金券ショップ アクセスチケット.comは金券買取¥30万以上で送料無料!!・振込手数料一律¥100!!
金券ショップ アクセスチケット.comは姉妹店金券ショップ アクセスチケットと金券の売買価格が異なります。
金券ショップ アクセスチケット各店の店頭では当サイトレートでの金券売買は一切お受けできません。
(お電話でレートのお答えは行っておりませんので、ご注意ください)
通販で格安チケットのご購入は アクセスチケットオンラインショップをご利用ください。

フリーキーワード検索

仕分けのお願い

切手・テレホンカードをご売却される際は、仕分けをお願いしております。詳しくは下記をご参照ください

切手の場合 テレホンカードの場合

カレンダー

ご売却のお客様
ご購入のお客様

※下記商品はCOM買取対象外商品となります。

・ANA(全日空)株主優待券・JAL(日本航空)株主優待券・鉄道系株主優待券・新幹線回数券・切手・ハガキ・印紙・全国共通百貨店商品券・信販会社ギフト券(JCB・VJA・UC・三菱UFJニコス等)・テレホンカード・ビール券・かもめーる・年賀・レターパックなど

image image

住所

  • 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第三ビルB2階27号

    JR大阪駅 徒歩5分
    阪神・阪急・市営地下鉄 梅田駅 徒歩5分

営業時間

※誠に勝手ながら、5/24~暫くの間、休業させていただきます。近くの大阪2ビルにお越しくださいませ。

10:00~19:00

※9/30(木)はメンテナンスのため休業となります。

※12/29(火)~1/3(日)は休業となります。

電話番号

06-6467-8517
※店頭が混雑のため大変つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※電話番号にお間違いのないようお願いします。

主な取扱商品

  • 全国百貨店共通商品券

    JCBギフトカード(1000円/5000円)

    VJAギフトカード(1000円/5000円)

    UCギフトカード (1000円/5000円)

    MUFJギフトカード(1000円/5000円)

    イオン商品券

    ドンキホーテギフトカード

    ビックカメラ商品券

    ヨドバシカメラ商品券

    ビール券

    おこめ券

    ジェフグルメカード

    サーティワンアイスギフト

プリペイドカード

  • 図書カード
    (500円/1000円/3000円/5000円/10000円)

    クオカード
    (500円/1000円/3000円/5000円/10000円)

    テレホンカード(50度/105度)

    マックカード

株主優待券

  • ANA株主優待券

    JAL株主優待券

    JR東日本株主優待券

    JR西日本株主優待

    吉野家株主優待券

    松屋株主優待券

    マクドナルド株主優待券

    ワタミ株主優待券

    ビックカメラ株主優待券

    キャンドゥ株主優待券

    ヴィレッジヴァンガード株主優待券

    ルネサンス株優待券

郵政

  • 普通切手(2/10/52/82/92/100/120/140/280円)

    記念切手(50/80/60円)

    官製ハガキ52円(普通紙/インクジェット紙)

    懸賞ハガキ52円

    往復ハガキ

    レターパック(360/510)

    収入印紙

新幹線

  • 新大阪〜九州方面

    新大阪〜中国方面

    新大阪〜近畿方面

    新大阪〜中部方面

    新大阪〜関東方面

    新大阪〜中越方面

    新大阪〜東北方面

初めての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、 商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします! 「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、大阪府大阪市にあるアクセスチケット 大阪駅前第3ビル店は お客様のご利用を心よりお待ちしております!

大阪駅前第3ビルの豆知識

概要

大阪駅前第3ビル(おおさかえきまえだいさんビル)は、大阪府大阪市北区梅田一丁目にある大規模な雑居ビル群の一つで、第1から第4まである大阪駅前ビルの中で、最も高い高層ビルである。


このビルは1979年(昭和54年)9月に、3棟目の大阪駅前ビルとして建設された。
1986年(昭和61年)に大阪ビジネスパークに完成した「ツイン21」に抜かれるまでは、大阪駅前第3ビルが西日本一の高さの超高層ビルであった。
そのため、当時の在阪マスコミは、「第3ビル○杯分のビール消費量」のように、大きな容積の基準として大阪駅前第3ビルをよく用いていた。


なお、フロアの構成は以下の通りになっている。

  • ・34・R1・R2階:機械室
  • ・32-33階:レストラン
  • ・22-31階:オフィス
  • ・20-21階:多目的フロア
  • ・19階:大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
  • ・18階:クリニックフロア
  • ・3-17階:オフィス(ただし13階部分は機械室・いわゆるゴーストフロアであるため、エレベーターは停止しない。
     ビル外観の写真でも、13階部分だけが窓ガラスが無くルーバーになっている)
  • ・地下2-地上2階:店舗
  • ・地下3階:駐車場
  • ・エレベーターは低層用、高層用、ともに日立製となっている。
     非常用は三菱製。第1ビル~第4ビルの中で唯一、エレベーター内でBGMが流れる。
沿革
    • ・1970年4月 - 第1ビルが完成。
    • ・1976年11月 - 第2ビルが完成。
    • ・1979年9月 - 第3ビルが完成(同年10月20日開業)。
    • ・1981年8月 - 第4ビルが完成(同年10月12日開業)。

1990年代までは各ビルとも地下1階・2階にゲームセンターが非常に多く存在したが、そのほとんどが閉店しており、現在では第4ビルに1店舗、第2ビルと第3ビルに各2店舗が残るのみである。


第1ビルに最後まで残ったゲームセンターも2016年春に閉店し、跡地は再移転してきた大阪中央郵便局と飲食店になっている。

また、都心の一等地であることに加え、ビル内に多数のテナントが入居していることから集客が見込めるため、2000年代以降はコンビニや飲食店が相次いで開店している。


コンビニについては、第1ビルにはローソン(地下2階)が、第2ビルにはファミリーマート(地上1階)とセブン-イレブン(地下1階・地下2階)が、第3ビルにはローソン(地上1階)とセブン-イレブン(地下1階)が、第4ビルにはローソン(地下1階・地下2階)とファミリーマート(地下2階)が、それぞれ営業中である(更に第4ビルと通じているディアモール大阪にも、ファミリーマートが開店している)。


なお、第4ビル2階にもかつて個人経営のコンビニがあったが、それらの開店によって閉店した。


ゲームセンター跡地にはタリーズコーヒーなどの喫茶店や居酒屋などの飲食店、マッサージ店などが見られるようになっている。


更に2010年代以降では第3ビルに吉野家やサイゼリヤ、ココイチといった大手レストラン、ファーストフードが進出している。


2012年3月、特に築年数が古く老朽化している第1ビル・第2ビルを解体・撤去して緑地化する計画が関西経済連合会により検討されていることが判明したが、運営業者側はこれを否定した。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 2018/11/13現在 Copyleft(c)

金券ショップとは?

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。

郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。

預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップ