金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット甲府店

金券ショップ アクセスチケット甲府店 写真1金券ショップ アクセスチケット甲府店 写真2

住所

〒400-0031
山梨県甲府市丸の内1-2-12

JR甲府駅 南口 徒歩1分

金券ショップ アクセスチケット甲府店

営業時間

10:00~19:00
12/30 10:00~13:00
12/31~1/2 休業

主な取扱商品

図書カード、図書券、ビール券、テレホンカード、おこめ券、クオカード、タクシー券、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、各種株主優待券、JR券、新幹線回数券、各種チケット、各種旅行券、航空券、お酒・ウィスキー券、お食事券、映画券、レジャー券、入浴券、その他ギフト券、収入印紙・切手

・ヴァンフォーレ甲府
・オギノ商品券
・武蔵野株主優待券
・富士急ハイランド
・富士急行株主優待券

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

周辺施設

・すし
京樽
・牛丼
吉野家
・カラオケ
→メロディー
・ファーストフード
マクドナルド

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、山梨県甲府市にあるアクセスチケット 甲府店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(山梨県 甲府市)の豆知識

丸の内 (甲府市)

山梨県甲府市の丸の内(まるのうち)は山梨県甲府市の地名であり、一丁目から三丁目まである。

目次

1 概要
1.1 オリオン通り
2 歴史
3 施設・建物
3.1 一丁目
3.2 二丁目
3.3 三丁目

概要

北側にある甲府駅から南側へ平和通りが通っており、通りの北東側に一丁目、北西側が二丁目、南西側が三丁目となっている。

一丁目には甲府城や甲府駅をはじめ山梨県庁や甲府市役所などの庁舎をはじめ岡島百貨店山交百貨店などの大型店舗を中心とした商店街、山梨中央銀行やみずほ銀行甲府支店などの金融機関、また、いくつかのビジネスホテルがあるなど、平和通りから東西に通る城東通りを挟んで南側に位置する中央一丁目と並び名実共に甲府市の中心部となっている。

二丁目は平和通り沿いに甲府信用金庫本店をはじめとするオフィスビルが建ち並んでおり、路地裏に山梨県立図書館を中心にマンションが建ち並んでいる。三丁目は東に隣接する中央地区や南に隣接する相生地区とあわせて保険会社のビルが建ち並び、路地裏は二丁目同様住宅地である。

オリオン通り

オリオン通り(オリオンどおり)は東京電力山梨支店から岡島百貨店と山梨中央銀行本店の間まで南北100メートルにわたり伸びる商店街である。

元々は甲府地方検察庁の検事正宿舎があったところで、戦後に商店街として開発された。1956年(昭和31年)に葦張りのアーケードが完成し、1961年(昭和36年)に鉄骨造のものに架け替えられ現在に至っている。このアーケードは通り全体を覆っており、雨に濡れずに往来することができる。

またスーパーマーケットの「オギノ」と洋菓子チェーンの「シャトレーゼ」発祥の地であり、「オギノ」はパセオとして2007年(平成19年)まで営業を続け、現在は複合ビル「ココリ」が建設中である。「シャトレーゼ」は合併などにより同所を離れていたが、2009年(平成21年)10月にレストランを併設した直営店を開業した。

歴史

1593年(文禄2年)‐浅野長政、浅野幸長らにより甲府城築城。
1873年(明治6年)‐甲府城廃城。
1903年(明治36年)‐中央本線続伸により甲府駅開業。
1930年(昭和5年)‐山梨県庁舎が一丁目(現在地)に移転。
1932年(昭和7年)‐山梨交通電車線が現在の山交百貨店付近より増穂町(現在の南巨摩郡富士川町)まで開通。
1945年(昭和20年)‐甲府市役所が一丁目(現在地)に移転。
1962年(昭和37年)‐山梨交通電車線廃止。
1964年(昭和39年)‐住居表示の実施により、それまでの紅梅町、錦町から現地名に変更。
1985年(昭和60年)‐かいじ国体に併せ甲府駅舎などが整備される。
1998年(平成10年)‐甲府西武閉店。

施設・建物

山梨県庁舎本館
甲府駅ビルエクラン
岡島百貨店
山交百貨店

一丁目

甲府城
甲府駅(エクラン、甲府駅バスターミナルなど)
山梨県庁
甲府市役所(建て替え中。新庁舎竣工まで相生地区に仮本庁舎を設置)
山梨県警察本部
岡島百貨店
山交百貨店
山梨中央銀行本店
みずほ銀行甲府支店
山梨県民会館
山梨県民情報プラザ(旧甲府西武)
山梨労働局
甲府税務署
東横イン甲府鶴舞城公園
甲府地区広域行政事務組合中央消防署

二丁目

山梨県立図書館
甲府市立舞鶴小学校
甲府信用金庫本店
三井住友銀行甲府支店
りそな銀行甲府支店
甲府駅前郵便局
東横イン甲府駅前

三丁目

山梨農政事務所
NTTドコモ山梨支店
ニッセイ甲府ビル
ジブラルタ生命保険甲府ビル

利用可能な鉄道路線

東日本旅客鉄道(JR東日本)
中央本線
東海旅客鉄道(JR東海)
身延線

駅周辺

南口

南口駅前広場(2005年11月)

駅南口にはかつての山梨交通電車線の甲府駅前駅があった場所に建つ山交百貨店や武田信玄の銅像を左右に見る駅前広場があり、バス・タクシーの発着場になっている。また、この広場から南に伸びる大通りは「平和通り」と呼ばれ、商業ビルや金融機関などが軒を連ねている。

改築前は南口駅前広場中央部に武田信玄公像[3]とともに宝石をあしらったモニュメントがあった。当時、武田信玄公像は南向き、すなわち平和通りを真直ぐに見、甲府市の繁華街を見下ろす形で立っていた。下車してきた観光客に尻を向けるのもどうかという意見があり、駅舎改築時に駅前広場の若干西側(竜王側)に移され、交番とともに睨みを効かせている。駅前開発を行う際にこの信玄像は何度か移転している。

駅前

駅ビル(エクラン)
甲府駅バスターミナル
甲府運輸区(エクランの東側)

史跡・観光名所

甲府城(舞鶴城公園)
甲府市遊亀公園・附属動物園

役所・公共機関

山梨県庁舎
甲府市役所
山梨県民会館
甲府地方裁判所
日本銀行甲府支店
甲府警察署
山梨県立図書館
山梨県立県民文化ホール

郵便局・金融機関

甲府駅前郵便局
甲府中央郵便局(バスで15分ほどかかる)
日本郵便甲府支店
ゆうちょ銀行甲府店
山梨中央銀行本店
みずほ銀行甲府支店
三井住友銀行甲府支店
りそな銀行甲府支店
東京スター銀行甲府支店
甲府信用金庫本店
山梨県民信用組合本店

大型商業・宿泊施設

岡島百貨店
山交百貨店
ココリ(建設中)
東横イン甲府駅前
東横イン甲府舞鶴城公園
ドーミーイン甲府
甲府ワシントンホテルプラザ

北口

2010年6月現在北口および広場・ロータリーは閉鎖されており、かわりに既存の北口のやや南側に仮北口および仮広場が設置・供用されている。仮北口は新たにエレベーターが設置され、バリアフリーに配慮した設計となっている[4]。仮広場のロータリーは実質タクシー乗り場となっており、バスは乗り入れない。バスを利用する場合は仮北口からやや北へ離れたバス通り沿いへ向かう必要があるが、工事中のため歩道が狭い部分がある。

2009年の完成を目指して改修工事が進められていたが2010年になった現在でも完成はしていない。この工事で新たにペデストリアンデッキが設置され、山の手通りを渡るために一度降りて再び歩道橋を渡るか横断歩道を渡るという手間が省けるようになる。またこのデッキは移転・建設予定の合同庁舎やNHK甲府放送局、山梨県立図書館などの再開発施設に直結する予定である。同時にデッキ下部のロータリーやイベント広場なども改修され、エレベーターやエスカレーターで結ばれる予定である。

建設中の甲府駅北口(2010年7月) 仮北口および仮広場(2008年5月)

史跡・観光名所

歴史公園(甲府城山手御門)
武田神社
愛宕山こどもの国

役所・公共機関・郵便局

中央消防署
山梨県立科学館
緑が丘スポーツ公園
独立行政法人国立病院機構甲府病院
甲府北口二郵便局

教育機関

山梨大学甲府キャンパス
山梨県立宝石美術専門学校(2010年頃南口へ移転予定)
山梨県立甲府第一高等学校
山梨県立甲府工業高等学校
駿台甲府高等学校塩部校舎
山梨英和中学校・高等学校

その他施設

山梨文化会館(山梨放送・山梨日日新聞が入居)
セインツ.25

歴史

1903年(明治36年)
6月11日 - 官設鉄道が初鹿野駅から延伸、その終着駅として開業。一般駅。
12月15日 - 官設鉄道が韮崎駅まで延伸。
1909年(明治42年)10月12日 - 中央本線所属となる。
1928年(昭和3年)3月30日 - 富士身延鉄道線が市川大門駅から延伸、当駅に乗り入れ。
1932年(昭和7年)12月27日 - 駅前に山梨電気鉄道線が乗り入れ。
1941年(昭和16年)5月1日 - 富士身延鉄道が国有化、鉄道省身延線となる。
1962年(昭和37年)7月1日 - 山梨交通電車線が廃止。
1984年(昭和59年)2月1日 - 貨物の取扱を廃止(旅客駅となる)。
1985年(昭和60年)10月6日 - 1986年に開催された国民体育大会にあわせ、新駅舎の供用を開始。
1986年(昭和61年)11月1日 - 荷物の取扱を廃止。
1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、中央本線はJR東日本、身延線はJR東海に継承され、JR東日本とJR東海の境界駅となる。
2004年(平成16年)10月16日 - 東京近郊区間の拡大に伴い、自動改札機を9台8通路導入、Suicaの利用が可能となる。
2007年(平成19年)6月25日 - 仮北口および仮設ロータリーの供用を開始。同時に北口ロータリーを閉鎖(既存の北口は引き続き供用)。
2008年(平成20年)7月14日 - 改修工事のため既存の北口を閉鎖。
2010年(平成22年)
7月15日 - バリアフリー化の一環として6番線ホームを4番線ホームに変更。
8月4日 - ペデストリアンデッキが設置された新北口の供用を開始予定。

隣の駅

※特急「スーパーあずさ」・「あずさ」・「かいじ」・「はまかいじ」・「ふじかわ」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東日本旅客鉄道
中央本線
酒折駅 - 甲府駅 - 竜王駅

東海旅客鉄道
身延線
金手駅 - 甲府駅

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ