金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット池袋西口店

池袋西口バナー
金券ショップ アクセスチケット池袋西口店 写真1金券ショップ アクセスチケット池袋西口店 写真2

住所

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-15-2
東武会館別館1F

JR 池袋駅西口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 4番出口 徒歩2分
東京メトロ 副都心線 C8出口 徒歩4分

金券ショップ アクセスチケット池袋西口店 地図

営業時間

※7/16(土)はメンテナンス休業いたします
10:30~18:30
水曜 定休日
10/19は13:00まで営業、10/20は休業いたします
12/30~1/2 休業

主な取扱商品

宝くじ、ナンバーズ、ロト(LOTO)、クオカード、図書カード、テレカ(テレホンカード)、ビール券、お米券、各種スーパー商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、ANA・JAL株主優待券、各種株主優待券、JTB旅行券、航空券、映画券、ジェフグルメカード、各種お食事券、信販ギフト券、レジャー券、入浴券、各種切手、各種はがき、収入印紙、レターパック

・ビックカメラ 商品券
・東武百貨店 商品券
・西武百貨店 商品券
・西武ドーム内野指定券
・西武園ゆうえんち
・としまえん
・サンシャイン水族館
・シネ・リーブル池袋
・都内共通入浴券
・スパ ラクーア入館券

○各種きっぷ
・新幹線回数券
・JR山手線
・東京メトロ回数券:170、200、240円区間
・京急(品川-羽田空港)
・東京モノレール
・京成スカイライナー
・その他私鉄株主優待券

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券、宝くじなど、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、豊島区にあるアクセスチケット 池袋西口店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ



町(東京都 豊島区)の豆知識

池袋

池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心。
または東京都豊島区に属する区画の一つ。また豊島区における住所上の地名のひとつにもなっている。



概要

池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在する。
池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。
西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がある。
池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道などの道路が集まる。
駅から少し離れると、立教大学(西池袋)、帝京平成大学(東池袋)、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。
駅や街の至る所にある「いけふくろう」像は、「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"フクロウ"を掛け合わせて考え出されたものである。特に、東口のものはJR発足時に設置されたものである。
池袋を「ブクロ」と略し呼称されることがある。また中国では「中国城」と呼ばれることがある。



地名の由来

現在の池袋駅西口のホテルメトロポリタン一帯(西池袋1丁目)に存在していた袋型の池が袋池(丸池)と呼ばれており、それが 地名の直接の由来となったとされている。
なお、丸池は縮小されたものの、ホテルメトロポリタン北側に空池(からいけ)の状態で残っていたが、現在は完全に埋め立てられ、地名由来とされる池を偲んで隣接地に元池袋史跡公園が開設された。



歴史

古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、戦国時代の古文書である『小田原衆所領役帳』(永禄2年・1559年)には「太田新六郎 知行 三貫五百文 池袋」とあることから、中世にはすでに近隣の地名(長崎・雑司ヶ谷・巣鴨・高田など)とともに確立していたと考えられる。
明治に入り、1889年の町村制施行で、巣鴨村の大字となる。
しかし、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯であった。
ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業である。上野駅~前橋駅間に鉄道を開業させていた私鉄の日本鉄道が、1885年に官営鉄道(新橋駅~横浜駅)との接続を目的に、現在赤羽線・山手線(埼京線)となっている赤羽駅~品川駅間の路線を開業させた。だが、この時には池袋の地に駅は設けられなかった。
その後、1903年に田端駅への支線を建設することになった。この時、当初は目白駅での分岐が想定されていたが、地形の問題で池袋を分岐点にすることになり、池袋駅の開設に至ったのである。
だが、駅の外に畑が広がっているという状況はなかなか変わらなかった。 大正から昭和にかけ、東上鉄道(今の東武東上本線)や武蔵野鉄道(今の西武池袋線)なども池袋へ乗り入れるが、これらはどちらも当初繁華街とはいえなかった池袋は起点とせず、当時の繁華街であった神田・巣鴨(市電が1912年には乗り入れていた)への乗り入れを前提としていた。その過程において池袋は仮のターミナル駅として開設されたが、その後の事情でどちらも都心への延伸を断念し、結果として池袋起点となったものであった。
この頃は、巣鴨のほかに、白木屋があり王子電気軌道(今の都電荒川線、1911年に開業)と山手線が交差していた大塚駅辺りが繁華街であって、池袋は師範学校や立教大学など、学校が置かれたことから文教地区となっていった。
1933年に白木屋と京浜急行電鉄が共同で設立した京浜百貨店が1930年代に菊屋デパートの名で池袋駅に開店。そして東京市電(1943年に東京都電となる)が1939年に池袋駅前に乗り入れ、この頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになる。菊屋は1940年に武蔵野鉄道(現西武鉄道)に買収され、武蔵野食糧を開設。武蔵野デパートを経て1949年に西武百貨店と改称した。
また東武百貨店が1962年に本店を開店して1964年に東横百貨店池袋店を買収し、1958年に開店した東京丸物池袋店は1968年に西武百貨店に買収されパルコになった。
現在池袋と名の付く地区の大半は、一時期西巣鴨町に属していた。西巣鴨橋という橋が東池袋二丁目に現存する。サンシャインシティは巣鴨拘置所の跡地に立てられたものである。



主な施設

池袋東口

・池袋PARCO、P'PARCO
・ビックカメラ 池袋本店、池袋本店パソコン館
・ソフマップ池袋本店パソコン館、池袋東口カメラ館(グリーン大通り)
・ヤマダ電機 LABI1日本総本店池袋、LABI1池袋モバイルドリーム館
・ユニクロ池袋東口店
・ジーユー池袋東口店
・新文芸座
・豊島区役所
・豊島公会堂
・池袋保健所
・豊島区区民センター(コア・いけぶくろ)
・豊島区生活産業プラザ
・中池袋公園
・ヒューマックスパビリオン 東池袋店、南池袋店、池袋サンシャイン60通り店 池袋HUMAXシネマズ
・ABCマート池袋店・池袋サンシャイン60通り店・池袋ANNEX店
・ピカソ池袋東口店
・東急ハンズ 池袋店
・池袋病院
・サンシャインシティ サンシャイン60
・サンシャイン60展望台、スカイデッキ
・サンシャイン水族館
・サンシャインシティプリンスホテル
・alpa サンシャイン60内郵便局
・ワールドインポートマートビル ナムコ・ナンジャタウン
・コニカミノルタプラネタリウム満天 in Sunshine City
・サンシャインシティ・アルタ
・東京都旅券課 池袋分室(パスポート申請・受理)
・文化会館 サンシャイン劇場
・古代オリエント博物館
・東池袋中央公園
・東池袋出入口(首都高速5号池袋線)
・西友 サンシャイン店
・豊島郵便局 ゆうちょ銀行 豊島店
・池袋駅前郵便局(豊島区役所向かい)
・池袋サンシャイン通郵便局
・みずほ銀行池袋支店
・三菱東京UFJ銀行池袋支店
・東京信用金庫本店
・第四銀行池袋支店
・乙女ロード
・東池袋駅 - 有楽町線
・東池袋四丁目停留場 - 都電荒川線
・帝京平成大学(池袋キャンパス)
・豊島岡女子学園中学校・高等学校
・西武池袋本店
・池袋ロフト
・無印良品 池袋西武店
・池袋西武簡易郵便局
・アンティ・アンズ 池袋東口店
・ドン・キホーテ 池袋東口駅前店
・池袋ショッピングパーク (ISP)
・びゅうプラザ池袋駅東口
・池袋グリーン通郵便局
・三菱東京UFJ銀行 池袋東口支店
・三井住友銀行 池袋東口支店
・りそな銀行 池袋支店
・淑徳大学(池袋サテライトキャンパス)
・東京音楽大学
・南池袋公園(2015年(予定)まで工事中)
・西武高速バス池袋チケットセンター
・明治通り(東口駅前を南北に走っている)

池袋西口

・東武百貨店 本店
・旭屋書店 池袋店
・東武ホープセンター
・東武鉄道東上業務部
・エソラ池袋
・ロサ会館(アミューズメントセンター)、シネマ・ロサ(映画館)、LIVE INN ROSA(ライブハウス)
・びゅうプラザ池袋駅(池袋駅構内、みどりの窓口と一体化)
・マルイシティ池袋
・キュラーズ北池袋店
・ビックカメラ 池袋西口店
・ホテルクラウンプラザ・メトロポリタン東京
・エースコック東京支店
・西池袋郵便局
・みずほ銀行 池袋西口支店
・三菱東京UFJ銀行 おはよう池袋西口支店(劇場通り)
・三井住友銀行 池袋支店(西口五差路正面)
・大光銀行東京支店
・東京都道441号池袋谷原線(要町通り)
・池袋西口公園 - 通称・池袋ウエストゲートパーク、作家・石田衣良の同名小説が原作となり、TBSでドラマ『池袋ウエストゲートパーク』が放送された。
・西池袋公園
・びっくりガード - 北側にある池袋大橋と並び駅の東西を結ぶ。歩道も整備。
・東京芸術劇場
・学校法人立教学院 立教大学、立教小学校、立教池袋中学校、立教池袋高等学校
・立教学院内郵便局
・警視庁池袋警察署
・東京消防庁第五消防方面本部 池袋消防署
・池袋防災館
・東京都水道局 豊島営業所
・東京都主税局 豊島都税事務所
・豊島区立勤労福祉会館 豊島区立郷土資料館
・豊島区区民ひろば西池袋
・豊島区男女平等推進センター
・池袋演芸場
・自由学園明日館・講堂(フランク・ロイド・ライト、遠藤新設計の国重要文化財)
・江戸川乱歩居宅

池袋南口・メトロポリタン口

・びっくりガード
・リブロブックス 池袋本店(池袋西武イルムス館)
・ジュンク堂書店 池袋本店
・アディダスパフォーマンスセンター 池袋店
・ビームスストリート
・マツモトキヨシ 南池袋店
・メトロポリタンプラザビル
・ルミネ池袋店
・ルミネ池袋内郵便局
・シティバンク 池袋支店
・シネ・リーブル池袋(映画館)
・南池袋郵便局
・日本年金機構 池袋年金事務所
・代々木ゼミナール 池袋校
・農民運動全国連合会
・全国FC加盟店協会

池袋北口

・知音本店(大手中華物販店)
・池袋陽光城(中華食材店、インターネットルームなど)
・東横イン池袋北口1、池袋北口2
・池袋郵便局
・池袋大橋(自動車専用跨線橋))
・ 池袋人道パークブリッジ(歩行者専用跨線橋)
・雑司が谷隧道 - 通称「WE ROAD」または「ウイ・ロード」、東西池袋をつなぐ連絡通路
・豊島清掃工場 - 池袋マンモスプール跡地
・健康プラザとしま 豊島区池袋スポーツセンター
・豊島健康診査センター
・豊島区上池袋コミュニティセンター
・長汐病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/5/7現在 Copyleft(c)



金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ