金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット長野店

金券ショップ アクセスチケット長野店 写真1金券ショップ アクセスチケット長野店 写真2

住所

〒380-0927
長野県長野市栗田北中1020-1 ステラビルA2F

JR長野駅 東口 徒歩1分

金券ショップ アクセスチケット長野店

営業時間

月~金 10:00~18:30
土・日・祝 定休日
12/29~1/3 休業

主な取扱商品

図書カード、図書券、ビール券、テレホンカード、おこめ券、クオカード、タクシー券、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、各種株主優待券、JR券、新幹線回数券、各種チケット、各種旅行券、航空券、お酒・ウィスキー券、お食事券、映画券、レジャー券、入浴券、その他ギフト券、収入印紙・切手

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、長野県長野市にあるアクセスチケット 長野店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(長野県 長野市)の豆知識

長野市

長野市(ながのし)は、長野県北部(北信地方)の都市で、同県の県庁所在地、中核市である。旧:上水内郡・更級郡・埴科郡・上高井郡。

概要

善光寺の門前町として有名である。門前町としてのみならず、周辺の観光地への前線としても重要な位置を占める。善光寺門前町を中心とする旧長野町などは上水内郡に属していたが、現在の市域はその外、旧更級郡、埴科郡、上高井郡にまたがる。
交通政策では「交通セル方式」の採用やコミュニティバス(ぐるりん号)の積極展開など特徴的な政策を持つ。
1998年の冬季オリンピック競技大会(長野オリンピック及び長野パラリンピック)の開催地である。

地理

隣接する自治体 [編集]※北の妙高市以外は、長野県。
北 - 上水内郡(かみみのちぐん) 信濃町(しなのまち)、飯綱町(いいづなまち)、新潟県妙高市(みょうこうし)
東 - 中野市(なかのし)、上高井郡(かみたかいぐん)小布施町(おぶせまち)、須坂市(すざかし)
南 - 上田市(うえだし)、千曲市(ちくまし)
南西 - 大町市、東筑摩郡(ひがしちくまぐん) 麻績村(おみむら)、筑北村(ちくほくむら)、生坂村(いくさかむら)
西 - 上水内郡小川村(おがわむら)
北西 - 北安曇郡白馬村(はくばむら)、小谷村(おたりむら)

気候

豪雪地帯は日本海側気候で冬季雪が多い。それ以外の地域は中央高地式気候。

歴史

市域は古代の信濃国水内(みぬち)郡、高井郡、埴科郡、更科郡にまたがる。
善光寺が現在の飯田市から移る(642年)。その後、門前町、北国街道の宿場町として栄える。
市原合戦の舞台。木曾義仲の旗揚げに近隣豪族が二派に分かれて若里(市村)付近で争った源平合戦の前哨戦。
横田河原の戦いの舞台。木曾義仲の旗揚げを鎮圧に越後から大軍を率いて乗込んだ城氏を篠ノ井横田で撃退した。
中先代の乱で北条氏の残党を奉ずる諏訪氏らに同調して富部氏(篠ノ井戸部)や四宮氏(篠ノ井四之宮)らが蜂起。
観応の擾乱に続く南北朝の争いが国人領主達を二分し、これらが守護や関東管領の命に従わず市内や近隣の各所を戦場とした。
大塔合戦の舞台。足利幕府から信濃守護を任命され善光寺に入った小笠原氏が篠ノ井大当で大文字一揆に破れて都へ逃げ帰った。
守護が漆田原の戦い(中御所)で討死。守護所を平芝(安茂里)に置いた小笠原氏が後継を巡る内紛から抗争していた。
武田信玄と上杉謙信が12年間に5たび争った川中島の合戦の舞台となる。
真田氏が徳川幕府の命により上田から海津城に移封となり松代藩として明治維新まで存続した。
戌の満水(千曲川大洪水)(1742年)、赤沼(旧・豊野町との境界付近)で水位6.4mを記録。
善光寺地震(1847年5月8日)により、死者約1万人(飯山などの被害も含めて)。
市制施行(1897年)
松代大本営の造成(1944年着工、1945年終戦により廃棄)。
第1次昭和の大合併(編入合併)(1954年)。
千曲川水害(1959年)により、死者・行方不明者71人、浸水家屋2万戸以上。
第2次昭和の大合併(新設合併)(1966年)。
松代群発地震
地附山地すべり災害(1985年)により死者26名、家屋全半壊60戸。
第18回オリンピック冬季競技大会、第7回パラリンピック冬季競技大会開催(1998年)。
中核市移行(1999年)
平成の大合併により上水内郡豊野町、戸隠村、鬼無里(きなさ)村、更級郡大岡村が編入(2005年)。
第8回スペシャルオリンピックス冬季世界大会開催(2005年)。
平成の大合併により上水内郡信州新町、中条村を編入(2010年)。

長野と善光寺

長野村という地名は、中世末期から見られるようである。

現在の長野市大字長野に上長野・下長野、また大字西長野に西長野・袖長野・中長野という小字が残されており、「長野」とは現在の信州大学教育学部付近から善光寺参道付近にかけての緩傾斜地を呼んだ地名だと思われる。
中世末から近世にかけての水内郡長野村は、おおよそ現在の長野市大字長野に相当する。1601年(慶長6年)に、同郡箱清水村、七瀬村、及び三輪村の一部(間もなく平柴村に変更)とともに善光寺領とされた。
箱清水村は、1875年(明治8年)に長野町と合併、七瀬村は1876年(明治9年)に鶴賀村の一部となり鶴賀町を経て長野町へ、三輪村は1889年(明治22年)に三輪村、平柴村は1889年に安茂里村を経て、いずれも現在は長野市に属する。
長野村のうち、善光寺南の参道は門前町として、また北国街道のルートとされたことから宿場町としても発展して市街地化(町場化)した。こうして市街地化した区域、および松代藩領でこれに隣接して同様に市街地化した妻科村(現長野市大字南長野)および権堂村(現長野市大字鶴賀の一部)のそれぞれ一部も含めて、町場全体の総称として善光寺町(または「善光寺宿」)という呼称が行われるようになった。その結果「長野村」とは、同村のうち町場の「善光寺町」および善光寺境内を除いた北西部の農村区域を指すものと理解されていた。
しかし、検地帳上の公的な村名は、善光寺町の区域も含めて「長野村」であり、そのまま明治維新後に至った。
すなわち、「善光寺町」とは本来「長野村」の一部であり、明治になってから「善光寺町」が「長野村」と改称されたわけでもなく、「善光寺町」が「長野村」の旧称であったわけでもない。

交通

鉄道

東日本旅客鉄道
長野新幹線(長野駅)
信越本線(篠ノ井駅、今井駅、川中島駅、安茂里駅、長野駅、北長野駅、三才駅、豊野駅)
篠ノ井線(稲荷山駅、篠ノ井駅)
飯山線(豊野駅、信濃浅野駅、立ヶ花駅)
しなの鉄道
しなの鉄道線(篠ノ井駅)
長野電鉄
長野線 (長野駅、市役所前駅、権堂駅、善光寺下駅、本郷駅、桐原駅、信濃吉田駅、朝陽駅、附属中学前駅、柳原駅)
屋代線 (岩野駅、象山口駅、松代駅、金井山駅、信濃川田駅、若穂駅、綿内駅)

路線バス
川中島バス
長電バス
ぐるりん号(市内循環、若里・更北ぐるりん号、東北ぐるりん号の3系統)
長野市営バス(合併前の自治体が営んでいた路線バスを吸収)

道路

高速自動車国道
上信越自動車道(長野IC、須坂長野東IC(※所在地は須坂市))
長野自動車道
一般国道

国道18号(長野バイパス、篠ノ井バイパス、長野東バイパス、アップルライン)
国道19号(長野南バイパス、県庁通り、昭和通り)
国道117号(カネボウ通り)
国道403号(谷街道)
国道406号(平林街道)
県道(一部)

県道31号長野大町線
県道34号長野菅平線
県道35号長野真田線
県道37号長野信濃線
県道58号長野須坂インター線
県道60号長野荒瀬原線
県道70号長野信州新線
県道76号長野戸隠線
県道77号長野上田線
県道86号戸隠篠ノ井線
県道12号丸子信州新線
県道29号中野豊野線
県道36号信濃信州新線
県道66号豊野南志賀公園線
県道401号小川長野線
県道452号古屋敷境ノ沢線
県道475号信州新中条線

有料道路
五輪大橋有料道路
白馬長野有料道路
その他主要道路

中央通り、長野大通り、ターミナル通り、東通り、若槻大通り、サンロード、戸隠バードライン、浅川ループライン、長野環状道路、北信五岳道路、南長野公園通り

道の駅

長野市大岡特産センター、信州新町、中条

教育

大学

四年制大学
信州大学(教育学部・工学部)
清泉女学院大学

短期大学
長野県短期大学
清泉女学院短期大学
長野女子短期大学
長野経済短期大学

高等専門学校
長野工業高等専門学校

高等学校
・県立:12校(普通科9校、職業科3校)
長野県の県立高校は、校名の前に「長野県立」ではなく「長野県」とつく。
長野県長野高等学校
長野県長野吉田高等学校
長野県長野西高等学校
長野県長野西高等学校中条校
長野県長野東高等学校
長野県長野工業高等学校
長野県長野商業高等学校
長野県長野南高等学校
長野県更級農業高等学校
長野県篠ノ井高等学校
長野県松代高等学校(普通科、商業科)
長野県犀峡高等学校
・市立:1校(職業科1校)
長野市立長野高等学校(普通科、生活科)
・私立:5校(普通科5校)
長野清泉女学院高等学校
長野女子高等学校
長野俊英高等学校
長野日本大学高等学校
文化女子大学附属長野高等学校

中学校
長野市立柳町中学校(やなぎまち)
長野市立櫻ヶ岡中学校(さくらがおか)
長野市立東部中学校(とうぶ)
長野市立西部中学校(せいぶ)
長野市立北部中学校(ほくぶ)
長野市立三陽中学校(さんよう)
長野市立裾花中学校(すそばな)
長野市立東北中学校(とうほく)
長野市立犀陵中学校(さいりょう)
長野市立若穂中学校(わかほ)
長野市立川中島中学校(かわなかじま)
長野市立広徳中学校(こうとく)
長野市立更北中学校(こうほく)
長野市立篠ノ井西中学校(しののいにし)
長野市立篠ノ井東中学校(しののいひがし)
長野市立松代中学校(まつしろ)
長野市立芋井中学校(いもい)
長野市立七二会中学校(なにあい)
長野市立豊野中学校(とよの)
長野市立戸隠中学校(とがくし)
長野市立鬼無里中学校(きなさ)
長野市立大岡中学校(おおおか)
長野市立信州新町中学校(しんしゅうしんまち)
長野市立中条中学校(なかじょう)
信州大学教育学部附属長野中学校
長野日本大学中学校
いいづな学園フリースクールグリーン・ヒルズ中学部
長野清泉女学院中学校

小学校
長野市立城山小学校(じょうやま)
長野市立城東小学校(じょうとう)
長野市立後町小学校(ごちょう)
長野市立鍋屋田小学校(なべやた)
長野市立加茂小学校(かも)
長野市立山王小学校(さんのう)
長野市立芹田小学校(せりた)
長野市立古牧小学校(こまき)
長野市立三輪小学校(みわ)
長野市立緑ヶ丘小学校(みどりがおか)
長野市立三本柳小学校(さんぼんやなぎ)
長野市立吉田小学校(よしだ)
長野市立裾花小学校(すそばな)
長野市立湯谷小学校(ゆや)
長野市立南部小学校(なんぶ)
長野市立大豆島小学校(まめじま)
長野市立朝陽小学校(あさひ)
長野市立長沼小学校(ながぬま)
長野市立古里小学校(ふるさと)
長野市立若槻小学校(わかつき)
長野市立徳間小学校(とくま)
長野市立浅川小学校(あさかわ)
長野市立芋井小学校(いもい)
長野市立柳原小学校(やなぎはら)
長野市立安茂里小学校(あもり)
長野市立松ヶ丘小学校(まつがおか)
長野市立通明小学校(つうめい)
長野市立篠ノ井東小学校(しののいひがし)
長野市立篠ノ井西小学校(しののいにし)
長野市立共和小学校(きょうわ)
長野市立信里小学校(のぶさと)
長野市立塩崎小学校(しおざき)
長野市立松代小学校(まつしろ)
長野市立清野小学校(きよの)
長野市立西条小学校(にしじょう)
長野市立豊栄小学校(とよさか)
長野市立東条小学校(ひがしじょう)[1]
長野市立寺尾小学校(てらお)
長野市立綿内小学校(わたうち)
長野市立川田小学校(かわだ)
長野市立保科小学校(ほしな)
長野市立昭和小学校(しょうわ)
長野市立川中島小学校(かわなかじま)
長野市立青木島小学校(あおきじま)
長野市立下氷鉋小学校(しもひがの)
長野市立真島小学校(ましま)
長野市立七二会小学校(なにあい)
長野市立信田小学校(のぶた)
長野市立更府小学校(こうふ)
長野市立豊野西小学校(とよのにし)
長野市立豊野東小学校(とよのひがし)
長野市立戸隠小学校(とがくし)
長野市立鬼無里小学校(きなさ)
長野市立大岡小学校(おおおか)
長野市立信州新町小学校(しんしゅうしんまち)
長野市立中条小学校(なかじょう)
信州大学教育学部附属長野小学校
いいづな学園グリーン・ヒルズ小学校

特別支援学校
長野県長野養護学校
長野県若槻養護学校
信州大学教育学部附属特別支援学校
長野聾学校


医療機関

長野市民病院
長野赤十字病院
独立行政法人国立病院機構東長野病院
篠ノ井総合病院
長野松代総合病院
NTT東日本長野病院

名所・旧跡・施設

寺院・神社
善光寺善光寺
西光寺
長谷寺
戸隠神社
武富佐神社

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ