近畿日本鉄道|格安乗車券|松阪駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

商品検索
近畿日本鉄道|格安乗車券|松阪駅
(2014年6月3日現在のデザイン)

近畿日本鉄道|格安乗車券|松阪駅

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

松阪駅→大阪難波 定価1,560円
松阪駅→大阪上本町 定価1,560円
松阪駅→京都 定価1,800円
松阪駅→鶴橋 定価1,560円
松阪駅→大阪阿部野橋 定価1,680円
松阪駅→近鉄奈良 定価1,450円

詳細はこちら

  • 近畿日本鉄道|格安乗車券|松阪駅の購入はこちら
ご利用案内

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

松阪駅

松阪駅(まつさかえき)は、三重県松阪市京町および京町一区にある、東海旅客鉄道(JR東海)・近畿日本鉄道(近鉄)の駅である。

駅構造

5面7線のホームを持つ地上駅。うち、3面4線(単式ホーム1面・島式ホーム2面)がJR用、2面3線(単式ホーム・島式ホーム1面ずつ)が近鉄用となっている。のりばは1番から8番まで存在し、1番ホームと6番ホームが単式ホームで、2・3番ホーム、4・5番ホーム、7・8番ホームがそれぞれ島式ホームとなっている。

なお、 1987年から1990年まで一時的に1番のりばが存在しなかった。旧1番のりばは名松線用のホームで、線路も2番線とは別に敷設されていたが、同線の列車が5番のりば発着に変更されたため廃止、線路を撤去した。その後、旧1番のりばを2番線側に拡張、新たに線路は敷設せずに2番のりばと線路を共有する形で1番のりばが復活した。

JR線の1番のりばと2番のりばは線路(上り1番線)を共有する。なおその他の線路は3番線から順に上り本線、下り本線、下り1番線となっている。近鉄線は6番線が上り列車用、8番線が下り列車用で、間の7番線は上下列車に対応する待避線である。

駅舎は南北に2つあり、南側(南口)をJR東海が、北側(北口)を近鉄が管理する。駅舎とホームへ跨線橋で連絡している。中間改札は無くJR・近鉄のホームは自由に行き来できるが、時々近鉄が4・5番線と6番線の間に臨時の改札口を設けて検札を行っている。

JR東海の駅は駅長・駅員配置駅(直営駅)である。管理駅でもあり、紀勢本線の六軒駅・徳和駅および名松線の各駅を管理している。なお、近鉄の駅長は伊勢中川駅に置かれ、当駅はその被管理駅となっている。

松阪駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1・3 ■JR紀勢本線 上り 亀山・名古屋方面 一部の普通は5番線
2 (1番のりばと線路を共有しているが使用されていない)
4 ■JR紀勢本線 下り 新宮・伊勢市方面 一部の普通は1・5番線
5 ■JR名松線 - 伊勢奥津方面  
6 ■近鉄山田線 上り 伊勢中川・津・名古屋・大阪・神戸・京都方面  
7 ■近鉄山田線 下り 宇治山田・鳥羽・賢島方面 待避列車
上り 伊勢中川・名古屋方面 待避・折返列車
8 ■近鉄山田線 下り 宇治山田・鳥羽・賢島方面  

 

上り列車のうち、快速「みえ」は1番線、特急「南紀」は3番線から発車する。普通列車は基本的に1番線からであるが、「みえ」の通過待ちを行う場合は3番線に入る。

駅設備
  • 南口にはJRの自動改札機が設置されている。東芝製(EG-2000)で、ICカード、2枚一括投入対応機だが、近鉄線の乗車券類を2枚以上投入すると「枚数超過」となり、通過できない。
  • 北口には近鉄の自動改札機が設置されている。全て、赤い筐体の自動改札機日本信号製(GX-7)で、出場時2枚一括処理・PiTaPa等のICカードに対応している。
  • 自動精算機はタッチパネル式高額紙幣・ICカードチャージ対応機。
  • 自動精算機更新後も、ICカード入金機が設置されている(千円札のみ対応)。
  • 双方とも近鉄回数券カード対応。スルッとKANSAI及びJスルーカードには対応していない(正式なアナウンスはなされていないが、券売機(新型のタイプ)にこれらのプリペイドカードを挿入することにより切符を購入することができる)。
  • どちらの切符も双方の駅舎で購入できるが、北口では、JRの切符は近距離自動券売機のみの販売になっている。
  • かつては跨線橋の南端より三交百貨店に直結する有人改札口もあったが、同百貨店の閉店により建物は解体、今後の跡地活用方法が決まっていないため現在は有料駐車場となっている。
  • 駅売店は近鉄側は6番ホーム上にPocket Platを設置していたが、2011年4月28日より橋上通路内にコンビニ型店舗K PLATが開設された。JR側は改札脇にキヨスクと「あら竹」の駅弁売店、駅そば店がある。
  • JR・近鉄とも水洗式便所の設備がある。バリアフリー・オストメイト対応。
特徴
近鉄線
  • 甲特急・しまかぜ以外の全ての列車が停車する。
  • 待避線は上下共用である。快速急行・急行は宇治山田駅を特急に続行して発車するため、当駅で待避を行なうのはほとんどが普通列車であるが、日中は伊勢中川駅か明星駅、明野駅で待避を行なうため、当駅での待避は行われない。
  • 名古屋駅方面への急行の折り返し列車が設定されている。明星車庫への編成差し替え回送がない限り、7番線で折り返す。日中の半数は、当駅での同一方向の大阪方面発着急行への接続が考慮されており、下りは当駅にて同一ホームでの乗り継ぎが可能であるが、上りの場合は跨線橋を渡る必要があるため、接続先列車が先発しない場合は伊勢中川駅で乗り換えるという方法もある。
  • 朝夕および深夜に、名古屋・大阪方面の特急および大阪方面に直通する快速急行の始発着列車が設定されている。2012年3月19日までは大阪方面の区間快速急行も設定されており、同列車の終点でもあった。
その他
  • 松阪市の代表駅である。
  • JR紀勢本線と近鉄線の三重県側最南の接続駅であるため、東紀州方面と大阪方面の乗り継ぎ客が多い。紀勢本線・参宮線の各駅と大阪方面に関して、当駅 - 鶴橋間の近鉄線を介した通過連絡運輸も設定されている。(この為か近鉄の車内で「JR線はお乗換えください」とアナウンスされる)
  • 駅周辺に駐車場が多く、松阪市内外から当駅まで車で来て鉄道を利用する人も多い。
  • 三重交通・三重急行自動車が、ここから(正確には松阪中央病院発着)、尾鷲・熊野市方面へ「南紀特急バス」を運行している。
利用状況

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。近鉄はJRからの乗り継ぎ人員を含んでいる。

年度 JR東海 近畿日本
鉄道
1997年 2,077 10,364
1998年 2,000 9,967
1999年 1,974 9,721
2000年 1,970 9,459
2001年 1,928 9,185
2002年 1,840 8,840
2003年 1,774 8,596
2004年 1,709 8,456
2005年 1,775 8,327
2006年 1,863 8,203
2007年 1,845 8,009
2008年 1,836 7,867
2009年 1,769 7,536
2010年 1,683 7,434
2011年 1,654 7,379
2012年 1,619 7,530
近鉄
  • 松阪駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年11月18日の調査結果によると、1日の利用客は14,108人(前回2005年11月8日の調査では13,690人)。この数字は…
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、52位。
        • 山田線・鳥羽線・志摩線の駅(33駅、他線接続駅含む)の中では最多(以下、宇治山田駅、伊勢中川駅と続く)。
        • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時の数)の中では、4位。
年度別利用状況(近鉄松阪駅) 
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度
通勤定期 通学定期 定期外 合 計
1950年(昭和25年) 1,115,790 ←←←← 1,185,339 2,301,129
1951年(昭和26年) 1,256,760 ←←←← 928,684 2,185,444
1952年(昭和27年) 1,216,830 ←←←← 1,267,700 2,484,530
1953年(昭和28年) 1,202,195 ←←←← 1,344,942 2,547,137
1954年(昭和29年) 1,234,650 ←←←← 1,403,612 2,638,262
1955年(昭和30年) 1,301,610 ←←←← 1,458,487 2,760,097
1956年(昭和31年) 1,460,310 ←←←← 1,522,984 2,983,294
1957年(昭和32年) 1,548,660 ←←←← 1,560,062 3,108,722
1958年(昭和33年) 1,690,890 ←←←← 1,597,754 3,288,644
1959年(昭和34年) 1,799,280 ←←←← 1,414,043 3,213,323
1960年(昭和35年) 2,077,560 ←←←← 1,451,328 3,528,888
1961年(昭和36年) 2,272,860 ←←←← 1,493,833 3,766,693
1962年(昭和37年) 2,607,030 ←←←← 1,593,533 4,200,563
1963年(昭和38年) 2,758,020 ←←←← 1,510,220 4,268,240
1964年(昭和39年) 3,041,340 ←←←← 1,566,648 4,607,988
1965年(昭和40年) 3,298,530 ←←←← 1,625,004 4,923,534
1966年(昭和41年) 3,303,390 ←←←← 1,579,026 4,882,416
1967年(昭和42年) 3,421,740 ←←←← 1,663,263 5,085,003
1968年(昭和43年) 3,501,090 ←←←← 1,788,316 5,289,406
1969年(昭和44年) 3,496,260 ←←←← 1,875,108 5,371,368
1970年(昭和45年) 3,810,030 ←←←← 2,017,892 5,827,922
1971年(昭和46年) 3,831,990 ←←←← 2,070,033 5,902,023
1972年(昭和47年) 3,931,320 ←←←← 2,201,265 6,132,585
1973年(昭和48年) 3,892,200 ←←←← 2,398,137 6,290,337
1974年(昭和49年) 4,167,800 ←←←← 2,452,775 6,620,575
1975年(昭和50年) 3,927,960 ←←←← 2,422,981 6,350,941
1976年(昭和51年) 3,689,040 ←←←← 2,289,290 5,978,330
1977年(昭和52年) 3,540,480 ←←←← 2,346,392 5,886,872
1978年(昭和53年) 3,402,030 ←←←← 2,359,027 5,761,057
1979年(昭和54年) 3,322,950 ←←←← 2,331,378 5,654,328
1980年(昭和55年) 3,300,000 ←←←← 2,354,860 5,684,860
1981年(昭和56年) 3,428,190 ←←←← 2,300,211 5,548,401
1982年(昭和57年) 3,080,700 ←←←← 2,281,818 5,362,518
1983年(昭和58年) 3,083,460 ←←←← 2,228,351 5,311,811
1984年(昭和59年) 2,972,730 ←←←← 2,184,273 5,157,003
1985年(昭和60年) 2,967,360 ←←←← 2,179,515 5,146,875
1986年(昭和61年) 2,888,610 ←←←← 2,153,579 5,042,189
1987年(昭和62年) 2,805,780 ←←←← 2,082,428 4,888,208
1988年(昭和63年) 2,734,230 ←←←← 2,072,235 4,806,465
1989年(平成元年) 2,631,540 ←←←← 2,067,527 4,699,067
1990年(平成2年) 2,651,110 ←←←← 2,070,088 4,721,198
1991年(平成3年) 2,680,980 ←←←← 2,032,145 4,713,125
1992年(平成4年) 2,604,510 ←←←← 1,960,209 4,564,719
1993年(平成5年) 2,547,210 ←←←← 1,897,972 4,445,182
1994年(平成6年) 2,509,290 ←←←← 1,837,757 4,347,047
1995年(平成7年) 2,442,120 ←←←← 1,780,082 4,222,202
1996年(平成8年) 2,307,180 ←←←← 1,720,043 4,027,223
1997年(平成9年) 2,160,090 ←←←← 1,622,790 3,782,880
1998年(平成10年) 2,098,890 ←←←← 1,539,016 3,637,906
1999年(平成11年) 2,047,800 ←←←← 1,509,820 3,557,620
2000年(平成12年) 1,973,610 ←←←← 1,478,969 3,452,579
2001年(平成13年) 1,884,330 ←←←← 1,468,003 3,352,333
2002年(平成14年) 1,798,590 ←←←← 1,428,130 3,226,720
2003年(平成15年) 1,753,650 ←←←← 1,392,343 3,145,993
2004年(平成16年) 1,754,400 ←←←← 1,332,027 3,086,427
2005年(平成17年) 1,740,210 ←←←← 1,299,288 3,039,498
2006年(平成18年) 1,737,510 ←←←← 1,256,505 2,994,015
2007年(平成19年) 1,710,030 ←←←← 1,221,565 2,931,595
2008年(平成20年) 1,695,720 ←←←← 1,178,850 2,874,570
2009年(平成21年) 1,659,510 ←←←← 1,091,288 2,750,798
2010年(平成22年) 1,640,190 ←←←← 1,071,449 2,711,639
2011年(平成23年) 1,646,430 ←←←← 1,054,011 2,700,441
2012年(平成24年) 1,667,070 ←←←← 1,081,466 2,748,536
隣の駅
東海旅客鉄道
紀勢本線
  • 特急「南紀」停車駅
■快速「みえ」
津駅 - 松阪駅 - 多気駅
■普通
六軒駅 - 松阪駅 - 徳和駅
名松線(全列車が各駅に停車)
松阪駅 - 上ノ庄駅
近畿日本鉄道
山田線
  • □特急停車駅
■快速急行
伊勢中川駅 - 松阪駅 - 伊勢市駅
■急行
伊勢中川駅 - 松阪駅 - (宮町駅〈一部〉) - 伊勢市駅
■普通
松ヶ崎駅 - 松阪駅 - 東松阪駅
かつて存在した路線
三重電気鉄道
松阪線
松阪駅 - 平生町駅
歴史
近鉄
  • 1930年(昭和5年)
    • 3月27日 - 参宮急行電鉄の駅として、松阪 - 外宮前(現在の宮町)間開通時に開業。
    • 5月18日 - 参宮急行電鉄の参急中川(現在の伊勢中川)- 松阪間が開業。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併、関西急行鉄道に改称。この時の線路名称改定で、山田線所属駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 関西急行鉄道が南海鉄道と合併、近畿日本鉄道設立。
  • 1955年(昭和30年)4月3日 - 北口開設。
  • 1969年(昭和44年)10月16日 - 近鉄下り待避線設置。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 近鉄山田線PiTaPa使用開始。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月16日 - 6番線ホームの特急券窓口廃止。特急券自動券売機設置。
    • 4月23日 - 自動精算機をタッチパネル式高額紙幣・ICカードチャージ対応機に更新。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/10/21現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/matsusaka/index.html on line 1011 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/matsusaka/index.html on line 1011 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/matsusaka/index.html on line 1011
ページトップへ