JR東日本株主優待券の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >JR東日本株主優待券販売(購入)

商品検索
JR東日本株主優待券
(2013年2月3日現在のデザイン)

JR東日本株主優待券

JR東日本の20%OFF株主優待鉄道割引券です。

優待券1枚で片道の運賃及び料金が1割引となり、1度に2枚までご利用いただけます。

☆割引対象☆
運賃 片道乗車券
料金 特急券、急行券、グリーン券及び指定席券
詳細はこちら

  • JR東日本株主優待券の購入はこちら
ご利用案内

JR東日本の20%OFF株主優待鉄道割引券です。

優待券1枚で片道の運賃及び料金が1割引となり、1度に2枚までご利用いただけます。

☆割引対象☆
運賃 片道乗車券
料金 特急券、急行券、グリーン券及び指定席券
詳細はこちら

東日本旅客鉄道

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。東北地方全域、関東、甲信越地方の大部分、静岡県の一部地域を営業区域とし、JRグループの中で最も企業規模が大きい。本社は東京都渋谷区。東証一部上場。略称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)。英語略称はJR East。コーポレートカラーは緑色。取締役会長は大塚陸毅、代表取締役社長は清野智。社歌は「明け行く空に」。

概況

日本の人口の3割強が住む大都市圏東京圏に多くの路線を持ち、東京圏の通勤輸送を主力とする。1日の平均輸送人員は約1,659万人(2010年度実績)、年間の売り上げは2兆7000億円近く(連結)にも上り、そのうち1兆1153億円が関東圏の通勤・通学路線の運輸収入、4909億円が新幹線の運輸収入である(2007年度)。2009年3月31日現在の路線の営業キロは計7526.8kmで、JRグループ各社の中で営業路線は最長である。また、2010年4月1日現在の社員数は、61,090人でJRグループの中では最も多い。日本はもとより世界最大の鉄道事業者であるとともに、世界有数の運輸企業でもある。

自社発電設備

国鉄時代、首都圏の路線へ電力供給をするため川崎市川崎区に建設した川崎火力発電所および小千谷市周辺にある信濃川発電所(信濃川中流に設置された宮中ダムから取水して)を所有し利用しているため、東京電力からの電力供給が停止したとしても他の鉄道事業者のように運行停止などの影響をほとんど受けない。実際に、2006年8月14日に発生した首都圏大規模停電の際にも、京葉線の一部区間などを除いてほとんど影響はなかった。

ただし、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震では小千谷市の水力発電所が破損し、自社発電の供給能力では電力を賄いきれなくなった。そのため東京電力から電力を購入したり、他発電所の発電量を増やしたりして対応していたが、2006年春には復旧工事が終了し全面的に稼動を再開した。だが、水利権の乱用の不祥事により宮中ダムの使用停止処分となったため、電力不足対策として傘下の火力発電所の増強と東京電力の購入量の増加で補う方針となった。信濃川発電所の稼動は2010年6月10日より再開されている。

2011年3月11日に起きた東日本大震災の影響で、東京電力の福島県にある福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所などが停止して電力不足になり輪番停電(計画停電)が実施された。その際、十日町市長の提案と国土交通省の指示により信濃川発電所の取水量を増して発電量を増やし、東京電力へ電力の融通を行った。また、JR東日本も節電のために駅での照明の減灯や電車の運行本数を減らすなどした。

車両

自社で車両製作部門を保有し、旧国鉄から承継し経年の進んだ車両の大規模な置き換えを進めている。大量に引き継いだ103系は2009年10月に最後まで残った仙石線を含めすべての運用を終了し、他の旧国鉄型車両も順次E231系、E233系、E531系などを導入して淘汰を進めている。2012年4月2日には東急車輛製造の鉄道車両製造事業を組み入れ、車両製造にさらに力を入れることになる。

同社が「一般形」と呼称する都市圏内輸送用の車両は、従来の車両から設計や製作手法を大幅に見直し、製造コストの低減を図った経済車をベースにしたものである。これは時代の趨勢をサービス提供に即座に反映する目的から、車両置き換えサイクルを短く設定するための手法で、1992年(平成4年)の京浜東北線209系を嚆矢とする。この設計指向は同社のみならず一部の関東地区他社局車両にも取り入れられ、複数の車両に採用例があるE231系の基本設計などは他社局の車両製作コストの削減にも寄与している。

通勤圏の拡大に伴い、近郊路線においてもロングシート車を投入し、1列車あたりの収容力向上を図った。この方針は地方路線にも波及し、収容力向上とあわせ車両所要数の適正化を図っている。

なお、2011年現在、旅客営業を行うJRグループでは唯一転換クロスシートを有した車両を保有していない(過去には保有していたが座席交換や廃車などにより消滅した)。

特急用車両は、使用路線ごとに仕様を特化した車両を導入する当初の方針から、設計を共通化し汎用的な使用を可能とする方針に転換しつつある。これは新幹線車両についても同様で、線区によって使用車両を統一するという方針のもと、1990年代後半以降はフル規格のE2系、ミニ新幹線のE3系を中心に導入している。また2011年現在、気動車特急の定期運用を設定していないため特急形気動車は保有していない。

これら新型の車両群はコンピュータによる集中管理・制御装置 (TIMS) などを装備し、動作状況や運行管理の常時集中監視を可能としている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/21現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/jrhigashinihon/index.html on line 240 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/jrhigashinihon/index.html on line 240 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo/jrhigashinihon/index.html on line 240
ページトップへ