金券ショップ アクセスチケット.comは金券買取¥30万以上で送料無料!!・振込手数料一律¥108!!
金券ショップ アクセスチケット.comは姉妹店金券ショップ アクセスチケットと金券の売買価格が異なります。
金券ショップ アクセスチケット各店の店頭では当サイトレートでの金券売買は一切お受けできません。
(お電話でレートのお答えは行っておりませんので、ご注意ください)
通販で格安チケットのご購入は アクセスチケットオンラインショップをご利用ください。

フリーキーワード検索

仕分けのお願い

切手・テレホンカードをご売却される際は、仕分けをお願いしております。詳しくは下記をご参照ください

切手の場合 テレホンカードの場合

カレンダー

ご売却のお客様

ご購入のお客様

阪急三宮店外観写真1 阪急三宮店外観写真2

住所

  • 〒530-0001

    住所兵庫県神戸市中央区北長狭通1-30-16



    JR三ノ宮駅 徒歩5分

    阪急・阪神 三宮駅徒歩5分

営業時間

10:00~19:00

主な取扱商品

  • 全国百貨店共通商品券

    各種商品券

    ジェフグルメカード

    図書カード

    テレホンカード

    クオカード

    ビール券

    おこめ券

    ANA株主優待券

    JAL株主優待券

  • JCBギフトカード

    JTB旅行券

    近畿ツーリスト旅行券

    神戸市営地下鉄回数券

    JR回数券

    ポートライナー回数券

    JR西日本株

    山陽全線切符

    阪急全線切符

    神戸鉄道全線切符

    近鉄全線切符

    マクドナルド株

    モロゾフ株

初めての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、 商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします! 「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、大阪府大阪市にあるアクセスチケット 大阪駅前第3ビル店は お客様のご利用を心よりお待ちしております!

三宮の豆知識

概要

三宮(さんのみや)は、兵庫県神戸市中央区にある第二次世界大戦後神戸市の中心街となった地域。JR・阪神電鉄・阪急電鉄・神戸市営地下鉄・ポートライナーが乗り入れる三宮駅を中心に、商業施設が立ち並ぶ繁華街である。JRの駅名は三ノ宮、また、阪急と阪神の駅名は神戸三宮と称する。「三宮」という地名は、トアロードと花時計線の交差点北東にある三宮神社(生田神社の三の宮)の所在地に由来する。

町名としては三宮町(1~3丁目)がJR三ノ宮駅の南西にあり、北は新神戸駅、東は生田川右岸、南は新港、西は兵庫区の新開地を越えて福原、湊川駅近辺に及ぶ神戸市中心部を含んだ商業地域の一部をなす。



多くの鉄道路線が集中する三宮駅を中心に商業施設が集まる。駅から南、加納町六丁目に神戸市役所があり、神戸市及び神戸都市圏の都心地域(中心業務地区)を為している。周辺は商業地域として繁華街やオフィスが立ち並び、西側に元町を経て神戸駅周辺にまで及んでいる。

南西には旧居留地が隣接し、南には神戸港新港地区があり神戸大橋と港島トンネルによってポートアイランドおよびその先の神戸空港に接続している。北は中山手通を経て北野町山本通景観形成地域・六甲山地。北東方向には新幹線駅(新神戸駅)のある新神戸地区。生田川を越えて東方向には春日野道・HAT神戸が位置している。

JR三ノ宮駅の東側を南北にフラワーロードという大通りが走り、さんちか(三宮地下街)がその地下に位置する。東西方向にはJRと阪急電鉄が高架で併走。これを挟み北側(北長狭通以北)は飲食店・事務所・商店などの雑居ビルや集合住宅が建ち並ぶ。南側(三宮町・雲井通・小野柄通一帯)は三宮センター街・センタープラザ・さんプラザ・そごう・丸井といった大型のビルが地下街・地下通路・ペデストリアンデッキによって駅や主な施設と接続されている。

歴史

古代から生田神社の社領となっており、八柱の裔神を祭る一宮から八宮までの生田裔神八社の一つである三宮神社が鎮座する土地である。
当地は旧神戸村の一部で、1868年(慶応4年)に兵庫港として開港した際に外国人居留地の北に隣接した地域にあたる。
1873年(明治6年)、神戸山手に新設した南北筋の道路を三ノ宮筋と名付け、1878年(明治11年)に三宮町という正式な地名となった(八部郡地誌)。


JR三ノ宮駅が開業したのは1874年(明治7年)、現在の元町駅の場所である。
この開設当初の三ノ宮停車場はまさに三宮神社の北側にあったが、明治から大正にかけて、外国人居留地設置にかかる要件事項であった生田川の付け替えを契機に集落が東側に拡大したことに合わせて、1929年(昭和4年)3月国鉄高架化に伴って東の現在地へ移転した。
しかしながら旧国鉄三ノ宮駅付近は官公庁および海運商事会社が多く政治経済の中心となっていたために、請願駅として1934年(昭和9年)に旧・三ノ宮駅跡に国鉄(JR)元町駅が開業した。

新たな三ノ宮駅が設置されると1933年(昭和8年)に阪神電鉄が地下より、1936年(昭和11年)に阪急電鉄が高架で乗り入れた。こうして三ノ宮駅は東神戸の新興住宅地をバックとするターミナル駅となり、そごうが元町から阪神三宮駅前に移転、付近には映画館や飲食店が集中して西の湊川新開地に比肩する歓楽街となった。

1945年(昭和20年)、太平洋戦争における神戸大空襲で、三宮も含めて神戸の市街地は大きな被害を受け、その戦後復興に際して三宮を商業だけではなく行政の中心にする計画が持ち上がる。

一帯は戦災により焦土と化したが、戦後高架下の闇市、そごう百貨店前の通称ジャンジャン市場を中心にいち早く復興。
1946年(昭和21年)秋に三宮センター街が、昭和30年代から昭和40年代にかけては三宮駅前に新聞会館・神戸国際会館・交通センタービル・神戸商工貿易センタービルなどが相次いで建てられた。1957年(昭和32年)には神戸市役所が湊川から当地に移転し、市の中心街の地位を復興の立ち遅れる新開地から奪う形となった。
1966年(昭和41年)から1978年(昭和53年)にかけては三宮地区市街地再開発が行われた。(その結果センタープラザが建設され、1965年(昭和40年)にはさんちかタウン(現さんちか)が完成した)

1981年(昭和56年)には人工島ポートアイランドと結ぶ新交通ポートライナー(神戸新交通ポートアイランド線)が三宮駅に乗り入れ、三宮ターミナルビルも開業した。

1990年代に入ると、JR神戸駅前の旧日本国有鉄道湊川貨物駅跡地に神戸ハーバーランドの街開きによって客足が奪われ始めたことに加え、1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災により再び神戸は甚大な被害を受ける。

その後の三宮では、年々新しい商業施設が相次いで出店。2002年には震災で被害を受け解体された「ダイエーさんのみや男館」の跡地にユニクロが、2003年10月には、首都圏を中心に展開する丸井が三宮駅前に関西一号店として「神戸マルイ」を出店した。
「ダイエーオフプライス館さんのみや」の跡地にもファッションビル「クレフィ三宮」が建築(2004年10月にオープン)。2008年にダイエー最後の跡地であるジョイント跡地にZARAがオープンした。
また神戸新聞会館も被災によって取り壊され跡地は駐車場として利用されていたが、2006年10月に「ミント神戸」の愛称で再オープンした[5]。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 2018/12/26現在 Copyleft(c)

金券ショップとは?

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。

郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。

預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップ