナーファクタリングは、累計申し込み数10万件を突破している個人事業主向けのファクタリングサービスです。

ペイトナーファクタリングが個人事業主の利用者が多い理由は、以下の4つになります。

  1. 1万円〜100万円の少額債権に対応
  2. 手数料が一律10%
  3. 必要書類が少なく面談が不要なため簡単に利用可能
  4. AI審査により最短10分で請求書を現金化可能

通常のファクタリング会社は30万円以下の請求書買取には対応してませんが、ペイトナーファクタリングでは初回は1万円〜25万円、2回目以降では100万円までの買取に対応しています。

個人事業主が、中小企業が売掛先の請求書をファクタリングした場合、売掛先が300万円以上で継続取引をしてないと手数料は10%以上なことが一般的です。

ペイトナーファクタリングであればどのような方が利用しても手数料一律10%のため、個人事業主にとって良心的な手数料設計となっています。

必要書類が請求書と身分証明書の2点のみで書類さえ提出すれば、AIによって機械的に審査を行い最短10分での入金が可能です。(※弊社の調べによると平均40分程度で入金していました。)

営業時間内に審査が開始された場合は、最短10分で完了します。10分以内に完了しない場合でも、遅くとも当日中に審査&振込が完了いたします。

引用元:ペイトナーファクタリング-よくある質問

【参照】:ペイトナーファクタリング評判・口コミ

▼ペイトナーファクタリングの公式サイト▼

入金スピード 最短10分 web完結
手数料 一律10% 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 初回:1万円〜25万円
2回目以降:1万円〜100万円
運営会社 ペイトナー株式会社
審査通過率 本社所在地 所在地〒107-6003
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
おすすめの利用対象 個人事業主 代表者 阪井優
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング 営業時間 10:00〜19:00(土日祝日を除く)
オンライン取引 資本金 8億7,446万1,200円

JTCは高額取引に特化した法人向けサービスで1000万円台の債権でも取引実績豊富

JTC

JTCは法人向けに特化したファクタリング会社で、高額債権の買取実績が豊富です。

JTCのメリット

  • 100万円〜数億円の買取が得意
  • 土日祝日でも利用できる

JTCのデメリット

  • 年商7000万円以下の法人は利用できない
  • 月末・月初は即日での取引は難しい

JTCは年商7000万円以上の企業を対象としたファクタリング会社です。

JTCのサービスの特徴は以下になります。

  1. 高額債権の買取の手数料が安い
  2. 高額専門で500億円の買取実績がある
  3. 土日祝日でも営業

JTCは月間1000件以上の問い合わせがあり、最低でも100万円以上の債権が買取対象です。

高額債権の買取を行うため通常のファクタリング会社とは異なる審査基準を持っているため、300万円〜数千万円の取引では手数料が安いと利用者から評価されています。

買取実績も豊富も豊富で2013年設立以来、100万円以上の債権買取で取扱件数10,000件累計取扱高が500億円あるので安心して利用できます。

オンラインで審査まで対応しており、契約時には原則対面が必要です。

東京、名古屋、大阪にオフィスを構えており、遠方の方のためにはスタッフの出張も可能です。

名古屋本社に加え、大阪、東京の営業所で全国を対応しております。
3都市に営業所があるためお近くの営業所がご利用可能なうえ、出張サービスも行っております。

引用:名古屋でファクタリング事業資金の調達なら株式会社JTC

土日祝日でも対応可能なので、平日業務で時間が取れない方にも利用しやすい法人向けファクタリング会社となってます。

▼JTCの公式サイト▼

入金スピード 最短即日 web完結 ×
手数料 5.0%〜10% 債権譲渡登記 どちらも可能
買取限度額 100万円〜無制限 運営会社 株式会社JTC
審査通過率 本社所在地 愛知県名古屋市中区錦2-17-28
CK15伏見ビル5F
おすすめの利用対象 法人 代表者 奥村 淳司
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング 営業時間 8:30〜19:00(土日祝日365日営業)
オンライン取引 △(契約時に対面が必要) 資本金 8000万円

QuQumoは2社間ファクタリングでも手数料が最低1.5%からと安く利用できる

ququmo

QuQumoは2社間ファクタリングに特化しているサービスの中で、最も手数料が安いと評判です。オンライン完結のファクタリングサービスのため面談なしで利用できます。

QuQumoのメリット

  • 2社間ファクタリングでも手数料が安い
  • オンライン完結で取引できる
  • 最短2時間での入金に対応
  • 債権譲渡登記が不要
  • 設立間もない事業主でも利用できる

QuQumoのデメリット

  • 取引限度額は無制限だが、数千万円規模の売掛債権での取引の実績があまりない

QuQumoは東京都池袋に拠点を置く株式会社アクティブサポート運営のファクタリングサービスです。

オンライン特化型のファクタリングサービスで、専用のページにて「請求書」「3ヶ月分の入出金履歴のわかる通帳」をアップロードすれば審査を受けることができます。

契約もクラウドサインで行うため対面する必要がありません。

QuQumoの2社間ファクタリングの手数料は1.0%〜14.8%となっており、通常の2社間ファクタリングの手数料相場に比べて圧倒的にコストを抑えることができます。

債権譲渡登記が不要なので後に銀行融資を控えてるので公開情報が残るが心配という方でも、安心して利用できます。

【参照】:QuQumoのリアルな評判・口コミとは?

▼QuQumoの公式サイト▼

入金スピード 最短2時間 web完結 ×
手数料 1.0%〜14.8% 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 無制限 運営会社 株式会社アクティブサポート
審査通過率 98% 本社所在地 〒171-0022
東京都豊島区南池袋二丁目13番10号 南池袋山本ビル3階
おすすめの利用対象 個人、法人 代表者 羽田光成
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング 営業時間 9:30〜18:00(年中無休)
オンライン取引 資本金 1000万円

ビートレーディングは手数料・入金スピードともにバランスのとれたサービス

ビートレーディング

ビートレーディングは「手数料」「入金スピード」「買取限度額」の全てで評価が高く、買取実績はファクタリング会社の中でトップクラスです。創業以来58,000社の売掛債権の買取を行っており、累計買取額は1,300億円あります。

ビートレーディングのメリット

  • 業界トップクラスの取引実績
  • 審査から入金まで最短2時間
  • 数万円〜数億円の取引に対応しているため幅広い事業者が利用可能
  • 手数料上限が12%とファクタリング業界の中で格安

ビートレーディングのデメリット

  • 月末の繁忙期はスタッフによって連絡が遅くなることがある
  • 月末の繁忙期は個人事業主の審査が厳しい傾向がある

ビートレーディングは2012年に創業したパイオニア的なファクタリング会社として知られています。

全国4ヶ所(東京・仙台・大阪・福岡)にオフィスを構えており、全国どこからでも利用可能です。

審査から契約までオンライン完結での取引にも対応しているので、オフィスまでの移動の時間がない方にもおすすめできるサービスとなっています。

日経新聞やテレビ番組でも紹介されており、安心感・信頼性のあるファクタリングと言えるでしょう。

【参照】:ビートレーディングの評判・口コミを辛口調査

▼ビートレーディングの公式サイト▼

入金スピード 最短2時間 web完結
手数料 2.0%〜12% 債権譲渡登記の有無 場合によっては有り
買取限度額 限度額無し ※(3万円~7億円の実績あり) 運営会社 株式会社ビートレーディング
審査通過率 本社所在地 〒105-0012 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
おすすめの利用対象 個人、法人 代表者 代表取締役 鈴木 秀典
代表取締役 佐々木 英世
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、注文書ファクタリング 営業時間 9:30〜18:00(土日祝は休み)
オンライン取引 資本金 資本金7000万円/資本準備金5000万円

ベストペイは100万円以上で受注した案件を即資金化できる注文書ファクタリング専門のサービス

ベストペイ

ベストペイは注文書に特化したファクタリングサービスで、受注段階で案件を早期に現金化できます。

ベストペイのメリット

  • 注文書ファクタリングの中で手数料が安い
  • 最大180日後に入金予定が工期の案件をファクタリングできる
  • 100万円〜数億円の注文書まで幅広く対応できる

ベストペイのデメリット

  • 100万円以上の注文書しか利用できない
  • 個人事業主は利用できない

ベストペイは100万円以上の発注書専門のファクタリングサービスです。

ベストペイは受注段階で発注書をファクタリングできるので、工事に必要な人件費や材料費が足りない時に有効なサービスです。

発注元にファクタリングの利用がバレることがない2社間ファクタリングを採用しているため安心して利用できます。

通常のファクタリング会社は最大90日後入金の売掛債権までしか対応してないケースが多いですが、ベストペイは最大180日後入金予定の発注書の買取を実施しています。

大型案件の工期の中で複数の発注書が発生する場合などに活用可能です。

過去に4億1268万円の債権の買取実績があり、100万円から数億円の債権でも利用できます。

入金スピード 最短翌日 web完結 ×
手数料 5.0%〜 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 100万円〜上限無し 運営会社 株式会社アレシア
審査通過率 本社所在地 〒163-1524
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー24階
おすすめの利用対象 法人 代表者 斑目 祐樹
ファクタリングの種類 注文書ファクタリング 営業時間 10:00〜19:00(土日祝日休み)
オンライン取引 資本金 7000万円

マネーフォワードアーリーペイメントは数億円までの高額債権専門の大手上場企業運営サービス

マネーフォワードアーリペイメント

マネーフォーワードアーリペイメントは上場企業の大手独立系ファクタリング会社の中で、高額債権の限度額が最も大きい

マネーフォワードアーリペイメントのメリット

  • 高額の請求書・注文書の現金化が可能
  • 高圧的な債権回収を行わない

マネーフォワードアーリペイメントのデメリット

  • 即日での現金化ができない
  • 個人は利用できない
  • 3期目の会社からしか利用できない

マネーフォワードアーリーペイメントは、株式会社マネーフォーワードのグループ会社が運営する法人向けファクタリングサービスです。

高額債権の買取に強く、以下のような取引実績があります。

  • ハードウェア開発:買取金額4,000万円
  • 内装施工業:買取金額,500万円
  • 広告代理店:買取金額1.2億円

また債権回収では高圧的な取り立てや弁済のための融資の提案などは行わないため、安心して利用できます。

威迫的な回収行為は一切行いません。 
弁済 のための借入をお願いすることはありません。
金銭のやりとりは銀行振込で行い、手渡し等は行いません。

引用元:Money Forward Early Payment-安心してご利用していただくための取り組み

高額債権を専門的に扱うファクタリング会社のため、個人事業主や2期分の決算がでてない事業主は対応していません。

大型案件を抱えており融資実行よりも早く資金調達したい方に、マネーフォワードアーリペイメントはおすすめです。

入金スピード 最短2営業日 web完結 ×
手数料 初回: 2.0%〜10%
2回目以降:1.0%〜10%
債権譲渡登記の有無 場合によって有り
買取限度額 50万円〜数億円 運営会社 マネーフォワードアーリペイメント
審査通過率 本社所在地 東京都港区芝2丁目31-19
おすすめの利用対象 法人 代表者 吾妻 弘
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、注文書ファクタリング 営業時間 9:30〜18:00(土日祝は休み)
オンライン取引 資本金 1億1,000万円

ファストファクタリングは他社利用中の方なら乗り換えで手数料や審査が優遇される

ファストファクタリング

ファストファクタリングは既にファクタリングを利用しているには、他社からの乗り換えで手数料の好条件保証を出しているサービスです。

ファストファクタリングのメリット

  • 乗り換えファクタリングで手数料が最大10%OFF
  • 将来債権の買取に対応
  • 利用者のリピート率が90%以上と満足度が高い
  • 債権譲渡登記なし

ファストファクタリングのデメリット

  • 資本力が不明なので数千万円後半〜数億円の高額取引には向いてない

ファストファクタリングは、大阪に拠点を置く株式会社ミラージュ運営のサービスです。

ファストファクタリングは他社からの乗り換えに強み持つサービスとして認知されています。

過去の取引実績が確認できる場合は、少額(最低10万円~)から高額(上限なし)まで金額を問わず取引させていただきます。
もちろん少額取引だからという理由でレスポンスを後回しにすることは絶対にありません。どのようなお客様にも丁寧な対応を心掛け、複数回のご利用にも適正な手数料でご提供いたします。

引用元:株式会社ミラージュ

2023年8月現在、ファストファクタリングは他社からの乗り換えで手数料が最大10%OFFとなるキャンペーンを実施中です。

乗り換えでファクタリングを利用する場合、10万円から1億円の高額債権まで買取に対応しています。

他社利用中の方は信頼性が考慮されるので、最短即日での審査・入金を行なっています。

2回以上サービスを利用すると、毎月同じ売り上げが見込まれる将来債権のファクタリングも可能です。

リピート率が9割を超えていることを見ると、手数料が良心なサービスであると言えます。

入金スピード 最短即日 web完結 ×
手数料 5.0%〜 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 10万円〜1億円 運営会社 株式会社ミラージュ
審査通過率 本社所在地 〒541-0045
大阪府大阪市中央区道修町1-7-10-401号
おすすめの利用対象 個人、法人 代表者 望月 寛之
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、将来債権のファクタリング 営業時間 8:30〜19:00(土日祝除く)
オンライン取引 資本金

ラボルは土日祝日でも即日対応・入金を行なっている小規模事業者向けサービス

ラボル

土日でも利用できる個人事業主向けファクタリングサービスです。

ラボルのメリット

  • 365日24時間利用できる
  • 独立直後でも利用できる
  • 手数料は一律10%
  • web完結ファクタリングのためヒアリング・面談なし

ラボルのデメリット

  • 土日の申し込みが遅いと即日入金は難しい
  • 同様のサービス「ペイトナーファクタリング」と比較して審査に通りずらい

ラボルは上場企業のセレスの子会社が運営する小規模事業主向けサービスです。

一般社団法人オンライン型ファクタリング協会に加盟しており、東京都産業労働局の審査基準を通過しており安心・安全のファクタリング会社となっています。

利用者のための安全・安心な環境の整備とファクタリング市場の健全な発展のため、OFAではガイドラインの整備や正しい情報の広報啓蒙活動に取り組みます。

引用元:一般社団法人オンライン型ファクタリング協会

ラボルは小規模事業者向けのファクタリングサービスで、初回利用では1万円〜10万円の請求書の現金化が可能です。

また個人の信用力に基づいた審査が行われないので、売掛債権さえあれば開業間もない個人事業主でも対応しています。

ファクタリング会社の中で唯一365日24時間、少額債権の審査・入金に対応しているので、土日祝日でも資金調達できます。

請求書買取の手数料は一律10%なので、個人事業主には利用しやすいサービスです。

入金スピード 最短60分 web完結
手数料 一律10% 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 初回:1万円〜10万円
2回目:1万円〜1000万円
運営会社 株式会社ラボル
審査通過率 本社所在地 〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー
おすすめの利用対象 個人事業主 代表者 代表取締役CEO 吉田 教充
ファクタリングの種類 2社間ファクタリングリング 営業時間 365日24時間(土日祝日でも対応可能)
オンライン取引 資本金 5000万円

ファクターズは午前中までに申し込めば現金での受け取りができる

ファクターズ

ファクターズは現金受け取り資金調達できる唯一のファクタリングサービスです。

ファクターズのメリット

  • 現金受け取りで資金調達できる
  • 2社間ファクタリングでも審査通過率が高い

ファクターズのデメリット

  • 高額債権の取引は厳しい

ファクターズは東京豊島区に拠点を置く株式会社ワイズコーポレーションが運営するサービスです。

ファクターズのサービスの特徴以下になります。

  1. 2社間ファクタリングでも審査通過率9割以上
  2. 当日午前中までの申し込みで最短15時までに資金調達できる

ファクターズの2社間ファクタリングは他のファクタリング会社と比べ、審査通過率が高い特徴があります。

2社間ファクタリングの審査通過率は70%程度ですが、ファクターズの審査通過率は93.3%あります。

またファクターズは午前中までに申し込みを行えば、最短4時間での入金に対応しています。

現金での受け渡しも可能なので、現金手渡しで給料の支払いをしているケースなどに向いてるサービスです。

AI審査を行なっておりヒアリングや面談が不要で、最短1時間での入金に対応しています。

入金スピード 最短4時間 web完結 ×
手数料 5.0%〜 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 30万円〜3000万円 運営会社 株式会社ワイズコーポレーション
審査通過率 本社所在地 東京都豊島区池袋2-53-12 ノーブル池袋3F
おすすめの利用対象 法人 代表者 馬込 喜弘
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、将来債権のファクタリング 営業時間 8:30〜19:00(土日祝休)
オンライン取引 △(契約時に対面が必要) 資本金 不明

ジャパンマネジメントは土曜でも対応しており審査に通りやすいので急ぎで資金が必要な時に利用しやすい

ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントは既にファクタリング会社を利用中の方に無料手数料診断を実施しています。現在利用中のファクタリング会社のコストが高いとお考えの方でも気軽に相談できるサービスです。

ジャパンマネジメントのメリット

  • ファクタリング会社の乗り換えを希望している方は無料で手数料診断を受けられる

ジャパンマネジメントのデメリット

  • 契約時に対面が必要
  • 初回のファクタリング利用に関して手数料が高い傾向がある

ジャパンマネジメントは東京・福岡に拠点を置くファクタリングサービスです。

サービスの特徴は以下です。

  • 既にファクタリング会社を利用されている方に好条件保証を実施している
  • 他社利用中の方に無料の手数料診断を行っている

ジャパンマネジメントは他社の乗り換え率93%とあり、審査に通る場合は好条件の取引を保証しています。

利用満足度が高いファクタリング会社で、継続取引率が97%とあります。

またサービスの利用を検討している方に無料で手数料診断を行っているので、気軽に乗り換えの相談が可能です。

入金スピード 最短即日 web完結
手数料 3.0%〜20% 債権譲渡登記の有無 有り
買取限度額 50万円〜5,000万円 運営会社 株式会社ラインオフィスサービス
審査通過率 本社所在地 〒810-0042 福岡市中央区赤坂1丁目14-22センチュリー赤坂門ビル8F
おすすめの利用対象 法人 代表者 宮坂博志
ファクタリングの種類 2社間ファクタリングリング 営業時間 9:00〜19:00(土日祝日休み)
オンライン取引 資本金 5000万円

けんせつくんは少額向けの建設業特化型サービス

けんせつくん

けんせつくんは建設業で少額債権のファクタリングに向いているサービスです。主に50万円〜300万円までの債権を得意としています。

けんせつくんのメリット

  • 建設業専門スタッフが審査を行う
  • 小口債権でも取引しやすい

けんせつくんのデメリット

  • 大型債権は取引できない

けんせつくんは小口専門の建設業特化型ファクタリングサービスです。

けんせつくんのスタッフは建設業出身で構成されています。

建設業の業界慣習などを踏まえて上で売掛債権のリスクを適切に判断するため、入金サイクルが長いなどの理由だけで審査に落とされることはありません。

また50万円からの小口債権を専門としているので、一人親方などの売上が小さい事業主でも利用可能です。

【参照】:けんせつくんの評判・口コミを辛口解説!審査落ちはしやすい?

入金スピード 最短翌日 web完結 ×
手数料 5.0%〜 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 50万円〜300万円 運営会社 株式会社ウィット
審査通過率 本社所在地 所在地 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-6-3いちご東五反田ビル
おすすめの利用対象 個人事業主 代表者 佐野俊亮
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング 営業時間 8:00〜20:00(土日祝日休み)
オンライン取引 資本金 不明

paytodayはweb完結のサービスで即時審査・即日振り込みができる

paytoday

paytodayはスタートアップや個人事業主でも利用しやすい低手数料のサービスです。

paytodayのメリット

  • 月末のファクタリング会社

paytodayのデメリット

  • 月末の繁忙期はスタッフによって連絡が遅くなることがある
  • 月末の繁忙期は個人事業主の審査が厳しい傾向がある

paytodayはフリーランスやスタートアップなどの創業間ない事業主向けの2社間ファクタリングサービスです。

Newspicks新R25などの大手メディアでも代表的ファクタリング会社と取り扱われています。

paytodayの2社間ファクタリングは、開業間もない事業主の債権の積極買取に対応しており、1期目の確定申告や決算書画無くても直近6ヶ月以内の入出金履歴と請求書さえあれば利用可能です。

一般的に2社間ファクタリングは利用者の与信審査が厳しいので、一期終えてないと審査に落ちすやすい傾向があります。

paytodayの2社間ファクタリングは初回の限度額が50万円と小口ですが、手数料は1.0%〜9.5%と格安です。

利用回数が増えるほどに買取可能額が上がる仕組みとなっているので、2回目以降の利用では高額取引にも対応しています。

AI審査を行なっておりヒアリングや面談が不要で、最短1時間での入金に対応しています。

入金スピード 最短1時間 web完結
手数料 1.0%〜9.5% 債権譲渡登記の有無 無し
買取限度額 100万円〜上限無し 運営会社 Dual Life Partners株式会社
審査通過率 98% 東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F 東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
おすすめの利用対象 個人、法人 代表者 矢野名都子
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング 営業時間 9:00〜18:00(土日祝休み)
オンライン取引 資本金 不明

大手ファクタリング会社のおすすめ3選を紹介!

大手ファクタリング会社

ファクタリングサービス ファクタリングの種類
セゾンの医療・介護報酬等前払いサービス 診療報酬ファクタリング
三菱UFLファクター 保証型ファクタリング
AGビジネスサポート 買取型ファクタリング

大手のファクタリング会社では通常のファクタリングだけじゃなく、保証型ファクタリングや診療報酬ファクタリングなどを利用できます。

資金力のある銀行やノンバンク系の金融機関などのみにしかないメリットがあります。

ただし審査難易度は借入と同様の厳しさになるので、注意が必要です。

ここではおすすめの大手ファクタリング会社を3つ厳選してご紹介します。

セゾンの医療・介護報酬等前払いサービスは診療報酬ファクタリングの手数料が0.6%と他社よりも安い

セゾンの医療・介護報酬等前払いサービス

診療報酬ファクタリングの中でも現金化までのスピードが早く手数料が安い

メリット

  • 診療報酬ファクタリングサービスの中で手数料利率が業界最安
  • 最短2営業日で入金可能
  • 東証プライム上場企業のため高額取引も可能

デメリット

  • 必要書類が多い

医療や介護、障害福祉、歯科などの診療報酬債権をファクタリングしたい方は、株式会社クレディセゾンが運営するセゾンの医療・介護報酬等前払いサービスが最適です。

診療報酬債ファクタリングの仕組み
社保や国保に請求した50日後が支払い期日の債権を、ファクタリング会社が買取ってもらい早期に現金化することです。
通常の診療報酬ファクタリングの手数料は1.0%〜2.0%ですが、セゾンの場合は0.6%から利用可能です。
また入金スピードも早く最短2営業日後に資金調達できます。
診療報酬ファクタリングをしたい方けど手数料安く安心して利用できるサービスをお探しの方は、セゾンの医療・介護報酬等前払いサービスを利用しましょう。
入金スピード 最短2営業日後 web完結 ×
手数料 0.6%〜 債権譲渡登記の有無
買取限度額 月間1億円 運営会社 株式会社クレディセゾン
審査通過率 本社所在地 〒170-6073 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
おすすめの利用対象 診療報酬債権を有する事業主 代表者 代表取締役会長CEO 林野 宏
代表取締役(兼)社長執行役員COO 水野 克己
ファクタリングの種類 診療報酬ファクタリング 営業時間 10:00〜17:00(土日祝は休み)
オンライン取引 資本金 759億29百万円

三菱UFJファクターの保証型ファクタリングは下請債権保全支援事業が適用されるので保証料が安い

三菱UFJファクター

マネーフォーワードアーリペイメントは上場企業の大手独立系ファクタリング会社の中で、高額債権の限度額が最も大きい

三菱UFJファクターのメリット

  • 通常のファクタリング会社よりも保証料を安く保証型ファクタリングを利用できる
  • 銀行系ファクタリングなので安心して利用できる

三菱UFJファクターのデメリット

  • 利用条件が厳しいので審査難易度が高い

三菱UFJファクターの保証型ファクタリングは、国の制度で下請債権保全支援事業が適用されるファクタリング会社なので、助成金によって保証料を安くできます。

保証型ファクタリングとは通常の債権を売却するファクタリングではなく、保証料を払うことで売掛先からの貸し倒れになった時に対応する「保険」のようなファクタリングです。

売掛先が倒産などの事業で売掛金が支払えない時に、保証金額が支払われるような仕組みとなっています。

資金調達が目的ではなく、一つの事業者に売上が依存している際のリスク分散を用途として用いられます。

建設業や資材卸売業などで元請けの売掛金未払いによる連鎖倒産などのリスクがある場合に、三菱UFJファクターの保証型ファクタリングは使われることが多いです。

また取引先の信用情報の変化を適宜教えてくるため、案件を継続して受け続けるかが分かりやすくなります。

売上の大半が取引先に集中していて連鎖倒産のリスクヘッジをしたいとお考えの下請事業者には、銀行系で安心の三菱UFJファクターの保証型ファクタリングがおすすめです。

入金スピード オンライン取引 ×
保証料 運営会社 三菱UFJファクター株式会社
審査通過率 本社所在地 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 ワテラスタワー
おすすめの利用対象 資本金20億円未満で公共工事の受注実績がある方 代表者 小川 浩一
ファクタリングの種類 保証型ファクタリング 営業時間 9:00〜17:00(土日祝日は休み)

AGビジネスサポートはアイフル株式会社が運営しており個人の与信審査も対象

AGビジネスサポート

AGビジネスサポートは審査難易度は高いが10万円からの債権で手数料安くファクタリングできる

AGビジネスサポートのメリット

  • 開業一年未満でも利用できる
  • 上場企業グループなので安心
  • 手数料が安価

AGビジネスサポートのデメリット

  • 大手企業なので審査が厳しい
  • 個人与信に紐づいて審査される可能性がある

AGビジネスサポートはアイフル株式会社の傘下である運営の少額向けファクタリングサービスです。

請求書を最短即日で現金化可能で、10万円からの債権の現金化が可能です。

また大手企業のサービスでカードローン事業を運営しているので与信審査が他のファクタリング会社と比較して厳しい傾向がありますが、審査に通過すれば2.0%〜12%の安価な手数料で利用できます。

法人事業者であれば公式ページから、クレジットカードの「ライフカードビジネスライトプラス」へ申し込むと、初回取引の手数料が1.0%優遇されるプランもあります。

ライフカードビジネスライトプラスへお申込みいただき、審査完了を当社が確認後、初回ファクタリング取引時に当社所定の買取手数料から1%を優遇します。

引用元:AGビジネスサポート

大手ならではの電話サポートで専属のコンサルタントが対応してくれるため、ファクタリングについてわからない方でも気軽に相談可能です。

売掛先の信用力があり少額債権を手数料安く現金化したい方に、AGビジネスサポートはおすすめです。

入金スピード 最短即日 web完結
手数料 2.0%〜12% 債権譲渡登記の有無 非公表
買取限度額 10万円〜 運営会社 AGビジネスサポート株式会社
審査通過率 本社所在地 東京都港区芝2丁目31-19
おすすめの利用対象 法人 代表者 吾妻 弘
ファクタリングの種類 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング 営業時間 9:30〜18:00(土日祝は休み)
オンライン取引 資本金 1億1,000万円

早急に資金が必要な場合は即日対応のファクタリングがおすすめ

早急な資金が必要な場合は即日対応のサービスを選ぼう

早急に資金調達が必要な方は、即日入金可能なファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。

ファクタリング入金可能なファクタリング会社は以下のポイントを抑えています。

▼即日入金可能なファクタリング会社の特徴

  • 2社間ファクタリングを利用できる
  • 来店不要でオンライン取引に対応できる
  • 債権譲渡登記が不要もしくは留保できる

即日入金におすすめのファクタリング会社TOP3をご紹介します。

即日融資できるおすすめのファクタリング会社を比較した図

申し込みから入金スピードを比較した表は以下になります。

入金スピードに関する情報は公式ページのみを参照しておらず、ファクタリングの相談窓口ランクファクターからファクタリング利用者の口コミの情報提供を元にランキングをつけています。

即日入金可能なファクタリング会社 申し込みから契約までの入金スピード
ベストファクター 最短即日
ビートレーディング 最短2時間
ペイトナーファクタリング 最短10分

中でもベストファクターはスタッフの対応に定評があり、即日入金成功率が6割を超えるファクタリングサービスです。

月末の繁忙期ではファクタリング会社によっては問い合わせれた方への連絡が遅くなり、早急な資金調達に対応できないことが多くなります。

ベストファクターは繁忙期など関係なくスタッフが迅速に案件に対応してくれるという声を多く確認できました。

個人事業主・フリーランスは30万円以下の少額債権対応のサービスを選ぶと審査に通過しやすい

個人事業主・フリーランスは30万円以下の少額債権がおすすめ

個人事業主やフリーランスで確実に審査に通過したい方は、30万円以下の少額債権に対応したファクタリング会社に申し込みましょう。

ランクファクターの調査では、50万円以下の取引限度額ではないファクタリング会社は100万円以上の取引ではないケースでは審査を落とすことが多いと言われています。

個人事業主の少額債権の取引はファクタリング会社にとってリスクリターンが合わないので、申し込みの段階で断られることもあります。

30万円以下の取引に対応している場合は、明確に個人事業主やフリーランス向けにサービスを提供しているので審査通過率が高くなります。

以下は30万円以下の債権に対応したファクタリング会社を調査した結果は、以下になります。

ファクタリング会社 買取限度額
ペイトナーファクタリング 初回:1万円〜25万円
2回目以降:1万円〜100万円
ラボル 初回:10万円〜20万円
2回目以降:1万円〜100万円
paytoday 10万円〜

※ペイトナーファクタリング、ラボルともに2回目以降、利用実績に合わせて与信スコアが上がり利用限度額が上がる仕様となっています。

個人間取引の請求書でもファクタリングできるサービスも存在する

個人間取引の請求書でもファクタリングできる

一般的に個人間取引の請求書のファクタリングは対応不可なこと多いです。

ファクタリングでは売掛先の信用力が審査において最も重要なので、個人事業主が売掛先の場合は支払い能力で審査に通りません。

ただし上述したペイトナーファクタリングであれば利用可能です。

Q.個人間でも利用できますか?

A.請求書に関し、請求内容及び請求先に指定はございませんので、個人間でもご利用いただけます。

引用元:ペイトナーファクタリング公式サイト

ただし売掛先が法人の時に比べて審査通過率は低くなるので、注意が必要です。

手数料を抑えたい方は相場よりも低いファクタリングサービスを利用しよう

ファクタリングでは手数料に上限が存在せずに、各社によって手数料が設定されます。

手数料に法規制はありませんが、業界の手数料相場に従って手数料の高いサービスかどうか判断可能です。

以下がファクタリングの手数料相場になります。

2社間ファクタリングの手数料相場 3社間ファクタリングの手数料相場
10%〜20% 5.0%〜10%

特に2社間ファクタリングの場合は相場よりも大幅に高くなることも多いので、審査時の手数料が相場よりも高すぎる場合は、複数のファクタリング会社に申し込みを行うのが良いでしょう。

資本金1000万円以上のファクタリング会社の方が手数料が安い傾向にある

ファクタリング会社のホームページでは最低手数料が低く設定されていますが、実際は資本力が低い会社では最低手数料でサービスを提供していることはほとんどありません。

手数料を抑えてファクタリングを利用するには、資本力のあるファクタリング会社の利用を推奨します

弊社の調査とファクタリングの相談窓口による情報では、資本金1000万円以上のファクタリング会社ならホームページ通りの手数料でサービスを提供していることが判明しています。

1000万円以上の資本金を持つファクタリング会社の資本金と、手数料が分かる表は以下です。

ファクタリングサービス 資本金 手数料
ビートレーディング 1億2,000万円(資本準備金含む) 2.0%〜12%
ペイトナーファクタリング 8億7,446万1,200円(資本準備金含む) 一律10%
アクセルファクター 3,000万円 2.0%〜20%
JTC 7,000万円 5.0%〜10%
ベストファクター 7,000万円 2.0%〜20%
QuQumo 1,000万円 1.0%〜14.8%
ラボル 5,000万円 一律10%

個人事業主は手数料が一律のファクタリング会社が最適

個人事業主は手数料が一律のファクタリングが最適

個人事業主のファクタリング利用では手数料が相場よりも高くなる傾向があるので、一律の手数料で利用できるファクタリング会社がおすすめです。

ファクタリング会社は100万円以下の取引を行う個人事業主に対して、15%以上の手数料をかけることが多いです。

一律の手数料であれば信用力がなくても、高すぎる手数料で取引しなくても済みます。

ペイトナーファクタリングやラボルであれば一律10%で、初回取引であれば25万円以内のどんな請求書の現金化も可能です。

また25万円以上の債権でファクタリングを利用したい場合は、上限手数料が15%以内のサービスを利用すると良いでしょう。

既に他社利用中の方は乗り換えで手数料が安くなるファクタリング会社を利用しよう

他社利用中の方は乗り換え

ファクタリング会社の中には乗り換え優遇でサービスを提供しているケースが存在します。

他社を継続利用しており支払い実績がある方の場合は信用力が担保されているため、既に利用されているファクタリング会社よりも手数料を安く提示してくれます。

乗り換え優遇のサービスを提供しているのは以下になります。

ファクタリングサービス 乗り換えファクタリングについての詳細
ファストファクタリング 手数料最大10%OFF
ファクタリングのTRY 手数料3%引き

上記のサービスは審査時に他社利用中で乗り換えを検討していることを伝えれると、審査スピードも優遇してくれます。

同一のファクタリング会社を複数回利用している方は、乗り換えファクタリングの方が手数料を抑えることができるでしょう。

同一債権でもファクタリング会社によって手数料が異なるので相見積もりが大切

ファクタリング会社によって手数料が異なるので相見積もりが大切

同じ債権をファクタリングする際でも会社によって審査基準が異なるので、手数料は同じになりません。

ファクタリング会社によって手数料が大きく異なる理由

  • 資本力によって債権のリスク算定が異なるため
  • 精通している業態やビジネスモデルが異なるため
  • 獲得したい利用者層が異なるため

手数料を安くしたい方は複数社から相見積もりを取ることが大切です。

ただし複数社の申し込みは面談対応などが増え手間がかかるので、一括査定サービスを利用すると良いでしょう。

例えばファクタリングベストであれば利用者の状況に合わせて審査に通る優良4社から、相見積もりを取れます。

審査甘いファクタリング会社を選ぶなら独立系で非上場の大手ファクタリング会社がおすすめ

審査甘いファクタリング会社を選ぶなら独立系で上場の大手ファクタリング会社がおすすめ

上場企業や銀行系ファクタリング会社は審査難易度が高くなりますが、独立系で非上場のファクタリングは審査が甘い傾向があります。

大手の銀行や上場企業は利用者の与信評価の比重が高く、信用力がない個人事業主や中小企業は即審査に落とすことが多いです。

独立系で非上場の大手ファクタリング会社ならば、貸し倒れしても債権回収のノウハウを確立しており資本力があるため審査が緩めになります。

以下では非上場の大手ファクタリング会社とそれぞれの審査通過率をご紹介します。

ファクタリングサービス 審査通過率
ビートレーディング 98%
アクセルファクター 93%
ベストファクター 92.2%
日本中小企業金融サポート機構 95%

ファクタリングとは売掛金を早期現金化する資金調達

ファクタリングとは

ファクタリングとは、入金前の売掛債権(売掛金)を早期に現金化する資金調達方法です。

ファクタリングの仕組みは、請求書などの売掛債権をファクタリング会社から手数料を引いた上で買い取ってもらい、その後売掛債権の入金期日に売掛金が振り込まれたタイミングでファクタリング会社に支払いをする形となります。

売掛金の入金まで資金繰りが苦しい時などにが有効な資金調達手段であり、特にキャッシュフローが苦しくなりやすい成長段階の事業者に多く利用されます。

個人事業主や中小企業などの信用力がなく融資が引けない事業者でも、ファクタリングは利用できるのは大きなメリットです。

2020年に行われた債権法改正によって、譲渡制限特約が売掛債権でも譲渡可能となったことによりファクタリングが利用しやすい環境が整っています。

※ファクタリングの仕組みは、最も利用されることが多い2社間ファクタリングを想定しています。

ファクタリングは違法ではない!やばいと言われる理由はヤミ金などの悪徳業者が存在するため

ファクタリングは違法ではない!やばいと言われる理由

ファクタリングは民法555条の債権の売買として法的に認められています。

ただしファクタリング業界には、ファクタリングを装った偽装ファクタリングをするヤミ金上がりの悪徳業者がいるのも事実です。

偽造ファクタリングの特徴としては、償還請求権有りのリコース契約となっているケースです。

償還請求権とは、売却した債権の売掛金の回収ができない場合にファクタリング会社が、売掛金分の支払いを請求する権利。
※償還請求権がある契約(リコース契約)の場合は、ファクタリングではなく融資とみなし金利制限が適用され、ファクタリングの手数料相場は違法となります。

実際に金融庁もファクタリングに関して以下のような注意喚起を出しています。

ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。また、ファクタリングとして行われる取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものは、貸金業に該当するおそれがあります。

引用元:金融庁-ファクタリングの利用に関する注意換気

無数のファクタリング会社がある中でも、法律を遵守してサービスを提供している会社は多くありません。

そのためファクタリング会社選びには実績を確認し、申し込みを行う必要があるでしょう。

ファクタリングの2つの契約方式!図解を用いて解説

ファクタリングには2つの契約方式が存在します。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

それぞれの契約方式について図解を用いて簡単に解説します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングを表した図

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とサービス利用者の2社間で契約を結ぶ方式です。

2社間ファクタリングでは売掛先に債権譲渡の承諾無し、売掛債権の売却を行うため売掛先からファクタリングの利用を知られることはありません。

債権の譲渡の取引を2社間で行うため審査から契約までのスピードが早く、資金調達までのスピードが早い特徴があります。

ただし売掛先が契約に関与しない分、ファクタリング会社の債権の未回収リスクが高まるため手数料が高い特徴があります。

ファクタリングの相談窓口「ランクファクター」からの提供情報では、相談窓口に問い合わしてきた方の95%以上が2社間ファクタリングを選ぶというデータがあります。

▼2社間ファクタリングはこんな人におすすめ

  • 売掛先にファクタリングの利用に知られると以後の受注に影響に出るような方
  • 3日以内の資金調達を希望する方

    3社間ファクタリング

    3社間ファクタリングを表した図

    3社間ファクタリングとはファクタリング会社とサービス利用者、売掛先の3社間での契約を結ぶ方式です。

    3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比較して、債権の未回収リスクが低いので手数料が低くなります。

    ただし売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうため資金繰りに困っている印象を与える可能性があり、以降の取引に悪影響を与える可能性があります。

    売掛先と継続取引をしており信頼関係を構築している場合などでは、3社間ファクタリングを利用しても良いでしょう。

    ▼3社間ファクタリングはこんな人におすすめ

    • 売掛先と1年以上の取引実績があり受注額が伸びているような方

    ファクタリングのメリットは資金調達のスピードが最も早い

    ファクタリングのメリットは資金調達のスピードが速い

    ファクタリングは融資と比較して、資金調達のスピードが早い特徴があります。

    融資の場合は経営状況、財務状況などを銀行や保証協会が審査を行うため、融資実行まで最短でも2週間程度の期間を要します。

    ファクタリングは、自社の状況よりも売掛先の信用力に審査の比重が置かれているため、審査時間が短く最短1日での入金が可能です。

    また融資の金利よりも手数料が高いことでファクタリング会社が買取にリスクを取りやすいことも、審査時間が短い要因です。

    2週間以内に資金が必要な方などには、ファクタリングは最も検討すべき資金調達と言えるでしょう。

    赤字でも売掛先の与信に問題がなければ審査に通る

    赤字でも利用できる

    ファクタリングは赤字でも利用可能です。

    ファクタリングの審査では売掛債権を発行した売掛先が支払い能力があり、発注元との継続取引が確認できれば審査に通過します。

    ファクタリングの審査通過率は平均70%以上あり、資本力のあり買取姿勢に積極的なファクタリング会社であれば9割以上の審査通過率を誇るケースも存在します。

    赤字の方だけに限らず、創業間もない方や個人事業主の方で融資での資金調達が難しい方でも利用可能です。

    信用情報に傷がつかない

    信用情報が傷つかない

    ファクタリング利用履歴はKSCJICCなどの信用情報機関に反映されないので、銀行融資やビジネスローンの審査に悪影響を与えません。

    融資では負債が増えるほど信用情報に影響がありますが、ファクタリングでは信用情報が傷つくことがないので複数回利用できます。

    担保や保証人なしで利用できる

    担保や保証人なしで利用できる

    ファクタリングは債権の売買契約によって成立するので、担保や保証人が不要となります。

    そのため取引先が倒産などして売掛金をファクタリング会社に支払えない状況でも、弁済義務は発生しません。

    売掛金の未回収リスクを避けられる

    売掛金の未回収リスクを避けられる

    ファクタリングは入金期日前の売掛金を現金化できるので、債権の未回収リスクを防ぐことができます。

    建設業やシステム開発業などの多重下請け構造の業界では、発注者側の倒産などによって連鎖倒産が起きる可能性があります。

    不良債権になる前にファクタリングを利用しておくと、連鎖の倒産リスクを減らすことができます。

    オフバランス化できる

    オフバランス化

    融資と比べファクタリングは資産のオフバランス化が可能です。

    オフバランス化とは貸借対照表(BS)に計上されない会計処理のこと
    融資では貸借対照表で負債として計上されますが、ファクタリングでは負債や資産を増やすことなく資金調達できるのでROA(純資産利益率)を高められます。
    ROAとは会社が所有している資産に対してどれくらいの利益があるか現した指標
    ROAの計算式:ROA=当期純利益/純資産×100
    ROAが高いことは資産を用いて効率的に利益を出していると判断されるので、金融機関からの信用評価が高くなります。

    ファクタリングのデメリットは手数料の上限が存在しないこと

    ファクタリングのデメリットは手数料が高いこと

    ファクタリングのデメリットとしては、手数料に上限が存在しないことが挙げられます。

    融資では貸金業法によって年間15%〜20%の上限金利が設定されていますが、ファクタリングは手数料上限の法律が存在しません。

    それぞれのファクタリング会社が独自の基準によって手数料を決めており、業界としての手数料相場は2社間ファクタリングで10%〜20%、3社間ファクタリングで5%〜12%程度となっています。

    ファクタリングの手数料が高くなる理由としては、ファクタリング会社の背負うリスクが融資に比べて大きいためです。

    ファクタリングでは「債権の二重譲渡」「売掛先の倒産による貸倒リスク」などのリスクをファクタリング会社は抱えています。

    また早急な資金繰りに対応するため他の資金調達手段に比べ審査時間が圧倒的に短いです。

    以上よりファクタリング会社にとっての債権の未回収リスクが高いので、手数料が高くなります。

    分割払いでの支払いはできない

    分割払いの支払いはできない

    ファクタリング会社への支払いは分割払いだと融資とみなされるので、一括で支払う必要があります。

    ファクタリングの分割払いが融資と判断される理由
    分割払いを行うと金利を上乗せした毎月の返済のような形になるので、売掛債権担保融資と判断されるため
    分割払いを許可するには貸金業登録や貸金業登録要件を満たす必要があるので、ほとんどのファクタリング会社は貸金業者に該当しません。
    そのためファクタリングでは分割払いは利用できないと考えて良いでしょう。

    売掛先の信用情報が悪い時は審査に通らない

    売掛先の信用情報が悪い時は審査に通らない

    ファクタリングは売掛先が審査の9割以上の比重を締めるので、売掛先に信用力がなければ利用できません。

    以下のような売掛先の債権の場合は、審査に通らない可能性が高いです。

    • 個人事業主
    • 創業から1~2年以内の企業
    • 資本金が300万円以下の企業
    • ホームページが無い企業

    依存しやすく定期的な利用は財務悪化につながる可能性がある

    依存しやすく定期的な利用は財務悪化につながる可能せがある

    ファクタリングは他の資金調達と審査に通りやすい分、依存しやすいです。

    ファクタリングを利用すると本来会社にあるべきキャッシュが減ってしまうので、運転資金が目減りしてしまいます。

    さらに悪化したキャッシュフローを補うためにファクタリングを利用すると、経営状況が困難に陥る可能性も。

    ファクタリング会社によっては複数回利用して、返済の目処がたたないと判断された場合、審査に通りずらくなります。

    そのためファクタリングの利用用途はあくまでつなぎ資金として考えるべきでしょう。

    ファクタリングの注意点!二重譲渡してしまうと犯罪行為になる

    ファクタリングの注意点!二重譲渡をしてしまうと犯罪行為になる

    複数のファクタリング会社に申し込みを行うときは、二重譲渡に注意が必要です。

    譲渡した債権を他のファクタリング会社でも譲渡してしまうと、二重譲渡になり詐欺罪に問われる可能性があります。

    ファクタリング会社への入金のタイミングで複数社利用はバレます。

    相見積もりを取る際は、必ず契約を結ばず審査だけ受けることが大切です。

    2社間ファクタリングを利用した場合、売掛金を支払い期日に振り込まないとファクタリングを利用できなくなる可能性がある

    2社間ファクタリングを利用した場合、売掛金を支払い期日に振り込まないとファクタリングを利用できなくなる可能性がある

    2社間ファクタリングを利用した場合のファクタリング会社への売掛金の振り込みは、取引先から支払いがあったその日に一括で支払う必要があります。

    支払い遅延を起こしてしまった場合、利用したファクタリング会社からの信用を失うため再度利用できなくなります。

    またファクタリングの利用は売掛先からの入金とファクタリング会社への支払い履歴によって分かるので、一度支払い遅延を起こすと他のファクタリング会社の審査に通りづらくなります。

    ファクタリングの利用の流れ

    ファクタリングの申込みから入金までの流れ

    ファクタリングの利用の流れは以下になります。

    1. 申し込みから必要書類の提出
    2. 審査結果の通知
    3. 契約
    4. 入金
    5. ファクタリング会社への支払い(3社間ファクタリングの場合)

    ただし2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで、手順が多少異なります。

    2社間ファクタリングでは審査後の契約で売掛先は関与しませんが、3社間ファクタリングでは契約前に債権譲渡の承諾を取ったあと「ファクタリング会社・サービス利用者・売掛先」の3社で契約を結びます。

    また2社間ファクタリングの場合、契約前に債権譲渡登記が必要な場合があります。

    3社間ファクタリングでは売掛先がファクタリング会社に直接売掛金の支払いを行いますが、2社間ファクタリングでは売掛先から入金後、即日でサービス利用者がファクタリング会社に振り込む形となります。

    必要書類は多めに用意しておくことでスピード入金の可能性が上がる

    審査前に書類を揃えておくことで審査をスムーズに進めることができます。

    一般的にファクタリングの必要書類は以下になります。

    ▼ファクタリングの必要書類

    • 身分証明書
    • 請求書や注文書、診療報酬明細などの売掛債権が分かる成因書
    • 売掛先との基本契約書
    • 取引先からの入金履歴が分かる通帳(最低3ヶ月から6ヶ月以上の履歴があると良い)
    • 直近の決算書や確定申告書
    • 商業登記簿謄本
    • 納税証明書
    • 印鑑証明書
    • 売掛先との取引の内容を証明可能なメールやチャットでのやりとりの画像

    身分証明書や請求書、入金履歴が分かる通帳さえあれば審査に対応しているファクタリング会社も存在します。

    ただし書類が多いほど売掛債権の偽造や売掛先の支払い能力を証明できるので上記の書類を揃えておくことスムーズに審査を行いつつ審査通過率を上げることができます。

    オンラインファクタリングならオフィスにいながらサービスを利用できる

    オンラインファクタリングとは面談・審査・契約をオンラインで完結させるファクタリングです。

    ファクタリング会社に訪問する手間が省けるので、移動時間などを大幅に削減できます。

    近郊にファクタリング会社がない方に最適です。

    また面談もないweb完結型のサービスを利用すれば、さらに取引をスムーズに行えます。

    web完結型ファクタリングなら書類を提出すれば審査が完了する

    web完結型ファクタリングは専用のサイトに必要書類をアップロードすれば、面談なしでAIによって自動的に審査が行われるので資金調達までのスピードが早くなります。

    例えばペイトナーファクタリングなら請求書、顔写真付きの身分証明書、入出金履歴がわかる通帳をアップロードすれば最短10分の振込みが可能です。

    最短10分で審査結果をメールでお返しします。入金も審査完了と同時に行われるため、待ち時間はありません。

    引用元:ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)

    ただしweb完結型ファクタリングは25万円以内の少額債権の取引に対応したサービスのみしか存在しないので、フリーランスや個人事業主におすすめのサービスとなります。

    本記事の監修者

      監修者_ランクファクター監修者:前川大輔
      FCマーケティング株式会社代表取締役。
      経営者様の資金繰りの課題を解決する相談窓口「ランクファクター」のコンサルタント。
      ファクタリングを中心に融資コンサルティング・補助金の申請代行など幅広いソリューションを提供。
      サービス運営のミッション:ヤミ金のような悪徳なファクタリング会社による被害を減らすることで業界を健全化し、ファクタリングによる資金調達の認知を広げる。
      本記事の監修者監修者:辻 哲弥
      デロイトトーマツ、慶應義塾大学法科学院出身。

      ACLEAN会計事務所の代表公認会計士・税理士、税理士法人グランサーズの代表。(公認会計士登録番号:42636税理士登録番号:149486)再生可能エネルギー電力会社にてCFOも兼任。
      最年少の23歳にて会計事務所を開業。デロイト在籍時には官公庁、IT産業、建設業、製造業などの幅広い業態の監査に従事。現在は創業支援に特化した会計事務所として会計・税務や財務コンサルティングをメインに事業を展開。2023年から税理士法人グランサーズの代表も歴任