当サイトのコンテンツにはスポンサーからのPRが含まれている場合があります

【2024年2月】廃車買取おすすめ業者11選 !一括査定との違いや高く売るコツも解説!

廃車買取は、走行距離が多い車や事故車、年式が古い車の買取を専門とした業者です。

現在では数多くの買取専門業者がありますが、同じ買取業者でも手数料や自動車税の還付金の扱いが異なります。

また、実際に買取業者選びに失敗して後悔した方も多くいます。

そこでこの記事では、廃車買取でおすすめする業者と廃車業者の選び方について、元中古車販売営業マンの私が徹底解説していきます。

目次

廃車買取の選ぶ3つのポイント

廃車買取を選ぶポイントは3つあります。

  • ポイント1:廃車手続きの還付金対
  • ポイント2:レッカー対応の可否
  • ポイント3:契約後の料金トラブルが少ないか?

廃車買取を選ぶポイントについて詳しくみていきましょう。

ポイント1:廃車手続きの還付金対応

自動車税や自動車重量税の税金関係は、それぞれの条件を満たすと還付される仕組みとなっています。

還付金は廃車業者に説明義務はないため、還付されないケースもあります。

そのため、還付金制度のある買取業者を選び、返金される金額はもらうように意識しましょう。

還付金制度がある場合、一般的には買取価格に上乗せする形で精算されます。

還付される車の特徴としては、普通自動車の場合であり、軽自動車に還付金制度はありません。

ポイント2:レッカー対応の可否

事故や故障時にレッカー対応可能なのも、廃車買取業者を選ぶポイントの1つです。

具体的には、事故や故障などで走行が難しい場合でも、気軽にレッカー対応してくれるかが重要になります。レッカーサービスは、無料ではありません。

しかし有料ではなく無料で対応してくれる廃車買取業者であれば安心して自分の愛車を任せられるでしょう。

ポイント3:契約後の料金トラブルが少ないか?

「契約後に料金トラブルが少ないか」も廃車買取業者を選ぶポイントの1つです。

廃車買取時にも、事前に提示された買取金額と支払われた金額が異なるトラブルが多々あります。

具体例としては、お車引き取り時に故障や問題が見つかり、提示された買取金額よりも下がったケースです。

トラブルを防ぐためには、見積や契約の際に様々なリスクを共有する必要があります。

どのような手数料がかかり、車両引き渡し後の買取金額の変動についても、念入りに確認することがおすすめです。

廃車買取でおすすめする買取業者【11選】

廃車買取でおすすめする買取業者をランキング形式で11社紹介します。

以下の表は廃車買取業者別の特徴を記載しています。

【廃車買取業者名】 【廃車買取業者の特徴】 【引取・レッカー対応可否】 【還付金対応】 【契約後のトラブル対応】
カーネクスト 引き取り満足度が高いサービス 対応可能 対応あり 対応良し
ナビクル廃車買取 どんな状態の車でも買取保証される「廃車買取専門サイト」 対応可能 対応あり  対応良し
セルトレ  自身に最適な廃車買取業者を全国から探すことができる 対応可能 対応あり 対応良し
廃車ツヨシ 査定から契約手続きまで、WEB上にて完結する 対応可能 対応あり 対応良し
ハイシャル 買取金額に加えて、自動車税の未経過還付金も含まれる 対応可能 対応あり 対応良し
カービュー事故買取 事故車の一括査定ができる廃車買取業者 対応可能 対応あり 対応良し
廃車王 全国に150の実店舗がある廃車買取業者 対応可能 対応あり 対応良し
廃車買取センター 実店舗を構える直接対応型の廃車買取業者 対応可能 対応あり 対応良し
日本廃車買取はなまる 他社よりも高価買取が期待できる 対応可能 対応あり 対応良し
ENG 輸入業者との繋がりが強く、輸入車の買取に強い 対応可能 対応あり 対応良し
廃車買取タウ 累計100万台以上の買取実績がある 対応可能 対応あり 対応良し

 

No.1:カーネクスト

運営会社名 株式会社カーネクスト
本社所在地 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号

グランフロント大阪タワーB 18階

代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://carnext.jp

カーネクストは、事故車や水没車などのあらゆる状態の廃車に対応しており、引取満足度が高い業者になります。

また、独自の海外ルートも確立しており、国内では廃車扱いになる車でも高価買取が期待できます。万が一、車が走行できない状態であっても、レッカー代の引取代は無料です。

他にも、商業車やディーゼル車、車検切れの車にも対応しています。他社で納得する金額が提示されなかった人や査定を断られた人に、ぜひおすすめしたい買取業者です。

No.2:ナビクル廃車買取

運営会社名 株式会社エイチームライフデザイン
本社所在地 〒450-6432

愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F

代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://haishakaitoru.com/pc/aseodef/default

ナビクル廃車買取は、どんな状態の車でも買取保証が保証される「廃車買取専門サイト」であり、事故車だけでなく、故障車や不動車など様々な状態の車にも対応しています。

廃車手続きやレッカーでの引取対応も実施しており、気軽に相談できる点が他社にはない魅力とも言えるでしょう。

WEB上にて簡単に査定依頼が行えるため、電話をかける手間も省けます。買取実績も豊富であり、買取が難しい車も取り扱ってくれます。

ネットでの簡単申し込みや買取実績を気にされる方におすすめする廃車買取業者です

ナビクル廃車買取の廃車買取をみる!

No.3:セルトレ

運営会社名 株式会社じげん
本社所在地 〒105-0001

東京都港区虎ノ門3-4-8

代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://sell.tc-v.com/

セルトレは優良店と多く提携しており、国内の廃車買取業者を探すことができるサイトです。

輸出サービスであるTCVにより、さまざまな日本の中古自動車を販売・パーツや資源として買取を実現しています。

ネット上で手続きが完結するため、査定から契約まで来店が不要なことも嬉しいポイント。

査定料も無料なため、気軽に最適な廃車買取業者を探したい方は、ぜひセルトレに無料申込みをされてみてください。

セルトレの廃車買取をみる!

No.4:廃車ツヨシ

運営会社名 株式会社ウェブクルー
本社所在地 〒154-0024  東京都世田谷区三軒茶屋二丁目11番22号 サンタワーズセンタービル4F
代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://www.kurumakaitorihikaku.net

廃車ツヨシでは、引き取り手が一切無料の廃車買取業者で、無料査定から契約手続きまで、全てをWEB上にて完結できる手間の少なさにも魅力があります。

また、どんな状態の車でも0円以上の買取が保証されており、無料で買取することはありません。

数多くの買取実績もあるため、安心感と買取金額に納得感のある取引が実現できるでしょう。自動車税還付対応も全て無料です。

査定に伴う手間を省きたい方におすすめする廃車買取業者です。

No.5:ハイシャル

運営会社名 ユニオンエタニティ株式会社
本社所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区堀江1-1-14 四ツ橋ビル4F
代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://haishall.jp

ハイシャルでは、廃車や事故車などでも0円以上で買取が実施している業者で、海外への販売ルートやパーツリサイクルの買取にも力を入れており、どんな車でも0円以上の買取が保証されています。

また、ハイシャルでは自動車税の還付金も受け取り可能であり、月割りの未経過分自動車税を返金してもらえます。

そのため「車体本体買取価格+還付金」の合計が手元に入ることになるでしょう。

車の引き取り手にも対応しており、手間なども一切かかりません。

車の買取金額にこだわる方におすすめする廃車買取業者です。

No.6:カービュー事故車買取

運営会社名 ヤフー株式会社
本社所在地 不明
代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://carview.yahoo.co.jp/kaitori/jiko/

カービュー事故車買取は、事故車の一括サービスを提供している業者です。一般的に廃車買取業者は、実店舗に出向き査定を依頼する方法が主流ですが、カービューでは車の情報を申し込み欄に入力するだけで複数の業者に査定を依頼できます。

また、カービュー事故廃車買取が提携する業者は230社以上であり、数多くの買取業者の中から条件の良い業者を選択できる魅力もあります。

1社だけでなく、複数の買取業者を比較したい方におすすめする廃車買取業者です。

 

No.7:廃車王

運営会社名 株式会社NGP
本社所在地 〒108-0074 東京都港区高輪3丁目25番33号長田ビル2階
代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://www.haishaou.com

廃車王は、全国に150店舗以上の店舗数を抱える業者です。実店舗はあるため、対応スタッフに直接対応してもらえる安心感が他社よりも感じられます。

廃車を取り扱う自動車リサイクル業者の中でも、国内唯一となる「経済産業大臣の許可」を得ており、NGP日本自動車リサイクル事業共同組合の組合員に加入しています。

まさに今後の廃車業界を担う買取業者と言っても過言ではありません。

実店舗にて安心感のある査定を希望する方に、おすすめする廃車買取業者です。

 

No.8:日本廃車センター

運営会社名 株式会社MIC
本社所在地 〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1丁目27-20
代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://www.haisya.co.jp

日本廃車センターでは、ニコニコレンタカーが運営している関連会社であり、日本全国にも買取対応している特徴があります。

実店舗数も全国で12店舗あり、規模数はそこまで大きくありませんが、担当スタッフと直接会って対応してもらえる安心感があります。

口コミや評判も良く、安心感と信頼感の両方を得られる廃車買取業者です。口コミの評価を気にされる方におすすめする廃車買取業者になります。

 

No.9:廃車買取はなまる(ソコカラ)

運営会社名 株式会社はなまる
本社所在地 〒559-0034

大阪府大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎40F

06-6613-6000

代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://www.hanamaru870.net

廃車買取はなまるでは、事故車や故障車などに関係なく、どんな車でも買取対応してくれる特徴があります。

また、買取実績も豊富であり、他社では実現できない買取金額の提示も期待できるでしょう。

レッカーでの引き取り査定の対応や自社オークションなどもあり、廃車買取のことを全てお任せできる安心感もあります。

他社では実現できない高価買取を希望する方や、他社では査定対応してもらえない車の査定を希望する方におすすめする買取業者です。

No.10:ENG

運営会社名 株式会社ENG
本社所在地 〒102-0083

東京都千代田区麹町 5-3-23 We Work日テレ四谷ビル 6F

代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://engcar.jp

ENGは、車の輸出や中古車販売を実施する貿易企業です。買取した車を直接輸入業者に販売するため、高価買取が期待できます。

輸出業者との繋がりが強いことは、貿易企業にしかない強みになるでしょう。

買取可能車種としては、軽自動や普通車に限らずSUVやミニバンも対応しています。

電話での査定も対応しており、まずは電話で相談という方にもおすすめです。

No.11:廃車買取タウ

運営会社名 株式会社タウ
本社所在地 〒330-6010

埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 LAタワー10F

代行手数料負担 負担なし
公式ホームページ https://www.tau-reuse.com

廃車買取タウは、事故車や水没車など過去に累計100万台以上の買取実績があり、事故車買取業界の中では第1位のマーケットシェアを記録しています。

日本を含めた世界124ヵ国への販売ルートを確立しており、海外への輸出ルートも豊富に備えています。

そのため、国内では金額がつかない車でも、高価買取が期待できる廃車買取業者です。

廃車の買取実績と高価買取を実現したい方におすすめする業者になります。

廃車の基準になる3つの条件とは?

廃車の基準になる条件が3つあります。

  • 条件1:修理よりも買い替えの方がお得な車
  • 条件2 :完全修復できない車
  • 条件3:20万km以上走行している車

それぞれの条件について詳しく解説します。

修理よりも買い替えの方がお得な車

廃車買取の基準1つ目は「修理よりも買い替えの方がお得な車」です。

具体的には、車の販売金額に対して修理や車検費用が高いのか安いのかの判断となります。

方法としては、修理見積を依頼できる修理会社を利用して修理見積を取り、後日査定を依頼することがおすすめです。

修理見積を依頼する会社としては「ディーラー」と「カー用品店」の両社で見積を依頼しましょう。

ディーラーとカー用品店によって修理費用が異なります。両社の修理見積がどのくらい金額に差があるのか確認し、修理もしくは乗り換えの検討を進めていきましょう。

完全修復できない車

車両事故により、完全修復できない車も廃車を判断する基準の1つになるでしょう。

修復可否のポイントは、事故による車体へのダメージによって判断されます。

仮に修理費用が時価額以内で収まった場合でも、修理後に不具合が発生すれば意味がありません。

実際に修理後に不具合が発生するリスクは高くなる傾向があります。

具体的な不具合内容としては、走行中にエンジンのチェックランプが急に点灯するケースや車が急に動かなくなる症状が挙げられます。

大きな事故により車両の損傷が激しい場合には、廃車として買取することをおすすめします。

20万km以上走行している車

車の走行距離が20万km以上の場合も、廃車を検討する判断材料の1つになります。

車は走行距離が増えるほど、部品の経年劣化や不具合が発生するリスクが高まります。

最悪の場合、走行中に車が動かなくなる可能性も多くあります。

セルモーターやタイミングベルトが故障すれば、自走はできず部品交換が必要です。自走不可で部品交換が必要な場合には、修理費用の総額が15万円以上必要です。

セルモーターとタイミングベルトの故障サインとしては「エンジンをかけようとしても中々かからない」ことや「エンジン内部から異音がする」ケースが症状として考えられます。

セルモーターとタイミングベルトに違和感がある場合には、お近くの修理工場やディーラー、カー用品店で車を確認してもらいましょう。

高額な修理費用で車を修理するより、新しい車に乗り換えた方がお得とも言えます。

廃車買取業者とのトラブルを防ぐ予防策【3選】

廃車買取業者とのトラブルを防ぐ予防策が3つあります。

  • 予防策1:買取相場を確認する
  • 予防策2:還付金について理解しておく
  • 予防策3:廃車手続きが可能か確認電話を入れる

1つ1つの予防策について詳しく解説します。

予防策1:買取相場を確認する

どんなに状態の悪い車であっても、買取相場の事前確認は業者とのトラブルを防ぐために重要な予防策です。

買取金額は様々な業者と比較すると、業者によって金額に違いがあります。

また、買取契約時に提示された金額以上の金額を他社が提示してくれるケースも考えられるでしょう。そのため、契約後に金額面で後悔する方やトラブルに発展する方も中にはいます。

大切なポイントは、買取業者に査定を依頼する前に事前に相場感を理解しておくことです。買取相場を理解していれば、業者とのトラブルを最小限に抑えられるでしょう。

予防策2:還付金について理解しておく

還付金についての理解も買取業者とのトラブルを防ぐために、理解しておく必要があります。

還付金は業者によって説明がなく、買取金額内に含まれているケースが多々あります。

そのため、還付金の有無を理解しなければ、買取金額が車体本体価格だと勘違いしてしまう可能性もあるでしょう。

契約前に還付金について確認もしくは説明してくれる買取業者を選ぶことも重要です。

予防策3:廃車手続きが可能か確認電話を入れる

買取業者に渡した車の廃車手続きが完了したのかを確認することもトラブルを防ぐために必要です。

実際に買取契約後に傷や凹みが見つかり、減額もしくは廃車手続きができないケースも考えられます。

そこで契約後に廃車手続きの可否を確認することで、余計な心配をすることがなくなるでしょう。

また、契約時に「自分の車がいつ頃廃車手続きが完了するのか」を確認しておくのも良い方法の1つです。

廃車買取を使用する具体的な5つの手順

廃車買取を使用する具体的な5つの手順を解説します。

廃車買取の手順は以下5ステップです。

  1. 車の相場や還付金を把握する
  2. 買取店舗に電話する
  3. 廃車買取店舗で金額を提示してもらう&契約
  4. 廃車に必要な書類を用意する
  5. 車を廃車買取業者に渡す

具体的に1つ1つの手順について詳しく解説します。

手順1:車の相場や還付金を把握する

まずは先ほども説明した通り、業者との金額トラブルを防ぐために車の買取相場を事前に把握します。

買取相場の確認をするかしないかによって、金額面での損得が大きく異なります。

そのため、自分の車を廃車買取業者に持っていき査定する場合には、必ず行いましょう。

還付金対応の有無を確認する方法としては、担当スタッフに「売却する車の自動車税の未経過分の費用はどうなるのか?」と確認してみましょう。

還付金対応を行っている業者であれば、「売却金額と還付金を含めて合計金額を提示するパターン」と「還付金と売却金額を別々で支払うパターン」の2つの方法の内どちらかを説明されます。

手順2:買取店舗に査定を申し込む

自分の車の買取相場を把握した後は、希望する買取店舗に電話かWEBにて査定を依頼します。

電話の際に還付金の有無やレッカー対応について簡単に説明してもらうのも良いかもしれません。

手順3:廃車買取店舗で金額を提示してもらう&契約

実際に買取店舗に来店して金額を提示してもらいます。

金額に納得すれば、その場で契約手続きをしましょう。

契約手続きの際には、契約後のトラブルや還付金などについて念入りに確認しましょう。

契約時に認印が必要になるため、事前に持参することをおすすめします。

手順4:廃車に必要な書類を用意する

廃車買取契約が完了した後は、廃車に必要な書類を用意します。

廃車に必要な書類は、軽自動車と普通車で異なります。

軽自動車と普通車に必要な書類については、以下を参考にしましょう。

【軽自動車の必要書類】 【普通車の必要書類】
住民票 印鑑証明書
認印 譲渡書
実印
自動車税未経過分還付書類
委任状

軽自動車の廃車手続きに必要な書類は、住民票と認印だけです。

逆に普通車の場合、印鑑証明書や譲渡書、委任状など複数の書類の準備が必要になるため、注意が必要です。

書庫証明書は、買取業者が準備してくれるため、ご自身で用意する必要はありません。

手順5:車を廃車買取業者に渡す

廃車手続きに必要な書類を準備した後は、買取業者に車を渡します。

簡単に車の洗車や室内清掃を行うと、業者に喜ばれます。

時間がある方は、車への感謝の気持ちも込めてぜひ行いましょう。

また、車両を引き渡した1週間後ぐらいに、廃車手続きの進捗具合を確認することも業者とのトラブルを防ぐために重要なポイントです。

廃車買取についてよくある質問

廃車買取についてよくある質問をまとめました。

廃車買取に一括査定はある?

結論から説明すると、廃車買取店として運営しているほとんどの業者が一括査定に対応しています。

そのため、実店舗に行かなくてもWEB上にて査定依頼を行うことも可能です。

廃車買取はレッカー対応してもらえるの?

レッカー対応については、廃車買取業者によって対応の可否が異なります。

少しでも不安がある方は、買取査定を行う際や電話時に確認してみることをおすすめします。

廃車買取時に必要な書類は?

廃車買取に必要な書類は軽自動車と普通車で異なります。

必要書類は、下記表を参考にしてください。

【軽自動車の必要書類】 【普通車の必要書類】
住民票 印鑑証明書
認印 譲渡書
実印
自動車税未経過分還付書類
委任状

どんな車でも10万円買取は信用して大丈夫?

業者によって10万円で買取してもらえる店舗もあれば、してもらえない店舗もあります。

もし不安に感じる場合には、電話や査定依頼時にどのような条件で10万円で買取してもらえるのかを事前に確認しましょう。

業者によっては「どんな車でも10万円買取」という集客目的のコンセプトを掲げているケースも考えられます。

廃車買取業者で騙される人とは?

廃車買取で騙されやすい人の特徴は、事前に買取相場を把握していない方です。

買取契約で最も多いトラブル内容は「金額を絡む内容」です。

実際に契約時に提示された金額以上の条件を他社が提示したことにより、契約キャンセルやトラブルに発展する可能性があります。

買取業者に騙されないようにするために、買取相場の把握は必ず行いましょう。

【まとめ】自分に合う最適な廃車買取業者を見つけよう!

廃車買取業者は、業者によって特徴が異なります。

具体的には、レッカーでの引き取りや還付金の説明の有無、契約後のトラブルなどです。

大切なポイントは、契約前にどれだけ業者と売却主が契約内容について共有できているのかです。

業者と確認事項をしっかり確認して、契約手続きを行えば、契約後のトラブルも最小限に抑えられるでしょう。

また、廃車買取業者は複数あります。

もし、どの廃車買取業者を選べば良いのか判断できない場合には、この記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

記事の内容を参考にして、あなたの買取条件に合う最適な業者を見つけてみてください。