京成電鉄 株主優待券10枚セットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >京成電鉄 株主優待券10枚セット販売(購入)

商品検索
京成電鉄 株主優待券10枚セット
(2013年2月3日現在のデザイン)

京成電鉄 株主優待券10枚セット

京成電鉄の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

  • 京成電鉄 株主優待券10枚セットの購入はこちら
ご利用案内

京成電鉄の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

京成電鉄

京成電鉄株式会社(けいせいでんてつ、英称:Keisei Electric Railway Co., Ltd.)は東京都と千葉県に路線を有する大手私鉄の一つである。 京成電鉄の社名は起終点の頭文字である東京の「京」と成田の「成」に由来する。 京成グループを構成する中核企業。みどり会の一員。東京証券取引所1部上場企業。本社所在地は東京都墨田区押上1丁目10番3号。

概要

鉄道業を本業とし、不動産事業も展開している。また、鉄道、バス、タクシーなどの交通機関を運営する京成バス、東京ベイシティ交通、北総鉄道、新京成電鉄、関東鉄道、千葉交通などの親会社でもあり、東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランドの筆頭株主でもある(主要なグループ会社参照)。
コーポレートスローガンは「いろんな笑顔を結びたい」。
かつての社名は京成電気軌道で、当時の英語略称は「K.D.K」(Keisei Denki Kidナ雍€)であった。
かつて、2000年代に発売していたパスネットでの符号はKSであった。

路線全体の駅数は成田スカイアクセス(成田空港線)が開業した2010年7月17日現在、69駅(京成高砂を除く京成の列車が停車する北総鉄道北総線との共同使用駅となる4駅を含む)ある。

一般列車

普通列車は、路線図や発車案内装置においては普通と案内されるが、駅の案内放送などによっては各駅停車と案内される。

2002年10月12日のダイヤ改正より、高砂以東の「急行」を廃止し、「快速」を新設するなど、種別の再編を実施した。

2006年12月10日のダイヤ改正より特急停車駅が大幅に見直され、佐倉 - 成田空港(一部芝山千代田)間が各駅停車となり、早朝・夕夜間に従来の特急停車駅と同じである「快特」が新設された。しかし、快特の登場により「快速(カイソク)」と「快特(カイトク)」の発音が似ており、誤乗を招くという問題が発生したため、2007年8月16日より一部案内において快特を「快速特急」と案内するよう変更され、その後案内表記も「快速特急」に統一された。空港アクセス列車であるが、快特も特急も英略は「Limited Express」である(京浜急行電鉄においても同一)。

2010年7月17日のダイヤ改正より、急行が廃止され、新たに「アクセス特急」が設定された。

都営浅草線の上り直通列車は基本的に押上駅(朝夜の一部は高砂駅)にて種別が変わる。高砂駅で変更される場合は「普通→快速」となる。また夕方には北総線直通の快速(北総線内は急行)が運転される。

車両

都営浅草線乗り入れ列車が多く、初代3000形以降の一般車全形式が地下鉄乗り入れ規格である「都営1号線直通車両規格」準拠となっている。助士席側には遮光幕を設けないのが特徴である。途中駅での分割・併合は行われないので、固定編成が大多数を占める。

形式呼称は小田急電鉄、京浜急行電鉄などと同様に「…系(けい)」ではなく「…形(がた)」を使用する(初代3000形から3300形までの1号線直通規格普通鋼製通勤車、いわゆる「赤電」を総称して3000系と呼ぶことがあるが、あくまでも通称である)。

京成における車両システム上の特徴は初期新性能車の750形から駆動装置を2種併用で採用している事で、保守・管理上からは統一する方が望ましいが、これは新3000形においても継続されている。

また“3000系”及び3500形は全電動車編成であるが、このうち3221以降の3200形と3300形・3500形以降についてはコスト削減を目的に、主電動機を75kWから100kWに出力アップして2両あたり8台から6台に減らしており(1.5M-0.5Tユニット、6M車と呼ばれる。2両あたりの合計出力は従来の8M車と同じ)、京成の抵抗制御車の特徴となっている。

乗り入れ先の京浜急行電鉄の信号システムが先頭台車を動力台車とする前提で設計されているため、京成車が京急に通常ダイヤで乗り入れるようになった1990年以降製造された3700形以降の各形式では先頭車が制御電動車とされ、製造時は先頭台車が付随台車だった“6M車”も車体更新時に先頭が動力台車となるように改造された。この為、一般列車用車両の運用は、編成両数だけでなく、「京浜急行電鉄に入線できるか否か」・「成田スカイアクセスに対応しているか否か」で分けられている。

また、京急線内の走行安定性の問題により、一般列車用車両ではボルスタレス台車の採用を見送っている。有料特急用で京成線内のみの運用となる2代目AE形が京成初のボルスタレス台車装備車となった。台車の色は3700形以前の車両でサックスブルーで塗装されていたが、2003年2月デビューの3000形以降はグレー塗装とし、3700形以前の在籍車両も2003年7月 - 2007年4月の全般検査・重要部検査時にグレーの塗装に変更した。

宗吾工場では北総鉄道や舞浜リゾートラインの車両も検査することがある。

2008年7月12日現在、営業用車両522両を保有する(事業用車・休止車両・保留車等を除く)。各系列の詳細、使用線区、運用などについては、それぞれの記事を参照されたい。

2009年現在、新京成電鉄を除く他社へ譲渡された車両はほとんどなく、民間に売却されて保存されている車両はない。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/21現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/keiseidentetsu/index.html on line 251 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/keiseidentetsu/index.html on line 251 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/keiseidentetsu/index.html on line 251
ページトップへ