西武鉄道 株主優待券10枚セットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >西武鉄道 株主優待券10枚セット販売(購入)

商品検索
西武鉄道 株主優待券10枚セット
(2012年3月21日現在のデザイン)

西武鉄道 株主優待券10枚セット

西武鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
座席を指定する列車にご乗車の際は、別に特急券等をお求めください。
詳細はこちら

  • 西武鉄道 株主優待券10枚セットの購入はこちら
ご利用案内

西武鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
座席を指定する列車にご乗車の際は、別に特急券等をお求めください。
詳細はこちら

西武鉄道

西武鉄道株式会社(せいぶてつどう、英称:SEIBU Railway Co., Ltd.)は、埼玉県所沢市に本社を置く民間の鉄道事業者。

東京都北西部から埼玉県南西部に路線を有する鉄道・沿線・不動産事業を行う西武グループの主要企業で、大手私鉄の一つである。また、日本プロ野球・埼玉西武ライオンズの親会社(2009年から)である。

「西武」の名称は武蔵国の西部に由来する。西武鉄道の路線の利用客は西武鉄道のことを「西武線」と呼ぶことが多い。

特色

西武鉄道は東京急行電鉄と同じように企業の多角化が、他社よりも早く行われ、また自社の不動産が大きな利益を上げている。他社に比べ土地の買収が早く、西武沿線は勿論のこと、京浜急行電鉄沿線、千葉房総や伊豆箱根地方や、遠く滋賀県にまで及んでいる。七里ヶ浜海岸を私有地として保有していて、海岸を持つ数少ない鉄道会社となっている。

昭和中期には箱根の不動産開発をめぐり小田急グループ(当時の東急系)と「箱根山戦争」と称される縄張り争いが繰り広げられた。現代では、2003年から小田急電鉄と観光地や鉄道沿線事業での提携や、共通商品の開発に乗り出して功を奏している。

鉄道事業での収入より不動産部門の方が主となっているが、2006年のグループ再編により、日本国内のリゾート関係の不動産は兄弟会社のプリンスホテルや西武プロパティーズ(旧西武不動産販売)へ段階的に譲渡されている。

また、大手私鉄では唯一自社所属グループ内に百貨店などの流通系商業店を持っていない。これは、創業者である堤康次郎死後の後継ぎ争いにより、西武鉄道グループ(現、西武グループ)と西武流通グループ(セゾングループ、2000年代に実質解体)の2グループに分裂してしまったため。ただし、2003年のミレニアムリテイリング第三社割当増資時に和田繁明社長(当時)が堤義明会長(当時)へ打診し、西武鉄道が出資を引き受けた。2006年の西武ホールディングス設立に伴うコクドの第三者割当増資時にはミレニアムが10億円出資を引き受け、セブンアイ・ホールディングスがミレニアム株式を現金で買上げるまでの数か月間は株式の持ち合い状態であった。

西武百貨店の小店舗として登場した西友が西武沿線に多いのは、グループ分裂前に発展過程で店舗と土地を賃貸しているのが、現在まで継続しているからである。しかし、西友との繋がりは未だに深く、西武鉄道の開発するニュータウンや駅改良工事後に、西友の新店舗が開店することが多い。また、西友の小売事業として発足したファミリーマートとは、駅ナカコンビニTOMONYの展開で提携している。

一方で西武鉄道グループとしても、西武プロパティーズ(旧西武商事)を介して、PePeなどの駅ビルやBIG BOX・アウトレットモールといった大型商業施設の運営を行っている。また、「西武観光」称の旅行代理業部門を擁しており、一般客向けには西武線のターミナル駅構内に窓口が置かれている。

近年は東京移住者が増加傾向にある。西武鉄道の利用者の数は減ってはいないものの隣の京王電鉄などと比較すると増加の割合は約3%も西武鉄道の方が少ない(2009年度現在)。他社、特に小田急電鉄や東急電鉄では利用客の増加に対応し線路の複々線化が活発であるが、少子高齢化が進行すれば利用客の減少が近いうちに問題となることを予想し、西武鉄道では複々線化について歯止めをかけている。

一方、老朽化した駅施設などのリニューアルは活発に行われており、平成11年(1999年)の田無を皮切りに、野方、花小金井、狭山市、東長崎、江古田、東久留米の各駅で駅舎の全面改築が行われている。

2007年からはファミリーマートと協業した駅売店「TOMONY」や駅ビル型の中小規模な駅ナカ商業施設として「Emio(エミオ)」に開業させ、駅の改築に合わせて順次展開していく見通しである。

連続立体交差化進行状況

西武鉄道の路線では他の大手私鉄に比べ比較的、路線の連続立体交差化が遅れており、未だに開かずの踏切が多く点在する。

拝島線は小川駅 - 玉川上水駅の間が高架線となっている。同線では現在、萩山駅 - 小川駅間の府中街道の箇所で高架化工事(単独立体)を実施している。

池袋線はすでに桜台駅 - 練馬高野台駅までが高架化され、現在は練馬高野台駅 - 大泉学園駅付近までの高架化工事が実施されている。石神井公園駅付近を含む上り線の練馬高野台駅 - 大泉学園駅の部分は2010年2月7日に高架化された。石神井公園駅付近に関しては今後は下り線および留置線部分などの工事を施工していく。

新宿線は高田馬場駅 - 西武新宿駅までと西武柳沢駅 - 田無駅までが高架化済である。山間部を走る西武秩父線には自動車の踏切は存在しない。同線が道路と交差するときは巨大コンクリート橋かガーター橋で道路を跨いでいる。連続立体高架ではないが、池袋線北飯能信号場 - 武蔵丘信号場間と西武秩父線横瀬駅 - 西武秩父駅間が高架線となっている。

車両

2010年4月1日現在、特急列車用84両、通勤用1,198両、新交通システム用12両の計1,294両を保有する(緊急予備車・休止車両・保留車をのぞく)。各系列の詳細、使用線区、運用などについてはそれぞれの記事を参照のこと。

西武鉄道は敗戦後に国鉄から戦災国電や廃用機器の大量払い下げ受けて車両の拡充を行なっていた。しかし西武秩父線開業と共に質的向上も図られ、大手他社と比べても遜色はない。また、戦後長らく所沢車輌工場において大手私鉄では珍しい新造車両の自社製造を続けていたが(一部車両メーカー製も並行して導入された)、1999年をもって終了し、それ以降は外部の車両メーカーからの調達のみとなっている。

現在運用されている電車の制御装置はほぼすべてが日立製作所製である。ただし新2000系のVVVFインバータ制御試験車モハ2197のみ三菱電機製となっている。

東京急行電鉄・京王電鉄と同様に営業運転から離脱した旧型車両を地方中小私鉄に譲渡するケースが多い。譲渡先にはグループ会社の近江鉄道・伊豆箱根鉄道のほか、流鉄・三岐鉄道などがある。

現在、他社で運用上の固定編成化が進む中、未だに柔軟で経済的な車両両数で、その運用に合った運行を続けている。2008年には30000系に2両固定編成が登場している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/21現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/seibutetsudou/index.html on line 244 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/seibutetsudou/index.html on line 244 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/seibutetsudou/index.html on line 244
ページトップへ