金券ショップ アクセスチケット.comは金券買取¥30万以上で送料無料!!・振込手数料一律¥100!!
金券ショップ アクセスチケット.comは姉妹店金券ショップ アクセスチケットと金券の売買価格が異なります。
金券ショップ アクセスチケット各店の店頭では当サイトレートでの金券売買は一切お受けできません。
(お電話でレートのお答えは行っておりませんので、ご注意ください)
通販で格安チケットのご購入は アクセスチケットオンラインショップをご利用ください。

金券・株式優待券を売る

金券・株式優待券を買う

フリーキーワード検索

仕分けのお願い

切手・テレホンカードをご売却される際は、仕分けをお願いしております。詳しくは下記をご参照ください

切手の場合 テレホンカードの場合

カレンダー

ご売却のお客様

ご購入のお客様

● 金券買取の注意事項

HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

各金券の買取価格は弊社保有在庫枚数および各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

有効期限切れのチケット、使用済みのチケットなど、使用できないチケットは買取できません。

アクセスチケット店頭買取は各金券を現金にて買取いたします。

当サイト記載の各金券を1枚から高価買取致します。

当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

未成年の方からの金券買取は行っておりません。

同一の商品で券(紙面)タイプとカードタイプのものがある場合には、カードタイプのものは買取しておりません。

● テレホンカード(テレカ)買取表

テレカ買取なら高価・高額買取の「金券ショップアクセスチケット」へ

テレカ買取なら、他社より圧倒的に高く買取するアクセスチケットへ!

テレカに眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります

店舗に持ち込む店頭買取、日本全国からご送付いただける郵送買取ともに充実したサービスをご用意いたします。

テレカの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

テレホンカード(テレカ)
商品名 買取価格 備考
テレホンカード(テレカ:50度数)
■ アニメ柄 ■ ゲーム柄 ■ グラビアアイドル柄 ■
限定になります。
【c2015年以降発行(コピーライト)限定】
¥395 ※発行年度(コピーライト)の記載の無いカードは対象外。
※複数の記載がある場合『古い年度』が基準となります。

※ディズニー・ジブリ・キャラクター(サンリオ等)・
藤子プロ・手塚プロ・児童向け作品・旧アイドル対象外。
※ヤングビンタ・ TVサル SARU・ Bejean ビージーン
人物名の記載の無いカードは対象外。

※同一柄は、3枚目から適用外になります。
※店頭買取は異なります。
※表面が全てホワイトのものは買取不可
※お一人さま300枚まで
テレホンカード(テレカ:50度数)
■ アニメ柄 ■ ゲーム柄 ■ グラビアアイドル柄 ■
限定になります。【2014年以前発行限定】
¥395 ※複数の記載がある場合『古い年度』が基準となります。
※発行年度の記載の無いカードも含む。

※ディズニー・ジブリ・キャラクター(サンリオ等)・
藤子プロ・手塚プロ・児童向け作品・旧アイドル対象外。
※同一柄は、3枚目から適用外になります。
※店頭買取は異なります。
※表面が全てホワイトのものは買取不可
※お一人さま300枚まで
テレホンカード(テレカ:50度数)
■ 漫画柄 ■ 限定になります。
¥395 ※少年誌・青年誌・少女誌などの漫画柄
(ジャンプ・サンデー・マガジン・はなとゆめ・リボン・

なかよし、ASUKA等)
※同一柄は、3枚目から適用外になります。
※店頭買取は異なります。
※表面が全てホワイトのものは買取不可
※お一人さま300枚まで
テレホンカード(テレカ:50度数) ¥395 ※上記以外の絵柄
店頭買取は異なります。
※両面印刷のテレカは買取不可
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:50度数)1000枚以上 ¥397 ※上記以外の絵柄
店頭買取は異なります。
※両面印刷のテレカは買取不可
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:50度数) ¥100 ※厚手(290ミクロン以上)・金箔・漆テレカ・金地・ホログラム・凹凸あり
※個人で撮影した写真のものは買取不可
※郵送買取のみ
※表面が全てホワイトのものは買取不可
※お一人さま500枚まで
テレホンカード(テレカ:100度数) ¥100 ※絵柄不問
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:105度数) ¥805 ※絵柄不問
※両面印刷のテレカは買取不可
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:300度数) ¥200 ※絵柄不問
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:320度数) ¥200 ※絵柄不問
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:500度数) ¥200 ※絵柄不問
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:540度数) ¥200 ※絵柄不問
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ:上記以外の度数) 買取不可
※表面が全てホワイトのものは買取不可
テレホンカード(テレカ)の買取について
穴の空いているカードはお買取できません。

ピンク電話専用のテレホンカード(テレカ)は買取致しかねます。また、穴があいているテレホンカード(テレカ)や裏面にキズや汚れがある テレホンカード(テレカ)につきましても買取致しかねますのでご了承下さい。

テレホンカード(テレカ)仕分けのお願い
袋や包装紙に入っている場合はカードだけ取り出して下さい。

ビニール袋、厚紙等の包装紙にテレホンカード(テレカ)が 入っている場合は、 テレホンカード(テレカ)本体だけをお送りください。

100枚ごとに輪ゴムで十字に留めて下さい。

テレホンカード(テレカ)の枚数が多い場合は 輪ゴムでまとめて頂くようお願い致します。 また、100枚ごとに十字でまとめていただけると、検品がスムースになり、お振込までの時間が短縮されます。

テレホンカード(テレカ)買取の注意事項

テレホンカード(テレカ)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

一度に大量のテレホンカード(テレカ)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はテレホンカード(テレカ)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

テレホンカード(テレカ)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

アクセスチケット店頭買取はテレホンカード(テレカ)を現金にて買取いたします。

当サイト記載のテレホンカードを1枚から高価買取致します。

当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

未成年の方からの金券買取は行っておりません。

テレホンカード(以後はテレカ)とは

テレホンカード(以後はテレカ)とは、公衆電話で使用できるプリペイドカードである。

日本で発売・流通し利用ができるものはテレカと呼ばれることが多いが、これはNTTカードソリューションの登録商標である。

本項では、特筆がない限り、日本電信電話公社および後継企業のNTT東日本・NTT西日本が発行するテレホンカードについて述べる。また、公衆電話も参照。

テレホンカード(テレカ)の種類

磁気テレホンカード(テレカ)

一般的に、テレカと言えばこの磁気テレカを指す。後に登場したICテレカと区別するため、NTTなどではこの呼称を使用している。

発売開始当初は、50度数・100度数・300度数・500度数の4種類が発売された。後に100度数以上のカードについてはプレミア(おまけ)が加えられ、販売価格は据え置きでそれぞれ105度数・320度数・540度数として売り出された。

本で最初に発行されたテレホンカードは、岡本太郎デザインによるものである。

また、発売開始当初は、カード購入時に公衆電話での使用方法を書いた「ご利用の手引き」「テレホンカードが利用できる公衆電話の設置場所の案内(例: 都内では江東区役所内など)」も渡された。

現在は、ピンク電話を除くほとんどの公衆電話がテレホンカードを使用できるものになっており、中には硬貨が使用できないテレホンカード専用の公衆電話もある(画像参照。右上の硬貨投入口があるであろう部分に「テレホンカード専用」という表記がある)。

後述の偽造テレホンカード問題のため、現在は50度数と105度数の2種類のみが販売されている。

また、106度数以上の残度数があるテレホンカードは、公衆電話では現在使用できなくなっている(ただし、320度数や540度数で発売されたテレホンカードでも、残り度数が105度数以下であれば使用可能である)。

現在は合理化で営業所窓口をすべて廃止しているため、NTT東西共に郵送での交換手続きとなっており、専用の電話番号で交換手続きを案内している。

ICテレホンカード(テレカ)

1999年(平成11年)、日本で横行する『偽造テレホンカード対策』の切り札として、ICカードを利用したICテレホンカード(ICテレカ)とこれに対応するICカード式専用公衆電話機が登場した。

30度数・50度数・105度数・210度数・320度数の5種類があった。このうち、30度数と50度数は注文を受けて製作する商品であり、一般に流通していたのは105度数と210度数のカードであった。

ICカード規格としては ISO/IEC 14443 Type Aを採用[6]しており、日本で広く普及したFeliCaとは異なる規格であった。

また、ICカードの特徴を活かし、2枚重ねての利用も可能であった。

ホテルの支払いってテレホンカード(テレカ)でもできる?

携帯電話の普及に伴い、姿を見ることが少なくなったテレホンカード。

年々道端にある公衆電話の数も減ってきているようです。

使いかけのものや昔にコレクションとして集めていたものが引き出しに眠っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお手元にあるテレホンカードは今どんな風に活用できるのか?

ホテルの支払いができるって聞いたけど本当?

そんなテレカの今を紹介します。

テレホンカード(テレカ)支払いに対応しているホテルはある?

公衆電話で電話をすることがほとんどなくなった今、テレカの残りを使える手段があるととても嬉しいですよね。

一番よく知られている使い方は、電話料金に充当する方法です。

電話の通話料金をテレカで支払うことができます。

他にも、以前はテレカでの支払いができるお店やホテルがありましたが、今ではほとんどのところでサービスが終了しています。

ホテルの支払いにテレホンカード(テレカ)は使えるのか。

過去には2010年頃まで「東横INN」でもテレカを使った支払いができました。

東横INNの他にも福山ニューキャッスルホテルでも以前はテレカを使って宿泊料の支払いをすることができました。

既にそのサービスは終了しており、現在は支払いにテレカを使えるホテルはありません。

でも解決方法はある!

ホテルの支払いには使えなくても、今でもテレカを活用する方法があります。

テレホンカード(テレカ)を現金化する

未使用のテレカ、残高があるテレカを現金化する方法を紹介します。

金券ショップ

金券ショップに持っていくと、未使用のテレカを買い取ってもらうことができます。

ショップに持っていくだけなのでとても手軽な方法です。

また、初期のものや限定品など希少性の高いものは高い値段で買い取ってもらえる可能性もあります。

ただ年々使っていないテレカを手放す人が増え、供給量が多くなっているところも多く通常のテレカだと40%前後の換金率になることもあるようです。

フリマアプリ/フリマサイト

未使用のテレカをフリマサイトで販売することができます。

限定品のものやプレミア付きのものなど、びっくりするほど高い値段がついていることもあるようです。

金券ショップに足を運ぶこともなく、また他のテレカがどれくらいの金額で販売されているのかも確認しながら販売することができるので手軽で安心な方法ですね。

テレホンカード(テレカ)の払い戻し方法は?

財布の中を整理していたりして、昔使っていたテレカを見つける人は少なくないだろう。

また、テレカのデザインが気に入り、テレカをコレクションとして集めていた人も少なからずいるはずだ。

しかし、現在ではテレカはまったくといっていいほど使うことがなく、若者の間では持っている人はまずいないだろう。

当コラムでは、不要になったテレカは払い戻しが可能なのか、公衆電話でつかう以外に使い道はないのか、についてまとめていく。

不要なテレカを持っている人は、ぜひ最後まで目を通していただきたい。

需要がなくなったテレホンカード(テレカ)

昔は誰もが1枚はテレカを持っていた。

しかし、今ではほとんどの人がスマホで電話をかけているため、テレカを使用する人はほとんどいなくなっている。

しかし、今ではほとんどの人がスマホで電話をかけているため、テレカを使用する人はほとんどいなくなっている。昔と比べて街中にある数も減っているのが事実である。

「公衆電話での利用に使う」という用途が減れば、当然テレカの需要もなくなっていく。

財布の中を整理し、昔のテレカを見つけて懐かしくなる人もいるだろうが、テレカはほかに使い道はないのだろうか。

たとえば、払い戻しなどで現金に換えられたりはしないのだろうか。

テレホンカード(テレカ)は払い戻しはできる?

使っていないテレカを見つけたとき、捨てるのがもったいなくて払い戻しなどを考える人も多いはずだ。

しかし、結論から言ってしまうと、テレカの払い戻しはできない。

バス共通カードやハイウェイカードなどは払い戻しは可能だが、テレカは基本的にどこに持ち込んでも払い戻しはできないようになっている。

また、現在出回っているテレカは磁気式カードとなっているが、昔はICテレカも出回っていた。

ICテレカは現在では使用できないため、磁気式カードに切り替えることができたが、それも2006年の段階で切り替えが終了している。

磁気式カードにはそれぞれ度数があり、50度、100度、300度、320度といくつか存在していたが、現在出回っているテレカはほとんどが50度と105度だ。

もちろん、使用できるのもこの2つの度数のテレカだけである。

そのため、ICテレカの場合はそのまま処分、50度、105度の磁気式テレカを現金に換える場合は、金券ショップで売るのがいいだろう。

テレホンカード(テレカ)買取におすすめの業者

テレホンカードは主に金券ショップや不要品買取業者などで買取がおこなわれている。

しかし、昔よりも買取業者の数が増えており、いざ売ろうと思ってもどこの業者を利用すればいいのかで迷ってしまう人も多いだろう。

そこで以下では、テレホンカード(テレカ)買取におすすめの業者を紹介します。

テレカ買取なら高額買取のアクセスチッケトへ

チケットや不要になったカードの買取に対応しており、テレカももちろん買取してくれる。

価値のあるテレカであれば、予想以上の価格で売れることもある。

査定スタッフは相場を常に把握しており、実績と経験も豊富なので安心して査定を任せられるだろう。

まとめて売ればよりお得な価格で売却できるサービスもあるため、テレカを売るときはできるだけまとめて売るのがおすすめだ。

買取は店頭と宅配の2つの方法で対応している。宅配の場合は送料が自己負担となっているので注意しておこう。

また、入金の際の振り込み手数料もかかり、入金も遅いという声があるので、一応頭に入れておこう。

だが、利用者の満足度は高く、チケット業者としては重宝されている。

ページトップ