当サイトのコンテンツにはスポンサーからのPRが含まれている場合があります

【土日祝も即日対応】ファクタリング会社6選!

土日でも即日ファクタリングを利用すれば、申し込み当日での資金調達が可能です。

担保や保証人が必要がなく審査が数時間程度で終わるため、資金調達方法の中でも最短の入金スピードとなっています。

本記事では土日対応したファクタリング会社を徹底リサーチし、それぞれの特徴を解説します。

  1. 一括見積もりのファクタリングベストなら最短1分で土日対応の会社から相見積もりが取れる
  2. 祝日に対応したファクタリング会社は3社のみしか存在しない
  3. 営業開始直後に申し込みをすると最短で審査を受けられる
サービス名 ファクタリングベスト ラボル みんなのファクタリング QuQumo えんナビ JTC
土日対応
営業時間 24時間対応 10:00〜19:00 9:00〜18:00 10:00〜17:00(メールは24時間対応) 24時間 9:00〜18:00
入金スピード 最短3時間 最短1時間 最短1時間 最短2時間 最短当日 最短当日
審査通過率 90%以上 非公表 非公表 98% 90% 非公表
手数料 1.0%〜20% 一律10% 非公表 1.0%〜14.8% 20%〜30% 1.2%〜
個人事業主 × × ×
法人 ×
詳細 詳細
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

土日でも即日対応のファクタリング会社7選!入金スピードが早いサービスはどれ?

土日対応のファクタリング6選

公式ページには土日対応と記載しているファクタリング会社は複数あります。

ただし本メディアの管理人が電話や申し込みなどの調査を行ったところ、以下の6つのサービスのみ土日でも対応していました。

  • ファクタリングベスト
  • ラボル
  • みんなのファクタリング
  • QuQumo
  • えんナビ
  • JTC

ファクタリングベストは最短1分で土日に利用できるサービスが探せる

土日対応のサービスのファクタリングベストの画像

ファクタリングベストは一括見積もりサービスで、土日でも4社の優良ファクタリング会社から最短1分で見積もりが取れます。

各ファクタリング会社から連絡が最速数分程度。最速3時間で資金調達が可能です。

引用元:ファクタリングベスト公式-よくある質問

提携ファクタリング会社は審査通過率が9割超あり、その中で利用者の申し込み情報に合わせた審査に通りやすい会社を紹介してくれます。

ファクタリング会社との営業マンとの綿密な連携によって、直接会社に申し込みを行うよりも審査通過率が高まる特徴があります。

提携会社の手数料は1.0%〜20%までとなっているので、法外な手数料をとる悪徳会社との取引を避けれる点もポイントです。

法人向けのサービスとなっているので、個人事業主は利用不可です。

>>>ファクタリングベストの無料一括査定はこちら

ラボルは365日24時間即時入金が可能な個人向けサービス

土日対応のファクタリングのラボルの画像

ラボルの営業時間の10:00〜19:00の間に審査に通過すれば、365日24時間いつでも即時振込可能な年中無休のファクタリング会社です。

web上に必要書類をアップロードすれば、面談なしで審査は最短1時間で完了します。

ラボルの必要な書類は以下の6つです。

下記の審査資料(エビデンス)になります。
・ 通帳のコピー
・ 取引先担当者が請求内容を了承していることが分かるメール・Slackメッセージ
・ LINEやChatworkなど、取引先担当者との連絡履歴
・ 取引先からの過去の入金履歴
・ 押印済みの発注書や契約書
・ その他取引を証明するエビデンス

引用元:ラボル-よくある質問

土日でも簡単に揃えられる資料のため、手間がかかりません。

初回取引では1万円〜10万円が買取限度額となっており、少額債権を扱う個人事業主・フリーランスが利用できる数少ないサービスです。
東証プライム上場企業の株式会社セレスの傘下によって運営されているので、土日でも安心して利用できるでしょう。

みんなのファクタリングは土日でも最短1時間での審査・入金に対応

土日対応のファクタリングのみんなのファクタリングの画像

みんなのファクタリングは1万円〜300万円の債権買取に対応した土日審査・入金のサービスです。

土日祝日でも最短1時間での振込の特徴があり、営業時間の18:00よりも1時間前に申し込みをすれば資金調達できます。

また完全オンラインで取引可能なので、遠方の方でも利用できます。

利用における事務手数料や月額費用がかからない点も、利用者から評価されてます。

事務手数料や出張費が無いのが良いです。
以前の会社では、現地確認などの出張費や契約に際しての事務手数料が発生し、実際には思ってたよりも費用がかかった印象でした。こちらの会社の手数料は、売却するときのサービス手数料のみのため分かりやすく、審査結果後も契約するかどうか自分で選べたので安心でした。

新規サービスのため審査についての透明性に欠ける点や、実績が少ないのがデメリットです。

>>>みんなのファクタリングの無料審査はこちら

QuQumoは24時間受付対応でオンライン完結で取引できる

平日に即時審査・即日入金できるファクタリングのQuQumo

QuQumoはオンライン取引に特化したサービスで、申し込みから審査が最短30分・入金まで最短2時間で取引可能です。

100万円までの買取であれば面談不要で審査が行われるので、土日祝での申し込み行えば平日に優先的に審査を受けられます。

契約はクラウドサインを用いた電子契約なので、審査後に契約書のサインまでの時間がかかりません。

50万円〜100万円前後の債権のスピード買取を得意としており、個人・法人どちらも利用できます。

100万円前後での買取希望なら面談不要で即時審査・即日入金のQuQumoがおすすめです。

>>>QuQumoの無料審査はこちら

えんナビは年中無休運営で審査通過率は高いが手数料が高い

土日対応のファクタリング会社のえんナビの画像

えんナビは365日24時間コールセンターが受付に対応しており、土日祝日でも審査・振込に対応しています。

赤字や税金滞納などの他のファクタリング会社では審査に落ちてしまうような方でも利用できます。

資金調達において以下のような問題を抱えている経営者の方、ご連絡いただければ弊社がお手伝いすることができるかもしれません。

  • 審査~入金まで1か月以上
  • 返済猶予中
  • 担保や保証人がない
  • 税金滞納
  • 信用情報に問題あり
  • 融資を断られた
  • 資金ショート
  • 急な注文、事業拡大への対応
  • 赤字決済
  • 債務超過

引用元:えんナビ公式-よくある質問

50万円〜5000万円までの債権を扱っているため、少額から高額まで幅広く現金化可能です。

ただし2社間ファクタリングの場合、手数料が高くなる傾向にあるので注意が必要です。

ファクタリングの相談窓口「ランクファクター」からの情報提供では、手数料30%を要求され対面だったこともあり半ば強引に契約をされた方もいたとの報告を受けています。

えんナビは法人でどうしても土日中に資金調達する必要がある方のみ利用すると良いでしょう。

>>>えんナビの無料審査はこちら

JTCは土日でも数千万円の高額債権に対応している

土日対応のファクタリングのJTCの画像

JTCは取引額500億円を突破している100万円以上の債権に特化した法人向けファクタリング会社で、土日に審査を進めてもらえます。

100万円〜数億円までの債権の買取実績があり、高額債権の取引に強いサービスです。

日本トレンドリサーチ機構のアンケートによって「中小企業経営者におすすめのファクタリング会社」「信頼できるファクタリング会社」の部門でNo.1に輝いています。

中小企業の機密情報を扱うために情報セキュリティの国際規格であるISMSを取得しています。

ISMSとは、個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源を配分して、システムを運用することである。

引用元:情報マネジメントシステム認定センター

また審査に通過すれば手数料も業界最低水準の1.2%〜10%で利用できます。

平日は時間はない経営者でファクタリングを利用して、土日にまとまったお金を資金調達したい方に最適です。

>>>JTCの無料審査はこちら

祝日対応のファクタリング会社は3社のみ!

祝日のファクタリング会社3選

ファクタリング会社でも祝日に対応したサービスは3社のみなります。

祝日対応のファクタリング会社は以下にになります。

ファクタリング会社 利用対象
ラボル 個人事業主
えんナビ 法人
みんなのファクタリング 個人事業主・法人

中でも優良会社として認知されているサービスはラボルです。

ラボルは上場企業が運営しているので安心・安全で利用できます。

ただし初回取引では10万円の請求書しか買取をしてないので、10万以上の買取を希望している方はみんなのファクタリングへの申し込みをおすすめします。

えんナビは50万円以上の債権で手数料が高騰しても確実にファクタリングしたい時に利用すると良いでしょう。

土日でも即日で資金調達するためのポイント4選

土日が分かるカレンダー

土日にファクタリングで資金調達するには以下の4つのポイントを守ることが大切です。

  • 債権譲渡登記無しの会社を選ぶ
  • ファクタリング会社の営業開始時間直後に申し込む
  • 複数社申し込む
  • オンライン完結で取引できる会社を選らぶ

それぞれについて詳しく解説します。

債権譲渡登記無しの会社を選ぶ

債権譲渡登記とは、法人が債権譲渡を公示することで移転先が第三者に対抗できるようにすることです。

売掛金の未払いリスクに備えて、ファクタリング会社が要求するケースが存在します。

債権譲渡登記を行うには法務局に申請を行う必要がありますが、土日は受付対応してません。

債権譲渡登記無しもしくは取引後まで留保可能なサービスを利用することが大切です。

場合によっては土日までに審査は完了しておき月曜に債権譲渡登記を行った方が手数料が安くなることもありますので、資金繰りの緊急性に合わせて柔軟に対応すべきでしょう。

ファクタリング会社の営業開始時間直後に申し込む

ファクタリング会社は午前11時〜午前15時にかけて問い合わせが増える傾向があると言われています。

なるべく早い時間に問い合わせた方が優先的に審査されるので、営業時間が開始した直後に申し込みを行うのがおすすめです。

遅くても午前中までの申し込みを行わないと、土日の即日入金の可能性はかぎりなく低くなるので注意が必要です。

複数社に申し込む

土日に資金調達する可能性を上げるためには、複数社の申し込みを行うことが大切です。

各ファクタリング会社によって審査基準が異なるので、複数の審査を受けておくことで審査通過率を上げることにつながります。

また同じ債権の買取でも各社が提示する手数料が異なるので、なるべく手数料を抑えたい方にも複数社から審査を受けることは重要です。

土日であれば法人限定ですが一括査定サービスのファクタリングベストなら簡易的な見積もりをとることが可能なので、複数社の問い合わせや審査が面倒な方におすすめです。

オンライン完結で取引できる会社を選ぶ

取引スピードを早くするには審査・契約までオンライン完結で取引できるファクタリング会社を選ぶ良いでしょう。

従来のファクタリング会社はオフィスに訪問して審査・契約を受ける必要があったので、地方の方はファクタリングを利用しずらい状況でした。

しかしオンラインに対応したファクタリング会社であれば、ビデオ会議や電話で面談を行うので全国どこからも利用可能です。

契約時には電子契約を持ちいるので契約書が届くまでの時間を待つ必要もありません。

中でもラボルなどのweb完結サービスであれば書類を提出すれば自動的に審査が行われます。