当サイトのコンテンツにはスポンサーからのPRが含まれている場合があります

ファクタリング乗り換えで好条件保証の8社厳選!他社利用中でもOKサービスはどこ?

ファクタリング会社の乗り換えをしたい。」「他社利用中でもOKなサービスはどこ?

既にファクタリングを利用しているが、手数料が高く利用回数が増えるほど資金繰りが苦しくなっている方も多いのではないでしょうか?

ファクタリングには法規制による手数料上限が存在しないので、ファクタリング会社の独自の判断によって手数料が決定します。

手数料が高く取引額が大きくなると、本来の入金予定だったキャッシュを大幅に削ることになるので、財務状況が悪化します。

そんな時に検討すべきなのはファクタリング会社の乗り換えです。

ファクタリングの乗り換えの最も大きなメリットは、手数料が安くなることです。

買取額 手数料15%の場合にかかるコスト 手数料10%の場合にかかるコスト
100万円 15万円 10万円
200万円 30万円 20万円
300万円 45万円 30万円
400万円 60万円 40万円
500万円 75万円 50万円

債権買取額と手数料の関係

本記事では乗り換えファクタリングで手数料を安くできる優良会社8選をご紹介します。

乗り換え実績豊富なサービスを調査していますので、是非ご参考ください。

  • ファクタリング乗り換えは他社利用中でもOK
  • ベストファクターなら他社から乗り換えに積極的|口コミの高評価が多数のサービス!
  • 他社利用中で譲渡済みの債権をファクタリングするのは「違法」
  • 乗り換えファクタリングの流れは通常の申し込み方法と同じ
    記事の監修者_盛澤陽一郎監修者:盛澤 陽一郎
    ビーン合同会社 代表社員。ビーンコンサルティング 代表。
    中小企業診断士、行政書士。補助金申請、採用支援を中心に従事。
    早稲田大学商学部卒業後、税理士事務所、中小企業支援を行う公的団体に勤務。独立後は中小企業の経営計画策定、売上改善、組織改善、採用力アップのサポートを行っている。1年で40kgのダイエットに成功した経験を活かし、健康経営の導入支援も得意とする。出版著書として「鬼滅の刃から学べ! チームを幸せに導くリーダーのあり方」 共著 ロギカ書房、 「健康経営はあなたの会社を強くする!」 共著 税務経理協会がある。
    目次

    ファクタリングの乗り換えに実績豊富な8社厳選

    乗り換えファクタリング8選

    ファクタリングの乗り換え先として、おすすめの会社8選をご紹介します。

    希望の手数料や買取限度額に合うサービスを見つけられるように、おすすめのファクタリング会社の中から厳選しています。

    ※ご紹介するファクタリング会社の審査難易度については、以下の基準で表記しています。

    審査通過率 90%未満 90%〜94% 95%以上
    審査難易度 普通

    既に利用していた会社で審査に落ちて乗り換えを検討している方は、審査甘いファクタリングがおすすめです。

    ベストファクターは少額からの乗り換えにも対応

    日本トレンドリサーチの調査で、「経営成績の向上が期待できるファクタリング会社」「ファクタリング会社支持率」「経営者に紹介したいファクタリング会社」でNo.1を獲得しているベストファクター。

    平均買取率は92.2%と高く、最短24時間のスピード調達ができることも注目されています。

    現在は注文書の買い取りも始めており、仕事に着手する前段階でも即日資金調達ができるようになっています。

    無料で利用できる買取額シミュレーションを活用すれば、サービス利用前に手数料やトータルでの負担額をイメージできるのもポイントです。

    他社利用中の乗り換えファクタリングを積極的に受けているファクタリング会社で、50万円台の少額から高額債権を扱う建設業や運送業の方の利用者が多いのが特徴となっています。

    ベストファクターのおすすめポイント

    • サービス利用前に乗り換え時の手数料を無料診断できる
    • 平均買取率92.2%
    • 注文書の買い取りにも対応可

          ▼ベストファクターの無料相談はこちら▼

          乗り換えファクタリングの条件保証 無し
          手数料 2.0%〜
          入金スピード 最短即日
          利用可能額 無制限
          ファクタリングの種類 2社間、3社間
          審査難易度
          サービス対象 法人、個人事業主
          取引方法 オンライン、対面

          アクセルファクターは柔軟な審査により即日取引の成功率が高い

          アクセルファクター

          アクセルファクターは、審査通過率93%で利用者のニーズに合わせた対応をしている大手ファクタリング会社です。

          買取可能な債権の下限額は30万円に設定されており、少額債権でも利用しやすいのも大きなメリットとして支持されてきました。

          柔軟な対応も魅力であり、書類不足・税金滞納中・当日中に現金が欲しい、などさまざまな困りごとの相談を受け付けています。

          またファクタリングに依存しないように、継続利用する方には手数料が減額される仕組みを採用しています。

          「この状況では多分ファクタリングを利用できないだろう」「今更乗り換えは厳しそう」と感じるときでも、まずは相談するならアクセルファクターがおすすめです。

          アクセルファクターのおすすめポイント

          • マニュアルに縛られない柔軟な対応
          • 少額債権のファクタリングも可能
          • 審査は最短1時間程度で完了する
          • 利用回数に応じた手数料減額モデル

              ▼アクセルファクターの無料相談はこちら▼

              乗り換えファクタリングの条件保証 有り
              手数料 2.0%〜20%
              入金スピード 最短3時間(審査1時間)
              利用可能額 30万円〜1億円まで
              ファクタリングの種類 2社間、3社間、注文書ファクタリング
              審査難易度 普通
              サービス対象 法人、個人事業主
              取引方法 オンライン、対面

              日本中小企業金融サポート機構はオンライン完結で利用できる

              ファクタリング乗り換え_日本中小企業金融サポート機構

              日本中小企業金融サポート機構は、低手数料のファクタリング会社に乗り換えたい方におすすめのサービスです。

              日本中小企業金融サポート機構は非営利団体としてファクタリング事業を運営しており、手数料が1.5%〜10%で業界最安水準となっています。

              またファクタリング以外にも補助金の申請代行や金融機関の紹介なども行なってます。

              複数回ファクタリングを利用しておりファクタリングありきの資金調達から脱却したい方には、日本中小企業金融サポート機構はおすすめのサービスと言えるでしょう。

              【日本中小企業金融サポート機構のおすすめポイント】

              • 手数料が1.5%〜10%
              • 個人・法人まで幅広く利用できる
              • 取り扱い限度額がないため高額債権でも買取に対応
              • ファクタリング以外の資金繰りのソリューションの提供も実施

                ▼日本中小企業金融サポート機構の無料相談はこちら▼

                乗り換えファクタリングの条件保証 無し
                手数料 1.5%〜10%
                入金スピード 最短3時間
                利用可能額 無制限
                ファクタリングの種類 2社間、3社間、注文書ファクタリング
                審査難易度
                サービス対象 法人、個人事業主
                取引方法 オンライン、対面

                ファストファクタリングは審査・手数料ともに乗り換え優遇のプランがある

                ファストファクタリング

                ファストファクタリングは他社からの乗り換えで手数料が最大10%OFFになるキャンペーンを実施しています。

                現在、他社でファクタリングをご利用中の方、弊社では他社からのお乗換えを希望されるお客様への利用手数料の引き下げをご提示するなど様々な特典をご用意しております。
                詳しくはお問い合わせ下さい。

                引用:ファストファクタリング-他社からのお乗り換えで優遇

                企業規模や業種を問わない幅広い対応力が有るサービスです。

                申し込みから審査・入金まで最短5時間で完了するスピードも魅力のひとつ。

                手数料も5%からと比較的安めであり、経験豊富なスタッフが万全のサポートをしてくれるのもポイントです。

                もともとの手数料が安く、かつお得に乗り換えできる利用先をお探しの方は検討してみましょう。

                【ファストファクタリングのおすすめポイント】

                • クイック査定機能あり!手軽に利用できる
                • 財務コンサルタントが常駐!専門的なアドバイスも可能
                • 乗り換えで10%OFFキャンペーンもあり

                  ▼ファストファクタリングの無料相談はこちら▼

                  乗り換えファクタリングの条件保証 有り( 最大手数料10%offのキャンペーン実施)
                  手数料 5.0%〜
                  入金スピード 最短即日
                  利用可能額 〜1億円まで
                  ファクタリングの種類 2社間・3社間
                  審査難易度 普通
                  サービス対象 法人、個人事業主
                  取引方法 オンライン、対面

                  イージーファクターは審査通過率は低いが手数料が安いと評判

                  乗り換えファクタリングで最もおすすめイージーファクター

                  手数料は2%~8%と最低水準で、他社からの乗り換え実績も堅実に伸ばしている法人向けファクタリングサービスです。

                  乗り換え専用のサービスがあり、他社よりも好条件を保証しています。

                  登記費用・交通費・印紙代など各種雑費がかからず、ファクタリング以外のコストが削減しやすいのもメリットです。

                  イージーファクターは、一般的な売掛債権の買取から、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングまで幅広く対応しているのが特徴です。

                  比較的柔軟な独自の審査基準を掲げているため、他社でファクタリングと断られてしまった企業でも使いやすくなっています。

                  イージーファクターのおすすめポイント

                  • 法人向けサービス
                  • 手数料から1%からと安い
                  • オンライン完結なので入金までのラグが短い
                  • 債権譲渡登記なし

                  ▼イージーファクターの無料相談はこちら▼

                  乗り換えファクタリングの条件保証 有り
                  手数料 2.0%〜8.0%
                  入金スピード 最短即日
                  利用可能額 5,000万円まで
                  ファクタリングの種類 2社間・3社間
                  審査難易度
                  サービス対象 法人
                  取引方法 オンライン

                  ファクターズは複数回利用の満足度が高い

                  ファクターズ

                  ファクターズはリピート率91.3%を誇るファクタリング会社であり、資金繰り改善率も92.8%を記録しています。

                  手数料は3%~5%程度になることが多く、徹底してコストを省いた運営による省手数料化に成功しています。

                  最短4時間で請求書を現金化できることも、大きな強みとして広がりました。

                  公式サイト上には30秒で完結する簡易見積り機能があり、24時間365日使えます。

                  乗り換えを検討したい!と思ったときにサッと見積りをとりたい方は、利用してみましょう。

                  ファクターズのおすすめポイント

                  • 午前中までの申し込みで最短15時までの着金に対応
                  • 審査通過率93.4%!リピート率も91.3%と高い
                  • 基本的に2社間ファクタリングのため取引先に知られない
                            乗り換えファクタリングの条件保証
                            手数料 5.0%〜
                            入金スピード 最短即日
                            利用可能額 30万円〜5000万円
                            ファクタリングの種類 2社間・3社間
                            審査難易度 普通
                            サービス対象 法人、個人事業主
                            取引方法 オンライン

                            ジャパンマネジメントは乗り換えでの審査通過率が高め

                            ジャパンマネジメント

                            ジャパンマネジメントは、他社からの乗り換え率が93%と非常に高いサービス。

                            「見直しを検討したい」「今のファクタリング手数料が妥当なのか知りたい」など、本格的な乗り換えを検討中でない方からの相談も受け付けています。

                            インターネットでジャパンマネジメントさんを知りました。
                            他社を利用してましたが、手数料に不満が有ったので、相談すると他社より低い手数料を提示してもらえたので、他社から乗り換えました。
                            電話対応も丁寧で、必要書類などもわかり易く説明して頂けました。

                            引用:ジャパンマネジメント-お客様

                            希望入金日までの対応実績も95%と高く、結果として継続取引率も97%を記録しました。

                            東京・福岡を中心に24時間日本全国からの相談を受け付けているので、仕事の関係で対応が深夜・早朝になる方にも向いています。

                            【ジャパンマネジメントのおすすめポイント】

                            • 現在利用中のファクタリング手数料の診断をしてくれる
                            • 乗り換え実績が高く手数料を抑えやすい
                            • 仮審査で手数料が分かる
                            • 4ステップで手続き完了!簡単で使いやすい
                            乗り換えファクタリングの条件保証 有り
                            手数料 3.0%〜20%
                            入金スピード 最短即日
                            利用可能額 20万円〜5000万円
                            ファクタリングの種類 2社間・3社間
                            審査難易度 普通
                            サービス対象 法人、個人事業主
                            取引方法 オンライン、対面

                                        ランクファクターはファクタリング会社の乗り換え時の相談窓口

                                        ランクファクター

                                        ランクファクターは好条件保証のファクタリング会社を探せる、ファクタリングの相談窓口です。

                                        専属のコンサルタントがファクタリング会社との審査や条件交渉に入ることで、手数料の減額を実現します。

                                        土日祝日も含む365日9時〜27時まで問い合わせフォームや電話・LINEによる対応を行っているので、気軽に無料相談可能です。

                                        ランクファクターの提携業社は与信調査済みの優良企業のみとなっており、累計買取額は750億円となっています。

                                        ファクタリング会社の乗り換えによる条件交渉が苦手な方などは、ランクファクターを通してファクタリング会社を利用するのも良いでしょう。

                                        ランクファクターのおすすめポイント

                                        • ファクタリング会社の条件交渉や審査まで円滑に進めてくれる
                                        • 他社を2回以上利用している100万円以上の債権なら最もおすすめ
                                        • 売掛債権額の1%をキャッシュバック
                                                乗り換えファクタリングの条件保証 有り
                                                手数料 1.2%〜20%
                                                入金スピード 最短即日
                                                利用可能額 100万円〜
                                                ファクタリングの種類 2社間ファクタリング

                                                3社間ファクタリング

                                                審査難易度
                                                サービス対象 法人
                                                取引方法 オンライン

                                                ファクタリングの乗り換えとは

                                                ファクタリングの乗り換えとは

                                                ファクタリングの乗り換えとは、その名の通りファクタリング会社の乗り換え・切り替えのことを指します。

                                                「一度契約したファクタリング会社があれば継続した方がいい」と考えてしまいがちですが、実は乗り換えが可能です。

                                                相場と比べてファクタリング手数料が高い場合や、事務費用など追加コストの徴収が多い場合は乗り換えを検討した方がよいでしょう。

                                                またスタッフへの不信感や利便性を重視して乗り換えを検討する企業も増えています。

                                                ただし既にファクタリング会社に譲渡済みの債権については、乗り換え先で利用できません。

                                                まだファクタリングしていない新規の請求書・債権で見積りを取得し、手数料などの条件を比較していきましょう。

                                                記事の監修者_盛澤陽一郎
                                                盛澤 陽一郎
                                                コロナ禍に行われた「ゼロゼロ融資」の返済や、各種コストの上昇、人手不足により黒字倒産する企業も増えています。
                                                資金繰りが重要になっている現在の環境下では、債権を現金化する手段としてファクタリングを利用することも有効です。
                                                ですが、利用する会社によっては高額な手数料を取られたり、継続利用していても手数料を下げてもらえないケースもあります。
                                                これらの不安がある場合は一度、ぜひ乗り換えも検討してみるのも良いでしょう。

                                                ファクタリング乗り換えのメリット

                                                ファクタリングの乗り換えのメリット

                                                ここでは、ファクタリング会社を乗り換えるメリットを解説します。

                                                一見すると手続きが面倒に感じられるかもしれませんが、乗り換えた方がメリットが大きくなるケースがあるのでチェックしてみましょう。

                                                • 手数料を減額できる
                                                • 買取限度額が違うサービスを利用できる
                                                • スタッフの対応が良いサービスを利用できる
                                                • 売掛債権の支払期日が遅くても利用できる

                                                手数料を減額できる

                                                乗り換えファクタリングでは手数料を減額できるメリットが存在します。

                                                手数料はファクタリングする金額が大きくなればなるほど膨らんでしまうので、特に多額のファクタリングをしたいときこそ手数料の安い会社を利用するのがおすすめです。

                                                本来手に入るはずだった額に近い現金が振り込まれ、資金繰りもしやすくなります。

                                                ファクタリング会社の中には他社から乗り換えを行った場合、手数料減額を保証している会社も存在します。

                                                コストを第一に考えたいときにこそ、乗り換えを検討してみましょう。

                                                買取限度額が高い会社を利用できる

                                                同じ債権をファクタリングする際でも、買取限度額はファクタリング会社ごとに異なります。

                                                ファクタリング会社の乗り換えを行えば、希望買取額での取引が可能になります。

                                                大きなプロジェクトが発生したときや、多額の投資が必要になりファクタリングを増やしたときには、まず今利用しているファクタリングサービスの買取限度額をチェックしてみましょう。

                                                ファクタリング会社の乗り換えは、資金調達の選択肢を増やす手法としても活用できるのです。

                                                スタッフの対応が良いサービスを利用できる

                                                どんなに手数料が安くても、対応スピードが遅く資金繰りを圧迫するのではファクタリングの意味がありません。

                                                またマニュアル一辺倒の対応のみしかしてもらえず、HPに記載されていたフェーズ通りに契約手続きが進まないのもストレスとなります。

                                                対応実績が多く丁寧な対応をしてくれるファクタリング会社であれば、ストレスフリーに利用できます。

                                                対応に疑問を感じたときは、他のファクタリング会社を検討してみましょう。

                                                売掛債権の支払期日が遅くても利用できる

                                                売掛債権の支払い期日までの期間が長いほど、買取に対応しているファクタリング会社が少なくなります。

                                                売掛債権の支払期日が長い場合は、買取不可なケースや手数料が高額になることも多いです。

                                                ファクタリングの乗り換えを行えば手数料を抑えつつ、支払いサイトの長い債権でも対応可能になります。

                                                ファクタリング乗り換えのデメリットは複数回乗り換えを行うとファクタリングを利用しづらくなる

                                                ファクタリング乗り換えのデメリット

                                                ファクタリングの乗り換えを複数回行うと、ファクタリングを利用しづらくなる傾向があります。

                                                複数のファクタリング会社を利用していると以下のような印象を持たれることが多いです。

                                                • 他のファクタリング会社の審査に落ちている
                                                • 財務状況が悪化している
                                                • ファクタリング利用者の信用力に問題がある

                                                そのため上記の印象を持たれてしまうと、ファクタリングの審査に通りづらくなります。

                                                ファクタリング会社を乗り換える際は、一度乗り換えた後も継続的に利用できる業者を選ぶことが大切です。

                                                ファクタリングの乗り換えは他社利用中でもOK

                                                ファクタリング他社利用中でもOK

                                                他社利用中でも、別の債権でのファクタリング会社の乗り換えは問題ありません。

                                                他社利用中でもファクタリング会社が買取しやすい利用者の特徴は以下です。

                                                • 過去に利用したファクタリングで債権譲渡登記をしている
                                                • 過去に利用したファクタリング会社との債権譲渡に関する契約書がある
                                                • 継続取引がある売掛先で乗り換えファクタリングを行う

                                                債権譲渡登記を行っており過去に利用したファクタリング会社との債権譲渡に関する契約書があると、二重譲渡のリスクを大幅に下げることができるので他社利用中でもファクタリング会社は債権の買取をしやすくなります。

                                                また継続取引がある売掛先の債権は乗り換え以降も、複数回のファクタリングを利用を期待できるので、審査通過率が高くなりやすく手数料の条件も良くなる傾向にあります。

                                                ファクタリングの乗り換えの注意点!同一債権での二重契約は詐欺罪や横領罪に該当する

                                                ファクタリング乗り換え

                                                ファクタリング会社を乗り換える際にまず気をつけなければいけないのは、同一債権での二重契約(二重譲渡)です。

                                                二重契約とは同一の債権を複数のファクタリング会社に譲渡してしまうことです。

                                                2社目以降のファクタリング会社を騙して現金を取得したと判断され詐欺罪に該当します。

                                                他社で請求書の一部で少額で現金化しているケースで、残りの額を現金化することでも違法行為になります。

                                                詐欺罪では10年以下の懲役が定められているので、二重契約には注意が必要です。

                                                ファクタリング会社の繋がりによって複数者との併用はバレる

                                                ファクタリング業界では系列の会社や繋がりのある会社が場合が多く、複数のファクタリング会社に同一債権を譲渡すると必ずバレます。

                                                また債権譲渡登記などを行っている場合、第三者が登記情報を閲覧可能となっているので複数社に相見積もりを取った段階で確実に審査に落ちます。

                                                一度二重契約をしてしまうと詐欺罪で逮捕されなくても、業界のネットワークに二重契約の履歴が残るためファクタリングを利用できくなる可能性が高いです。

                                                ファクタリング乗り換えを行う際の手続き

                                                ファクタリングを乗り換えする際は、下記の手順で進めます。

                                                1. 乗り換え先のファクタリング会社を決定する
                                                2. メール・電話・LINEなどで相談する
                                                3. 必要書類を提示して審査・契約
                                                4. 入金

                                                二重譲渡だけ避ければ、同時期に2社以上のファクタリング会社を利用することは可能です。

                                                審査のフローも1社目のファクタリング利用時と大きく変わらないので、まずは相談してみましょう。

                                                ファクタリングの乗り換えでベストのタイミングは?

                                                ファクタリング乗り換えを行うべきか判断するタイミングについて詳しく解説します。

                                                サービスの手数料が高い時

                                                ファクタリングの手数料が高すぎると、当然ながら得られる現金が目減りしてしまいます。

                                                資金繰りを改善するためにファクタリングを利用しているはずなのに、使えば使うほど資金繰りが悪化してしまうケースも少なくありません。

                                                手数料支払いが負担となり、最終的に支払いが遅れてしまうこともあるので注意しましょう。

                                                ファクタリングを利用する際はまず手数料の安い会社を選定し、そこからサービスの質や買取限度額で比べるのがおすすめです。

                                                入金スピードが遅い

                                                入金スピードが遅いと、いざというときに現金が着金されないなど思わぬトラブルになるケースがあります。

                                                緊急案件にも対応しづらく、ファクタリングのメリットを活かしきれません。

                                                また、追加でのファクタリングも利用しづらく、利便性の悪さが目立つこともあるでしょう。

                                                今のファクタリング会社に対し、スピード面で不満を感じているのであれば思い切って乗り換えてみるのが得策です。

                                                希望買取額に対応していない

                                                買取額に上限があり、希望額に対応していない場合もファクタリングの利便性が損なわれます。

                                                「近々大きな設備投資をしたいのに高額の請求書を買い取ってもらえない」ということになれば、機会損失につながるでしょう。

                                                追加でのファクタリングも利用できず、ビジネスチャンスを失うこともあります。

                                                ほぼ似たような条件であれば、買取限度額が高いファクタリング会社を利用するのがポイントです。

                                                ファクタリング会社のスタッフの対応が悪い

                                                ファクタリング会社スタッフの対応が悪いと、やり取りに不信感が出てきます。

                                                「問い合わせに対する返答が遅い」「書類上のミスややり直しが多い」という明確な不満だけでなく、「専門的なアドバイスが得られない」などぼんやりとした不満がないか改めてチェックしてみましょう。

                                                担当が頻繁に変わるなど、やりづらさを覚えることがあれば乗り換えを検討するのもひとつの手段です。

                                                問い合わせ時の第一印象などを比較しながら、自社に合うファクタリング会社を見つけていきましょう。

                                                本記事の監修

                                                  本記事の監修者監修者:辻 哲弥
                                                  デロイトトーマツ、慶應義塾大学法科学院出身。

                                                  ACLEAN会計事務所の代表公認会計士。(公認会計士登録番号:42636)再生可能エネルギー電力会社にてCFOも兼任。
                                                  最年少の23歳にて会計事務所を開業。デロイト在籍時には官公庁、IT産業、建設業、製造業などの幅広い業態の監査に従事。現在は創業支援に特化した会計事務所として会計・税務や財務コンサルティングをメインに事業を展開。
                                                  年収チャンネルでも出演履歴もあり。