東武鉄道|格安乗車券|壬生駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >東武鉄道|格安乗車券|壬生駅販売(購入)

商品検索
東武鉄道|格安乗車券|壬生駅
(2012年3月21日現在のデザイン)

東武鉄道|格安乗車券|壬生駅

東武鉄道の電車全線株主優待乗車券です。往復分(2枚)での販売です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
座席を指定する列車にご乗車の際は、別に特急券等をお求めください。

壬生駅→スカイツリー 定価1,030円
壬生駅→北千住 定価940円
壬生駅→浅草 定価1,030円

詳細はこちら

  • 東武鉄道|格安乗車券|壬生駅の購入はこちら
ご利用案内

東武鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
座席を指定する列車にご乗車の際は、別に特急券等をお求めください。
詳細はこちら

壬生駅

壬生駅(みぶえき)は、栃木県下都賀郡壬生町駅東町にある東武鉄道宇都宮線の駅である。

駅構造

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎は線路の西側にあり、ホームとは地下道により連絡している。このほか、改札外には東西連絡地下道が設置されている。PASMO対応簡易ICカード改札機設置駅。 駅手前には「急行停車」の標識が設置されているが、実際に停車するのは2006年(平成18年)3月に急行から格上げされた特急「しもつけ」である。 1984年(昭和59年)1月31日までは思川河川敷へ小倉川砂利線が接続しており、その名残りとして新栃木方には貨物ホーム跡が一部残っており、車内からも確認することができる。なお、野州大塚駅 - 当駅間には、1989年(平成元年)11月まで柳原信号場があり、同じく砂利採取を目的とした東武柳原線が思川河川敷へ延びていた。

歴史
  • 1931年(昭和6年)8月11日 - 開業。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 小倉川砂利線廃止。

 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/25現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-toubu/mibu/index.html on line 222 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-toubu/mibu/index.html on line 222 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-toubu/mibu/index.html on line 222
ページトップへ