近畿日本鉄道|格安乗車券|湯の山温泉駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >近畿日本鉄道|格安乗車券|湯の山温泉駅販売(購入)

商品検索
近畿日本鉄道|格安乗車券|湯の山温泉駅
(2014年6月3日現在のデザイン)

近畿日本鉄道|格安乗車券|湯の山温泉駅

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

湯の山温泉駅→大阪難波 定価2,150円
湯の山温泉駅→大阪上本町 定価2,150円
湯の山温泉駅→京都 定価2,390円
湯の山温泉駅→鶴橋 定価2,150円
湯の山温泉駅→鳥羽 定価1,440円
湯の山温泉駅→賢島 定価1,630円
湯の山温泉駅→大阪阿部野橋 定価2,280円
湯の山温泉駅→近鉄奈良 定価2,040円

詳細はこちら

  • 近畿日本鉄道|格安乗車券|湯の山温泉駅の購入はこちら
ご利用案内

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

湯の山温泉駅

湯の山温泉駅(ゆのやまおんせんえき)は、三重県三重郡菰野町大字菰野字募にある、近畿日本鉄道(近鉄)湯の山線の駅。湯の山線の終着駅である。

駅構造

頭端式ホーム2面2線を持つ地上駅。ホーム有効長は4両分。夜間に3本の列車が当駅に停泊するため、2番線上り方に有効長3両分の引き上げ線を備える。駅構内四日市方には2番線から本線に通ずる渡り線があり、引上げ線には2番線からのみ入線が可能である。以前はこの渡り線の位置にシーサスクロッシングがあり、1番線・2番線の両方から引上げ線に入線可能であったが、1番線ホームの4両長化に際して現在の形となった。

駅舎は北側(1番ホーム側)にあり、2番ホームへは車止め側の通路から廻ることになる。駅を出て右側に三重交通バスのりばがある。

なおかつて当駅に特急が乗り入れた名残で、窓口で特急券及び定期券の購入が可能となっている。また、窓口ではICOCAのチャージも可能である。

のりば
1・2 ■湯の山線 四日市・名古屋・津・大阪・賢島方面

 

※2番線から発車するのは早朝の一部(平日ダイヤ5:39、6:10、6:41、7:02。土休日ダイヤ5:26、5:45)のみで、殆どの列車が1番線から発車する。

利用状況

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 561
1998年 497
1999年 467
2000年 438
2001年 398
2002年 370
2003年 354
2004年 332
2005年 346
2006年 325
2007年 322
2008年 332
2009年 312
2010年 296
2011年 287
2012年 311

 

  • 湯の山温泉駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は823人(前回2005年11月8日の調査では1,137人)。この数字は…
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、241位。
        • 湯の山線の駅(10駅、近鉄四日市駅含む)の中では、7位。
        • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時)の中では、67位。
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度
通勤定期 通学定期 定期外 合 計
1958年(昭和33年) 83,625 ←←←← 282,335 365,960
1959年(昭和34年)   ←←←←    
1960年(昭和35年)   ←←←←    
1961年(昭和36年)   ←←←←    
1962年(昭和37年)   ←←←←    
1963年(昭和38年)   ←←←←    
1964年(昭和39年)   ←←←←    
1965年(昭和40年) 104,310 ←←←← 329,670 433,980
1966年(昭和41年) 98,160 ←←←← 417,826 515,986
1967年(昭和42年) 113,310 ←←←← 401,119 514,429
1968年(昭和43年) 103,320 ←←←← 431,220 534,540
1969年(昭和44年) 118,920 ←←←← 428,358 547,278
1970年(昭和45年) 117,540 ←←←← 398,992 516,532
1971年(昭和46年) 124,440 ←←←← 344,722 469,162
1972年(昭和47年) 129,990 ←←←← 316,553 446,543
1973年(昭和48年) 128,610 ←←←← 347,291 475,901
1974年(昭和49年) 120,840 ←←←← 329,079 449,919
1975年(昭和50年) 131,010 ←←←← 299,496 430,506
1976年(昭和51年) 121,680 ←←←← 287,609 409,289
1977年(昭和52年) 117,540 ←←←← 285,786 403,326
1978年(昭和53年) 117,780 ←←←← 280,451 398,231
1979年(昭和54年) 116,010 ←←←← 284,630 400,640
1980年(昭和55年) 111,750 ←←←← 268,289 380,039
1981年(昭和56年) 109,680 ←←←← 252,173 361,853
1982年(昭和57年) 114,390 ←←←← 251,874 366,264
1983年(昭和58年) 118,680 ←←←← 258,524 377,204
1984年(昭和59年) 117,240 ←←←← 239,254 356,494
1985年(昭和60年) 108,360 ←←←← 231,203 339,563
1986年(昭和61年) 104,280 ←←←← 219,086 323,366
1987年(昭和62年) 95,460 ←←←← 209,502 304,962
1988年(昭和63年) 100,200 ←←←← 196,494 296,694
1989年(平成元年) 91,110 ←←←← 203,344 294,454
1990年(平成2年) 89,310 ←←←← 209,715 299,025
1991年(平成3年) 88,200 ←←←← 202,535 290,735
1992年(平成4年) 84,300 ←←←← 199,824 284,124
1993年(平成5年) 80,130 ←←←← 181,384 261,514
1994年(平成6年) 72,180 ←←←← 166,838 239,018
1995年(平成7年) 70,860 ←←←← 163,697 234,557
1996年(平成8年) 63,480 ←←←← 157,003 220,483
1997年(平成9年) 56,370 ←←←← 148,338 204,708
1998年(平成10年) 55,890 ←←←← 125,341 181,231
1999年(平成11年) 53,730 ←←←← 117,349 171,079
2000年(平成12年) 49,440 ←←←← 110,486 159,926
2001年(平成13年) 46,350 ←←←← 98,857 145,207
2002年(平成14年) 43,410 ←←←← 91,559 134,969
2003年(平成15年) 42,720 ←←←← 86,978 129,698
2004年(平成16年) 43,890 ←←←← 77,160 121,050
2005年(平成17年) 45,360 ←←←← 80,875 126,235
2006年(平成18年) 44,190 ←←←← 74,425 118,615
2007年(平成19年) 41,550 ←←←← 76,389 117,939
2008年(平成20年) 42,960 ←←←← 78,283 121,243
2009年(平成21年) 40,410 ←←←← 73,453 113,863
2010年(平成22年) 39,900 ←←←← 68,003 107,903
2011年(平成23年) 38,340 ←←←← 66,638 104,978
駅周辺
  • 湯の山温泉 - 当駅から三重交通バスで連絡
  • 国道477号
  • 御在所ロープウェイ - 当駅から三重交通バスで三交湯の山温泉で下車、そこからさらに徒歩10分
  • 片岡温泉「アクア×イグニス」 - 徒歩7分、三重交通バス3分(大人160円・小児80円)
バス路線
  • 三重交通
    • 近鉄湯の山温泉駅
      • 76系統 三交湯の山温泉・アクアイグニス
  • 菰野町コミュニティバス ※日曜日は全便運休、どのコースも1日1~2本
    • 湯の山温泉駅
      • 5コース (けやき - 湯の山温泉駅 - 大羽根園中央 - けやき)
      • 10コース (湯の山温泉駅 - 大羽根園駅 - 菰野川原町)
隣の駅
近畿日本鉄道
湯の山線
大羽根園駅 - 湯の山温泉駅
歴史
  • 1913年(大正2年)6月1日 - 四日市鉄道(現在の湯の山線)川島村(現・伊勢川島) - 湯ノ山開通時に湯ノ山駅として開業。
  • 1931年(昭和6年)3月1日 - 会社合併により三重鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 会社合併により三重交通の駅となる。
  • 1964年(昭和39年)2月1日 - 三重交通が鉄道事業を三重電気鉄道に分離譲渡、三重電気鉄道の駅となる。
  • 1965年(昭和40年)
    • 4月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
    • 7月15日 - 名古屋線・大阪線直通の特急運転開始。
  • 1970年(昭和45年)3月1日 - 湯の山温泉駅に改称。
  • 1979年(昭和54年) - お召し列車乗り入れのためプラットホームを4両対応に延長。同時に構内踏切廃止。
  • 1998年(平成10年)3月17日 - 名古屋線・大阪線直通の特急列車廃止。
  • 2004年(平成16年)3月18日 - 線内で運転されていた特急廃止。各駅停車のみの発着となる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。
  • 2008年(平成20年)7月19日 - 8月10日 - 名古屋線直通の臨時特急列車が運転(土休日のみ)。
  • 2009年(平成21年)7月18日 - 8月10日 - 前年同様に臨時特急列車が運転(土休日のみ)。
  • 2010年(平成22年)7月17日 - 8月8日 - 同様に臨時特急列車が運転(土休日のみ)。
  • 2011年(平成23年)7月16日 - 8月7日 - 同様に臨時特急列車が運転(土休日のみ)。
  • 2012年(平成24年)7月14日 - 8月25日 - 同様に臨時特急電車が運転(土曜日のみ)。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/7/25現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/yunoyama-onsen/index.html on line 804 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/yunoyama-onsen/index.html on line 804 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/yunoyama-onsen/index.html on line 804
ページトップへ