金券ショップ アクセスチケット.comは金券買取¥30万以上で送料無料!!・振込手数料一律¥108!!
金券ショップ アクセスチケット.comは姉妹店金券ショップ アクセスチケットと金券の売買価格が異なります。
金券ショップ アクセスチケット各店の店頭では当サイトレートでの金券売買は一切お受けできません。
(お電話でレートのお答えは行っておりませんので、ご注意ください)
通販で格安チケットのご購入は アクセスチケットオンラインショップをご利用ください。

フリーキーワード検索

仕分けのお願い

切手・テレホンカードをご売却される際は、仕分けをお願いしております。詳しくは下記をご参照ください

切手の場合 テレホンカードの場合

カレンダー

ご売却のお客様

ご購入のお客様

住所

  • 〒153-0051

    東京都目黒区上目黒1-20-8


    東急東横線・東京メトロ 日比谷線

    中目黒駅 徒歩30秒

営業時間

10:00~20:00

主な取扱商品

  • 図書カード

    図書券

    ビール券

    テレホンカード

    おこめ券

    クオカード

    タクシー券

    各種商品券

  • 全国百貨店共通商品券

    各種プリペイドカード

    各種株主優待券

    JR券

    新幹線回数券

    各種チケット

    各種旅行券

    航空券

  • お酒・ウィスキー券

    お食事券

    映画券

    レジャー券

    入浴券

    その他ギフト券

    収入印紙・切手

初めての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、 商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします! 「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、東京都目黒区にあるアクセスチケット 中目黒店は お客様のご利用を心よりお待ちしております!

町(東京路 目黒区)の豆知識

中目黒

中目黒(なかめぐろ)は、東京都目黒区の一地区。人口は 10,451人(2010年1月1日、住民基本台帳ベース)。なお、一般には、東急東横線・地下鉄日比谷線の中目黒駅(駅自体の所在地は上目黒)を最寄り駅とする上目黒、中目黒、青葉台(一部)、東山(一部)の一帯が中目黒と呼ばれることが多い。また同一帯は、略して「ナカメ」と呼ばれることもある。

地理

地名としての中目黒は、東急東横線の東側を通る駒沢通りより、更に東側の一帯である。一丁目から五丁目まで存在する。地区の中央を山手通り・目黒川が通っている。目黒区役所は隣接する上目黒にあり、目黒区の行政の中心地域となっている。


駅前は再開発が進行中で、上目黒二丁目地区に中目黒ゲートタウンが2002年4月にオープンした。中目黒ゲートタウンはタワー棟(120m・地上25階建)、ハイツ棟(地上15階建)、テラス棟(地上6階建)の3棟で構成されている。また、同じく中目黒駅前の上目黒一丁目地区も再開発が行われ、2009年には地上45階建のビルであるアトラスタワー中目黒を中心に、再開発街区「ナカメアルカス」が完成した。


駅周辺は飲食店・パチンコ店などが多く、夜は多くの客で賑わう。山手通り沿いは、マンション・中堅企業のオフィスが混在するほか、近年は飲食店の進出も多い。有名店や人気店もあり、周辺地区に芸能事務所が多いため、芸能人の姿もよく目撃される。駅周辺のガード下も下町の風情がある飲み屋街だったが、2008年より中目黒駅改良工事と高架橋の耐震補強工事が始まったため、全て閉店した。


山手通りから離れると、比較的静かな住宅街である。台地上は、諏訪山を中心とする高級住宅地で、古くはフランキー堺をはじめ芸能人ミュージシャンなどが住んでいた。その麓の、元は水田で、のちに中小工場地帯となった地域には、いわゆる中流サラリーマンや一人暮らしのOLが住むようなマンションが多い。また、もともと軍用地だった東山一帯は官舎、団地が多い。賃貸住宅の家賃は、区内の他地区に比べ若干高いといわれる。これは交通の便の良さが一因と考えられている。


防衛庁(当時)移転計画に基づき港区六本木の檜町駐屯地にあった防衛庁本庁舎が市ヶ谷駐屯地に移転するあおりを受け、統合幕僚学校及び陸海空幹部学校は目黒基地へ移駐。


山手通りに沿って目黒川が流れている。川沿い、特に中目黒から池尻大橋駅にかけてには桜並木が整備されており、桜の季節には多くの人で賑わう。近年、川沿いにはカフェ・ファッション・雑貨などの店が増加している。店は比較的小規模ながら、オーナーや店長が若く野心的であり、個性的な店が多かったが、代官山からの回遊性のために、近年は代官山と似た傾向になりつつある。店舗となる物件の少なさ故、家賃が高騰し、徐々に体力のある企業による出店が増えている。


駅前では蛇崩川が目黒川とほぼ直角に合流する。蛇崩川は暗渠になっており川は見えない。合流地点は広場となっている。


もともと、竹の子の一大産地だった碑文谷地区とともに都市近郊農村で、代官山(青葉台)を流れていた三田用水や目黒川での水車による精米製粉業、染色業、その後、三田用水を工業用水とする硝煙製造、ビール製造(のちのエビスビール)などを手はじめに中小工業地帯となった。その後、現東急電鉄による東横線の住宅地としてのブランド戦略が功を奏し、人気の高い住宅地として開発され現在に至る。


ダイエーが1964年に東京に初出店した際の3店舗のうちの一つが中目黒店で、現在の駒沢通りと山手通りの交差点の北側に立地していた。

地名の由来

中目黒(なかめぐろ)は、東京都目黒区の一地区。人口は 10,451人(2010年1月1日、住民基本台帳ベース)。なお、一般には、東急東横線・地下鉄日比谷線の中目黒駅(駅自体の所在地は上目黒)を最寄り駅とする上目黒、中目黒、青葉台(一部)、東山(一部)の一帯が中目黒と呼ばれることが多い。また同一帯は、略して「ナカメ」と呼ばれることもある。

交通

中目黒駅を通る鉄道は東急東横線および地下鉄日比谷線である。東横線経由では渋谷および横浜方面、日比谷線経由では六本木・霞ヶ関・銀座方面へ、短時間かつ乗り換えなしで行くことができ、極めて交通の便が良い。また山手通り、駒沢通りとも東急バスの路線もある。


道路は山手通り(環状六号線)と駒沢通りが交差する地点にあり、自動車での移動の便も良い。また将来は山手通りの地下を首都高速中央環状線の品川線が通る予定である。ただし中目黒地域に出入口を設置する計画はない。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)

金券ショップとは?

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。

郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。

預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップ