金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

金券ショップ アクセスチケットHOME店舗案内 > アクセスチケット横浜北口店

アクセスチケット横浜北口店

横浜バナー
金券ショップ アクセスチケット横浜北口店1金券ショップ アクセスチケット横浜北口店2

住所

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-1

横浜駅 きた西口 徒歩30秒

金券ショップ アクセスチケット横浜北口店MAP

営業時間

11:00~20:00
12/30 11:00~13:00
12/31~1/2 休業

主な取扱商品

図書カード、図書券、ビール券、テレホンカード、おこめ券、クオカード、タクシー券、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、各種株主優待券、JR券、新幹線回数券、各種チケット、各種旅行券、航空券、お酒・ウィスキー券、お食事券、映画券、レジャー券、入浴券、その他ギフト券、収入印紙・切手

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)
買取入金時の差引き振込手数料は一律108円!!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、神奈川県横浜市にあるアクセスチケット 横浜北口店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(神奈川県 横浜市)の豆知識

横浜市

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市の一つであり、18の行政区を持つ。日本の市町村で人口が最も多い。また、神奈川県内の市町村で面積が最も広い。旧武蔵国と旧相模国の一部。

概要

横浜市は東京都心から南へ約30kmから40km圏内、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、市域の中央駅は横浜駅(西区)[2]。経済活動の中心は関内地区から約3km北の横浜駅周辺地区と分断されており、両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。

市域は、鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれた。また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。

実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。

1889年(明治22年)4月1日に市制が施行され、横浜市となった[4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4 km2 にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38 km2 (2006年)となっている。

横浜市営地下鉄路線図
1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約370万人となった。これは日本の市では最も多く、人口集中地区人口も東京特別区に次ぐ日本の第二都市である。1956年(昭和31年)には政令指定都市に[5]、1988年(昭和63年)には業務核都市[6]、2011年(平成23年)には環境未来都市と国際戦略総合特区に指定され[7]、2012年(平成24年)には横浜駅周辺地区などが特定都市再生緊急整備地域[8]に指定された。

市域は比較的広大で、環状2号線の内側が既成市街地とみられる。横浜都心は横浜駅周辺からみなとみらい21、関内、伊勢佐木町周辺を指す。そのほかの郊外区は首都圏への人口集中によるスプロール化した市街地が散在しており、都市基盤整備が推進されている。副都心としては、新横浜、上大岡、二俣川、鶴見、戸塚、港北ニュータウンがある。港北ニュータウンを除く各地区は、JR東海道線、横浜線、京急本線、相鉄本線の鉄道駅を中心として古くから発展してきた街である。港北ニュータウンは、1965年(昭和40年)に策定された横浜市六大事業の一つとして、当時の港北区(現在の中心は都筑区)に計画的に開発された街である。横浜都心部と各副都心は、横浜市営地下鉄のブルーライン・グリーンラインによって結ばれる計画となっている。多摩田園都市をはじめとした市内北西部は、東京都心のベッドタウンとして開発されたため、鉄道網も東京からの放射線が軸となり、東京都心への通勤通学人口が多い(詳細は後述)。

交通

航空 [編集]
市内に空港はなく、国内線は東京都大田区の東京国際空港(羽田空港)、国際線は千葉県成田市の成田国際空港(成田空港)が最寄りとなる。アクセス路線として横浜駅東口バスターミナルに隣接する横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)を中心に、市内の各主要駅から両空港へのリムジンバスが発着し、鉄道路線では京急が市内各駅と羽田空港国際線ターミナル駅及び羽田空港国内線ターミナル駅を結ぶ列車、JRが横浜駅と空港第2ビル駅及び成田空港駅を結ぶ列車(成田エクスプレスなど)を運行している。 なお、国際航空運送協会(IATA)都市コード YOK を持つ。

船舶 [編集]
横浜港
詳細は「横浜港」を参照

横浜港・大さん橋 横浜港は、開港当初から昭和初期に至るまで、綿花などの原料・鉄類・機械の輸入と、生糸・綿糸・絹織物の輸出を主とし、特に生糸貿易港として発展した。その後、京浜工業地帯の発展に伴い、鉄鋼・機械類・油脂の輸入と、機械類・金属製品・鉄鋼の輸出を主とする工業港となる。現在では、本牧埠頭、大黒埠頭、南本牧埠頭の三つの複合型コンテナ埠頭群が整備され、コンテナ貨物取扱や倉庫物流における日本経済の拠点として重要な役割を担っている[57]。一方では、高島埠頭や、新港埠頭はその役割を終えて、みなとみらい地区として再整備され、新たな港湾機能の役割を担っている。また、山下埠頭もバルク貨物のコンテナ輸送以降に伴いその役割を終えつつあり、新山下地区再整備構想のなかで、新たな横浜都心の整備エリアとしての構想が出されている。横浜港は、日本有数の貿易港となり、東京港と併せて京浜港として指定特定重要港湾(スーパー中枢港湾)に指定されている[58]。また横浜港は、明治以来、海外渡航者の海路玄関口の一つとして、大さん橋や新港埠頭に多くの客船や移民船が出入りした。1960年代以降は外国航路が空路に替わり、国内フェリー航路の中心が東京港を中心に発展したことや、1970年代前半のオイルショックにより海運会社が貨客船による船客輸送を減少させたことから、客船ターミナルとしての役割は減衰しはじめた。しかし1960年代後半から1990年代前半まで旧ソ連極東船舶公社がナホトカ定期航路を開設し維持したことが横浜港の海外渡航機能としての役割を維持した。また東海汽船により伊豆諸島への旅客港としての航路も維持している。 1990年代になると、日本国内でクルーズ客船による船旅が活発化し始め、クルーズ客船も大型化が著しくターミナルも老朽化したことから、2002年(平成14年)6月に大さん橋国際客船ターミナルが新装オープンした。また横浜市もクルーズ客船の寄港誘致に積極的に取り組んだ結果、横浜港への日本船籍のクルーズ客船の寄港回数は2003年度に国内1位になり、現在まで国内1位を続けている[59]。 一方乗降客数では、2007年から2008年現在、外国航路の定期路線が存在せず、国内航路は伊豆諸島への定期航路しかないため、国内主要旅客港との乗降客数の比較では、中国への定期客船航路を持つ大阪港や神戸港、国内フェリー航路を持つ東京港のより低い数値となっている。横浜港へのクルーズ客船寄港が大きな経済波及効果を伴うことと、クルーズ旅行そのものが、先進国の富裕層の指標ともなっており、中長期的に増加が見込まれることから、横浜市や横浜港にとってクルーズ客船寄港促進は、同じく経済波及効果の高いコンテナ船寄航促進と並び、重要な課題となっている。

横浜港遊覧
大桟橋発着:ロイヤルウイング
山下公園発着:マリンルージュ、その他
シーバスが横浜駅東口、みなとみらいの「ぷかり桟橋」、山下公園を結ぶ。

鉄道路線

主要な駅 市の中央駅は横浜駅、新幹線停車駅は新横浜駅、本庁最寄駅は関内駅。

横浜駅(JR・京急線・東急東横線・相鉄線・みなとみらい線・ブルーライン)
鶴見駅(JR京浜東北線・鶴見線)
東神奈川駅(JR京浜東北線・横浜線)
戸塚駅(JR東海道線・横須賀線・ブルーライン)
桜木町駅(JR根岸線・ブルーライン)
関内駅(JR根岸線・ブルーライン)
菊名駅(JR横浜線・東急東横線)
中山駅(JR横浜線・グリーンライン)

新横浜駅(JR横浜線・東海道新幹線・ブルーライン)
長津田駅(JR横浜線・東急線)
上大岡駅(京急本線・ブルーライン)
金沢八景駅(京急線・シーサイドライン)
日吉駅(東急線・グリーンライン)
あざみ野駅(東急田園都市線・ブルーライン)
二俣川駅(相鉄線・相鉄いずみ野線)

横浜駅西口

新横浜駅
■ 東日本旅客鉄道(JR東日本)
■ 東海道本線 - 横浜駅 - 戸塚駅 -
■ 横須賀線 - 横浜駅 - 保土ヶ谷駅 - 東戸塚駅 - 戸塚駅 -
■ 京浜東北線 - 鶴見駅 - 新子安駅 - 東神奈川駅 - 横浜駅
■ 根岸線 横浜駅 - 桜木町駅 - 関内駅 - 石川町駅 - 山手駅 - 根岸駅 - 磯子駅 - 新杉田駅 - 洋光台駅 - 港南台駅 - 本郷台駅 -
■ 横浜線 東神奈川駅 - 大口駅 - 菊名駅 - 新横浜駅 - 小机駅 - 鴨居駅 - 中山駅 - 十日市場駅 - 長津田駅 -
■ 南武線 - 矢向駅 -
■ 鶴見線 本線 : 鶴見駅 - 国道駅 - 鶴見小野駅 - 弁天橋駅 - 浅野駅 - 安善駅 -
海芝浦支線 : 浅野駅 - 新芝浦駅 - 海芝浦駅
■ 東海旅客鉄道(JR東海) ■ 東海道新幹線 - 新横浜駅 -
■ 京浜急行電鉄(京急) ■ 本線 - 鶴見市場駅 - 京急鶴見駅 - 花月園前駅 - 生麦駅 - 京急新子安駅 - 子安駅 - 神奈川新町駅 - 仲木戸駅 - 神奈川駅 - 横浜駅 - 戸部駅 - 日ノ出町駅 - 黄金町駅 - 南太田駅 - 井土ヶ谷駅 - 弘明寺駅 - 上大岡駅 - 屏風浦駅 - 杉田駅 - 京急富岡駅 - 能見台駅 - 金沢文庫駅 - 金沢八景駅 -
■ 逗子線 金沢八景駅 - 六浦駅 -
■ 東京急行電鉄(東急) ■ 東横線 - 日吉駅 - 綱島駅 - 大倉山駅 - 菊名駅 - 妙蓮寺駅 - 白楽駅 - 東白楽駅 - 反町駅 - 横浜駅
■ 目黒線 - 日吉駅
■ 田園都市線 - たまプラーザ駅 - あざみ野駅 - 江田駅 - 市が尾駅 - 藤が丘駅 - 青葉台駅 - 田奈駅 - 長津田駅 -
■ こどもの国線(全線) 長津田駅 - 恩田駅 - こどもの国駅
■ 相模鉄道(相鉄) ■ 本線 横浜駅 - 平沼橋駅 - 西横浜駅 - 天王町駅 - 星川駅 - 和田町駅 - 上星川駅 - 西谷駅 - 鶴ヶ峰駅 - 二俣川駅 - 希望ヶ丘駅 - 三ツ境駅 - 瀬谷駅 -
■ いずみ野線 二俣川駅 - 南万騎が原駅 - 緑園都市駅 - 弥生台駅 - いずみ野駅 - いずみ中央駅 - ゆめが丘駅 -
■ 横浜高速鉄道 ■ みなとみらい線(全線) 横浜駅 - 新高島駅 - みなとみらい駅 - 馬車道駅 - 日本大通り駅 - 元町・中華街駅
■ 横浜市交通局 ■ 横浜市営地下鉄ブルーライン(湘南台駅以外全線) - 下飯田駅 - 立場駅 - 中田駅 - 踊場駅 - 戸塚駅 - 舞岡駅 - 下永谷駅 - 上永谷駅 - 港南中央駅 - 上大岡駅 - 弘明寺駅 - 蒔田駅 - 吉野町駅 - 阪東橋駅 - 伊勢佐木長者町駅 - 関内駅 - 桜木町駅 - 高島町駅 - 横浜駅 - 三ツ沢下町駅 - 三ツ沢上町駅 - 片倉町駅 - 岸根公園駅 - 新横浜駅 - 北新横浜駅 - 新羽駅 - 仲町台駅 - センター南駅 - センター北駅 - 中川駅 - あざみ野駅
■ 横浜市営地下鉄グリーンライン(全線) 中山駅 - 川和町駅 - 都筑ふれあいの丘駅 - センター南駅 - センター北駅 - 北山田駅 - 東山田駅 - 高田駅 - 日吉本町駅 - 日吉駅
■ 横浜新都市交通 ■ 金沢シーサイド線(全線) 新杉田駅 - 南部市場駅 - 鳥浜駅 - 並木北駅 - 並木中央駅 - 幸浦駅 - 産業振興センター駅 - 福浦駅 - 市大医学部駅 - 八景島駅 - 海の公園柴口駅 - 海の公園南口駅 - 野島公園駅 - 金沢八景駅
備考 市内のJRの駅は、JRの特定都区市内制度の「横浜市内」駅として扱われる。(なお、「横浜市内」駅には川崎市内の一部JR駅も含む)
横浜駅は西区の中央駅でもあるが、横須賀線ホームの一部が神奈川区に跨る。
横須賀線及び京浜東北線は運転系統上の名称であり、線路名称上は東海道本線に属する。そのため、線路名称上市内を通るJRの在来線は東海道本線・根岸線・横浜線・南武線・鶴見線の計5路線である。
京浜東北線と根岸線は常時相互直通運転。
横浜線の一部列車は東神奈川駅から根岸線に乗り入れる。
西隣の鎌倉市に所在する大船駅の東側一部が栄区に跨る。(上記「横浜市内」駅には含まれない)
弘明寺駅は京急と地下鉄の2つがあるが、距離が大きく離れているため、乗換駅ではない。

路線バス [編集]

横浜市営バス
各事業者の運行子会社は省略。
横浜市営バス - 旧市街地を中心に市域の約5割をカバー。一部路線を神奈中など民営に移管中。また、一部の運行業務を、横浜交通開発に委託している。(車両は、横浜市営バスのものを使用)
京浜急行バス - 金沢区・磯子区中心。京急グループ。
川崎鶴見臨港バス - 鶴見区中心。京急グループ。
東急バス - 港北区鶴見川以北・都筑区・青葉区中心。東急グループ。
江ノ電バス横浜 - 港南区笹下地区、磯子区西南部、戸塚区JR以東および栄区豊田地区中心。江ノ島電鉄の事業子会社。小田急グループ。
小田急バス - 青葉区の一部に乗り入れる形。小田急グループ。
神奈川中央交通 - 戸塚区・栄区・泉区・瀬谷区・港南区・旭区・緑区・青葉区のJR以南中心。小田急グループ。
相鉄バス - 相鉄沿線・中区・西区・神奈川区・戸塚区の一部相鉄グループ。
大新東バス - 金沢区南部の分譲地限定。
フジエクスプレス - 2007年4月1日より横浜市営バス134系統を全便移譲の上、一部運行経路を変更(桜木町駅縲恍・譁{牧地区循環線)して運行を開始する。富士急行グループ。
川崎市バス - 久末団地線の高田町 - 久末団地間のみ横浜市に乗り入れ。

乗車方法は、地域・会社毎に異なる。市営バス・臨港バス・東急バス・小田急バス・フジエクスプレス・大新東バスは前乗り後降り先払いで、区間制の路線であっても整理券は使用せず、乗車時に行き先を乗務員に告げて所定の運賃を支払う。京急バス・相鉄バス・江ノ電バス・神奈中バスは前乗り後降りの路線と後乗り前降りの路線があるが、これは地域(均一制か区間制)によって分かれる。なお、神奈中バスでは主として戸塚以西で前乗り前降りの路線も存在する。後乗り前降りと前乗り前降りの路線はいずれも後払いであり、整理券方式を採っている。
運賃は均一制を採る区間と区間制を採る区間に分かれる。後者は主として金沢区・戸塚区・泉区・栄区・瀬谷区および旭区の大部分と緑区の一部であり、それ以外の地区は均一制である。
※境界バス停
寬政・京町三丁目・池田一丁目・南幸町・末吉橋西詰・鷹野大橋・江川町・井田坂・蟹ヶ谷・道中坂下・すみれが丘公園・美しが丘三丁目・美しが丘西一丁目・保木・すすき野団地・すすき野二丁目・早野・三輪緑山二丁目(以上、川崎運賃との境界)
杉山神社前・長津田駅・公園前・若葉台西・大貫橋・緑警察署前・都岡辻・今宿・二俣川駅北口・万騎が原大池・環2今井・星川ランプ・富士見橋・さかえ橋・東戸塚駅東口・不動坂・戸塚駅東口・港南車庫入口・日野南中学校前・元大橋公園前・横浜栄高校前・市民の森入口・上の前・杉田・慶珊寺前・東柴町(以上、区間制運賃との境界。これより内側が均一制運賃となる)
道路 [編集]

横浜市は「横浜国際港都建設法」により、日本の代表的な国際港都であるべきことが目的として掲げられている(法第1条)。そのため、国際港都にふさわしい都市計画として「横浜国際港都建設計画」を定めることになっており、その道路事業が「横浜国際港都建設計画道路事業」として計画されている。

しかし道路整備率は13大都市間で最低位である。戦後比較的早期に「横浜国際港都建設計画道路事業」として策定され、その後も都市計画法制定まで多数の計画路線が追加されたが、事業着手され全線完成した路線は少ない。直近でも「ゆめはま2010プラン」1994-2010や「横浜中期政策プラン」2002-2006、「中期計画」2007-2010等で横浜都心迄30分の交通体系整備を実現させる3環状10放射からなる主要計画があるが、全線完成したのは2路線に過ぎない。市内の都市計画道路の整備率は、2009年3月31日時点で計画延長688.93kmに対し、整備済446.37kmであり、整備率は64.8%である。
3環状 環状2号線
環状3号線
環状4号線

10放射 横浜藤沢線(港南区丸山台縲恁ヒ塚区小雀町)
羽沢池辺線(神奈川区羽沢町縲恣s筑区池辺町)
山下長津田線(中区山下町縲恬ホ区長津田町)
横浜鎌倉線(鎌倉街道、県道21号と一部重複)(中区本町縲怏h区公田町)
桂町戸塚遠藤線(栄区桂町縲恊謇コ飯田町)
横浜伊勢原線(長後街道、県道22号と一部重複)(戸塚区上倉田町縲恊謠續ム田町)
日吉元石川線(県道102号と一部重複)(港北区日吉縲恊ツ葉区美しが丘西)
横浜上麻生線(県道12号と一部重複)(神奈川区東神奈川縲恊ツ葉区鉄町)
横浜逗子線(笹下釜利谷道路、県道22号と一部重複)(港南区上大岡西縲恚熨譏Z浦町)
権太坂和泉線(保土ケ谷区狩場町縲恊譏a泉町)

高速自動車国道:東名高速道路 横浜青葉IC - 横浜町田IC 高規格幹線道路:首都圏中央連絡自動車道 地域高規格道路 第三京浜道路(都筑IC - 港北IC - 羽沢IC - 保土ヶ谷IC) 国道1号横浜新道(保土ヶ谷IC - 常盤台IC - 峰岡IC - 星川IC - 藤塚IC - 新保土ヶ谷IC - 今井IC - 川上IC - 上矢部IC) 国道16号横浜新道(新保土ヶ谷IC - 狩場IC) 横浜横須賀道路本線(狩場IC - 別所IC - 日野IC - 港南台IC - 朝比奈IC) 横浜横須賀道路金沢支線(堀口能見台IC - 並木IC) 核都市広域幹線道路 保土ヶ谷バイパス(新保土ヶ谷IC - 新桜ヶ丘IC - 南本宿IC - 本村IC - 下川井IC - 上川井IC) 首都高速道路 K1 神奈川1号横羽線(浅田出入口 - 汐入出入口 - 生麦出入口 - 守屋町出入口 - 子安出入口 - 東神奈川出入口 - 横浜駅東口出入口 - みなとみらい出入口 - 横浜公園出入口) K2 神奈川2号三ツ沢線(横浜駅西口出入口 - 三ツ沢出入口) K3 神奈川3号狩場線(新山下出入口 - 山下町出入口 - 石川町出入口 - 阪東橋出入口 - 花之木出入口 - 永田出入口) K5 神奈川5号大黒線 B 湾岸線(大黒ふ頭出入口 - 本牧ふ頭出入口 - 三渓園出入口 - 磯子出入口 - 杉田出入口 - 幸浦出入口) 横浜藤沢線 環状2号線 横浜北部放射連絡道路

横浜ベイブリッジ(上層部は首都高速湾岸線、下層部は国道357号) 一般国道 国道1号(第二京浜、東海道) 国道15号(第一京浜、東海道) 国道16号(東京外環) 国道246号(厚木街道) 国道357号(東京湾岸道路) 主要地方道 神奈川県道2号東京丸子横浜線 神奈川県道6号東京大師横浜線 神奈川県道12号横浜上麻生線 神奈川県道13号横浜生田線 神奈川県道14号鶴見溝ノ口線 神奈川県道21号横浜鎌倉線 神奈川県道22号横浜伊勢原線 神奈川県道23号原宿六ツ浦線 神奈川県道30号戸塚茅ヶ崎線 神奈川県道40号横浜厚木線 神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線 環状2号線 環状4号線(一部) 横浜市主要地方道80号横浜駅根岸線 横浜市主要地方道81号藤棚伊勢佐木線 横浜市主要地方道82号山下本牧磯子線 横浜市主要地方道83号青木浅間線 横浜市主要地方道84号保土ヶ谷宮元線 横浜市主要地方道85号鶴見駅三ツ沢線

文化施設

ホール・集会場
神奈川県民ホール
横浜みなとみらいホール
関内ホール
パシフィコ横浜
横浜アリーナ
神奈川県立音楽堂

図書館
神奈川県立図書館(本館)
横浜市立図書館 横浜市中央図書館をはじめ各区1館ずつ配置された17館で構成されており、全体では約360万冊を所蔵し日本でも屈指の規模を誇る。図書館カードは各館共通で使える。

博物館
中区を中心に多数存在。

美術館
横浜美術館(西区) 建築家丹下健三の設計。 他にも中区を中心に多数存在。

公民館
横浜市では「地区センター」、「コミュニティハウス」が相当する。各区に数箇所存在。
スポーツ施設
横浜文化体育館
スポーツセンター - すべての区に存在する。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ