名古屋鉄道|格安乗車券|豊橋駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

商品検索
名古屋鉄道|格安乗車券|豊橋駅
(2013年7月30日現在のデザイン)

名古屋鉄道|格安乗車券|豊橋駅

名古屋鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

豊橋駅→名鉄岐阜 定価1,470円
豊橋駅→名鉄名古屋 定価1,110円
豊橋駅→中部国際空港 定価1,630円

詳細はこちら

  • 名古屋鉄道|格安乗車券|豊橋駅の購入はこちら
ご利用案内

名古屋鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

豊橋駅

豊橋駅(とよはしえき)は、愛知県豊橋市花田町字西宿にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋鉄道(名鉄)の駅である。

概要

愛知県東部、東三河地区の中心都市・豊橋市に位置し、その中心市街地に立地する駅である。隣接する駅も含めて多数の鉄道路線が伸び、加えて路面電車・路線バスなどの公共交通機関も集中しており、「東三河の交通拠点」として位置づけられている。

豊橋駅はJR東海・JR貨物・名鉄の3社が運営。乗り入れる路線は、JR線は東京駅(東京都)と新大阪駅(大阪市)を結ぶ東海道新幹線、東京駅と神戸駅(神戸市)を結ぶ東海道本線、豊橋駅を起点に辰野駅(長野県)までを結ぶ飯田線、名鉄は豊橋駅を起点に名鉄岐阜駅(岐阜県)に至る名古屋本線、計4路線である。また、隣接する新豊橋駅からは三河田原駅までを結ぶ豊橋鉄道渥美線、駅前停留場からは路面電車の豊橋鉄道東田本線の2路線がそれぞれ伸びている。

このうち愛知県の中心・名古屋市へは、JR東海道新幹線・東海道本線と名鉄名古屋本線の3路線が通じる。この区間ではJR東海・名鉄の両社から各種特別企画乗車券が発売されており、激しいシェア争いが展開されている。ただし豊橋駅は両社の「共同使用駅」であり、構内を共有している。なお、2005年から誤乗を防ぐためか、名鉄線用の発車票は、通常省略される「名鉄岐阜」「名鉄一宮」「名鉄名古屋」の名鉄を省略せずに表示している。

貨物営業を担当するJR貨物は東海道本線と飯田線において第2種鉄道事業者として貨物列車を運転しているが、豊橋駅に停車する貨物列車は存在しない。ただし、コンテナ取扱駅としての機能は豊橋オフレールステーションとして残存する。

駅の開業は1888年(明治21年)。当初からの東海道本線に加え1897年(明治30年)に飯田線、1927年(昭和2年)に名鉄線が乗り入れ、1964年(昭和39年)に東海道新幹線が開通して現在の路線網ができあがった。JR2社と名鉄が運営する現在の体制になったのは1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によるものである。

構造
ホーム・配線

豊橋駅のホームは、大きく分けて東側にJRの在来線(東海道本線・飯田線)と名鉄線のホームが、西側に新幹線のホームが配置されている。新幹線の駅は高架駅である例が多いが、豊橋駅は地上駅で、在来線のみならず新幹線も線路やホームがほぼ地平レベルに存在する。

在来線・名鉄線

在来線・名鉄線のホームは計5面8線。ホームの形状は、片側のみに線路が接する単式ホーム(1面1線)、両側に線路が接する島式ホーム(2面4線)、そしてホームの端が同一平面で繋がった頭端式ホーム(櫛形ホーム・2面3線)が混在する。ホーム番号は東側を起点に1番線から8番線まであり、頭端式ホームの3線が1・2・3番線、単式ホームの1線が4番線、島式ホームの4線が5・6・7・8番線である。頭端式ホームは4番線の単式ホームの北側を切り欠いた形で、同一平面上で移動が可能である。

1・2番線に飯田線の列車が、3番線に名鉄線の列車が発着し、4-8番線には東海道本線の列車が発着する。ただし、使用頻度はごくわずかだが4番線も飯田線の列車が使用する。ホームの使用状況を表で示すと以下のとおりである。

ホームの使用状況
番線 路線名 方向 行先
1・2 ■飯田線 下り 豊川・飯田方面
3 ■名鉄名古屋本線 下り 東岡崎・名鉄名古屋方面
4 ■東海道本線 下り 岡崎・名古屋方面
■飯田線 下り 豊川・飯田方面
5 - 8 ■東海道本線 下り 岡崎・名古屋方面
上り 浜松・静岡方面

8番線の西側にもう1面島式ホームがある。これはかつて豊橋駅まで直通運転していた二俣線(現・天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線、2つ東の新所原駅が起点)のホームで、直通運転をとりやめた現在では留置線に使用されるのみである。このため9・10番線は欠番となっている。

構内にはホームに隣接しない線路も複数存在する。そのうち東海道本線の浜松寄り東側に伸びる線路は、豊橋鉄道渥美線の花田信号所に繋がる。ここはかつて渥美線との間で貨車の受け渡しが行われた場所で、現在では新車搬入の際などに使用される。また構内の名古屋寄り(1・2番線ホーム北側)には豊橋運輸区が設置されている。

建設時の経緯から飯田線の前身・豊川鉄道と名鉄の前身・愛知電気鉄道は、豊橋駅から平井信号場までの約4kmの区間において線路を共用したが、これは両者がJR・名鉄となった現在でも残る。この共用区間では、名鉄の列車本数は1時間あたり最大6本と協定によって制限されている。

新幹線

新幹線のホームは計2面3線で、ホームの形状は単式ホーム(1面1線)および島式ホーム(1面2線)である。ホーム番号は東側(在来線側)から11番線・12番線・13番線の順で、島式ホーム東側が11番線、その反対側が12番線、単式ホームが13番線である。基本的に、12番線を上り列車が、13番線を下り列車が使用する。11番線はダイヤが乱れた際の予備のホームで通常列車は発着せず、工事用車両の留置に供される。12番線と13番線の間には上下の通過線が通る。

13番線は単式ホームであるが、反対側(西側)に14番線を増設するスペースが確保されている。

ホームの使用状況
番線 路線名 方向 行先
11・12 東海道新幹線 上り 新横浜・東京方面
13 東海道新幹線 下り 名古屋・新大阪方面
駅舎

駅舎は東西自由通路を併設する橋上駅舎であり、ホームの上空部分に設置されている。橋上の改札階とホームの移動用に階段のほか、エスカレーター・エレベーターが各ホームに設置されている。改札口はJR線・名鉄線改札口と新幹線改札口の2か所で、どちらも自由通路に面する。

みどりの窓口設置駅。JR東海の駅としては駅長配置駅(直営駅)であり、管理駅として二川駅を管理している。

駅ビル

駅ビルは東口側にあり、橋上駅舎とあわせて整備された。地下1階・地上5階建ての建造物と、飯田線・名鉄線上空部分を含めた地上13階建ての高層棟が一体となったビルである。名称は「豊橋ステーションビル」で、地下1階から地上4階までが商業施設、地上1・2階の一部と5階から13階までがホテルとして使用されている。商業施設の名称は「カルミア」で豊橋ステーションビル株式会社が運営、ホテルの名称は「ホテルアソシア豊橋」で株式会社ジェイアール東海ホテルズが運営する。ビルの2階部分に駅の改札口へ通じる自由通路が通り、その自由通路から豊橋鉄道新豊橋駅へ通じる南口自由連絡通路が分かれる。

利用状況
  • JR東海 - 「豊橋市統計書」によれば、2012年度の一日平均乗車人員は26,851人であった。
  • 名古屋鉄道 - 「豊橋市統計書」によれば、、2012年度の一日平均乗車人員は16,407人、一日平均降車人員は16,502人であった。また、名古屋鉄道データBOOKによると、2009年度の一日平均乗降客数は32,990人である。名鉄の駅の中では、名鉄名古屋駅、金山駅、栄町駅、東岡崎駅、名鉄岐阜駅に次いで6番目に乗降人員が多い。
  • JR貨物 - 2005年度の発送貨物は89,081トン、到着貨物は51,135トンであった。

また「豊橋市統計書」によれば、JR・名鉄豊橋駅の一日平均乗車人員は合計で2007年度42,241人、2008年度42,294人、2009年度40,530人、2010年度41,202人、2011年度41,382人であった。また、名鉄交通広告の公式ホームページによると、2008年度のJR・名鉄豊橋駅の一日平均乗降客数は合計88,288人であった。

「愛知県統計年鑑」およびに「豊橋市統計書」よる、近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。なお、名鉄の乗車人員は2005年度以降は、他の交通機関との連絡(乗り換え)人員を含んでいるので、2004年度以前のものと2005年度以降の数値を比較する場合は注意が必要である。

年度 名古屋鉄道
1995年 19,343
1996年 19,148
1997年 18,517
1998年 17,945
1999年 17,455
2000年 16,773
2001年 16,278
2002年 15,657
2003年 15,674
2004年 15,528
2005年 17,336
2006年 17,091
2007年 16,902
2008年 16,886
2009年 16,283
2010年 16,499
2011年 16,822
2012年 16,407

駅周辺
東口
  • 豊橋駅ビル
    • JR東海ツアーズ 豊橋支店
    • 駅ビル「カルミア」
  • 豊鉄ターミナルビルエモア
    • 豊橋鉄道本社
    • 豊鉄ターミナルホテル
  • ココラフロント
  • 豊橋商工会議所
  • こども未来館
  • 豊栄ビル
  • 名豊ビル
  • 開発ビル(元々は長崎屋だった商業ビル。現在は以下の公共施設などが入居している。)
    • 豊橋市駅前窓口センター
    • 愛知県県民プラザ 旅券センター
  • ほの国百貨店
  • 精文館書店 本店
  • 松葉公園
  • 豊橋駅前郵便局
  • 新豊橋駅(豊橋鉄道渥美線)
  • 駅前停留場(豊橋鉄道東田本線)
  • 愛知県道143号豊橋停車場線(駅前大通)
  • 愛知県道388号大山豊橋停車場線、愛知県道393号豊橋港線、愛知県道496号白鳥豊橋線(大橋通、駅名の由来となった橋の豊橋がある)
南口

2008年3月11日オープン。6月5日移転開業の豊鉄渥美線新豊橋駅との接続を図るために新設された。

  • 新豊橋駅ビル(1-3階)
フロア 施設 備考
3階 東進衛星予備校 豊橋駅前校 予備校
名鉄保険代行 豊橋営業所 保険代理店
2階 RIPPLE 豊鉄グループインフォメーションセンター・東三河地域の交流、情報発信コーナー
ジェムウォッチ 時計店
glad ジュエリー・雑貨店
サンクス 新豊橋駅店 コンビニエンスストア
東海労働金庫 豊橋支店 新豊橋駅出張所 ATMのみ
1階 新豊橋駅
名鉄・豊鉄チケットセンター
  • ココラアベニュー
  • 穂の国とよはし芸術劇場PLAT
西口(西駅)

西口は西駅(にしえき)という通称があり、西口のバス停も「西駅前」を名乗る。近くには、愛知県立豊橋養護学校Bコースのバス停がある。

  • JR東海豊橋保線所(新幹線) ・岡崎保線区豊橋保線支区(在来線)
  • サーラプラザ豊橋
  • 損保ジャパンビル
  • ウェステージ豊橋
  • コメダ珈琲店
  • 成田記念病院
  • 豊橋第一ホテル
隣の駅
名古屋鉄道
■名古屋本線
□快速特急
豊橋駅 - (一部伊奈駅・国府駅) - 東岡崎駅
■特急
豊橋駅 - (一部伊奈駅) - 国府駅
■急行
豊橋駅 - 伊奈駅
※通常は準急・普通列車の設定はない。
年表
  • 1888年(明治21年)9月1日 - 官設鉄道の駅として、豊橋駅開業。
  • 1897年(明治30年)7月15日 - 豊川鉄道が豊川駅まで開通、同鉄道の豊橋駅開設。
  • 1899年(明治32年)12月11日 - 豊川鉄道の豊橋駅が吉田駅に改称。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名松制定、豊橋駅を通る官設鉄道線を東海道本線と命名。
  • 1916年(大正5年)7月10日 - 駅舎を改築、新駅舎使用開始。
  • 1925年(大正14年)7月14日 - 駅前に、豊橋電気軌道(現・豊橋鉄道東田本線)の駅前停留場が開業。
  • 1927年(昭和2年)
    • 5月27日 - 駅舎を改築。
    • 6月1日 - 吉田駅に、愛知電気鉄道豊橋線が乗り入れ。
    • 10月1日 - 駅前に、渥美電鉄(現・豊橋鉄道渥美線)の新豊橋駅が開業。
  • 1929年(昭和4年)4月21日 - 西口を開設。
  • 1935年(昭和10年)8月1日 - 名古屋鉄道(名鉄)が愛知電気鉄道を合併。
  • 1943年(昭和18年)8月1日 - 豊川鉄道が国有化され飯田線となる。あわせて吉田駅を豊橋駅に統合、豊橋駅は国有鉄道と名鉄の共同使用駅となる。
  • 1945年(昭和20年)6月20日 - 空襲で駅全焼。
  • 1946年(昭和21年)2月1日 - 西口の営業を再開。
  • 1948年(昭和23年)5月16日 - 名鉄豊橋線、名古屋本線に改称。
  • 1950年(昭和25年)3月14日 - 「民衆駅」の新駅舎が竣工。3月30日に国鉄総裁加賀山之雄臨席で竣工式を挙行、4月1日より駅舎開業。
  • 1953年(昭和28年)7月21日 - 東海道本線の浜松駅から名古屋駅まで電化。この日から特急「はと」が豊橋駅に停車を開始。
  • 1964年(昭和39年)10月1日 - 東海道新幹線開通、新幹線停車駅となる。
  • 1970年(昭和45年)7月1日 - 新駅舎「豊橋ステーションビル」が営業開始。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 荷物の取り扱いを廃止。
  • 1987年(昭和62年)
    • 3月15日 - 国鉄二俣線の廃止に伴い9・10番線ホームが廃止される。
    • 4月1日 - 国鉄分割民営化により、国鉄豊橋駅はJR東海・JR貨物が継承。
  • 1996年(平成8年)9月16日 - 橋上駅舎・東西自由通路の供用を開始。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月9日 - 駅ビルの商業施設「カルミア」が開業。
    • 6月11日 - 駅ビルのホテル「ホテルアソシア豊橋」が開業。
  • 1998年(平成10年)
    • 2月19日 - 駅前停留場が東口駅前広場のペデストリアンデッキ下(現在地)に設置。
    • 3月 - ペデストリアンデッキ新設など東口駅前広場の整備が完成。
    • 10月3日 - JR貨物、豊橋駅を「自動車代行駅」に指定。コンテナ貨物列車の設定廃止。
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 新幹線ダイヤ改正で「ひかり」停車本数増加(1日上下6本から16本へ)。
  • 2005年(平成17年)6月25日 - 名鉄においてトランパスが利用可能に(2012年(平成24年)2月29日をもってサービス終了)。
  • 2006年(平成18年)11月25日 - JR東海においてICカードTOICAが利用可能に。
  • 2008年(平成20年)3月11日 - 南口自由連絡通路を新設。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - 名鉄においてICカードmanacaが利用可能に。
  • 2012年(平成24年)4月21日 - TOICA・manaca相互利用開始。飯田線・名鉄線ホーム(1・2・3番線)にはJR←→名鉄の乗り換え用簡易改札機が設置された。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/3/4現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-meitetsu/toyohashi/index.html on line 608 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-meitetsu/toyohashi/index.html on line 608 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-meitetsu/toyohashi/index.html on line 608
ページトップへ