名古屋鉄道|格安乗車券|西可児駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

商品検索
名古屋鉄道|格安乗車券|西可児駅
(2013年7月30日現在のデザイン)

名古屋鉄道|格安乗車券|西可児駅

名古屋鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

西可児駅→豊橋 定価1,550円
西可児駅→中部国際空港 定価1,440円

詳細はこちら

  • 名古屋鉄道|格安乗車券|西可児駅の購入はこちら
ご利用案内

名古屋鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

西可児駅

西可児駅(にしかにえき)は、岐阜県可児市帷子新町二丁目にある名古屋鉄道広見線の駅。人口10万人の可児市西端に位置し、住宅団地が密集する地域にある。西可児駅の乗降客数は可児市内でもっとも多い。全列車が西可児駅に停車し、終点の新可児駅まで、各駅に停車する。

駅構造

西可児駅は相対式ホーム、2面2線の地上駅である。駅員によるアナウンスがこの地域では珍しく流れる(また、駅集中管理システム対応駅での自動放送も流れており、無人駅でありながら主要駅タイプの放送を流している豊明駅とは対照的である)。西可児駅にはLED式簡易列車案内も設置されている。

  • 改札口:2番ホーム側に1か所ある。終日有人駅。
  • エレベーター:ホーム中央に1基。
  • 券売機など:自動券売機1機。地下鉄直通の切符も購入できる。ミューチケットは窓口販売。
  • トイレ:2番ホームの新可児寄り、改札口脇。
  • 売店:かつては改札外にサンコスがあったが廃止された。跡地にはサンコス管轄の自動販売機が3台設置されている。
のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 ■広見線 下り 新可児・(新可児乗換御嵩)方面
2 ■広見線 上り 犬山・名古屋・中部国際空港方面

利用状況

可児市の統計によると、西可児駅の一日平均乗車人員は、以下の通り推移している。

  • 2005年度 3,259人
  • 2006年度 3,134人
  • 2007年度 3,101人
  • 2008年度 3,044人
  • 2009年度 2,822人

西可児駅の一日平均乗降人員は、以下の通り推移している。

  • 2005年度 6,527人
  • 2006年度 6,278人
  • 2007年度 6,216人
  • 2008年度 6,101人
  • 2009年度 5,665人

新可児駅よりも多い点に、ニュータウンの駅としての特徴をうかがえる。広見線の駅では西可児駅は、犬山駅に次いで利用客が多い。また名城大学都市情報学部が立地するため、学生の利用も多いが、減少傾向が顕著である。

駅周辺
  • 名城大学都市情報学部(徒歩15分)
  • パレマルシェ西可児(徒歩1分)
  • バロー西可児店(徒歩8分)
  • 三洋堂書店(徒歩8分)
  • 100円ショップ ミーツ(徒歩5分)
  • 西可児駅前郵便局(徒歩6分)
  • 十六銀行
    • 西可児支店(徒歩3分)
    • 西可児支店・パレマルシェ西可児出張所
    • 西可児支店・バロー西可児店出張所
  • 三菱東京UFJ銀行
    • 多治見支店・パレマルシェ西可児出張所
  • 大垣共立銀行
    • 西可児支店
    • 西可児支店・バロー西可児店出張所
  • 東濃信用金庫
    • 西可児支店
    • 西可児支店・バロー西可児店出張所
  • ドラッグストアVドラッグ(徒歩5分)
  • 長坂、光陽台、愛岐ヶ丘、若葉台、虹ヶ丘、鳩吹台、緑、清水ヶ丘、美里ヶ丘、日本ランドなどの大規模団地が密集し、それらの一部へは下記のバス路線が通じる。
隣の駅
名古屋鉄道
広見線
□ミュースカイ・■特急(双方とも西可児駅から可児川方の各駅に停車)
犬山駅 - 西可児駅 - 可児川駅
■普通
善師野駅 - 西可児駅 - 可児川駅
歴史

犬山駅から広見駅(現在の新可児駅)に路線が敷かれたのは昭和になってから。西可児駅は帷子ニュータウン建設に伴い駅員が配置されたが、以前は愛岐駅、帷子駅、春里駅という別々の駅だった。1969年(昭和44年)3月16日に善師野駅から春里信号所まで複線化されてからはかなり活気のある駅として発展。名城大学のキャンパスに向けた県道が交通バリアフリー法に基づいて、整備された。

  • 1925年(大正14年)4月24日 - 愛岐駅(あいぎえき)、帷子駅(かたびらえき)、春里駅(はるさとえき)が開業。
  • 1949年(昭和24年)10月9日 - 以前より休止中だった愛岐駅が復活・無人駅となる。
  • 1952年(昭和27年)3月25日 - 帷子駅無人化。
  • 1967年(昭和42年)10月1日 - 春里駅無人化。
  • 1969年(昭和44年)3月16日 - 愛岐駅、帷子駅、春里駅を統合し、帷子駅と春里駅の中間に西可児駅として開業。当時は無人駅。なお、愛岐駅は愛岐トンネル犬山寄り(愛知県犬山市内)にあったため、実質上は廃止といえる。
  • 1980年(昭和55年)4月29日 - 駅員再配置。
  • 1983年(昭和58年)3月18日 - 特急停車駅となる。
  • 2007年(平成19年)
    • 8月8日 - トランパス導入。それに伴い、無人駅タイプのLED表示機を導入。
    • 10月16日 - 列車進入時に人がホームから転落する事故が発生。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/3/18現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-meitetsu/nishi-kani/index.html on line 364 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-meitetsu/nishi-kani/index.html on line 364 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-meitetsu/nishi-kani/index.html on line 364
ページトップへ