当サイトのコンテンツにはスポンサーからのPRが含まれている場合があります。

【2024年1月最新】岩手ひとり旅におすすめの観光・グルメスポット17選を紹介!

岩手県は、朝ドラ「あまちゃん」のロケ地としても有名で、日本で2番目に県土が広く、地域によって気候が違うのが特徴です。

三陸海岸という太平洋に面した海岸には、黒潮と親潮がぶつかる潮境があり、世界有数の漁場として有名!養殖が盛んで美味しい鮮魚を堪能できます。

また、女性には嬉しい温泉や旅館も多数あり、大自然の中でゆったりとした時間を過ごすこともできます。

今回は、そんな岩手でおすすめの岩手ひとり旅スポットを厳選して17選紹介していきます。

広大な県土をゆっくり散策できるひとり旅で、名所やグルメを満喫しましょう。

それでは、おすすめの男性向けスポット、女性向けスポット、王道スポットの3つに分けて紹介していきます。

東北各地のひとり旅記事一覧

岩手で男ひとり旅におすすめのスポット

岩手で男ひとり旅をするなら以下の6つのスポットがおすすめ。

岩手県の歴史ある建造物や豊かな自然があるスポット紹介していきます。

また美味しいグルメスポットでお腹も満たされること間違いなし!

観自在王院跡-鶴の形をした浄土庭園のある広い史跡公園

観自在王院跡 
住所〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉志羅山
アクセス○電車でのアクセス
平泉駅から徒歩で7分
営業時間境内散策自由
電話番号0191-46-2110
料金境内無料
公式HPhttps://hiraizumi.or.jp/archive/sightseeing/kanji.html

観自在王院跡は世界遺産である「平泉」の一つであり、二代基衡公の妻が設立したと伝えられる寺院跡です。

池の北岸に大阿弥陀堂と小阿弥陀堂が設けられていたことから、極楽浄土を表現した庭園だと言われています。

鶴の池の形を中心に造られた浄土庭園で広い史跡公園となっています。地元の方々からは日常的な憩いの場所となっているそうです。

春の暖かい時期では散歩やピクニックの場所としても人気で、広大な敷地内で長閑な自然をゆっくり楽しむことができるでしょう。

猊鼻渓-年中無休の舟下りは大人気

猊鼻渓
住所岩手県一関市東山町長坂字町467 げいび観光センター
アクセス○電車でのアクセス
げいび渓駅から徒歩で5分
営業時間年中無休
電話番号0191-47-2341
料金大人:大人:1800円
小学生:小学生:900円
幼児:幼児:200円 3歳以上
備考:その他15名以上より団体割引あり
リース中のペット(中型犬、猫):200円(屋形舟運航中はペットの乗船できません)
公式HPhttp://www.geibikei.co.jp/en/route/index.html

猊鼻峡は大正14年に名勝指定され、日本百景の一つに数えられる史蹟名勝天然記念物です。

北上川の支流・砂鉄川両岸に巨岩・絶壁が連なる約2kmの渓谷を舟下りで楽しむことができます。

舟下りは日本らしい自然美を安価で楽しむことができ、冬でも防寒対策がされ、通年運航しているため季節の移り変わりを見られることが魅力!

また舟下りをする際には、途中で運試しのお賽銭投げや、帰り際に舟頭の舟歌を聴けることがあるため、景色と共に満足した時間を過ごすことができます。

奇跡の一本松-東日本大震災の復興への希望の木

奇跡の一本松
住所岩手県陸前高田市気仙町砂盛176−6 高田松原津波復興祈念公園内
アクセス○電車でのアクセス
JR大船渡線BRT「奇跡の一本松駅」下車徒歩10分
営業時間年中無休
電話番号0192-22-8911
料金見学無料
公式HP

奇跡の一本松は陸前高田市気仙町の高田跡地に立つ松の木です。

当時広田湾に面していた高田松原は350年にわたって植林されてきた約7万本の松の木が茂っていましたが、東日本大震災により、ほとんどの木は薙ぎ倒されてしまいました。

しかし、この一本の松だけが津波に耐えて立ったまま残ったことから、東日本大震災の復興への希望を象徴するものとされました。

その後も後世に引き継ぐため、モニュメントとして保存整備する「奇跡の一本松プロジェクト」を実行しています。

釜石線-夜間にはライトアップされる通称:めがね橋

釜石線
住所(区間)岩手県花巻市「花巻駅」から釜石市「釜石駅」
アクセス
営業時間○花巻駅から
始発 6時43分
終電 20時54分
○釜石駅から
始発 5時13分
終電 19時23分
電話番号
料金区間に応じて変わります
公式サイト

釜石線は花巻駅と釜石駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。

宮沢賢治ゆかりの「花巻」、民話のふるさと「遠野」、製鉄の街「釜石」など、岩手県を代表する観光地を結ぶ観光ラインでもあります。

別名「銀河ドリームライン釜石線」の愛称で親しまれ、旧橋は宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」のモチーフにもなりました。

宮守川橋梁は、通称「めがね橋」として親しまれ、20mの間隔で5連の半円がアーチ状に並ぶ姿は見応え抜群!

夜間には期間限定で、ライトアップされ、幻想的な景色が広がるのでぜひ一度観光してみると良いでしょう。

盛岡城跡公園(岩手公園)-桜や紅葉など四季折々楽しめる歴史公園

盛岡城跡公園
住所〒020-0023 岩手県盛岡市内丸1番37号
アクセス○電車でのアクセス
盛岡駅から徒歩で15分
営業時間年中無休
電話番号019-681-0722
料金見学無料
公式HPhttps://www.city.morioka.iwate.jp/kurashi/midori/koen/1010491.html

盛岡城跡公園(岩手公園)は不来方(こずかた)と呼ばれる南部氏の居城跡です。

石川啄木や宮沢賢治も訪れたと言われていて、日本の名城100選や、日本の歴史公園100選にも選ばれた歴史あるスポット!

園内には啄木や賢治、新渡戸稲造ら文人たちの歌碑も置かれているので、文人好きにはたまらないでしょう。

毎年4月上旬には約250本の桜が咲く「盛岡桜まつり」が開催され、冬には、公園内にミニかまくらを作ってキャンドルを灯す幻想的なイベント「もりおか雪あかり」を満喫できます。

このような様々なイベントが開催されているため、四季折々楽しむことができるのが魅力です。

食道園-盛岡冷麺発祥のお店

食道園

引用元:公式HP

住所 〒020-0022 岩手県盛岡市大通1丁目8−2
営業時間11時30分〜15時 17時〜22時
料金1000円〜1999円
アクセス○電車でのアクセス
JR山田線「上盛岡」駅より徒歩13分
公式HPhttps://shokudoen.com/

食道園は昭和29年創業の冷麺発祥のお店です。

元祖冷麺は厳選された牛肉をふんだんに使用し、丁寧に作り上げた冷製スープが魅力で、冷麺の辛さは4段階から選ぶことができます。

冷麺だけではなく、焼肉にもこだわっていて、厳選の国産牛を使用した焼肉は溶き卵に絡めて食べられて絶品!

焼肉店ということで家族連れも多いイメージですが、元祖冷麺を求めたおひとり様での来客も多いのでひとり旅でも安心して寄れますね。

岩手で女ひとり旅におすすめのスポット

岩手で女ひとり旅をするなら以下の5つのスポットがおすすめ

写真に収めたくなるスポットや、グルメ、ゆっくりと安らげる観光名所をご紹介します。

以下のスポットでは満足した特別な日を味わえるでしょう。

花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑-満天の星空を眺めながらの露天風呂でリラックス

花巻温泉郷 優香苑

引用元:公式HP

住所  〒025-0253 岩手県花巻市下シ沢中野53−1
アクセス○電車でのアクセス
JR花巻駅から40分
営業時間10:00~21:00 日帰り入浴 
受付は10:00~20:00
料金大人800円/子供400円
公式HPhttp://www.yuukaen.jp/

花巻温泉郷は、源泉掛け流しの大浴場と、夜に綺麗な星空を堪能できる露天風呂が自慢の宿です。

山の神温泉 優香苑の温泉は、四種の源泉を贅沢に使用した天然温泉 !珍しい化粧水のようなとろみを帯びた湯は一度体験したら忘れられないでしょう。

宮大工が手がけた湯宿は、全館に巧みな細工がなされていて、木の温もりに包まれながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

山の神優香苑での食事は三陸の新鮮な海の幸や、いわて牛など地元の旬を堪能できるので、宿での食事も楽しめるでしょう。

白龍 本店(パイロン)-じゃじゃ麺発祥のお店

白龍 本店

引用元:公式HP

住所 〒020-0023 岩手県盛岡市内丸5−15
アクセス○電車でのアクセス
盛岡駅前からバスで9分乗車後、徒歩2分
営業時間[月~土]
9:00~21:00(L.O.20:40)
[日曜]
11:30~18:45
日曜営業
定休日なし
電話番号019-624-2247
予算900円〜
公式HPhttps://www.pairon.iwate.jp/

白龍 本店(パイロン)は盛岡三大麺の一つである「じゃじゃ麺」の元祖、発祥のお店です。

「じゃじゃ麺」は、「白龍(パイロン)」の創業者である高階貫勝が、満州で食べてきた炸醤麺を盛岡の人に味を合わせるようにアレンジしたのが始まり!

現在、盛岡名物として多くの方に愛されている「じゃじゃ麺」は、こだわり抜いた独自の進化によって完成しました。

秘伝の味噌と共にもちもちとした食感の平打ち麺が特徴で、一度食べると何度も食べたくなってしまう個性的な味をぜひ体験してみてください。

遠野ジンギスカン羊丸・道-遠野市のソウルフードは実はジンギスカン!

遠野ジンギスカン羊丸

引用元:食べログ

住所岩手県遠野市松崎町白岩19地割62-1
アクセス遠野駅から1,630m
営業時間[月~水・金~日]
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:30)
日曜営業
予算1000円〜
公式HPhttps://www.instagram.com/hitujimaru.michi/

遠野ジンギスカン羊丸・道はお手頃な値段でジンギスカン焼肉を食べられるお店です。

ジンギスカンというと北海道を思い浮かべる方が多いと思いますが、岩手県遠野市では、昭和30年頃からジンギスカンが親しまれ、遠野市のソウルフードとして人気!

ジンギスカンは臭みがありそうというイメージを持たれますが、全く臭みはなく濃厚なタレにつけて食べるのでとても柔らかく甘味があります。

ランチメニューではラム丼というジンギスカンの丼ぶりや、羊のカレーなど珍しいメニューを楽しむことができます。

遠野ふるさと村-四季折々のイベントが開催されるペット連れにおすすめ施設

遠野ふるさと村
住所〒028-0661 岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5−89−1
アクセス○電車でのアクセス
遠野駅から車で20分
営業時間開館:9:00~17:00 入村受付は16:00まで
(11月~3月は15:30まで)
休館:無休
電話番号0198-64-2300
料金入村料:一般540円 小中高生320円
公式HPhttp://www.tono-furusato.jp/

遠野ふるさと村は懐かしい農村を再現した場所で、かつて馬と人が共に暮らしていた南部曲りの家の里が広がっています。

村には看板娘の白雪とポニーが飼われていて、運が良ければ野性のカモシカやニホンリスに出会えるでしょう。

季節のイベントも充実していて、春は「春風まつり」、夏には「馬っこつなぎ」、秋には「庭仕舞」、冬は「どべっこ祭り」などが満喫できます。

また、季節によって植物や動物も変わるので季節ごとに違った景色を見られることも魅力!

ペットとの入園も可能なので、ペットを連れて広大な自然を満喫することもできます。

盛岡八幡宮-縁結びなどのご利益があるパワースポット

盛岡八幡宮
住所〒020-0872 岩手県盛岡市八幡町13−1
アクセス○電車でのアクセス
盛岡駅からバスで徒歩20分
営業時間年中無休
電話番号019-652-5211
料金境内無料
公式HPhttp://www.morioka8man.jp

盛岡八幡宮は今から300年ほど前に、第二十九代南部重信公により建設されました。

盛岡八幡宮に祀られている神は、品陀和気命という神様で、農業、工業、商業、学問、衣食住など人間のさまざまな生活の根源の神として崇拝されています。

縁結びや願い事成就のご利益があると言われているため、女性には嬉しいご利益ですね。

盛岡八幡宮の社殿と拝殿は厳かな雰囲気と美しさが特徴で、朱塗りの社殿の鮮やかな色彩が目を惹きます。

9月中旬には「盛岡秋祭り」という太鼓や神輿を担いで練り歩く祭りが開催され、絢爛豪華な山車を見ることができます。

岩手ひとり旅でおすすめの王道スポット

岩手で王道の観光スポットは以下の6つです。

男性にも女性にもおすすめな王道スポットでは、岩手を一人旅するのであればぜひ訪れていただきたいグルメやスポットをご紹介します。

中尊寺-坐禅体験もできる世界遺産

中尊寺
住所〒029-4195 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
アクセス○電車でのアクセス
平泉駅から徒歩5分
営業時間年中無休
拝観:3月1日~11月3日 8:30~17:00
拝観:11月4日~2月28日 8:30~16:30 
電話番号0191-46-2211
料金境内無料
公式HPhttp://www.chusonji.or.jp/

中尊寺は、平成2011年に「平泉の文化遺産」のひとつとして世界遺産に登録されたお寺です。

中尊寺には「中尊寺金色堂」というお堂があり、このお堂は金色堂という名の通り内外に金箔が押されていて、極楽浄土を表現しようとしたと伝えられています。

金色堂は、1,000年前の創建当時と変わらない美しさを持ち、黄金に輝き続ける姿には圧倒されるでしょう。

寺内では四季折々の景色を堪能することもでき、800年以上前の平安時代の種子から育てた古代ハス「中尊寺ハス」や美しい紅葉、色鮮やかな花々を見ることができます。

中尊寺ではお茶を楽しんだり、仏道修行として坐禅の体験もしたりできるので、中尊寺に来た記念にいかがでしょうか。

宮沢賢治記念館-宮沢賢治ゆかりの地で歴史を体感

宮沢賢治記念館
住所〒025-0011 岩手県花巻市矢沢第1地割1−36
アクセス○電車でのアクセス
花巻駅からバス、上り坂を徒歩15分
営業時間8時30分〜17時00分
電話番号0198-31-2319
料金350円
公式サイトhttps://www.city.hanamaki.iwate.jp/miyazawakenji/kinenkan/1003991.html

宮沢賢治記念館は、昭和57年(1982年)に、宮沢賢治のゆかりの地である花巻市に開館しました。

宮沢賢治は現在の花巻市豊沢町に生まれ、詩人や童話作家、教師や科学者など多彩な顔を持つ人物です。

生涯で多くの短歌や童話作品を遺しており、国内、国外を問わず親しまれています。

そんな宮沢賢治の解説と作品に至る創作過程、これまでの研究成果などを紹介・展示し、スクリーン映像や関係資料を5分野に分類し宮沢賢治の歴史をより深く学べる施設となっています。

ぜひ宮沢賢治記念館で、花巻の歴史と共に、宮沢賢治の世界を感じてみてはいかがでしょうか?

東屋本店-岩手名物わんこそばにチャレンジ!

東屋

引用元:公式HP

住所〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目8−3
アクセスJR盛岡駅より徒歩30分
営業時間11時〜15時、17時〜19時
定休日なし
電話番号019-622-2252
予算3000円〜3999円
公式サイトhttps://wankosoba.jp/

東屋は岩手県盛岡市にある創業明治四十年のわんこそばと郷土料理のお店です。

「はい、じゃんじゃん。はい、どんどん」の掛け声と共にどんどんとそばが投げ込まれ、リズミカルに一口大のそばを何杯もおかわりするのが、岩手名物のわんこそば!

わんこそばのコース料金は何杯食べても値段が変わらないのでたくさん食べた方がお得ですね。

女性の1位記録は570杯なので、食べることに自信がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

わんこそばはもちろん、こちらのお店では丼ものやうどん、地元の郷土料理も楽しめます。

毛越寺-祭りや行事が盛りだくさんの閑静な寺院

毛越寺
住所〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58
アクセス平泉駅から徒歩40分
営業時間拝観時間:3月5日~11月4日 8:30~17:00
拝観時間:11月5日~3月4日 8:30~16:30
電話番号0191-46-2331
料金大人:700円
公式HPhttp://www.motsuji.or.jp/

毛越寺は、中尊寺と同じく、嘉祥3年(850)慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられていて、12世紀中頃に奥州藤原氏二代基衡が造営した寺院です。

本尊として安置されている薬師如来は、特に身体健康にご利益のある仏様で、交通安全や、家内安全、商売繁盛など様々なご利益があります。

四季折々の祭りや行事も開催されているので、日程を合わせて毛越寺の歴史とともに美しい宴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、毛越寺では坐禅の体験をすることができるので、普段の慌ただしい生活から離れて、心を落ち着かせてみるのも良いですね。

無量光院跡-平等院を模して作られた極楽浄土

無量光院跡
住所〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉花立
アクセスJR平泉駅から徒歩8分
営業時間年中無休
電話番号0191-46-4012
料金見学無料
公式サイトhttps://hiraizumi.or.jp/archive/sightseeing/muryo.html

無量光院は、宇治平等院の鳳凰堂を模して健立した寺院跡です。

建物の中心線は西の金鶏山と結ばれていて、夕暮れ時には金鶏山の山頂に夕日が沈む美しい姿が見られます。

極楽浄土をイメージした浄土庭園の最高傑作といわれていて、当時の人々は、この絶景をみて西にある極楽浄土を思い浮かべたでしょう。

壮大なお堂と浄土庭園を照らす夕日は、時間を忘れてゆっくりと眺めるのがおすすめです。

金鶏山-標高99mにも及ぶ松尾芭蕉が奥の細道に記した山

金鶏山
住所〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字花立地内
アクセス○電車でのアクセス
平泉駅から徒歩15分
営業時間年中無休
電話番号0191-46-4012
料金見学無料
公式サイトhttps://hiraizumi.or.jp/archive/sightseeing/kinkei.html

金鶏山はまちづくりの基準となった山とされていて、標高99mの中尊寺と毛越寺のほぼ中間に位置する山です。

円錐状のかたちをしていて、頂上には経塚があり、「平泉を守るための黄金の鶏を埋めた」という伝説が残っています。

ほかにも、文人・松尾芭蕉が奥の細道の中でもこの金鶏山について記したなど、多くの伝説がある山です。

多くの歴史があるので、あらかじめ知っておくとワクワクしながら散策することができますよ。

岩手ひとり旅まとめ

以上、岩手ひとり旅におすすめの観光・グルメスポットを17選紹介しました。

多くの世界遺産や、岩手の歴史を感じながら四季折々の景色を堪能できるスポット・グルメが多くあります。

歴史と共に自然を感じながらゆったりとしたひとり旅を過ごしてみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでもひとり旅の参考になれば幸いです。

それではあなただけの特別ひとり旅をお楽しみください。

東北各地のひとり旅記事一覧

※掲載されている情報は変更する場合があるので、お出かけの際は施設の公式HPをご確認ください。

error: Content is protected !!