近畿日本鉄道|格安乗車券|京都駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

商品検索
近畿日本鉄道|格安乗車券|京都駅
(2014年6月3日現在のデザイン)

近畿日本鉄道|格安乗車券|京都駅

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

京都駅→近鉄名古屋 定価2,590円
京都駅→伊勢市 定価2,010円
京都駅→鳥羽 定価2,280円
京都駅→賢島 定価2,530円

詳細はこちら

  • 近畿日本鉄道|格安乗車券|京都駅の購入はこちら
ご利用案内

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

京都駅

京都駅(きょうとえき)は、京都府京都市下京区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・近畿日本鉄道(近鉄)・京都市交通局(京都市営地下鉄)の駅である。

概要

日本有数の観光都市である京都市の玄関となる駅であり、東海道新幹線の全列車が停車するほか、JRには北陸・山陰・関西空港・南紀方面、近鉄には奈良・橿原神宮・伊勢志摩など、各地を結ぶ特急列車が発着する。JRについては在来線特急の発着種類が日本一多い駅である。観光客はもちろん、京都市内あるいは各線乗換利用の通勤通学客も多く、1日平均の乗降人員が各社合計で63万人を超える日本でも有数のターミナル駅である。第1回近畿の駅百選に選定された。

乗り入れ路線

以下の合計4社局が乗り入れている。

  • JR西日本 : 在来線各線 - アーバンネットワークエリアに属し、合計5方面の列車が発着する。東海道本線と山陰本線には同社による独自の路線愛称が付けられている。
    • 東海道本線 - 当駅の所属線となっている。滋賀県方面は「琵琶湖線」、大阪方面は「JR京都線」の愛称で案内されている。
      • 1駅隣の山科駅から分岐する湖西線の列車もすべて当駅へ直通している。
    • 山陰本線 - 当駅が起点。園部駅まで「嵯峨野線」の愛称で案内されている。
    • 奈良線 - 正式な起点は反対側の木津駅だが、列車運行上は当駅が起点となっている。
  • JR東海 : 東海道新幹線 - 全種別全列車が停車する。
  • 近畿日本鉄道 : 京都線 - 当駅が起点。当駅と奈良とを結ぶ路線であり、JR西日本の奈良線と競合関係にある。
  • 京都市交通局 : 京都市営地下鉄烏丸線 - 駅番号として「K11」が付与されている。

JR西日本・JR東海の駅は特定都区市内制度における「京都市内」の駅であり、運賃計算の中心駅となっている。

当駅は、地上の駅に近鉄京都線が発着し、地下の駅に近鉄から京都市営烏丸線へ直通する列車が停車するため、地上と地下に同じ事業者・同じ路線の車両が停車する。

JR線、地下鉄線、近鉄線を区別するために、近鉄線は「近鉄京都駅」、地下鉄線は「地下鉄京都駅(烏丸線京都駅)」と呼ばれることが多い。

乗車カード対応

JR西日本の駅はICOCA、近鉄と地下鉄の駅はPiTaPaおよびスルッとKANSAI対応各種カードの利用エリアに含まれており、それぞれ相互利用可能な各カードにも対応している。JR東海の東海道新幹線の駅では、乗客が上記のカードのみを利用して自動改札機を利用することはできないが、新幹線の磁気乗車券や、EX-ICカードを在来線用のICOCAなどと組み合わせて使用することが可能となっている。

近畿日本鉄道
駅構造

櫛形ホーム4面4線を有する高架駅で、ホーム有効長は6両編成分である。新幹線ホームの真下に位置する。

1990年代後半にJR京都駅4代目駅舎が竣工して南北自由通路が通行可能になる以前には、烏丸口に有人個別対応の出札窓口が存在していた。また中央口改札には、開業当初から長らく(国鉄→)JR京都駅の構内に入り込む形で乗換用の改札機があったが、現京都駅ビル建設および同駅南北自由通路設置に合わせて、両社の乗換改札口は完全に分離された。そして、駅リニューアルの一環として、2007年12月1日に1階の八条口改札・切符売り場が廃止され、定期券売り場、駅営業所等を含めて2階改札口(中央口)に移転、集約された。

近鉄京都駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1・2 ■京都線 特急 奈良・橿原神宮前・伊勢志摩方面
3・4 ■京都線(一般種別) 丹波橋・新田辺・大和西大寺・奈良・天理・橿原神宮前方面

 

  • 1・2番線は特急専用ホームであるが、朝および深夜時間帯は一般種別の列車も使用する。3・4番線については、平日日中は急行が3番線で普通が4番線、土曜・休日は急行が4番線で普通が3番線をそれぞれ使用するが、ラッシュ時はこの限りではない。
  • 1・2・3番線は乗降分離型となっている。ホーム配置は南から1番線乗車ホーム、1番線降車・2番線乗車ホーム、2番線・3番線降車ホーム、3番線乗車・4番線乗降車ホームの順である。
沿革

近鉄京都線の前身は奈良電気鉄道であり、同社が京都駅への乗り入れを最初に計画した時は、地下線を採用して国鉄駅の下を通り、烏丸口の北側へ設ける予定としていた。しかし、昭和天皇即位の礼が実施されるのに間に合わせる必要があったこと、それに予算の問題もあって、とりあえず仮設駅として、現在地に地上でターミナル駅を建設した。その後、仮設置の予定であった駅設備は移設されることもなく、東海道新幹線の建設に合わせて駅を高架化し、現在のように新幹線駅の真下にホームが設けられる構造となった。

2007年から2012年にかけては、近鉄の主要ターミナル整備計画により駅のリニューアルが行われた。1階にあった八条改札口跡地に「近鉄名店街」を増床し、「近鉄名店街みやこみち」と名を改めて2008年10月にリニューアルオープンした。また、新たに4番線を増設し、その直上には2011年10月に「ホテル近鉄京都駅」がオープンしている。

年表
2009年(平成21年)3月20日改正現在
  • 1928年(昭和3年)11月15日 - 奈良電気鉄道(現在の近鉄京都線)が京都駅 - 桃山御陵前駅間を開業させた際に設置。
  • 1948年(昭和23年)7月30日 - 3号線新設工事竣工
  • 1963年(昭和38年)
    • 9月1日 -高架化。
    • 10月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道京都線の駅となる。
  • 2005年(平成17年)
    • 2月24日 - 駅構内での列車案内の放送を自動放送に切り替え。
    • 11月3日 - 京都線開業77周年。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月6日 - 非常通報装置を設置。
    • 6月1日 - ICカード対応の乗り越し精算機の設置。
    • 6月26日 - 京都駅改良工事に伴い3番線の停止位置を変更(停止位置を西側の東寺寄りに約1両分20m)。
  • 2007年(平成19年)
    • 9月22日 - 京都駅改良工事に伴い中央改札口を移動(約10mホーム寄り)。
    • 11月30日 - 京都駅改良工事に伴い八条口改札口を閉鎖。
  • 2008年(平成20年)10月9日 - 近鉄名店街を、「近鉄名店街 みやこみち」としてリニューアルオープン。
  • 2012年(平成24年)3月14日 - 4番線を使用開始。従来1番線のみの発着であった特急は1・2番線両方からの発着となる。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/7/8現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/kyoto/index.html on line 319 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/kyoto/index.html on line 319 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/kyoto/index.html on line 319
ページトップへ