近畿日本鉄道|格安乗車券|壺阪山駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >近畿日本鉄道|格安乗車券|壺阪山駅販売(購入)

商品検索
近畿日本鉄道|格安乗車券|壺阪山駅
(2014年6月3日現在のデザイン)

近畿日本鉄道|格安乗車券|壺阪山駅

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

壺阪山駅→近鉄名古屋 定価2,140円
壺阪山駅→伊勢市 定価1,470円
壺阪山駅→鳥羽 定価1,730円
壺阪山駅→賢島 定価1,970円

詳細はこちら

  • 近畿日本鉄道|格安乗車券|壺阪山駅の購入はこちら
ご利用案内

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

壺阪山駅

壺阪山駅(つぼさかやまえき)は、奈良県高市郡高取町観覚寺にある、近畿日本鉄道吉野線の駅。方向幕等では「壷阪山」と表記されることもある。

駅構造

壺阪山駅は単式・島式の複合型2面3線の行違・折返可能な地平駅。ホーム有効長は4両分。上りホーム(2・3番線)が島式で、その片方の3番線は吉野方で行き止まりになっており、折返し列車用になっている。残りの2線のみが吉野方面に通じている。

駅舎は下り(東)側にあり、島式ホームとは構内踏切で連絡している。壺阪山駅には長らく自動改札機が設置されていなかったため、スルッとKANSAI対応カードは券売機・精算機でしか使えず、PiTaPa・ICOCAは簡易改札機で対応していたが、2010年3月に赤色の自動改札機が設置され、スルッとKANSAI対応カードの直接投入にも対応した。これまで使用されていたICカード用簡易改札機は撤去される模様。

のりば
1 ■吉野線(下り) 吉野口・下市口・吉野方面
2 ■吉野線(上り) 橿原神宮前・大阪阿部野橋方面
3 ■吉野線(上り) 橿原神宮前行き(当駅折返し)

 

なお、1番線から大阪阿部野橋方面への折り返しも可能だが2010年3月19日~2011年3月16日までは壺阪山駅折り返しの列車はなかった。

特徴

吉野線でスルッとKANSAI対応カードが使用できるのは、橿原神宮前駅から壺阪山駅までの区間のみとされている(実際は吉野口駅・薬水駅以外の各駅の券売機で使えるが、精算機未設置駅が多数のためか、正式にはアナウンスされていない)。スルッとKANSAI2dayチケット・3dayチケットが利用できるのは当駅以北となる。

利用状況
  • 主として通学・通勤・観光用に利用される。
  • 壺阪山駅の利用状況の変遷は下表の通り。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2012年11月13日の調査結果によると、1日の乗降人員は1,311人。
      • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は1,331人。
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、221位。
        • 南大阪線・吉野線の駅(43駅、他線接続駅含む)の中で壺阪山駅は、32位。
        • 奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中で壺阪山駅は、76位。
      • 2008年11月18日の調査では壺阪山駅の1日の乗降人員は1,438人、2005年11月8日の調査では1,403人。
  • かつて橿原神宮前と壺阪山駅の間に区間列車が多数設定されていたことがあるが、現在では大幅に減らされている。
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度
通勤定期 通学定期 定期外 合 計
1954年(昭和29年) 240,960 ←←←← 208,851 449,811
1955年(昭和30年) 259,950 ←←←← 211,253 471,203
1956年(昭和31年) 294,060 ←←←← 216,320 510,380
1957年(昭和32年) 301,830 ←←←← 202,126 503,956
1958年(昭和33年) 312,570 ←←←← 212,652 525,222
1959年(昭和34年) 337,080 ←←←← 218,379 555,459
1960年(昭和35年) 357,840 ←←←← 214,417 572,257
1961年(昭和36年) 365,850 ←←←← 205,020 570,870
1962年(昭和37年) 395,610 ←←←← 200,303 595,913
1963年(昭和38年) 422,190 ←←←← 177,759 599,949
1964年(昭和39年) 439,200 ←←←← 172,220 611,420
1965年(昭和40年) 437,490 ←←←← 169,915 607,405
1966年(昭和41年) 494,190 ←←←← 162,345 656,535
1967年(昭和42年) 479,940 ←←←← 148,346 628,535
1968年(昭和43年) 484,560 ←←←← 149,745 634,305
1969年(昭和44年) 462,990 ←←←← 159,328 622,318
1970年(昭和45年) 446,340 ←←←← 159,814 606,154
1971年(昭和46年) 417,150 ←←←← 157,392 574,542
1972年(昭和47年) 416,580 ←←←← 167,115 583,695
1973年(昭和48年) 414,150 ←←←← 176,961 591,111
1974年(昭和49年) 432,030 ←←←← 190,428 622,458
1975年(昭和50年) 445,320 ←←←← 201,885 647,205
1976年(昭和51年) 418,980 ←←←← 202,565 621,545
1977年(昭和52年) 395,430 ←←←← 212,974 608,404
1978年(昭和53年) 380,670 ←←←← 206,400 587,070
1979年(昭和54年) 357,840 ←←←← 198,739 556,579
1980年(昭和55年) 348,720 ←←←← 204,405 553,125
1981年(昭和56年) 340,140 ←←←← 201,178 541,318
1982年(昭和57年) 322,710 ←←←← 217,311 540,021
1983年(昭和58年) 320,310 ←←←← 241,826 562,136
1984年(昭和59年) 355,890 ←←←← 199,627 555,517
1985年(昭和60年) 298,200 ←←←← 185,965 484,165
1986年(昭和61年) 287,730 ←←←← 191,338 479,068
1987年(昭和62年) 278,850 ←←←← 167,451 446,301
1988年(昭和63年) 273,000 ←←←← 157,400 430,400
1989年(平成元年) 268,920 ←←←← 158,715 427,635
1990年(平成2年) 274,320 ←←←← 157,218 431,538
1991年(平成3年) 273,840 ←←←← 161,268 435,108
1992年(平成4年) 272,430 ←←←← 160,395 432,108
1993年(平成5年) 267,420 ←←←← 155,571 422,991
1994年(平成6年) 263,880 ←←←← 150,181 414,061
1995年(平成7年) 264,390 ←←←← 145,598 409,988
1996年(平成8年) 263,400 ←←←← 144,459 407,859
1997年(平成9年) 248,310 ←←←← 140,038 388,348
1998年(平成10年) 247,860 ←←←← 132,873 380,733
1999年(平成11年) 234,750 ←←←← 131,872 366,622
2000年(平成12年) 232,230 ←←←← 121,954 354,184
2001年(平成13年) 216,210 ←←←← 120,280 336,490
2002年(平成14年) 204,240 ←←←← 112,307 316,547
2003年(平成15年) 212,550 ←←←← 111,348 323,898
2004年(平成16年) 208,920 ←←←← 97,156 306,076
2005年(平成17年) 204,450 ←←←← 90,155 294,605
2006年(平成18年) 204,000 ←←←← 89,639 293,639
2007年(平成19年) 194,910 ←←←← 94,321 289,231
2008年(平成20年) 192,420 ←←←← 97,334 289,754
2009年(平成21年) 181,710 ←←←← 98,462 280,172
2010年(平成22年) 170,100 ←←←← 100,323 270,423
2011年(平成23年) 164,430 ←←←← 93,073 257,503
2012年(平成24年)   ←←←←    
駅周辺
  • 壺阪寺
  • 子嶋寺
  • 高取城跡
  • 高取町役場
  • リベルテホール
  • 高取郵便局
バス

最寄停留所は壺阪山駅となる。各路線とも奈良交通により運行されている。

  • 壺阪山駅前
    • :壺阪寺前行
  • 国道169号線沿乗り場
    • :八木駅行
    • :樫尾経由湯盛温泉杉の湯行
    • :国樔経由湯盛温泉杉の湯行
    • :大淀バスセンター行
    • :畑屋口経由下市町岩森行
    • :南大和ニュータウン経由下市町岩森行
隣の駅
近畿日本鉄道
吉野線
  • □特急停車駅
■急行・■準急・■普通
飛鳥駅 - 壺阪山駅 - 市尾駅
歴史
  • 1923年(大正12年)12月5日 - 吉野鉄道吉野口 - 橿原神宮前(初代)間開通時に開業。
  • 1929年(昭和4年)8月1日 - 大阪電気軌道が吉野鉄道を合併。大阪電気軌道吉野線の駅となる。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道と参宮急行電鉄の合併により、新発足した関西急行鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 戦時統合により関西急行鉄道が南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身。後に再独立)と合併。近畿日本鉄道吉野線の駅となる。
  • 1990年(平成2年)3月15日 - 特急停車駅に昇格(飛鳥駅も同時に特急停車駅となる)。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。
  • 2010年(平成22年)3月19日 - 壺阪山駅始終着列車が消滅。
  • 2011年(平成23年)3月16日 - 壺阪山駅始終着列車を再設定。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/9/12現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/tsubosakayama/index.html on line 772 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/tsubosakayama/index.html on line 772 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/tsubosakayama/index.html on line 772
ページトップへ