金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

金券ショップ アクセスチケット浦和店

金券ショップ アクセスチケット浦和店 写真1金券ショップ アクセスチケット浦和店 写真2

住所

〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町1-7-18

浦和駅 徒歩2分

金券ショップ アクセスチケット浦和店 地図

営業時間

10:00~19:00
※12/7(水)はメンテナンス休業いたします
12/30~1/2 休業

主な取扱商品

図書カード、ビール券、テレホンカード、クオカード、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、航空株主優待券、各種株主優待券、各種チケット、各種旅行券、お食事券、映画券、レジャー券、その他ギフト券、普通切手、記念切手、レターパック、収入印紙

・伊勢丹商品券
・パルコ商品券
・セブン&アイ商品券
・ダイエー商品券
・イオン商品券
・浦和レッズ観戦チケット
・パルコシネマ鑑賞券
・セントラルスポーツ 株主優待券
・ルネサンス 株主優待券
・メガロス 株主優待券

○各種きっぷ
・新幹線回数券
・JRきっぷ

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、埼玉県さいたま市にあるアクセスチケット 浦和店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(埼玉県 さいたま市)の豆知識

さいたま市

さいたま市(さいたまし)は、埼玉県の南部東寄りに位置する、同県の県庁所在地であり、政令指定都市である。東京都特別区部への通勤率は27.5%(平成22年国勢調査)。

概要

2001年5月1日に浦和、大宮、与野の3市の新設合併により成立した。この合併によって人口100万人以上の市となったことから、さいたま市は2003年4月1日に政令指定都市となり、9つの行政区が設置された。その後、2005年4月1日に岩槻市を編入し、岩槻区が設置されて10区体制となった。
日本で9番目に多くの人口を抱える市であり、新幹線をはじめ周辺各地の鉄道路線が集結する交通の要衝でもある。
2013年現在、県庁所在地としては全国で唯一の平仮名による自治体名であるほか、新設合併によるものであることから最も近時に成立した県庁所在地でもある。
また、全国で唯一県庁所在地名と完全に一致した名前の駅がない市であり、それを保有する埼玉県も唯一の県となっている。(さいたま新都心駅は“さいたま”とあるが、実質現在でも県庁の最寄駅は浦和駅である。)

地理

さいたま市は、関東地方の中央部に位置する。日本の首都である東京の都心部から北に約20-30 kmの距離にあり、県庁所在都市としては東京に最も近い。埼玉県内においては南部東寄りに位置するが、県内の区分では中央地域とされることが一般的である。
関東平野の中央部に位置するさいたま市には、山地・丘陵といえる地域は存在せず、全域が台地及び低地からなる。海抜が20mを超える地区はきわめて少ない。市の西境に荒川、東寄りに元荒川がそれぞれ北西から南東に流れており、これらに近い市の西側、南側、東側の3方を低地で囲まれる。一方、市の北西側から南東に向かって大宮台地(北足立台地)が伸びており、市の中央部を貫いている。この台地の中にも芝川、綾瀬川、鴻沼川などの中小河川周辺が流れており、台地に挟まれた細い谷底平野を形成している。これらの谷底平野の一部には、江戸時代に干拓される以前は見沼や鴻沼といった沼が存在していた。
気候はケッペンの気候区分に基づけば温暖湿潤気候 (Cfa) に属するが、本州の太平洋側に一般的に見られるように夏季に比べ冬季の降水量が少ない。冬季の降水量の少なさと最低気温の低さは、東京(大手町)や横浜市、千葉市といった近隣の沿岸部諸都市と比べ、より顕著である。アメダスのさいたま観測点(桜区大字宿)における平年値(1981年~2010年の観測結果による)は、年平均気温は14.8℃、年間平均降水量は1346.0mmである。
さいたま市の市域は、東西19.6km、南北19.9kmにわたり、面積は217.49km2である[3]。政令指定都市としては川崎市、堺市に次いで3番目に狭い一方、埼玉県内の市町村としては秩父市に次いで2番目に広い。
東京にほど近いさいたま市は、東京大都市圏における郊外住宅都市としての性質が強い一方、昭和63(1988)年に旧浦和市・大宮市が業務核都市に指定され、平成12(2000)年にさいたま新都心が街開きをして各中央官庁の地方支分部局が東京より移転してくるなど、郊外における一大業務地としての性質も強まりつつある。
交通面でも、東北新幹線と上越新幹線が分岐するほか、多くの在来線の路線も交錯しており、また東北自動車道、東京外環自動車道などの高速道路も通過する首都圏北側の交通の要衝といえる。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ