金券ショップ アクセスチケット.comは金券買取¥30万以上で送料無料!!・振込手数料一律¥108!!
金券ショップ アクセスチケット.comは姉妹店金券ショップ アクセスチケットと金券の売買価格が異なります。
金券ショップ アクセスチケット各店の店頭では当サイトレートでの金券売買は一切お受けできません。
(お電話でレートのお答えは行っておりませんので、ご注意ください)
通販で格安チケットのご購入は アクセスチケットオンラインショップをご利用ください。

フリーキーワード検索

仕分けのお願い

切手・テレホンカードをご売却される際は、仕分けをお願いしております。詳しくは下記をご参照ください

切手の場合 テレホンカードの場合

カレンダー

ご売却のお客様

ご購入のお客様

住所

  • 〒250-0011

    神奈川県小田原市栄町1-1-9 ラスカ小田原2F

    JR、小田急線 小田原駅 東口すぐ

営業時間

※9/11(火)はラスカ小田原が休館のため休業となります。

10:00 〜 20:00

(15:00:00 〜 16:00は一時閉店)

主な取扱商品

【JR切符:小田原発着】(全日券のみ)

静岡、沼津、三島、熱海、湯河原、真鶴、鴨宮、国府津、二宮、平塚、辻堂(茅ヶ崎)、藤沢、大船、戸塚、 横浜(桜木町/関内)、東京(秋葉原/上野)川崎(蒲田/鶴見)、品川(大井町/田町)、新宿(渋谷/原宿)、大宮


【JR切符:新宿発着】

高田馬場、原宿、恵比寿(渋谷)、浜松町(東京)、神田(秋葉原)、西日暮里(上野)、田端(巣鴨)、池袋、信濃町、飯田橋、高円寺(中野)、大宮


【京急線切符:横浜発着】(全日のみ)

京急羽田


【相鉄線切符:海老名発着】(全日のみ)

相鉄横浜(相鉄株主優待券)


【東京メトロ】

170円区間(全)、170円区間(土)、200円区間(全)、200円区間(土)


【小田急線:小田原発着】(全て全日、時差、土休切符あり)

開成、新松田、秦野、伊勢原、海老名(本厚木)、相模大野、町田、新百合ヶ丘、新宿(小田急株主優待券)


【箱根登山線】(全日のみ)

箱根湯本、強羅(彫刻の森駅)


【箱根登山線】(全日のみ)

箱根湯本、強羅(彫刻の森駅)


【箱根登山線】(全日のみ)

箱根湯本、強羅(彫刻の森駅)


【大雄山線】(全日のみ)

井細田(緑町/五百羅漢)、相模沼田(飯田岡)、大雄山(和田河原/富士F前)


【各種商品券、株主優待券】

マックバーガー券、マックポテト券、マックドリンク券、JAL株主優待券、ANA株主優待券、JR東日本株主優待券、吉野屋株主優待券、ゼンショー株主優待券、ワタミ株主優待 券、第一興商株主優待券、ハイデイ日高株主優待券、全国百貨店共通商品券、JCB1000、セブンアイ1000、イオン1000、ダイエー1000、ドンキホーテ1000、西友1000、ビール券(724、494)、ジェフグルメ、おこめ券440、白洋舎3割引株主優待券、ノジマ株主優待券、小田急OX5%割×6、西松屋株主優待券×5、タイムズ(200、500)、小田急定期、HAC株主優待券、アダストリア株主優待券


【小田原発着新幹線】

東京(品川)、新横浜、新富士、掛川、三島、静岡、浜松、豊橋、名古屋、京都、新大阪


【有料道路】

真鶴ブルーライン(普通)、真鶴ブルーライン(軽)、熱海ビーチライン(普通)


【プリカ】

図書カード500、1000、2000、3000、5000 QUOカード500、1000、2000、3000、5000 テレカ50、50×10、105、ディズニー柄テレカ50


【青春18きっぷ】

1回~5回


【各種はがき、切手】

収入印紙200×10、普通はがき52×10、往復はがき×10、懸賞はがき52×10、レターパック510、レターパック360、普通切手2×10、普通切手10×10、普通切手52×10普通切手82×10、普通切手92×10、普通切手140×10、記念切手50×10、記念切手80×10、かもめーる、年賀はがき


【各種レジャー券】

東宝シネマズ、109シネマズ、TDR、サンリオ、新江ノ島水族館、ユネッサン、富士急、箱根園水族館、星の王子様、大磯ロングビーチ

初めての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、 商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします! 「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、神奈川県小田原市にあるアクセスチケット 小田原店は お客様のご利用を心よりお待ちしております!

町(神奈川県 小田原市)の豆知識

小田原市
小田原市(おだわらし)は、神奈川県西部の市である。国から特例市に指定されている。
概要
1戦国時代には後北条氏の城下町として栄えた。江戸時代には小田原藩の城下町、東海道小田原宿の宿場町として盛えた。箱根峠より東側の宿場町として、現在も箱根観光の拠点都市である。1876年(明治9年)4月17日までは、現在の神奈川県西部と静岡県伊豆半島を範囲とする足柄県の県庁所在地でもあった。西湘地域の中心的な都市である。 小田原ちょうちんとかまぼこの特産地として全国的に有名である。最近では小田原バーガーや小田原どんを売り出している。
一時期は東京のベッドタウン化したとも言われたが、長期不況で人口動態が減少に転じた。一時は20万人を超えた人口も20万を割り込み、新幹線通勤定期代に対する補助制度を設けるなど人口確保のための政策を実施している(ただし、平成20年3月31日までに転入した対象者をもって新規受付は終了)。また駅周辺の再開発、および郊外での住宅、都市開発も少しずつ進んでいる。
地理
神奈川県のほぼ南西端に位置し、酒匂川の流れる足柄平野を中心に、東は大磯丘陵の南西端である曽我丘陵と呼ばれる丘陵に、西は箱根に連なる火山の外輪山の跡である山地となっている。南は相模湾に面し、遠浅の海に小漁港が点在している。
沖合いには、関東大震災の震源地となった相模トラフが伸びている為、地震対策に力が入れられている。 気候は太平洋側気候の地域で、四季を通じて温暖ではあるが、冬場は海側から風が吹き込む。
歴史
古代 [編集]
先史時代の小田原の中里遺跡は、縄文人と渡来人が共存共栄した数少ない遺跡(地域)として知られ、人口比率は縄文人が多かったと考えられているが、他の地域と違い、点々と存在した渡来人のみの小規模の集落ではなく、縄文人と共存した大集落であった。また、縄文文化と渡来文化の境界の東端であったとも考えられ、日本の文化人類学や考古学において貴重な資料を提供している。 古代の相模国足下郡(あしがらのしものこおり)の地である。古名を「こゆるぎ」といい、「小由留木」「淘陵」などの字が宛てられた。「小田原」という地名は、「小由留木」の草書体を読み間違えたものという説がある。市内千代にあった千代廃寺は相模国国府とも足柄下郡郡衙の所在地といわれる。

中世 [編集]
平安時代末期から鎌倉時代にかけて、平将門を討伐したことで有名な藤原秀郷の子孫・佐伯経範が1030年(長元3年)頃に秦野に移り住んで波多野氏を名乗った。後に支流として、松田氏・渋沢氏・河村氏・栢山氏・大友氏・沼田氏などが出て、相模西北部にその一族の勢力を伸ばす。現在の秦野市内、足柄上郡松田町・山北町、南足柄市、小田原市の一部。波多野城は一族の居館である。波多野城のあった田原の、その支城として「小田原」が設置されたと言う説もある。 平安時代の末期1180年(治承4年)に、蛭ヶ小島(伊豆国)で挙兵した源頼朝と平家方の大庭景親らとの、石橋山の戦いが行われた。

戦国時代 [編集]
戦国時代には伊勢平氏流を称する北条早雲が小田原城を奪取し、その子孫である後北条氏は小田原城を中心に関東一円に台頭し、鎌倉府足利氏、関東管領上杉氏、常陸国守護佐竹氏、下野国国司宇都宮氏、その他関東八屋形に列せられた諸氏による当時の関東の統治体制を転覆した。なお、下野国守護小山氏は後北条氏により滅亡に追い込まれた。

近世 [編集]
1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原征伐による後北条氏の滅亡と徳川家康の江戸入府によって、小田原は歴史の表舞台から姿を消す。家康が関東を治めるようになった後は、部下の大久保氏が小田原に入った。 また後北条氏が滅亡するまで、皮革業に独占的な権益を持ち、関東一円のある一定の人々を支配し勢力を誇った小田原太郎左衛門の本拠地があった。後北条氏が発給した判物が現存している。

江戸時代 [編集]
江戸時代には東国の要衝として、譜代大名を領主とする小田原藩が置かれ、小田原はその城下町となった。1686年(貞享3年)以降は代々大久保氏の城下町となった。城下町・小田原は東海道の沿線であり、小田原宿は箱根の山越えを控えた宿場として東海道五十三次中最大の規模を誇った。又、小田原郊外の栢山(かやま)は、農政家・二宮尊徳の生地として有名である。

近代 [編集]
1871年(明治4年)8月29日の廃藩置県によって、小田原藩は小田原県となった。同年末の県合併により、相模川以西の旧相模国と旧伊豆国全域を管轄区域とする足柄県が設置され、県庁が小田原に置かれた。しかし1876年(明治9年)に足柄県は分割され、小田原を含む相模国部分は神奈川県に、伊豆国部分は静岡県となり、小田原は県庁所在地ではなくなった。神奈川県となった後に設置された支庁も、間もなく廃止されたが、1878年(明治11年)の郡区町村編制法によって足柄下郡が編制されると、足柄下郡の郡役所が小田原に置かれた。 東海道本線は当初、小田原~熱海~沼津間の急鋭地帯を避けるために現在の御殿場線経路で敷設された。その後、小田原経由の路線として、小田原馬車鉄道という馬車鉄道が1888年(明治21年)に開通したのを皮切りに、熱海線(現在の東海道本線)・小田原急行鉄道(現在の小田急電鉄)なども開通した。 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災では、直下が震源地だったために激しい被害を受けた。1934年(昭和9年)の丹那トンネル開通で、東海道本線はやっと小田原市街地を通るようになった。この辺は吉村昭の小説『闇を裂く道』(文春文庫)に詳しい。1945年(昭和20年)8月15日、熊谷市と並び、太平洋戦争最後の空襲を受ける。戦後の1964年(昭和39年)には東海道新幹線も開通し、東京・横浜への所要時間も大きく縮んだ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)

金券ショップとは?

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。

郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。

預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップ