金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット橋本店

金券ショップ アクセスチケット橋本店 写真1金券ショップ アクセスチケット橋本店 写真2

住所

〒252-0143
神奈川県相模原市緑区橋本2-3
京王線 橋本駅 徒歩1秒

橋本店 地図

営業時間

9:00~19:00

12/30~1/2 休業

主な取扱商品

全国百貨店共通商品券、信販ギフトカード、ビール券、おこめ券、ジェフグルメ、マクドナルド(バーガー券、ポテト券、ドリンク券)、各種商品券、モスフード株主優待券、松屋株主優待券、吉野家株主優待券、ゼンショー株主優待券、リンガーハット食事券、王将、大庄、ワタミ、第一興商株主優待券、シダックス株主優待券、ルネサンス株主優待券、各種株主優待券、イオンシネマ、TOHOシネマズ、新江ノ島水族館、こどもの国、ズーラシアペア券、八景島シーパラダイス、TDR、東武ワールドスクエア割引券、極楽湯、JR東日本株主優待券、JAL・ANA株主優待券、図書カード、クオカード、テレカ(テレホンカード)、ハガキ、普通切手、記念切手、収入印紙

・セブン&i商品券
・イオン商品券、割引券
・京王ギフト
・京王ストア割引券
・ダイエー商品券
・コーナン商品券
・ヤオコー商品券、割引券
・いなげや割引券
・サイクルベースあさひ株主優待券
・MOVIX鑑賞券
・東京サマーランドペア券
・サンリオピューロランド
・プレジャーフォレスト
・よみうりランド入場券
・よみうりランドとくとく冊子
・湯楽の里
・多摩上野動物園

○各種きっぷ
・新幹線回数券
・JR回数券
・京王電鉄株主優待券
・東急回数券
・小田急回数券
・東京メトロ回数券

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、神奈川県相模原市緑区にあるアクセスチケット 橋本店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

町(神奈川県 相模原市 緑区)の豆知識

橋本 (相模原市)

橋本(はしもと)は、神奈川県相模原市緑区東部にある地名。同市の町名ならびに地区名として、また漠然とながら周辺地域の呼称として用いられている。

  • 目次
  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 橋本地域
  • 4 地区名としての橋本
  • 5 現状
  • 6 主な施設

概要

相模原市中部(旧市域北部)にある相模原市の都市核に認定された地区である。神奈川県の北の入り口と位置づけられ、県や市、民間が主体となった再開発が進む。

橋本駅の北口付近には超高層マンションが立ち並び、現在も建設ラッシュが続く。駅の西、かつての国鉄車輌センター跡地にも、超高層マンションやハイテクパーク・大型ショッピングセンターが完成。駅北方は以前からの住宅街が広がる。橋本駅を核とした市街地域や住宅地域は、北部へ境川を越えて西部に拠点の無い東京都町田市まで広がっている。駅の南西部は、比較的新しい住宅地が津久井方面へ市境を超えて広がっている。かつての大山街道である旧国道16号沿には宿場町のイメージが残る。神奈川県立相原高等学校の南には工場地帯が広がる。南口南東部の大工場地帯は、橋本駅付近が首都圏都市再生特別法に指定されたことを受けて、更なる人口や商業の集中が加速する。また、中心市街地法で相模原市の第一の都市核として認定されている。

周辺には大学が多いこともあり、学生の街としても賑わっている。

毎年8月には七夕祭が、11月にはあんどん祭が行われ、人出で賑わう。

沿革

相模国高座郡に属し、元は相原村の一部であった。橋本の地名は、八王子・川越方面と厚木・小田原方面とを結ぶ中世以来の主要街道(八王子街道または大山街道、国道16号旧道)が境川を渡る地点に架けられた両国橋に由来する、とされている。橋の南側に橋本宿が形成され、宿を中心に橋本村として江戸時代初めに相原村から分立した。江戸時代には旗本支配地となり、明治政府成立後の1868年(慶応4年・明治元年)6月(旧暦)に神奈川府(間もなく神奈川県)の所属となった。

1889年(明治22年)4月1日、町村制(市町村制)施行のためのいわゆる明治の大合併によって、隣接する相原村、小山村、清兵衛新田と合併して高座郡相原村の一部となり、旧橋本村の区域をもって大字橋本が編成された。合併以前の旧相原村(大字相原)は村域内の西部に位置するが、村役場や小学校などはいずれも橋本に置かれ、1908年(明治41年)に橋本駅が開設されたこともあって橋本が相原村の中心集落の地位を占め続けた。高座郡相原村は1941年(昭和16年)4月29日に上溝町など高座郡北部の2町5村と合併して高座郡相模原町となり、1954年(昭和29年)11月20日に市制を施行して相模原市となった。

大字橋本の区域では1966年(昭和41年)以降、住居表示による新町名が編成され、1990年(平成2年)に最後まで残った区域が「橋本台1縲鰀3丁目」の一部となって大字橋本は消滅した。現在の橋本1縲鰀2・5縲鰀8丁目、南橋本2・3丁目、大山町、元橋本町、西橋本1縲鰀5丁目、橋本台1縲鰀3丁目の範囲がおおよそ元の大字橋本に相当する。一方、現在の橋本3・4丁目は元は大字小山に属していた。

橋本地域

相模原市では橋本出張所を設け、旧津久井郡4町との合併以前の旧市域北西部にあたる以下の区域をその管轄としていた。

相原1~6丁目、大字相原、大山町、大字下九沢の一部、西橋本1~5丁目、二本松1~4丁目、橋本1~8丁目、橋本台1~4丁目、東橋本1~4丁目、元橋本町

いずれの区域も「緑区」に属する。現在は緑区役所として業務を継承している。

地区名としての橋本

前述の通り、橋本は1889年の合併以降は「相原村」の大字名となった。橋本駅南側の至近に位置する県立高校が神奈川県立相原高等学校と称するのは、この学校の開設当時に相原村に属していたからである(ただし、1922年の開設当初の校名は神奈川県立農蚕学校。1930年に神奈川県立相原農蚕学校と改称し、神奈川県立相原農蚕高等学校を経て1954年に現校名となる)。

しかし、相原村によって橋本に開設された小学校は旭小学校と称した。相模原町となってから開設された青年学校や(新制)中学校も同様に旭青年学校(1943年開設)、旭中学校(1947年開設)と称している。また、旧相原村の区域で組織された農業協同組合も旭農業協同組合(現相模原市農業協同組合[JA相模原市]旭支店)を称しており、この区域について「相原」または「橋本」に代えて「旭」という呼称が好まれることもあった。

1941年の合併後、相模原町および相模原市は、合併以前の旧町村にそれぞれ出先機関を設置したが、旧相原村については「橋本」の呼称を用い、現在の橋本出張所に続いている。市の行政上も、本庁直轄となっている小山・清兵衛新田(清新)地区を除いた旧相原村の区域を橋本地区などと呼ぶことが多い。現在では「橋本」が旧相原村の大部分の区域を指す地区名であり、「相原」はその中の小区域の呼称と認知されているようである。

現状

橋本は、旧相原村の行政中心としてだけでなく、周辺地域からのバス路線が橋本駅に集まったこともあって、神奈川県北部の交通の結節点として発展した。特に旧津久井郡南部の城山町(現、相模原市城山町)や津久井町(現、相模原市津久井町)は、バス交通を介して橋本と強く結びついている。また、相模原市旧市域北西部の大沢地区や田名地区、上溝地区、さらには隣接する東京都町田市北西部(堺・小山地区)や八王子市の一部にもその影響は及ぶ。

1990年に京王電鉄相模原線が乗り入れ、東京23区、特に新宿に直結したことによって交通結節点としての重要性をさらに増した。1990年代末以降、駅北口の再開発や工場跡地などへの高層マンション建設によって商業や人口の集積が進みつつあり、相模原市旧市域北部の拠点として成長を続けている。

主な施設

橋本神明大神宮
JR横浜線・相模線、京王電鉄相模原線橋本駅
JR横浜線相原駅
JR相模線南橋本駅
国道16号(東京環状)
橋本五差路(橋本高架橋) - 国道129号との交点
橋本陸橋 - JR横浜線との立体交差
八王子バイパス
国道129号
国道413号
職業能力開発総合大学校
神奈川県立橋本高等学校
神奈川県立相原高等学校
相模原北警察署
ミウィ橋本
相模原市立橋本図書館(ミウィ橋本6階)
橋本サティ(旧ビブレ橋本)
シティ・プラザはしもと(橋本サティ6階)
相模原市緑区役所(旧橋本出張所、シティ・プラザはしもと内)
橋本郵便局
橋本本町郵便局
橋本神明大神宮
橋本天満宮
大鷲神社

利用可能な鉄道路線

東日本旅客鉄道(JR東日本)
 横浜線、相模線(当駅が終点であるが、朝夕の一部列車が八王子駅まで乗り入れ)

京王電鉄
 相模原線

駅周辺

神奈川県の北の入り口と位置づけられ、県や市、民間が主体となった再開発が進む。

駅の北口付近には超高層マンションが立ち並び、建設ラッシュが続く。駅の西、かつての国鉄車両センター跡地にも超高層マンションやハイテクパーク・コーナン・橋本郵便局・相模原北警察署が完成。駅北方は以前からの住宅街である。当駅を核とした市街地域や住宅地域は、北部へ境川を越えて西部に拠点のない町田市まで広がっている。駅の南西部は、比較的新しく開発された住宅地が津久井方面へ広がっている。かつての大山街道である旧国道16号線沿いには宿場町のイメージが残る。相原高校の南には工場地帯が広がる。南口南東部の大工場地帯は、当駅付近が首都圏都市再生特別法に指定されたことを受けて超高層マンションや大型ショッピングセンター、電機メーカー研究所、接着剤メーカーなどが進出、または進出する予定である。また、中心市街地活性化法では相模原市の第一の都市核として認定されている。

リニア中央新幹線誘致

東京都 - 大阪市の間をほぼ直線で結んだ建設ルートが予定されるリニア中央新幹線は、経由地神奈川県・相模原市付近を通過することが想定されており、橋本駅が建設候補地となっている。橋本駅は、県の「北のゲート」としての構想から、相模線の複線化、相模線倉見駅への東海道新幹線の新駅設置とともに検討が行われている。また松沢成文神奈川県知事はアクセスのよい橋本駅への設置が望ましいとの考えを示した。 なお橋本駅以外にも、在日米軍相模総合補給廠の返還が予定される相模原駅などは、小田急電鉄多摩線の延伸とともにリニア中央新幹線の誘致も求める声がある。ただし相模原駅となると米軍補給廠の真下を横断することとなり、安全保障上の観点から米軍の同意を取り付けることは非現実的であるという見方もある。

北口

北口には再開発の際にペデストリアンデッキが設けられ、その下はバスターミナル・タクシー乗り場になっている。このペデストリアンデッキから直接「ミウィ」、「サティ」橋本店(2002年10月26日「ビブレ」から改称)および、飲食店等の入ったビル「味の食彩館はしもと」に行くことが出来る。

橋本駅北口再開発ビル
サティ橋本店 - 計画当初は「橋本そごう」が出店予定であったが、1997年にそごうの経営悪化を理由に断念し、ビル自体の規模を縮小の上でビブレが出店した。
その他、緑区役所等の公共施設が入る。
ミウィ橋本
相模原市橋本図書館
杜のホールはしもと
横浜銀行橋本支店
みずほ銀行橋本支店
三菱東京UFJ銀行橋本支店
りそな銀行橋本支店
八千代銀行橋本支店
SING橋本
スーパーアルプス橋本店
MOVIX橋本(シネマコンプレックス)
フィットネスクラブ リーヴ橋本(フィットネスクラブ) ほか
橋本本町郵便局
橋本神明大神宮

南口

神奈川県立相原高等学校
相模原協同病院
国道16号
国道129号
国道413号
ホームセンターコーナン相模原西橋本店
スーパーアルプス西橋本店
ロイヤルホームセンター相模原橋本店
神奈川県立橋本高等学校
サンエールさがみはら
ラ・フロール
東急ストア橋本店
コナミスポーツクラブ
ガロパコジマNEW橋本店
セキド
相模原北警察署
山梨信用金庫橋本支店
西武信用金庫橋本支店
橋本郵便局
日本郵便相模原橋本支店
ゆうちょ銀行橋本店
かんぽ生命橋本支店
橋本公園
相模原北公園
職業能力開発総合大学校相模原キャンパス
正継寺

歴史

1908年(明治41年)9月23日 - 横浜鉄道 東神奈川駅 - 八王子駅間の開通時に開業。当初計画では駅設置の予定はなかった。
1910年(明治43年)4月1日 - 鉄道院が借り上げ。
1917年(大正6年)10月1日 - 国有化され、国有鉄道横浜線の駅となる。
1931年(昭和6年)4月29日 - 相模鉄道相模線が厚木駅から延伸開業。
1944年(昭和19年)6月1日 - 相模鉄道相模線が国有化、国鉄相模線となる。
1945年(昭和20年)5月 - 国鉄橋本工場(後の国鉄大宮工場橋本車両センター)が操業開始、工場へ続く側線が完成。
1980年(昭和55年)3月 - 現在の駅舎(2代目)に改築。
1984年(昭和59年)
2月1日 - 貨物取扱が廃止。北口の東側に1面2線の貨物ホームが存在したほか、国鉄工場線から分岐し大和製罐東京工場へ続く専用線も存在した。
3月 - 橋本車両センター閉鎖。その後設備は解体されて更地となり、しばらく放置されていたが、1986年に跡地の一部を利用して忠実屋(ダイエー買収後いったん閉店の上現在東急ストア)橋本店が開業したのを初めに、2000年代に入ると橋本郵便局やコーナンが開業し、再開発によって変貌を遂げた。なお、1990年頃までは専用線の一部のレールや踏切も撤去されずに残っていた。
1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。
1990年(平成2年)3月30日 - 京王相模原線が南大沢駅から延伸開業。
2001年(平成13年)11月18日 - JR東日本でICカードSuica供用開始。
2007年(平成19年)3月18日 - 京王電鉄でICカードPASMO供用開始。

駅名の由来

江戸時代に、橋本付近を流れる境川にかかる両国橋一帯のことを「橋本宿」と呼んだことから、「橋本」となる。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。

郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。

預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ