金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット大和店

金券ショップ アクセスチケット大和店 写真1金券ショップ アクセスチケット大和店 写真2

住所

〒242-0021
神奈川県大和市中央4-1-2

小田急線、相鉄線
大和駅 南口 徒歩1分

金券ショップ アクセスチケット大和店 地図

営業時間

9:00~18:00
第1水曜日は14:00までの営業とさせて頂きます。
第3水曜日は休業とさせて頂きます。

12/29(金)は営業時間を10:00~14:00とさせて頂きます。
12/30(土)~1/3(水) 休業

主な取扱商品

図書カード、図書券、ビール券、テレホンカード、おこめ券、クオカード、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、各種株主優待券、JR券、新幹線回数券、各種チケット、各種旅行券、航空券、お食事券、映画券、レジャー券、入浴券、その他ギフト券、収入印紙・切手

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

相鉄線でより便利に!お得に

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、神奈川県大和市にあるアクセスチケット 大和店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(神奈川県 大和市)の豆知識

大和駅

大和駅(やまとえき)は、神奈川県大和市大和南一丁目および中央二丁目にある、小田急電鉄・相模鉄道の駅である。

歴史

1926年(大正15年)5月12日 - 旧・神中鉄道の大和駅として開業。
1929年(昭和4年)4月1日 - 小田急江ノ島線の西大和駅が開業。「直通」の停車駅となる。当時、各駅停車は新宿 - 稲田登戸(現・向ヶ丘遊園)間のみの運行。
1944年(昭和19年)6月1日 - 相模鉄道との乗り換え駅になったことから、江ノ島線の駅名が大和駅に改称される。同時に相鉄の駅位置と江ノ島線の駅位置を交差位置に合わせるため、相鉄の駅を相模大塚寄りに200m移動。
1945年(昭和20年)6月 - 江ノ島線の直通が廃止され、各駅停車が全線で運行されることとなり、その停車駅となる。
1946年(昭和21年)10月1日 - 江ノ島線に準急が設定され、停車駅となる。
1955年(昭和30年)3月25日 - 江ノ島線に通勤急行が設定され、停車駅となる。
1965年(昭和40年)11月 - 江ノ島線急行の停車駅となる。
1971年(昭和46年)12月24日 - 西口駅舎完成[1]。
1986年(昭和61年) - 駅舎連絡通路および駅周辺道路の慢性的な混雑から、駅舎全面改良・連続立体化工事が着工される。これにより相鉄の駅舎は数年間東側(開業当時の大和駅の位置)に移転し、その間に連絡橋が設置される。
1993年(平成5年)8月1日 - 相鉄部分が地下化され、駅前広場が整備される。
1994年(平成6年)11月1日 - 小田急部分が島式2面4線化され、全面改良・連続立体化工事完了。
1996年(平成8年)3月23日 - 小田急の特急ロマンスカー「えのしま」が停車開始。
2002年(平成14年)3月22日 - 小田急に湘南急行が設定され、停車駅となる。
2004年(平成16年)12月11日 - 小田急の湘南急行が廃止され、快速急行に変更される。
2008年(平成20年)
2月23日 - 小田急の発車標がフルカラーのLCD式に更新される。
3月15日 - 小田急のダイヤ改正で当駅始発・終着の列車が新設され、夜間に車両停泊が行われるようになる。
2009年(平成21年)7月 - 相鉄の発車標が新型のものに更新される。
2014年(平成26年)
2月 - 小田急の発車標が新型のフルカラーLED式に更新される。
4月27日 - 相鉄のダイヤ改正で特急が設定され、停車駅となる。また同じく本線(二俣川 - 海老名)にも快速が設定され停車駅となる。

駅構造

当駅は、小田急電鉄と相模鉄道の乗り換え経路となる1階構内が改札内で連絡している共同使用駅である。
北側の改札口(相鉄口)を相鉄、南側の改札口(小田急口)を小田急が管理しているが、乗降客は利用する会社線に関係なく両側とも利用できる。
なお、どちら側にも相鉄・小田急両方の券売機が設置されているが、それぞれの券売機は独立して設置されている。
改札内コンコースとホームを結ぶエスカレーター・エレベーター、および多機能トイレを併設している。

小田急電鉄
島式ホーム2面4線を有する江ノ島線唯一の高架駅である。駅番号はOE 05。
元々、江ノ島線開業の際には、既に相模鉄道(当時の神中鉄道)の大和駅があり、そのやや西側に駅を設置したことから、
当初は西大和と命名されたが、その後駅の位置をずらし、乗り換え駅となった。
以前は盛土による2面2線であったが、立体化工事とともに行われた構内拡張により線路の高さを嵩上げする必要が生じ、高架へと切り替えられた。
なお、相模大野方面2つ先の南林間駅は以前2面4線だったが、当駅の立体化工事完成とともに外側2線の線路が撤去され、2面2線に切り替えられた。
1996年3月から、特急ロマンスカー「えのしま」「ホームウェイ」(1999年7月運行開始)の停車駅となった。
2008年3月15日のダイヤ改正で、当駅始発の上り電車と当駅終着の下り電車が新設された。
上下とも各駅停車・急行1本ずつで、各駅停車は上り初電と下り終電に当たる。
当駅で快速急行・急行との緩急接続を行う列車が存在する。

相模鉄道
島式ホーム1面2線を有する地下駅である。海老名側に引き上げ線が設置され、平日夕方の各停の折り返しに使用されている。駅番号はSO14。
ホームには終日立哨の駅員がいる。
かつては地上駅であり、工事に合わせて現在の銀座通り商店街、プロムナード東側など、駅の入口があった場所が何回か変化している。
また、駅東側には踏切があったが、これに伴う交通混雑や駅東西の移動の利便性向上などから地下化が決定し、その後何回か駅入口の位置を変えながら現在の地下駅となった。
現在のプロムナードはかつて相鉄線の線路が通っていた跡地を利用したものである。


 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ