金券ショップ アクセスチケットへようこそ。商品券・ギフト券・切手・印紙・テレホンカード(テレカ)・航空券・新幹線・バス・株主優待券など【格安販売】【高価買取】します。

アクセスチケット船橋店

金券ショップ アクセスチケット船橋店 写真1金券ショップ アクセスチケット船橋店 写真2

住所

〒273-0005
千葉県船橋市本町1-5-3

京成 船橋駅 中央口 徒歩10秒

金券ショップ アクセスチケット船橋店

営業時間

10:00~20:00
12/30~1/2 休業

主な取扱商品

図書カード、図書券、ビール券、テレホンカード、おこめ券、クオカード、タクシー券、各種商品券、全国百貨店共通商品券、各種プリペイドカード、各種株主優待券、JR券、新幹線回数券、各種チケット、各種旅行券、航空券、お酒・ウィスキー券、お食事券、映画券、レジャー券、入浴券、その他ギフト券、収入印紙・切手

・東武百貨店商品券
・鴨川シーワールド
・笑がおの湯入浴券
・京成ローザ映画券
・葛西臨海水族園

買取強化中

店舗持込み買取30万円以上の場合、事前に
持込店舗にお問合せ下さい。

郵送買取も行っております。
買取総額30万円以上で送料無料!
(レターパック分510円を弊社が負担)

郵送買取の手順、送付先については、
こちらのページをご確認下さい。
※店舗での郵送買取は行っておりませんので
ご注意下さい。

買取入金時の差引振込手数料は一律108円!

金券ショップ アクセスチケット エアーアクセス
金券ショップ アクセスチケット 新幹線格安チケット
金券ショップ アクセスチケット 格安切手購入

東武野田線でより便利に!お得に

周辺施設

・居酒屋
モンテローザ テンアライド わたみん家 和民
・ファーストフード
マクドナルド ケンタッキー モスバーガー
・すし
かっぱ寿司 すし銚子丸 京樽
・牛丼
吉野家 松屋 すき家
・スーパー
イトーヨーカ堂 イオン
・風呂
湯楽の里 ゆとろぎの湯
・サウナ
モン・シャトー
・映画
TOHOシネマズ
・カラオケ
シダックス
・スポーツクラブ
ティップネス
・ディスカウントショップ
ドンキホーテ

はじめての方へ

余ってしまって使わなくなったテレカ、プリペイドカードや印紙・切手・はがき、
商品券やレジャー券、株主優待券など、いつでも高価買取いたします!
「金券ショップ アクセスチケット.com」をはじめ、千葉県船橋市にあるアクセスチケット 船橋店は
お客様のご利用を心よりお待ちしております!

初めての方へ

市(千葉県)の豆知識

船橋市

船橋市(ふなばしし)は、千葉県北西部に位置する都市。中核市に指定されている。千葉市に次いで千葉県では人口第2位である。

目次

1 概要
2 地理
2.1 地質
2.2 地形
2.2.1 平野・丘陵
2.2.2 河川
2.2.3 湖・湿地
2.2.4 海・海岸
2.3 気候
2.4 地域
2.4.1 地名
2.4.2 人口
2.5 市内の主な団地
3 市史
3.1 市名
3.2 沿革(概略)
3.3 年表
3.3.1 先史時代
3.3.2 縄文から奈良時代まで
3.3.3 平安から戦国時代まで
3.3.4 桃山から江戸時代まで
3.3.5 明治から大戦まで
3.3.5.1 市制後
3.3.6 大戦後から現在まで
4 船橋市が抱える主な都市問題
4.1 土壌
5 行政
5.1 行政境界の変遷
5.2 市政
5.2.1 市長
5.2.2 行政組織
5.2.2.1 庁内組織図
5.2.2.2 教育委員会組織図
5.2.2.3 その他
5.2.3 財政
5.2.4 広域行政
5.2.5 施設
5.2.5.1 市の施設
5.2.5.2 廃止された市の施設
5.2.5.3 公安施設
5.2.5.3.1 警察
5.2.5.3.2 消防
5.2.5.4 その他
5.2.5.4.1 国の行政機関
5.2.5.4.2 県の施設
6 交通
6.1 鉄道路線
6.1.1 中心となる駅
6.2 路線バス
6.3 道路
6.4 港湾
7 教育
7.1 学校教育及び保育
7.2 社会教育
7.2.1 図書館
7.2.2 公民館
7.2.3 文化施設
7.2.4 合唱団
7.2.5 スポーツ施設
7.2.6 そのほかの施設
8 姉妹・友好都市
9 観光(名所・文化財など)
9.1 名所
9.2 遺跡・文化財
9.2.1 城址跡
9.2.2 文化財
10 祭礼・行事
10.1 市内の主なの祭礼・祭り
10.2 秋の祭礼
10.3 冬の祭礼
11 船橋市の人物
11.1 著名な出身者
11.2 スポーツ選手
11.3 歴史上の人物
11.4 ゆかりのある著名人
1 主な名産品
13 船橋市を舞台とする作品(小説・映画・漫画・アニメ等)
13.1 現代作品
14 参考書籍・資料
15 その他
16 関連項目
17 参考文献
18 外部リンク
19 脚注

概要

船橋市は千葉県の北西部に位置し、東京と県庁所在地である千葉市のほぼ中間、共に半径20km圏域に位置する。面積は85.64km2。東京湾の最奥部に位置し、海上交通、陸上交通の要所として栄えた。市制の施行は県内では千葉、銚子、市川に続く4番目であった。人口は県都千葉市に次ぐ第2位である。1960年完成の公団住宅前原団地の進出契機に、内陸部には多くの住宅団地が開発され、人口が大幅に増加した。近年は緑地の保全などの環境面への配慮から、大規模宅地開発は抑制されている。

地理

市域の広がりは東西13.86km、南北14.95kmである。中央部一帯は標高20-30mの平坦な洪積台地で、下総台地の一部である。最高所は市北部(習志野3丁目)の32.3mであり、最低所は臨海部(南海神1丁目、湊町1丁目)の0.2mとなっており、臨海部では一部海抜ゼロメートル地帯が広がる。その先の最も海寄りの臨海部は沿岸流によって形成された砂丘地帯で、海神・宮本の台地を覆い、市川から千葉へと続く。かつては遠浅の海岸であったが、現在はほとんど埋め立てられ、唯一三番瀬のみが当時の名残を見せる。

下総台地は、西部を南流して海に注ぐ海老川、東北部は東流して印旛沼に注ぐ神埼川、その他の小河川があり、主に海老川水系と利根川水系(印旛沼 - 神埼川)の分水界を形成している。台地と砂丘の間の低地は沖積平野で、天沼・蓮沼がある。河川による樹枝状侵食谷には谷津田が営まれ、台地上は林と畑であった。現在は利便性の良い場所では、台地上下に住宅・団地が広がっている。

地質

臨海部は埋立堆積物、本町をはじめとする南部低地の多くは未固結堆積物で形成されている。宮本周辺の低地はどろがち堆積物、高台は現世砂堆積物となっている。分水界より北部上の台地の大部分は立川ローム層・武蔵ローム層・下末吉ローム層、南部の台地は立川ローム層・武蔵ローム層となっている。

地形

地域

JR船橋駅南口の再開発ビル「FACE」。2006年9月撮影
JR船橋駅南口の駅前通り。道路をまたぐのは京成船橋駅。2006年9月撮影

南部は商業施設や工場が多く、中部は住宅地が開発されて人口が多い。北部には農地もあり、米をはじめ多くの種類の農産物が栽培されている。特にニンジンや梨の栽培が有名である。
ラムサール条約登録運動のある三番瀬がある。
市の中東部には、明治天皇が千葉県下に最初に行幸した際の目的地となった習志野原が存在する。現在ではそのことに由来する習志野、北習志野などの地名が見られる。
船橋駅からやや東より、京成電鉄の大神宮下駅と船橋競馬場の間に東経140度の経線が通る。国道14号線沿いには、そのことを記した標識がある。
船橋市には隣接する市川市との間に市境の未確定地(どちらの市にも属していない土地:境界未確定地)がある。場所はふなばし三番瀬海浜公園近くの海岸(砂浜)。未確定分の面積は0.14km2。また、丸山地区が鎌ケ谷市に囲まれた飛地として成立した理由として、法典村が1889年(明治22年)の町村制施行時に成立した際、土地所有者が藤原在住者であったため、現在の土地区分けとなる。

地名

各記事を参照。

臨海部

浜町、若松、高瀬町、南海神、西浦、潮見町、栄町、日の出

南部

本町、湊町、市場、宮本、南本町、北本町、海神、海神町、海神町南、海神町東、海神町西

中央部

東町、米ケ崎町、夏見、夏見台、夏見町、金杉、金杉台、金杉町、高根町、新高根、緑台、三咲、南三咲、三咲町、二和西、二和東

西部

本中山、東中山、西船、山野町、印内、印内町、葛飾町、本郷町、二子町、古作、古作町、行田、行田町、上山町、藤原、山手、前貝塚町、旭町、馬込町、丸山

東部

東船橋、前原西、前原東、二宮、中野木、田喜野井、三山、飯山満町、駿河台、芝山、七林町、薬円台、薬園台町、坪井西、坪井東、坪井町、習志野台、習志野、西習志野、高根台、滝台、滝台町

北部

大穴北、大穴南、大穴町、咲が丘、みやぎ台、八木が谷、八木が谷町、高野台、古和釜町、松が丘、楠が山町、金堀町、豊富町、神保町、大神保町、小室町、小野田町、車方町、鈴身町

市史

市名

船橋地名発祥の地
地名発祥の碑

市名の起こりは、市成立以前の船橋町に因む。船橋の地名の起源については諸説あるが、伝説では日本武尊が東征の折、川を渡るために船で橋を作ったのが由来とされている。市内を流れる海老川に船を並べ、その上に板を渡し橋を造った。そのような船で造られた橋の事を「船橋」と言うことから船橋となった、というのが最も有力な説である。海老川はかつて現在よりも水量、川幅があったとされ、現在は陸地であるが夏見干潟と呼ばれる大きな入り江があり、湊として栄えていたという。
船橋という地名が世間で用いられるようになったのは鎌倉時代とされており、鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」に「船橋」という地名が出てくる。

沿革(概略)

本節では大観のみ記述する。地域ごとに独自色が強いので、詳細な歴史記述は旧町村の記事を参照

海老ヶ作貝塚や高根木戸貝塚など規模の大きな貝塚が発見されていることから、縄文時代からかなり大きな集落が存在していたと思われる。
平安時代中期の『日本三代実録』に「下総の国意富比神」とみえる。この意富比(おおい)神社が船橋大神宮の前身とされる。
中世には海老川河口の港として交通の要地となり、また意富比神社の門前には市が立って大変な賑わいを見せた。
近世には千葉街道・御成街道・佐倉街道・木下街道などの主要街道沿いの地域は間の宿として栄えた。特に、成田山信仰が盛んとなると、成田山への参拝客の休憩地として一層発展した。
近代になると、川端康成の書いた小説に『船橋は兵隊の町』と書かれている通り、間の宿に代わり、軍都習志野の近郊都市として、兵隊・軍属相手の産業が発達した。また、都市部では、東京の近郊都市として近代化が進み、電気・通信・交通・医療などの各方面のインフラが整備され、花輪や宮本などの海岸部には高級別荘地・高級住宅地(例:山崎別荘)がつくられた。
敗戦直後、戦災を免れた上に物資の集散地だったことから、闇市が隆盛を極め、「日本の上海」という異名をつけられたこともある。
戦時中から東京方面の軍事工場が疎開していたが、戦後の経済成長の中で、海岸部埋立地には京葉工業地域が成立した。

市政

市長

藤代孝七(ふじしろ こうしち)

船橋市の歴代市長(西暦は初就任の年)
第1代 1937年 川久保常次郎
第2,3代 1938年 後藤秀四郎
第4代 1945年 高橋恒治
第5代 1947年 松本栄一(初の公選)
第6,7代 1951年 高木良雄
第8,9,10,11代 1959年 渡邊三郎
第12,13代 1975年 藤代七郎
第14,15,16,17代 1981年 大橋和夫
第18,19,20,21代 1997年 藤代孝七(第12,13代市長藤代七郎の息子)

財政

職員の給与水準が高い。2005年(平成17年)の総務省の発表により、ラスパイレス指数が全国で7番目に高く、中核市の中では最高水準にあることが判明した。国家公務員よりも高い給与水準が問題になった[4]。
毎年の経常収支が健全とされるボーダーラインの80%を超えた90%台であり、財政の健全化が求められている。

施設

市の施設

船橋市役所
福祉・保健施設
青少年施設
消費者センター
ボランティア支援施設
教育施設
レクリエーション施設
環境施設
男女共同参画施設
船橋市本町駐車場
船橋北口駐車場
船橋市船橋南口地下駐車場

廃止された市の施設

大穴市民プール - 幼児・子供用プール、25mプール、50mプールがあったが、2007年度をもって老朽化などのために閉鎖となった。

公安施設

警察

船橋警察署(管内は、市中央部、南部及び西部)
船橋東警察署 -(管内は、市東部、北部)
高速道路交通警察隊船橋分駐隊

消防

船橋市消防局

中央消防署
夏見分署
本郷分署

船橋市消防団 - 近年は住民同士のつながりが希薄化し、消防団員の募集に支障が出て、定員を満たせていない。消防団員の減少は地域防災力の低下を伴うため、問題化している。

第1方面隊
第1分団
第2分団
第3分団
第4分団
第5分団
第6分団

その他

国の行政機関

法務省
千葉地方法務局船橋支局
国税庁
税務大学校
船橋税務署
国土交通省
関東運輸局千葉運輸支局習志野自動車検査登録事務所 - 「習志野ナンバー」は船橋市の習志野台に由来する。
関東地方整備局船橋防災センター
厚生労働省
ハローワーク船橋(公共職業安定所)第一庁舎
ハローワーク船橋(公共職業安定所)第二庁舎
ハローワーク船橋(公共職業安定所)高年齢者職業相談室(55歳~65歳)
日本年金機構
船橋年金事務所
船橋年金相談センター
防衛省
陸上自衛隊習志野駐屯地

県の施設

千葉県立船橋県民の森 - 船橋市北部の15ヘクタールに広がる森林公園。野外炉があり、バーベキューも楽しむことも出来る。
千葉県消費者センター
船橋県税事務所
千葉県中央旅券事務所葛南分室
千葉県三番瀬サテライトオフィス

交通

鉄道網が発達しており、9つの路線、37の駅がある。特に都心から郊外へと伸びる東西方向への路線が多い。一方で、市内の南北を連絡する鉄道網はあまり充実していない。市の西端に沿って走るJR武蔵野線・JR京葉線(路線の一部、西船橋駅に連絡する支線)と東武野田線、新京成線があるだけである。東西を結ぶ主要な道路も少なく、慢性的な交通渋滞が起こるなど、交通機関は偏在している。

鉄道路線

東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武本線 - : 下総中山駅 - 西船橋駅 - 船橋駅 - 東船橋駅 - 津田沼駅
津田沼駅の駅舎は、船橋市と習志野市に跨って存在している
武蔵野線 - : 船橋法典駅 - 西船橋駅
京葉線 - : 西船橋駅 - 南船橋駅
東京地下鉄(東京メトロ)
東西線 - : 原木中山駅 - 西船橋駅
東葉高速鉄道
東葉高速線 - : 西船橋駅 - 東海神駅 - 飯山満駅 - 北習志野駅 - 船橋日大前駅
京成電鉄
京成本線 - : 京成中山駅 - 東中山駅 - 京成西船駅 - 海神駅 - 京成船橋駅 - 大神宮下駅 - 船橋競馬場駅
新京成電鉄
新京成線 - : 二和向台駅 - 三咲駅 - 滝不動駅 - 高根公団駅 - 高根木戸駅 - 北習志野駅 - 習志野駅 - 薬園台駅 - 前原駅
北総鉄道
北総線 - : 小室駅
東武鉄道
野田線 - : 船橋駅 - 新船橋駅 - 塚田駅 - 馬込沢駅

中心となる駅

船橋駅 - JR快速・普通列車、東武鉄道(同名)、京成電鉄(京成船橋駅)との連絡駅
京成船橋駅 - JR東日本(船橋駅)、東武鉄道(同名)との連絡駅
津田沼駅 - JR快速・普通列車、新京成電鉄(新津田沼駅)との連絡駅
西船橋駅 - JR総武線(各駅停車)・武蔵野線快速・普通列車、東京地下鉄(東京メトロ)、東葉高速鉄道の連絡駅
北習志野駅 - 東葉高速鉄道、新京成電鉄の連絡駅

船橋市の人物

著名な出身者

公人

志位和夫(政治家)(船橋市在住)
藤代清七(政治家)
藤代七郎(政治家)
藤代孝七(政治家)(船橋市市長)
野田佳彦(政治家)
矢野光正(千葉県議会議員・船橋市選出)
藤田幹雄(政治家)
大野博(海軍軍人)

芸術家

升月亭居山(江戸~明治時代の俳人)
太乙庵素英(江戸時代の俳人)
斎藤園女(江戸時代の俳人)
鈴木鵞湖(江戸~明治時代の絵師)
鶯亭金升(明治~昭和時代の俳人)
石井鼎湖(日本画家)
石井柏亭(洋画家)
石井鶴三(彫刻家)
いしかわこうじ(絵本作家、どうぶついろいろかくれんぼ等)
吉橋秋月(日本画家)
吉田裕史(指揮者)
海法秀一(画家)
羅川真里茂(漫画家、現在船橋市在住)
さかざきちはる(絵本作家、Suicaのペンギンのデザイン等)

スポーツ選手

オリンピック関係

福留義秀(元東京五輪近代五種競技代表)
花岡麻帆(元アテネ五輪走り幅跳び代表)
吉沢賢(元アテネ五輪400mハードル代表)
関滋雄(元メキシコ五輪近代五種競技代表)
水野英郎(元バルセロナ五輪ウェイトリフティング75キロ代表)
松井幸嗣(元ロス五輪ハンドボール代表)
関滋雄(元メキシコ五輪近代五種競技代表)
白神守(元メキシコ五輪バレーボール代表、銀メダリスト)
鈴木大地(元水泳選手、ソウル五輪金メダリスト)
黒鳥文絵(元水泳選手、元アトランタ五輪代表)
鈴木秀夫(元アテネ五輪マラソン監督)
千葉五郎(元ベルリン五輪ボート競技監督)
宮下弘子(元日本体操協会シドニー五輪強化副部長)

バスケットボール

岩佐潤 - プロバスケットボール選手(bjリーグ・東京アパッチ所属):坪井町

歴史上の人物

船橋則賢(江戸後期の公卿-舟橋氏)
伏原宣条(江戸後期の公卿-伏原氏)
淡海弘峰(下総国国司)
采女時貞(平将門家臣)
富秀胤(太神宮鎮座記筆者)
千葉胤春(千葉氏族良胤の末子)(千葉祠官の祖)
栗原左衛門(千葉氏族)
石神隼人

その他の人物

宇喜多秀臣(宇喜多宗家の現当主。宇喜多秀家の末裔。)
遠藤雅也(北海道テレビ放送アナウンサー、元中部日本放送アナウンサー)
宮田修(NHK元エグゼクティブアナウンサー)
田中美和子(元ラジオパーソナリティ)
吉田伸男(フジテレビアナウンサー)
6代木村玉治郎(現役大相撲幕内格行司)

ゆかりのある著名人

太宰治(玉川旅館にて前期の傑作が執筆された。船橋が小説「人間失格」の終章に登場する。また、小説「東京八景」には、薬物依存に苦しむ太宰の船橋での生活が描かれている。)
蓮沼蕃(陸軍大将、騎兵実施学校教官時代に船橋本町に在住)
村上春樹(1980年代の初頭、船橋市習志野に在住。小説「羊をめぐる冒険」を執筆した。)
若嶋津六夫(元大関、現松ヶ根親方。1990年に松ヶ根部屋を創設)

主な名産品

三番瀬のり(船の橋など)
佃煮
ナシ
真中まんじゅう
習志野太鼓-どら焼き-
船橋瓦せんべい
船橋ひょっとこさぶれ

船橋市を舞台とする作品(小説・映画・漫画・アニメ等) [編集]

現代作品

人間失格(太宰治):小説
東京八景(太宰治):小説
宮本武蔵(吉川英治):小説
童謡(川端康成):小説
本気!:漫画・映画
地球防衛家族:漫画・アニメ
フルメタル・パニック!:漫画・アニメ(賀東招二の漫画作品,第14話のみ登場)
あんころ。 (万乗大智):漫画
ツマヌダ格闘街:漫画(上山道郎の漫画作品)
北京的西瓜:映画(大林宣彦の監督作品)主人公の営んでいる青果店のモデルは市内に所在していた。 

利用可能な鉄道路線

東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武線(快速)
総武線(各駅停車)
東武鉄道
野田線

備考

線路名称上は、当駅を通るJRの路線は総武本線である。詳細は各路線の記事および鉄道路線の名称等を参照されたい。
JR船橋駅・京成船橋駅接続の連絡定期券の発売がある。(東武船橋・京成船橋接続の連絡定期券の発売もある。)

駅周辺

ペデストリアンデッキと再開発ビル「Face」により、当駅と船橋駅の駅舎が接続されている。さらに2007年11月17日からは駅コンコースにも直結した。「Face」とコンコースをつなぐ通路は「Face」2階通路と同様に、早朝深夜帯に限り閉鎖される。

船橋駅 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道
船橋フェイスビル
ビックカメラ(2010年2月21日オープン、同年2月14日まで営業していたさくらや跡地)
ふなばし駅前図書館
千葉県葛南県民センター
イトーヨーカドー船橋店
東武百貨店船橋店
西武百貨店船橋店
船橋ロフト
船橋市民文化ホール
船橋市中央図書館
船橋本町郵便局
船橋北口郵便局
ホテルシロー
中山学園高等学校
ふなばし市民大学校
船橋市役所
船橋市消防局・中央消防署
船橋郵便局
日本郵便船橋支店
ゆうちょ銀行船橋店

年表

当初計画では船橋駅より北に駅を造るつもりだった。中心地から離れすぎるということから南側に変更された。当駅付近ではもっと直線的に市街地を貫通する予定が、住民の反対で急曲線ができた[2]。

1916年(大正5年)12月30日 - 開業。
2004年(平成16年)11月27日 - 上り(上野・押上方面)ホームを高架化。
2006年(平成18年)
11月25日 - 下り(成田方面)ホームを高架化。これに伴い駅前踏切を廃止。
12月10日 - ダイヤ改正により1・3号を除く「スカイライナー」全列車が当駅に停車[3]。
2007年(平成19年)11月17日 - コンコースをこれまでの地平から高架の2階に移設。
2009年(平成21年)3月24日 - ネクスト船橋開業。
2010年(平成22年)7月17日 - 成田スカイアクセス開業に伴うダイヤ改正により、「スカイライナー」の停車駅から除外され、新設された「シティライナー」の停車駅となる。

隣の駅

■■京成電鉄
本線

■■「シティライナー」停車駅

■快速特急・■特急・■通勤特急
京成八幡駅 (KS16) - 京成船橋駅 (KS22) - 京成津田沼駅 (KS26)
■快速・■快速
東中山駅 (KS19) - 京成船橋駅 (KS22) - 船橋競馬場駅 (KS24)
■普通
海神駅 (KS21) - 京成船橋駅 (KS22) - 大神宮下駅 (KS23)

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編 Copyleft(c)


金券ショップとは

金券ショップとは、各種金券・航空券・回数券・株主優待券を取り扱う古物商のお店です。金券ショップは別名、チケットショップや金券屋ともいわれ、 基本的に金券の売買は1枚から可能です。金券ショップ併設や単体で、金券や回数券を販売する自動販売機の設置も行っています。
郵送による金券の販売や買取を行っている金券ショップもあります。金券ショップは、1997年7月以前は、金券のみ取り扱う古物商は、届出が必要なかったが、法の改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に届出が必要となりました。金券ショップでは各種金券の販売・買取以外に委託販売にてもコンサートやスポーツ、ミュージカルなどのチケットを取り扱っています。

金券ショップのすすめ

金券ショップは節約生活の重要な位置をしめています。たかが10円、20円と考えるかもしれませんが、利率で考えると1%~2%はお得です。
預金でも1%の利息はつきません。また、金券は運用期間も短く、5%以上お得なものさえあります。さらに、金券は使う分だけ購入すれば投資のリスクも低くなります。金券はとてもお得なものなのです。

ページトップへ