当サイトのコンテンツにはスポンサーからのPRが含まれている場合があります

車買取おすすめ専門店ランキング9選【2024年最新版】車を売るならどこがいい?

車を売るならどこがいい?」「自分の車種にあったおすすめの車買取業者を見つけたい!
こんな疑問・お悩みはございませんか?

日本自動車購入協会(JPUC)によると、車を高く売る手段として買取専門店の利用が推奨されています。

車買取専門店では、ボディーカラーから人気のオプションパーツまで正確に査定してもらえるため、高価買取を狙いやすい利点があります。

ただし、車買取業者には強引な勧誘を行ったり契約後に減額を迫る悪質業者が一定数存在しており、以下のように売却トラブルが後を絶ちません

年式 売却トラブルの相談件数
2020年 1151件
2021年 1519件
2022年 1157件

業者選びに失敗してしまうと、実際の買取相場よりも安い値段で買い取られてしまうケースも少なくありません。

そこで本記事では買取実績やスタッフの専門性を総合評価し、おすすめの車買取専門店をランキング順にご紹介いたします。

車買取おすすめ専門店ランキングTOP9は以下を参考にしてください。

今回は車を売るならどこがいい?とお悩みの方に、おすすめ車買取専門店の人気ランキングや車種別の車買取専門店の比較、車を高く売る方法まで解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

  • 車を高く売るならディーラー下取りよりも買取専門店がおすすめ!
  • メンテナンスノートや保証書を提示すれば高額査定が付きやすい
  • 出張買取なら無料で簡単査定ができる
  • 初めての方は累計45万台の買取実績を誇るカーネクストを利用しよう!

車を売るならどこがいい?車買取おすすめ専門店人気ランキング9選

おすすめの車買取専門店

上述したように、車買取では2022年には1157件の売却トラブルの相談が寄せられており、査定額に不満を持つ利用者は非常に多い特徴があります。

車を高く売るには、日本自動車購入協会(JPUC)や日本自動車流通研究所(JADRI)に加盟しており、適正な査定や減額トラブルが起きないことが保証されている優良店を選定することも重要です。

車を売るならどこがいい?とお悩みの人向けに、おすすめの車買取専門店を買取実績や口コミ評判など総合的に評価して、人気順にランキングした結果は以下のようになります。

車買取おすすめ専門店人気ランキングTOP9 カーネクスト ユーポス カーセブン ガリバー ENG オートバックス カーチス アップル  ラビット
カーネクスト ユーポス カーセブン ガリバー ENG
オートバックス
カーチス アップル ラビット
総合評価 5.0 4.5 4.5 4.5 4.0
4.0
4.0 3.5 3.5
店舗数 なし 約80店舗 約150店舗 約460店舗 3店舗 約490店舗 約30店舗 約80店舗
約170店舗
査定方法 ネット、電話、メール 店舗、出張 店舗、出張 店舗、出張 店舗、出張
店舗
店舗、出張 店舗、出張 店舗、出張
出張エリア 全国 全国
全国※
全国
全国
全国 全国 全国
入金時間 最短1週間 最短翌営業日
3営業日以内
最短3営業日
最短即日
最短2営業日 3日〜1週間 最短翌営業日 最短22営業日
出張買取
廃車・事故車の買取
詳細 公式サイト 公式サイト

※一部対象外のエリアが含まれます。

当サイトのランキングは第3者機関の情報と公式サイトの情報を参考に作成されています。評価基準をポイント化し、総合評価を算出しています。ランキングは総合評価が高い順にご紹介しております。>>【車買取おすすめ専門店】ランキングの根拠-2023年版

上記はすべて適正な買取金額を提示してもらえる優良店ですが、3社以上の複数業者を利用して査定額を比較すれば、さらなる高価買取を期待できます。

複数業者の買取金額を比較したい方は、一度の申し込みで複数業者に査定依頼ができる車一括査定サイトがおすすめです。

また傷だらけの車やボロボロの車は買取専門店では値が付かない可能性が高いため、廃車買取を利用して自動車税や自動車重量税を受け取るようにしましょう。

それでは愛車がなるべく高く売るために、最適な車買取専門店を見つけてみましょう!

カーネクストは幅広い車種において高価買取を実現!

カーネクスト

カーネクストは国産車から輸入車まで、幅広い種類の車で高価買取を実現しているのが魅力です。

無店舗型の車買取専門店で、店舗維持費や人件費でコストカットされた分を買取価格に還元してもらえるためです。

実際にカーネクストの販売価格は他社と比較して、以下のように高額査定を受けれた事例があります。

カーネクストの査定額と買取相場の比較

2022年には累計45万台の買取実績を誇り、蓄積された買取データをもとに正確な車相場を導いてもらえます。

現車査定ではなくオンライン査定によって適切な買取金額を提示してもらえるため、店舗に出向く手間を省けるのもカーネクストの利点です。

申込み後のヒアリングでは、傷やへこみなどの詳細な状況を伝えることで、現車査定に全く劣らない適正な買取金額を提示してもらえます。

年式が古く走行距離が長い車であっても、高価買取できるケースが多々あるため、車買取業者選びで迷っている方はカーネクストに査定を依頼すれば間違いありません。

利用者の評判が気になる方は、カーネクスト評判の記事をご参考ください。

  • 買取実績が豊富で信頼性の高い業者に買取を依頼したい方
  • 5年落ちや走行距離7kmを超過した高値が付きづらい愛車をお持ちの方
  • 店舗出向かずとも正確な買取相場を提示して欲しい方

カーネクストの基本情報

運営会社 カーネクスト株式会社
総合評価 5.0
査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
店舗数 なし
査定方法 ネット、電話、メール
出張買取エリア
入金スピード 最短1週間
ローン残債のある車買取 ×
廃車・事故車買取
査定依頼の方法 ネット、電話
営業時間 8:00〜22:00

カーネクストのメリットデメリット

カーネクストのメリット

  • 幅広い車種で買取実績が豊富
  • 査定前から事前に人気車種のリセールバリューを確認できる
  • 最短5分でスピード査定を受けられる
  • 陸送費や名義変更などの手続きが無料
カーネクストのデメリット

  • 値が付かない車だと担当者の対応が悪くなるケースがある

カーネクストの口コミ・評判

カーネクストの利用者①(27歳・男性)5.0 信頼できる買取業者

【カーネクストを利用して感じた良い評価】
有名でない車種の買取をしてもらったのですが、スタッフの専門知識がすごくて、正確に査定額を提示してもらえた。
カーネクストに査定を依頼したのに、査定額に納得がいかないと相談をしたところ、すんなりと他社を紹介してもらえた。

【カーネクストを利用して感じた悪い評価】
特にありません。


カーネクストの利用者②(61歳・男性) 3.0 電話査定なのに高価買取
【カーネクストを利用して感じた良い評価】
電話査定が初めてで、正直高額買取は全く期待していなかったが、3社中一番高い査定額を提示してもらえたので驚きました。
傷ありで割とボロボロの車だったので、契約後の減額も心配していましたが、トラブルは一切ありませんでした。

【カーネクストを利用して感じた悪い評価】
入金スピードは少し遅いと感じました。

ユーポスはオプションパーツに対してプラス査定がつきやすい

ユーポス

ユーポスはオプションパーツに対してプラス査定が付きやすい車買取専門店です。

月に約600台もの車買取実績を持ち、カーナビや革シートなど細かな部分も1台1台丁寧に査定してくれます。

オプションパーツまで丁寧に査定!車へのこだわりもプラス査定

ユーポスは専門の査定スタッフが、カーナビやサンルーフ、革シートなど1つひとつを丁寧に査定。動作などに問題がない場合はプラス査定に繋がります。
もちろん、エアロパーツやアルミホイール、マフラーなどもプラス査定ポイントです。

引用元:選ばれる理由【公式サイト】-ユーポス

振込スピードも早い点も魅力で、契約後から最短翌日で入金されます。

営業マンの接客がよく、顧客の立場になって誠実な車買取金額を提示してもらえることから、売却手続き部門でオリコン満足度2位を達成。

現車査定前にあらかじめ買取金額を確認されたい方は、ぜひユーポスの無料査定の利用を検討されてみてください。

  • 純正品のオプションパーツをお持ちの方
  • 迅速な入金をご希望な方
  • しつこい営業や減額トラブルを避けたい方

ユーポスに無料申込みをする

ユーポスの基本情報

運営会社 ユーポス株式会社
総合評価 4.5
査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
店舗数 約80店舗
査定方法 店舗、出張
出張買取エリア 全国
入金スピード 最短翌営業日
ローン残債のある車買取
廃車・事故車買取
査定依頼の方法 ネット、電話(0120-3737-55)
営業時間 10:00〜20:00

ユーポスのメリットデメリット

    ユーポスのメリット

    • オプションパーツに対してプラス査定されやすい
    • 引き取りから最短翌日で入金される
    • 契約後のトラブルや強引な営業が少ない
    ユーポスのデメリット

    • 関西圏に店舗が集中しており、買取してもらえるエリアが限られる

    ユーポスの口コミ・評判

    ユーポスの利用者①(32歳・男性) 5.0 入金が早い
    【ユーポスを利用して感じた良い評価】
    スタッフが親身になって寄り添ってくれて、何度も会社と交渉して高額買取の交渉をしてくれた

    午後3時に店舗に持っていったのに、翌日の午前中には入金された

    【ユーポスを利用して感じた悪い評価】
    特になし


    ユーポスの利用者②(46歳・男性) 3.0 スタッフのミスで対応が遅れた
    【ユーポスを利用して感じた良い評価】
    あまり感じなかった

    【ユーポスを利用して感じた悪い評価】
    関東に住んでおり、出張買取を依頼したため、入金が遅かった
    スタッフの担当の対応が遅く、車引き取りの陸送手配ができていなかったため、入金が2日ほど遅れてしまった

    カーセブンは減額トラブルが起きる心配なく高額査定を狙える

    カーセブン

    カーセブンは契約後の減額トラブルが起きる心配のない車買取の優良店です。

    カーセブンはJPUC適正買取店に認定されており、自動車売買契約書の約款が適切なものであることが保証されているためです。

    JPUC「適正買取店認定制度」申請要件
    使用している買取契約書が、当協会の監修を受けているか、当協会の自動車買取モデル約款を採用していること。

    引用元:適正買取店認定制度-一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)

    車買取専門店の中には、契約書の約款に減額に関する内容が記載せず、契約後に意図的に減額を求めてくる悪質業者も存在します。

    さらにカーセブンでは契約後から7日間は無料でキャンセルすることが可能。

    高い顧客満足度を獲得しており、「売却手続き」や「売却サポート」の部門でオリコン満足度3位を達成しています。

    買取から販売まで一貫して行っているため、余計なコストがかからず、幅広い車種において高価買取を実現しているカーセブン。

    契約後のトラブルが多発している車買取において、健全な運営がなされている業者は大変貴重なので、悪徳業者を避けたい方はカーセブンの利用が最適です。

    • 他社の買取査定額に満足できていない方
    • 他社で買取して減額トラブルや同時査定の被害を受けた方

    カーセブンの基本情報

    運営会社  株式会社 カーセブン デジフィールド
    総合評価 4.5
    査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
    店舗数 約150店舗
    査定方法 店舗、出張
    出張買取エリア 北海道・東北(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県)・関東(茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)中部(長野県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・石川県)・近畿(三重県・福井県・滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・和歌山県)・中国(兵庫県・鳥取県・岡山県・広島県)四国(徳島県・高知県)九州(福岡県)
    入金スピード 3営業日以内
    ローン残債のある車買取
    廃車・事故車買取
    査定依頼の方法 ネット、電話(0120-567-527)
    営業時間 10:00〜19:00

    カーセブンのメリットデメリット

      カーセブンのメリット

      • どの店舗も優良店でトラブルが起きない
      • 人気車種は他社よりも高値で売却できる
      • 契約後にペナルティーなくキャンセルが可能
      カーセブンのデメリット

      • 人気のない車種は査定額が安くなる傾向にある

      カーセブンの口コミ・評判

      カーセブンの利用者①(48歳・男性) 4.0 ローン残債があってもしっかり査定
      【カーセブンを利用して感じた良い評価】
      ローンの残債が残っている状態でも他社より高く評価してもらえた

      営業終了間際に店舗査定に行ったが、そこから1時間ほど相談に乗ってもらえた。しつこい営業もなし。

      【カーセブンを利用して感じた悪い評価】
      悪い評価はない


      カーセブンの利用者②(35歳・男性) 3.0 訳あり車はめっきり査定額が付かない
      【カーセブンを利用して感じた良い評価】
      担当者の対応はスムーズで親切だった

      【カーセブンを利用して感じた悪い評価】
      年式や走行距離に問題がある場合は、買取相場が悪い印象。10年落ちしたボクシーは全然査定額がつかなかった。

      ガリバーは年式が10年以上の車でも高価買取を期待できる

      ガリバー

      ガリバーは年式が古く、高値が付きにくい愛車に対しても、高値で買取してもらえる利点があります。

      他にも以下のようなマイナス査定が大きい車でも、他社より高額査定をしてもらえる可能性が高いです。

      • 走行距離が10万kmを超える車
      • ローン残債がある車
      • 車検が切れている車
      • 事故歴のある車

      ガリバーには全国に約460店舗を構えており、「クルマが欲しい人」がすぐに見つかるため、訳ありの車であっても他社より高値で買取してもらえるのです。

      2020年1月の日本能率協会総合研究所の調査によると中古車買取台数No.1を獲得しており、豊富な買取実績を誇っています。

      また運営元の株式会社IDOMは東証プライム上場企業であるため、契約後に二重査定や減額トラブルなく安心して買取して貰えます。

      愛車の査定金額に自信のない方は、ガリバーを利用して他社よりも高値で買取を依頼してもらうのが賢明です。

      • 傷ありやへこみのある車を売却されたい方
      • 地方にお住まいで車買取業者が近くにない方

      ガリバーの基本情報

      運営会社 株式会社IDOM
      総合評価 4.5
      査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
      店舗数 約460店舗
      査定方法 店舗、出張
      出張買取エリア 全国
      入金スピード 最短3営業日
      ローン残債のある車買取
      廃車・事故車買取
      査定依頼の方法 ネット、電話(0120-744-711)
      営業時間 10:00〜20:00

      ガリバーのメリットデメリット

      ガリバーのメリット

      • 訳あり車でも高値で買取してもらえる
      • 買取実績が豊富
      • 店舗数No.1を誇り、店舗買取を依頼しやすい
      ガリバーのデメリット

      • 店舗によっては営業がしつこい

       

      ガリバーの口コミ・評判

      ガリバーの利用者①(34歳・男性) 4.0 年式が古くても高額査定してくれる

      【ガリバーを利用して感じた良い評価】
      スタッフの方が忙しそうだったにも関わらず、迅速に対応してもらえた。

      10年落ちしている車でも、相場より高額査定してくれた。

      【ガリバーを利用して感じた悪い評価】
      前回買取してもらったときは、スタッフの対応が悪く、売却するまで帰りづらい雰囲気があった。店舗によってサービスが多少違う印象。


      ガリバーの利用者②(57歳・女性) 3.0 マイナーな車は高く売れづらい
      【ガリバーを利用して感じた良い評価】
      車種によっては、傷だらけやへこみありの車でも高額買取してもらえます。

      【ガリバーを利用して感じた悪い評価】
      ガリバーは買取専門店ではなく販売までしてるので、人気車種以外は購入者が少ないと買取してもらえない、もしくは査定額が低くなります。トヨタのアルファードなど人気車種なら問題ないと思います。

      ENGでは高級車や輸入車が高く売れやすい

      ENG

      ENGは中古車輸出を専門としている買取専門店で、高級車や輸入車が高く買取してもらえる魅力があります。

      ENGはマレーシアへの輸出前提で買取を行なっているため、買取対応車種は以下のように限定されています。

      アルファード、ヴェルファイア、ハリアー、ランドクルーザー、エスティマ、ウィッシュ、Aクラス、Cクラス、Eクラス、5シリーズ、MINI、レクサスRX、レクサスNX、エルグランド、ヴォクシー、ノア、CLAクラス、ランドクルーザープラド、オデッセイ
      その分以下のように車買取相場よりも高値で買取してもらえる利点があります。
      車種 ENG 他社
      アルファード エグゼクティブ ラウンジS 2020年 19000km 680万円 約520万円
      ハリアーZ レザーパッケージ 2021年 3000km 435万円 約380万円

      オートオークション買取から販売まで一気通貫で行っており、中間経費を一部還元してもらえるため、他社よりも高価買取が実施されています。

      アルファードやハリアーなどの高級車の買取を検討されている方はENGに買取依頼されるのが賢明です。

      • 高級車の売却をされたい方
      • 東京近郊にお住まいの方

      ENGの基本情報

      運営会社 株式会社ENG
      総合評価 4.0
      査定対象 アルファード、ヴェルファイア、ハリアー、ランドクルーザー、エスティマ、ウィッシュ、Aクラス、Cクラス、Eクラス、5シリーズ、MINI、レクサスRX、レクサスNX、エルグランド、ヴォクシー、ノア、CLAクラス、ランドクルーザープラド、オデッセイ
      店舗数 3店舗
      査定方法 店舗、出張
      出張買取エリア 全国
      入金スピード 最短即日
      ローン残債のある車買取
      廃車・事故車買取 ×
      査定依頼の方法 ネット、電話(0078-60131-0027)
      営業時間 10:30〜19:00

      ENGのメリットデメリット

      ENGのメリット

      • 高級車や輸入車の買取に強い
      • 契約後、最短即日で入金してもらえる
      • 全国どこにいても出張買取が可能
      ENGのデメリット

      • 店舗が少なく、店舗に車両を引き渡すのが面倒(陸送会社の手配が可能)

       

      ENGの口コミ・評判

      ENGの利用者①(56歳・男性) 4.0 高級車の買取ならここ
      【ENGを利用して感じた良い評価】
      高級車の買取にとことん強い。特にアルファードとヴェルファイアの査定はかなり高く付く印象です。

      車両引き取り当日に入金してもらえた。

      【ENGを利用して感じた悪い評価】
      電話の対応が少し遅かった


      ENGの利用者②(31歳・男性) 3.0 営業マンがしつこい
      【ENGを利用して感じた良い評価】
      即日で入金してもらえました。

      【ENGを利用して感じた悪い評価】
      店舗買取をお願いしたのですが、営業マンの方の圧が怖かった。結局納得いかない金額なのに手放してしまった。今になって後悔してます。
      年式が古いと、輸入車であっても他社より査定額が低いみたいです。

      オートバックスは喫煙者や傷ありの車の査定に強い

      オートバックス

      オートバックスは喫煙者や傷ありの車でも高値で買取してもらえるのが魅力です。

      特許取得の査定システム「査定Dr.」を自社開発しており、過去の買取実績に基づき査定価格が算出されます。

      匂いや傷・へこみなどで他社では売値が付きづらい車でも、適切な買取相場を提示してくれます。

      高価買取や最短2日の迅速な入金スピードなど、顧客サービスが充実していることから、2023年のオリコン満足度ランキングで「売却手続き」「査定」「担当者の接客力」の3部門においてNo.1を獲得しています。

      査定価格を5日間保証してもらえるため、しつこい営業なく納得いくまで愛車を買取に出すことが可能。

      愛車の査定額に自信のない方は、全国統一の査定基準を設けているオートバックスを利用して、他社よりも適切な査定額を提案してもらいましょう。

      • 愛車の車体状態に自信のない方
      • 営業マンではなく機械的に査定をしてほしい方
      • すぐに入金して欲しい方

      オートバックスの基本情報

      運営会社  株式会社シンボ
      総合評価 4.0
      査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
      店舗数 約490店舗
      査定方法 店舗
      出張買取エリア
      入金スピード 最短2営業日
      ローン残債のある車買取
      廃車・事故車買取
      査定依頼の方法 ネット
      営業時間 10:00〜20:00

      オートバックスのメリットデメリット

        オートバックスのメリット

        • 傷ありの車や喫煙車でも他社より高値がつきやすい
        • 契約後に査定額が減額される心配がない
        • しつこい営業電話がかからない

        オートバックスのデメリット

        • 出張査定がなく現車査定のみ

        オートバックスの口コミ・評判

        オートバックスの利用者①(41歳・女性) 4.0 一旦査定を保留できる
        【オートバックスを利用して感じた良い評価】
        査定額を一度持ち帰れ得るのが良かった。一旦その日は帰宅。他社にも査定を依頼したところ、やはりオートバックスの査定額が一番高かったため、買取をお願いしました。

        【オートバックスを利用して感じた悪い評価】
        出張買取が利用できず店舗に出向かなければいけないのは不便だった。


        オートバックスの利用者②(28歳・男性) 2.0 オプションパーツの査定が甘い

        【オートバックスを利用して感じた良い評価】
        タバコの匂いがこびりついてる車だったが、他社より高額査定してもらえた。・

        【オートバックスを利用して感じた悪い評価】
        オプションパーツに関しては、あまりプラス査定してもらえなくて残念だった。

        カーチスはタントやプリウスなどの人気車種が高く売れる

        カーチス

        カーチスは買取と販売を同時並行で運営しており、人気車種ほど高く売れるという利点があります。

        人気車種であるほど、車購入者からの需要が高いため、カーチスとしては多少高値でも買取したいためです。

        例えば、タントのカスタムRS(2019年式、走行距離:1.8万km、カラー:紺、タイプ:ハッチバック、修復歴:あり、車検経験:無し)を買取してもらった場合の査定額は以下のような結果となります。

        買取業者 車買取相場
        カーチス 113万円
        他社 約100万円

        さらにカーチスではローン残債がある車であっても売却が可能で、所有権解除などの面倒な続きも無料で代行して貰えます。

        出張買取も全国エリアで対応しておりサービスが充実していることから8年連続顧客満足度No.1を獲得。

        人気車種をお持ちの方やローンが残っている車を買取依頼したい方は、ぜひカーチスの利用を検討されてみてください。

          • ローン残債がある車をお持ちの方
          • 過去に減額トラブルや同時査定の被害に遭っている方

          カーチスの基本情報

          運営会社 株式会社カーチス
          総合評価 4.0
          査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
          店舗数 約30店舗
          査定方法 店舗、出張
          出張買取エリア 全国
          入金スピード 3日〜1週間
          ローン残債のある車買取
          廃車・事故車買取 ×
          査定依頼の方法 ネット、電話(0120-55-0010)
          営業時間 10:00〜19:00

          カーチスのメリットデメリット

          カーチスのメリット

          • 人気車種は高値が付きやすい
          • 全国で出張買取を利用できる
          • 車を売却すると、ANAやJALマイルが貯まる
          • 運営会社が上場企業でトラブルが起きにくい
          カーチスのデメリット

          • 店舗によっては減額トラブルが発生するケースがある

           

          カーチスの口コミ・評判

          カーチスの利用者①(45歳・男性) 5.0 マイルがもらえる

          【カーチスを利用して感じた良い評価】
          ハリスを査定してもらったところ4社の中で一番高かったため、買取をお願いしました。

          ANAユーザーからしたら買取に出して2,000マイルもらえたのはかなり高得点でした。

          【カーチスを利用して感じた悪い評価】
          ありません。


          カーチスの利用者②(36歳・女性) 2.0 電話がしつこい
          【カーチスを利用して感じた良い評価】
          スタッフの対応が良かった。

          【カーチスを利用して感じた悪い評価】
          相場を調べたくてweb見積もりを出したら、しつこく何度も電話がかかってきて正直迷惑だった。

          アップルは海外で人気の軽自動車やSUVを高価買取してもらえる

          アップル

          アップルは海外で人気の軽自動車やSUVの買取が強い特徴があります。

          国内だけでなく海外への流通ルートを確保しており、他社よりも高値での買取を実現しているためです。

          車種(車名) 買取金額 車買取相場
          軽自動車(ホンダ N-BOX)/年式:2020年・走行距離:15,000km 110万円 102万円
          SUV(スバル フォレスター)/年式:2016年・走行距離:66,000km 143万円 125万円

          またアップルでは純正だけでなく、非純正パーツであってもプラス査定につながったという口コミ評判が見受けられます。

          全国250店舗でもダイレクト販売されており、傷ありやへこみがある車でも売却できるケースも少なくありません。

          軽自動車やSUVの買取を検討されている方は、柔軟に査定を行なってもらえるアップルの利用を検討されてみてください。

            • 純正だけではなく社外品のパーツをお持ちの方
            • 軽自動車やSUVの車を売却したい方

            アップルの基本情報

            運営会社 ユーポス株式会社
            総合評価 3.5
            査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
            店舗数 約80店舗
            査定方法 店舗、出張
            出張買取エリア 全国
            入金スピード 最短翌営業日
            ローン残債のある車買取
            廃車・事故車買取
            査定依頼の方法 ネット、電話(0120-514-889)
            営業時間 10:00〜19:00

            アップルのメリットデメリット

            アップルのメリット

            • 非純正パーツでもプラス査定につながる
            • 傷やへこみがある車でも査定してもらえる
            • 上場企業によって運営されておりトラブルが起きにくい
            アップルのデメリット

            • フランチャイズ運営であるため、店舗によって担当の接客が悪い場合がある

             

            アップルの口コミ・評判

            アップルの利用者①(34歳・女性) 5.0 社外品パーツでも査定してくれた
            【アップルを利用して感じた良い評価】
            社外品のオプションパーツまで買取してもらえる業者は初めてだった。

            軽自動車を売却しましたが、アップルが一番高く買取してもらえました。

            【アップルを利用して感じた悪い評価】
            悪い印象はなかったです。


            アップルの利用者②(61歳・男性) 3.0 たまに電話が繋がらない
            【アップルを利用して感じた良い評価】
            何回か利用してますが、契約後に金額を下げてくることはありません。

            【アップルを利用して感じた悪い評価】
            営業時間に電話しましたが、なかなかつながりません。

            ラビットはスポーツカーや軽自動車が高値で買取されやすい

            ラビット

            ラビットはスポーツカーや軽自動車の買取が強化されており、高額査定されやすい特徴があります。

            ラビットの販路先であるUSSオークションにおいて、出品量が不足しているスポーツカーや軽自動車は、高値でも買取してもらえるためです。

            スタッフの専門性も高く、軽自動車ではターボや走行性能を詳しく精査してもらえるので、他社よりもプラス査定を受けやすい利点があります。

            またオプションパーツに対しても、他社より高く評価してもらったという口コミ評判も見受けられるため、純正品パーツをお持ちの方にもおすすめの車買取専門店です。

            ただし、ラビットはへこみや傷ありの車査定が厳しく、査定額を大幅に下げられたケースも少なくありません。

            愛車の車体状態に自信がない方は、他の買取専門店を利用するのが最適です。

              • AEBや自動ブレーキ機能付きの高性能な軽自動車をお持ちの方
              • 愛車に傷やへこみがあるけど高値で売却したい方

              ラビットの基本情報

              運営会社 株式会社ラビット
              総合評価 3.5
              査定対象 軽自動車、セダン、クーペ、オープン、ハッチバック、ミニバン、SUV、ステーションワゴン、ピックアップトラック、商用車
              店舗数 約170店舗
              査定方法 店舗、出張
              出張買取エリア 全国
              入金スピード 最短2営業日
              ローン残債のある車買取
              廃車・事故車買取
              査定依頼の方法 ネット、電話
              営業時間 10:00〜19:00

              ラビットのメリットデメリット

                ラビットのメリット

                • スポーツカー・軽自動車の査定に強い
                • オプションパーツがプラス査定されやすい
                • 入金がスピードが早い
                ラビットのデメリット

                • 傷があるという理由で、査定額をかなり低く見積もられるケースがある

                ラビットの口コミ・評判

                ラビットの利用者①(48歳・男性) 4.0 スポーツカーならラビット
                【ラビットを利用して感じた良い評価】
                スポーツカーを売るならラビット。2回スポーツカーを一括査定に出してますが、2回ともラビットが最高額を提示してくれました。
                車両の引き渡しから翌々日には入金されてスタッフの対応も丁寧です。

                【ラビットを利用して感じた悪い評価】
                売却後、内訳表が一向に送られてきません。


                ラビットの利用者②(39歳・男性) 2.0 傷あり車は査定に出さない方がいい

                【ラビットを利用して感じた良い評価】
                スタッフの話し方や対応は信頼できる。

                【ラビットを利用して感じた悪い評価】
                傷が少しあっただけで、査定額が急減します。他社の方がまだ高く見積もってくれます。

                これまで人気が高いおすすめの車買取業車をご紹介してきましたが、あなたの希望にあった買取店は見つかりましたでしょうか?

                下記のツールでも、あなたに最適な車買取業者を探すことができますので、ぜひご利用ください!

                おすすめの車買取業者を探す
                あなたの車の車種は?

                車種別の買取専門店おすすめランキングTOP3を比較!

                車種別の車買取専門店おすすめランキング

                車種別のおすすめ車買取専門店をランキング形式でご紹介いたします。

                ランキングは、公式サイトの情報と第三者へのアンケート調査に基づき、以下の基準で作成されています。

                • 各車種の買取実績の高さ
                • 各車種に対するスタッフの専門性の高さ
                • 各車種の相場に対する査定額の高さ

                軽自動車の買取専門店おすすめランキングTOP3を比較

                自動車2台

                軽自動車の買取専門店おすすめランキングTOP3をご紹介いたします。

                買取専門店ごとの軽自動車の買取に関する評価は以下を参考にしてください。

                ランキング 軽自動車のおすすめ買取専門店 軽自動車の買取に関する評価
                1 カーネクスト 5.0
                2 アップル 4.5
                3 ラビット 4.0

                軽自動車は、近年安全装置や走行性が充実してきており、普通自動車に劣らない査定額が期待できます。

                普通自動車とは査定ポイントが異なるため、軽自動車の買取実績やスタッフの専門性が高いところに買取してもらうことが重要です。

                高く売れる軽自動車のポイントには以下のようになります。

                • ターボ付きであるか
                • 安全装置が搭載されているか

                特に自動ブレーキや誤発信抑制機能がついている自動車は、スタッフの専門性によって査定額が変動しやすいため、今回ご紹介した業者の中から査定を依頼するのが最適です。

                外車・輸入車の買取専門店おすすめランキングTOP3を比較

                外車

                外車・輸入車の買取専門店おすすめランキングTOP3をご紹介いたします。

                日本中古車輸出業協同組合によると、2023年8月時点の中古車輸出台数は11万3541台となっており、過去1年間で約20%の増加。

                外車や輸入車の需要は年々増加いますが、適切な業者を選定しないと高価買取を狙うことは難しいため、以下を参考に買取専門店を選定されてみてください。

                ランキング 外車・輸入車のおすすめ買取専門店 外車・輸入車の買取に関する評価
                1 ENG 4.5
                2 アップル 4.5
                3 カーネクスト 4.0

                外車や輸入車を高く売るなら、海外に幅広く販路を持つ買取専門店を選定するのが最適です。

                例えば車買取専門店のENGでは、マレーシアを基本とした独自の販売ルートを開拓しており、他社よりも輸入車を高価で販売できる仕組みが整備されています。

                ENGでは買取店がオークションに出品した車をオークションで落札し、利益と輸出経費をのせて海外(マレーシア)へ販売しています。

                マレーシアでは日本の中古車が日本国内よりも高い金額で取引をされている為、オークション落札価格に利益と輸出経費をプラスした高い金額で販売が可能です。

                引用元:【必見】ENGが中古車を高価買取出来る仕組み-ENG

                さらにオートオークションを利用せず、海外へダイレクト販売している業者を選定すれば、中間マージンを還元してもらえます。

                今回紹介した業者を参考に、外車や輸入車の販売ルートが整備されている買取専門店を探してみてください。

                スポーツカーの買取専門店おすすめランキングTOP3を比較

                スポーツカー

                スポーツカーの買取専門店おすすめランキングTOP3をご紹介いたします。

                スポーツカーの買取に強い車買取専門店は以下の通りです。

                ランキング スポーツカーのおすすめ買取専門店 スポーツカーの買取に関する評価
                1 ラビット 4.5
                2 カーネクスト 4.0
                3 カーチス 4.0

                スポーツカーは、業者によって査定額が変動しやすい車種の1つで、慎重に買取専門店を選定する必要があります。

                例えば、車買取専門店のラビットは、スポーツカーの供給不足のため買取強化を行なっており、ボディーの状態だけでなく機械系のコンディションまで査定してもらえます。

                特にカスタムやパーツの装着がある車の場合、プラス査定をしてもらえるため、他社よりも高い査定額が付きやすい利点があります。

                スポーツカーの買取専門店の選定に悩まれている方は、上記の買取専門店に査定依頼するのが賢明です。

                車買取で査定される5つのポイント

                車買取で査定されるポイント

                車買取の査定で重要視される5つのポイントは以下の通りになります。

                • モデルチェンジ|現行モデルで売却すると高値が付く
                • 年式の古さ|3年落ちのタイミングで査定額が急激に下がる
                • 走行距離の長さ|10kmを越えると売値が付きづらい
                • 純正品のオプションパーツの有無
                • へこみや傷の有無

                モデルチェンジ|現行モデルで売却すると高値が付く

                車買取りでは、車のモデルチェンジの前後で査定額が大きく異なります。

                モデルチェンジとは車の外装や内装、構造が変更されることを指し、2年〜6年の周期で実施されます。

                モデルチェンジ前の現行モデルの方が需要が高いため、買取査定額が高く付くという特徴があります。

                またモデルチェンジにも以下の2種類が存在し、モデルチェンジ後の期間が長いと査定額もさらに減少します。

                • マイナーチェンジ・・車の内装や外装を変化される
                • フルモデルチェンジ・・車の内装や外装だけでなく、車両の構造やエンジンまで変化すること
                モデルチェンジの種類 周期 査定額の減少
                マイナーチェンジ 2年〜4年
                フルモデルチェンジ 4年〜6年

                新車発売から最短4年で実施されるフルモデルチェンジがされると、現行モデルと比べて査定額が激減してしまうため、注意が必要です。

                年式の古さ|3年落ちのタイミングで査定額が急激に下がる

                車買取の査定では、車の年式が重要視されており、年式が古いほど査定額が下がります。

                新車購入時から3年、5年、7年が経過するタイミングで査定額が急激に下がります。

                例えば、プリウス(トヨタ)の年式と査定額の変動は以下のような関係になっています。

                年式 新車価格に対する査定額
                購入時 100%
                3年落ち 約60%
                5年落ち 約50%
                7年落ち 約30%

                特に新車購入から3年が経過するタイミングで、査定額が急激に下がると言われています。

                中古車の購入の方が車を調べる際に、年式のフィルターを過去3年間に設定する方が多いためです。

                初回の車検の時期も新車購入時から3年となっており、査定額が下がるタイミングと重なっているため、3年落ちする前に愛車を買取に出すことも1つの選択肢として挙げられます。

                走行距離の長さ|3万km以下の車は高く売れやすい

                走行距離が長いほど、車の査定額は下がります。

                3万km、5万km、10万kmを超過するタイミングで査定額が急激に減少します。

                例えば、プリウス(トヨタ)の走行距離と査定額の関係は以下のようになります。

                走行距離 査定価格 新車価格に対する査定額
                1万km未満 約205万円 100%
                3万km 約158万円 約77%
                5万km 約107万円 約52%
                10万km 約33万円 約16%

                走行距離が3万kmを超過したタイミングが特に査定額が下がりやすいと言われています。

                購入者が中古車を調べる際に、年式と同様に走行距離も3万km以下の車を探す方が多いため、3万kmを超過してない車の需要が高いのです。

                走行距離が3万kmを少しでも越えると、査定額は激減するため、早めに買取に出すことがおすすめです。

                純正品オプションの有無|社外品はプラス査定されない

                純正品オプションがある場合、プラス査定を受けることができ、査定額が高くなります。

                純正オプションとは自動車メーカーが公に販売している商品のことで、以下のようなパーツで純正品が販売されています。

                • ヘッドライト
                • フォグランプ
                • ウインカー
                • バンパー
                • ワイパー
                • アンテナ
                • カーナビ
                • サウンドシステム
                • ミラー
                • シフトカバー
                • ステアリングカバー

                一方で、社外品である場合はプラス査定を受けることができません。

                車査定を受ける際は純正品オプションも査定に出すことで、なるべくプラス査定を受けれるように準備をするのが賢明です。

                へこみや傷があるとマイナス査定を受ける

                外観や車内にへこみや傷、匂いがある場合は、マイナス査定を受けてしまい、査定額が下がってしまいます。

                へこみや傷の減点方式は、日本自動車査定協会のガイドラインに則って行われており、以下のように採点されています。

                傷やへこみの大きさ へこみ1ヶ所の減額 傷1ヶ所の減額
                1センチ四方以下 減額なし 減額なし
                1センチ四方からカードサイズ 10,000円 10,000円
                カードサイズからA4サイズ 15,000円〜30,000円 20,000円
                A4サイズからパネルの半分を占める面積 50,000円 30,000円
                パネルの半分を占める面積以上 65,000円〜150,000円 30,000円以上

                例えば、1センチ四方からカードサイズのへこみが2ヶ所ある場合、マイナス査定額は20,000円と計算できます。

                査定前に傷やへこみを修理した場合でも、査定士にバレてしまうケースがほとんどでであるため、修理代を無駄にしてしまう可能性が高いです。

                大きなへこみや傷がある場合でも、修理をせずに査定に出すのが得策です。

                車買取で相場より高く売るコツ!一括査定でオークションを実施しよう

                複数台の車

                一括査定とは、一度の申し込みで複数の車買取業者に査定申込みができるサービスです。

                複数社に同じ日程・同じ場所で現車査定を依頼できるため、1社ずつ買取査定をしてもらう場合よりも高額査定を狙うことができます。

                1社のみで査定額の見積もりを依頼した場合、営業マンから市場での適正相場よりも低い値段を提示されるケースも少なくありません。

                複数社の目の前でオークションを実施することで、競合心理が働き適正相場を提示せざるを得ない状況を作ることができます。

                一括査定のメリット

                • 複数社の競争心を掻き立てることができ、高価買取を狙いやすい
                • 現車買取を依頼すれば、一度の査定で売却先が決まる
                一括査定のデメリット

                • 一括査定サイトの申し込み直後に電話が大量にかかってくるため、対応に1時間ほどかかる
                • 地域によっては、複数社選択できない場合がある

                ただし、一括査定を利用する場合、申し込み直後に複数社から何度も電話がかかってくるため、対応に手間がかかるデメリットが存在します。

                車買取業社は一刻も早く電話をかけて、申込者とアポイントを獲得しようとするためです。

                自分の都合に合わせて1社ずつ買取に出したい方は、以下の4つのポイントを押さえながら車買取のおすすめ専門店を選定するのが最適です。

                1月〜3月または7月〜9月のタイミングに買取を依頼する

                車買取を依頼するタイミングは1月〜3月または7月〜9月が最適です。

                中古車買取業者のほとんどが3月末、9月末に決算月や半期決算月を設定しているためです。

                会社としては、決算期まえに業績を伸ばすために、相場よりも高い金額でも買取をして販売台数を増やしたいのです。

                また3月や9月は新生活のスタート時期や夏のボーナスの支給時期と被っており、車の購入者数が増加するタイミングでもあります。

                実際に管理人が同じ買取専門店に、同じ車種(SUV車)の買取を依頼したところ、査定額は以下のように変動しています。

                買取した時期 査定額
                2023年5月 103万円
                2023年9月 110万円

                通常の査定額と比較して、7万円も高い査定額で買取してもらえました。

                また査定前に車を清潔にすることも、高価買取を狙う上で重要なポイントです。

                査定前に洗車や消臭をして清潔にしておく

                綺麗な車の画像

                洗車や消臭をして、外装や車内を清潔な状態にしてから査定に臨むことも、高価買取を狙う上で重要なポイントです。

                車査定では、外観の清潔感もチェックされており、傷や変色などの部分があるとマイナス査定を受けてしまいます。

                また上述したように、車内にシミやニオイがある場合も、買取需要が下がってしまうため高価買取から遠ざかってしまいます。

                査定前はワックスなどで光沢を出し、車内は掃除や消臭を行うことで、車体を清潔な状態に保つよう心がけるのが大切です。

                メーカー保証がある場合は査定前に修理に出す

                修理前の車の画像

                メーカー保証がある場合は、査定前に修理に出すことで、高額査定を狙うことができます。

                意外と知られていませんが、メーカー保証がある場合は、故障の有無にかかわらず無償で点検を行なってもらえます。

                そのため、車体に違和感を感じていなくとも、査定前に点検してもらうことで、思わぬ査定額の減額を防ぐことが可能です。

                車のメーカー保証には以下のように2種類が存在し、それぞれ保証適用条件と保証内容が異なります。

                保証の種類 適用条件 保証内容 補償対象となる部品の例
                一般保証 新車登録日から3年または走行距離6km以内 消耗部品や油脂類以外の全部品 エアコン、オーディオ、電装品、ドアミラー、カーナビ
                特別保証 新車登録日から5年または走行距離10km以内 車体の機構 エンジン機構、動力伝達機構、ステアリング機構、前後アクスル機構、電子制御機構、ブレーキ機構、排出ガス浄化機構、乗員保護機構、ハイブリッド機構、燃料電池機構

                オーディオや電装品などをはじめ、ブレーキ機構の内部まで保証をしてもらえます。

                上述したように、エアコンや電装品・カーナビなどのオプションパーツも査定対象であるため、故障を起こしていた場合プラス査定を受けることができません。

                メーカー保証の適用条件を満たしている場合は、故障の有無に関わらず査定前に点検を受けるのが賢明です。

                ただし以下の部品は、それぞれの部品メーカーが定めた保証基準に従って保証されるため、自動車メーカーでは保証適用外となります。

                • 消耗部品
                • 油脂類
                • タイヤ・チューブ
                • バッテリー
                • 社外品のオプションパーツ

                整備点検記録簿(メンテナンスノート)や保証書を提示する

                保証書_整備点検記録簿(メンテナンスノート)

                車を高く売る方法として、査定時に整備点検記録簿(メンテナンスノート)や保証書を提示することも有効な手段です。

                整備点検記録簿(メンテナンスノート)と保証書の詳細は以下を参考にしてください。

                書類の種類 書類の詳細 再発行方法
                整備点検記録簿(メンテナンスノート) メンテナンスや消耗品の交換の履歴を記録した書類 メーカーやディーラーに相談
                保証書 メーカー保証の有無を証明する書類 不可

                整備点検記録簿を提示すると、過去のメンテナンスの結果を証明できるため、車体に問題がない場合は高値で査定されやすくなります。

                また保証書を提示すれば、買取後に故障した場合もメーカー保証を受けられることが証明されるため、査定士としても安心して高価買取を実施することができます。

                ここまで、車を高く売るコツをご紹介いたしましたが、車買取ではトラブルも非常に多いため、注意が必要です。

                車買取でトラブルを避けるための注意点!JPUC加盟店には悪徳業者が存在しない

                車の画像

                悪徳業者を避けるにはJPUC加盟店に登録されている買取業者を選定するのが得策です。

                JPUC加盟店に登録されている車買取業者は、不正な約款や不適切な勧誘行為が禁止されています。

                JPUC「適正買取店認定制度」申請要件

                ②申請日から過去3年以内に、当協会からの警告以上の措置、または買取行為に関して消費者庁等からそれに準ずる措置を受けていないこと。ただし、行動基準「3. 不適切な勧誘行為の禁止(5)」に関しては、文書注意以上の措置がないこと。
                ⑤使用している買取契約書が、当協会の監修を受けているか、当協会の自動車買取モデル約款を採用していること。

                引用元:適正買取店認定制度-JPUC

                JPUC加盟店は以下のように区分が設けられており、適正買取店を選べば悪徳業者との売買契約を回避することができます。

                JPUC加盟店の区分引用元:適正買取店認定制度-JPUC

                車買取業者ごとに、JPUC加盟店の区分を比較した結果は以下の通りです。

                車買取業者 webサイト監修適合事業者 約款監修適合事業者 適正買取店
                カーセブン
                ユーポス
                アップル
                ガリバー
                カーチス

                今回ご紹介した車買取の専門店の中で、適正買取店に登録されている業者はカーセブンになります。

                実際にカーセブンは、2023年時点でグループ総販売台数17万台を突破しており、全国に約150店舗を展開する人気の大手車買取専門店です。

                最短3日の入金スピードやキャンセル可能など、顧客サービが充実しており、売買契約でのトラブルが少ない魅力があります。

                カーセブン以外の車買取専門店に査定を出す際は、以下の4つの注意点を参考にトラブルを避けるようにしましょう。

                事故歴や修復歴がある場合でも正直に申し出よう

                車に事故歴や修理歴がある場合の対処法

                事故歴や修復歴がある場合は、査定前に必ず正直に申し出るようにしましょう。

                事故歴や修復歴がある場合は買取価格にマイナス査定を受ける原因となるため、査定時に隠蔽する利用者も少なくありません。

                しかし、小さな修復歴でもプロの査定士にはバレる可能性が費用に高いです。

                また売り手は瑕疵担保責任を背負っており、車体に欠陥がある場合は買い手に対して告知義務を果たす必要があります。

                事故歴や修復歴の隠ぺいは告知義務違反に該当するため、仮にバレた場合は査定額が減額されるケースも少なくありません。

                売却後に隠蔽が発覚した場合でも、運送費用や車の保管料などを損害賠償請求される可能性も大いにあるため、正直に申し出るのが得策です。

                一方で、事故歴や修復歴を担当者に申し出れば、減額や賠償請求に応じる必要はないため、クレームガード保証には加入しないのが賢明です。

                クレームガード保証は中古車で購入した方だけ加入しよう

                クレームガード保証とは、買取側のミスで査定後の車体位欠陥や不具合が発覚した場合でも、責任を問われないシステムのことです。

                大手車買取業者の「ガリバー」や「ビッグモーター」が提供しているサービスです。

                ただし、上述したように修復歴や事故歴を査定前に申告すれば、瑕疵担保責任に問われることはありません。

                一方で、中古車で購入した場合や他人から譲り受けた車の場合、以前の所有者が事故や修復を行っていた可能性があります。

                仮に、元のオーナーが事故歴や修復歴を隠ぺいしていた場合、減額トラブルが発生するリスクがあります。

                特に個人売買では査定士がプロでないケースも多く、契約後に賠償金請求される可能性もあるため、事故歴や修復歴が負えない方はクレームガード保証に加入されるのが無難です。

                倒産リスクのない業者を選定すれば入金されないトラブルが起きない

                倒産リスクが少ない業者の特徴を表した図

                倒産リスクのない大手の車買取業者に査定を出すことで、「契約後に買取金額が入金がされない」といったトラブルを防ぐことができます

                車の売却後に車買取業者が倒産した場合、売却金が入金されないリスクがあります。

                返済能力が認められた場合は、売却額は返金されますが、最悪の場合全額支払われない可能性も考慮しなければなりません。

                特に高額査定が期待できる高級車や外車の買取を希望されている方は、資本力が高い大手の買取業者や、在庫保管期間が短い買取専門店を利用することで、入金のトラブルを回避するのが得策です。

                二重契約をすると横領罪に問われる可能性がある

                二重契約が禁止事項であることを表した図

                二重契約とは、複数車の買取店と売買契約を交わしてしまう行為のことを指します。

                二重契約を犯した場合、横領罪に問われる可能性があり、賠償金を請求されるリスクがあります。

                例えば、A車に買取契約を結んだのちに、B車とも売買契約を行なうと、A車の中古車をB車に勝手に売却したと判断されるのです。

                さらに、契約書のキャンセルをおこなった場合、キャンセル規定に従って違約金の支払い義務も生じます。

                複数社に同時査定を行う際は、必ず売却先を1社に絞ってから契約を完了させるようにしましょう。

                車買取の申込みから入金までの流れを解説!

                車買取専門店に実車査定を申し込んだ際の利用の流れは以下の通りです。

                1. 公式サイトから無料査定の申し込みをする車買取の公式サイトから、無料査定の申し込みを行い、メーカー名や車種名など基本情報を入力します。買取業者によってはメールや電話にて査定の日程調整やヒアリングが実施されるため、事前に都合の良い日時を把握しておきましょう。その後、指定時間に車に乗って近くの店舗まで来店します。
                2. 査定・見積年式や走行距離、内装など車の状態が確認されます。修復歴がある場合は、正直に申し出るのが賢明です。仮に査定情報の隠蔽を行った場合、上述したように損害賠償請求を求められるリスクがあるため注意しましょう。
                3. 契約車買取業者と売買契約書を交わします。契約時には名義変更の手続きも行われますが、多くの買取業者で手続き代行料は無料となっています。
                4. 車の引き渡し納得がいく査定額で契約をした後、愛車を買取業者に引き渡します。契約から引き渡し日まで即日〜1週間ほどかかりますが、その間に傷やへこみをつけてしまうと、再度査定しなおしとなり、買取額の減額や入金が遅れる原因となります。契約後はなるべく運転を控えるようにしましょう。
                5. 車両代金の入金引き渡し後、指定の口座に買取金額が振込されます。入金速度は車買取業者によって異なりますが、即日〜2週間ほど要します。

                現車査定の場合は、査定した当日中に車両を引き渡しできるため、入金スピードを早めることができます。

                また店舗に出向くのが面倒な方でも、出張買取を利用すれば査定額を無料で調べてもらうことが可能です。

                出張買取なら自宅でも簡単に査定してもらえる

                出張買取を利用すれば、自宅にいても簡単に査定を依頼することができます。

                店舗買取の場合、査定額に納得がいけばスムーズに車を売却できますが、査定額に納得がいかない場合は店舗に無駄足を運ぶことになります。

                大手車買取業者であれば全国で出張買取に対応しており、担当者の方が車の保管場所まで音連れて査定してもらえます。

                査定量も無料で特出したデメリットが無いため、出張買取が対応しているエリアの方は積極的に利用するようにしましょう。

                車買取業者ごとの出張買取の対応エリアは以下を参考にしてください。

                車買取業者 出張買取対応エリア
                ユーポス 全国
                カーセブン 北海道・東北(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県)・関東(茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)中部(長野県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・石川県)・近畿(三重県・福井県・滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・和歌山県)・中国(兵庫県・鳥取県・岡山県・広島県)四国(徳島県・高知県)九州(福岡県)
                ENG 全国
                ガリバー 全国
                オートバックス 対応なし
                カーチス 全国
                アップル 全国
                ラビット 全国

                近年では、売却しなくとも査定額を調べるためだけに出張買取を利用する方も増加しています。

                また提示された査定額で売却を希望される方は、その場で契約を完了したのち、1週間後までを目安に車両を店舗まで引き渡す必要があります。

                車両引き渡しの際は、印鑑証明書や納税証明書などの必要書類を一式準備するようにしましょう。

                印鑑証明書や納税証明書を含む必要書類を準備しよう

                印鑑証明書と封筒

                車買取の契約を行う際は、印鑑証明書や納税証明書を含む必要書類を提出する必要があります。

                車買取の必要書類の代表例は以下を参考にしてください。

                車買取の必要書類 枚数 普通自動車 軽自動車 再発行の方法
                自動車検査証(車検証) 1 国道交通省に申請
                実印・印鑑証明書 2 不要 区役所の窓口に印鑑登録の申請を行う
                自賠責保険証明書 1 加入中の保健会社に連絡
                自動車リサイクル券 1 再発行不可(自動車リサイクル料金の預託状況の写しで代替可能※1)
                納税証明書 1 不要 自動車税管理事務所の窓口に申請
                軽自動車納税証明書 1 不要 区役所の窓口に申請
                住民票 1 △※2 △※2 区役所の窓口に申請
                委任状 1 不要 再発行不要(売却時に業者に用意してもらえる)
                譲渡証明書 1 不要 再発行不要(売却時に業者に用意してもらえる)
                自動車税還付委任状 1 再発行不要(売却時に業者に用意してもらえる)
                軽自動車の買取では、印鑑証明書の提出が不要です。※資産税の支払いおよび所有権の登録が不要のため。

                ※1自動車リサイクルシステムのウェブサイトからプリントアウトが可
                ※2住民票は車検証の住所と現住所が異なる場合のみ必要

                普通車の場合は8種類以上の必要書類を提示しなければなりませんが、一部の大手買取業者では発行手続きを代行してもらえます。

                例えば、車買取専門店のユーポス高石店であれば、リサイクル券を紛失した場合でも問題なく手続きを進められます。

                売却時に必要な書類

                リサイクル券:なければ再発行はこちらでします。

                引用元:【売却時に必要な書類】ユーポス高石店-ユーポス

                必要書類について不明点があれば担当者と相談をすることで、手続きを代行してもらえるケースがあるため、積極的に利用しましょう。

                車買取では印鑑証明書を2通用意する必要がある

                印鑑証明書

                車買取では印鑑証明書を2通提示する必要があるため注意が必要です。

                上述したように車を売却する際は、必要書類として以下の2枚の書類を提出します。

                  • 譲渡証明書:車を買取業者へ譲渡するために必要な書類
                  • 委任状:名義変更手続きの代行を承諾するための書類

                  いずれの書類も印鑑証明が必要になるため、2通の印鑑証明書を用意しなければなりません。

                  ただし、実印のみが有効な印鑑と定められているため、認印やスタンプ式のものは認められない点に注意しましょう。

                  大手の車買取専門店ならクーリングオフがなくても契約後にキャンセルできる

                  大手の車買取専門店であれば、契約後でも一定期間内であればキャンセルすることが可能です。

                  基本的に車買取ではクーリングオフが適用されないため、契約書にキャンセルについての規定がない限り、法的に契約解除を行うことができません。

                  自動車(二輪を除く)の買い取りの場合、特定商取引法のクーリング・オフができません。契約書(約款を含む)にあるキャンセルに関する規定を確認し、事業者と交渉しましょう

                  引用元:【訪問買取】自宅に来た業者に自動車を売ったが、解約したい-消費者トラブルFAQ

                  ただし、大手の買取専門店の中には契約書でもキャンセル可能期間の約款を記載している会社も存在します。

                  契約完了後に他社から高額査定の連絡があった場合でも、契約解除を行わない限り元の業者に売却せざるを得ないため、以下のようなキャンセル可能の業者を選定することも車を高くうるために重要です。

                  車買取専門店 契約後のキャンセル可能期間 キャンセル料
                  ユーポス 車両引き渡し完了の翌日 無料
                  カーセブン 車両引き渡し完了の翌日 無料
                  ガリバー 車両引き渡し完了の翌日 無料
                  ビッグモーター なし

                  高価買取を狙いたい方は、大手の買取専門店を積極的に選んで、契約後でもキャンセルできる環境を作るようにしまよう。

                  車買取以外で高く売れる方法はある?メリット・デメリットを比較

                    買取以外で車を売却する方法は以下の2種類が挙げられます。

                    • ディーラー下取り・・自動車メーカーで新車を購入する際に、前の車をついでに買取してもらう方法
                    • フリマサイトで販売・・業者を介さず、個人間で売買する方法

                    結論から申し上げると、車を高く売るなら出張買取や高額査定などの顧客サービスが充実している、車買取や一括査定での売却がおすすめです。

                    買取以外で車を売却する方法のメリット・デメリットを比較した結果は以下を参考にしてください。

                    車の売却方法 メリット デメリット
                    車買取・一括査定 ・マージンが少ないため高く売れやすい
                    ・出張買取を利用すれば自宅で簡単に手続きできる
                    ・業者によっては契約後のトラブルが起きるため対策する必要がある
                    ディーター下取り ・マージンが多く取られるため査定額が高く付きづらい ・新車購入と売却手続きを同時に遂行できる
                    ・出張査定が存在しない
                    フリマサイトで販売 ・手数料が少なく高価買取が期待できる ・車の査定や試乗ができない
                    ・売買の手続きが長期に及ぶ

                    よくある質問

                    車買取台数1位の業者は?

                    車買取台数1位の業者は「ガリバー」になります。

                    ガリバーは、年間21万台の買取り実績を誇っており、全国に約460店舗を展開する大手の車買取専門展です。

                    10年落ちした車や走行距離が10kmを超えている車でも、他社より高価買取を期待できる点も魅力です。

                    愛車の査定金額に自信のない方は、ぜひガリバーの利用を検討されてみてください。

                    個人情報なしで車買取の査定額を知る方法はありますか?

                    結論から申し上げると、個人情報なしでも大まかな車の査定額を知ることは可能です。

                    個人情報なしで査定額を調べることができるサイトは以下の通りです。

                    • 車買取相場データベース
                    • 中古車買取相場(ガリバー)
                    • LINEで車査定(ネクステージ)

                    正確な買取相場を調べたい方は、車買取相場データベースを利用するのがおすすめです。

                    車買取で自動車税は還付されますか?

                    自動車税が還付されるのは、廃車買取をした場合に限られます。

                    車を解体した際に、自動車リサイクル法に基づき、納税した分の自動車税が返還される仕組みです。

                    ただし、今回ご紹介した車買取専門店の中には自動車税の相当額が返還されたという口コミ評判も挙がっています。

                    車買取で査定を行う際は、自動車税の相当額が返還されるか、担当者の方に相談してみましょう。