近畿日本鉄道|格安乗車券|霞ヶ浦駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

商品検索
近畿日本鉄道|格安乗車券|霞ヶ浦駅
(2014年6月3日現在のデザイン)

近畿日本鉄道|格安乗車券|霞ヶ浦駅

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

霞ヶ浦駅→大阪難波 定価2,010円
霞ヶ浦駅→大阪上本町 定価2,010円
霞ヶ浦駅→京都 定価2,250円
霞ヶ浦駅→鶴橋 定価2,010円
霞ヶ浦駅→賢島 定価1,620円
霞ヶ浦駅→大阪阿部野橋 定価2,120円
霞ヶ浦駅→近鉄奈良 定価1,910円

詳細はこちら

  • 近畿日本鉄道|格安乗車券|霞ヶ浦駅の購入はこちら
ご利用案内

近畿日本鉄道の電車全線株主優待乗車券です。
1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

霞ヶ浦駅

霞ヶ浦駅(かすみがうらえき)は、三重県四日市市八田一丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線の駅である。

駅構造

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。駅舎(改札口)は1番ホーム側四日市寄りにあり、反対側の2番ホームへは構内踏切で連絡している。2008年2月までは四日市競輪開催日に急行の臨時停車が実施される場合があったため、6両編成の列車が停まれるようになっている。便所は改札内にあり、男女別の水洗式。

自動改札機設置駅(ただしスルッとKANSAI及びJスルーカードには対応していない)。

のりば
1 ■名古屋線(下り) 四日市・大阪・賢島方面
2 ■名古屋線(上り) 桑名・名古屋方面

利用状況

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,934
1998年 1,965
1999年 1,828
2000年 1,783
2001年 1,764
2002年 1,760
2003年 1,727
2004年 1,677
2005年 1,701
2006年 1,747
2007年 1,788
2008年 1,787
2009年 1,747
2010年 1,807
2011年 1,801
2012年 1,828

 

  • 霞ヶ浦駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2005年11月8日の調査結果によると、1日の利用客は3,220人。
        • 近鉄の全調査対象駅(323駅、但し調査当時の数)中、157位。
        • 名古屋線の駅(44駅、他線接続駅含む)の中では、21位。
        • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時の数)の中では、23位。
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度
通勤定期 通学定期 定期外 合 計
1950年(昭和25年) 83,370 ←←←← 127,399 210,769
1951年(昭和26年) 98,700 ←←←← 159,169 257,869
1952年(昭和27年) 100,170 ←←←← 236,506 336,676
1953年(昭和28年) 95,610 ←←←← 189,072 284,682
1954年(昭和29年) 83,250 ←←←← 171,758 255,008
1955年(昭和30年) 77,030 ←←←← 180,895 257,926
1956年(昭和31年) 106,860 ←←←← 189,102 295,962
1957年(昭和32年) 107,220 ←←←← 180,874 288,094
1958年(昭和33年) 109,590 ←←←← 157,246 266,836
1959年(昭和34年) 115,950 ←←←← 99,788 215,738
1960年(昭和35年) 177,750 ←←←← 98,318 276,068
1961年(昭和36年) 225,870 ←←←← 110,479 336,349
1962年(昭和37年) 284,680 ←←←← 196,611 481,291
1963年(昭和38年) 317,880 ←←←← 208,431 526,311
1964年(昭和39年) 336,750 ←←←← 192,633 529,383
1965年(昭和40年) 379,140 ←←←← 193,875 573,015
1966年(昭和41年) 363,120 ←←←← 171,166 534,286
1967年(昭和42年) 341,790 ←←←← 157,258 499,048
1968年(昭和43年) 326,580 ←←←← 170,104 496,684
1969年(昭和44年) 329,550 ←←←← 189,091 518,641
1970年(昭和45年) 322,050 ←←←← 197,636 519,686
1971年(昭和46年) 335,730 ←←←← 192,273 528,003
1972年(昭和47年) 332,580 ←←←← 193,321 525,901
1973年(昭和48年) 353,250 ←←←← 191,142 544,392
1974年(昭和49年) 400,710 ←←←← 207,617 608,327
1975年(昭和50年) 403,050 ←←←← 194,122 597,172
1976年(昭和51年) 378,900 ←←←← 180,105 559,005
1977年(昭和52年) 378,480 ←←←← 184,569 563,049
1978年(昭和53年) 370,410 ←←←← 194,520 564,930
1979年(昭和54年) 383,730 ←←←← 196,083 579,813
1980年(昭和55年) 399,330 ←←←← 202,650 601,980
1981年(昭和56年) 397,290 ←←←← 193,070 590,360
1982年(昭和57年) 389,940 ←←←← 182,055 571,995
1983年(昭和58年) 388,800 ←←←← 195,536 584,336
1984年(昭和59年) 397,290 ←←←← 189,437 586,727
1985年(昭和60年) 422,040 ←←←← 197,024 619,064
1986年(昭和61年) 433,950 ←←←← 217,163 651,113
1987年(昭和62年) 475,260 ←←←← 206,704 681,964
1988年(昭和63年) 486,270 ←←←← 207,229 693,499
1989年(平成元年) 503,040 ←←←← 210,988 714,028
1990年(平成2年) 524,520 ←←←← 215,335 739,855
1991年(平成3年) 552,630 ←←←← 225,156 777,786
1992年(平成4年) 564,540 ←←←← 228,790 793,330
1993年(平成5年) 552,510 ←←←← 228,802 781,312
1994年(平成6年) 527,520 ←←←← 223,632 751,152
1995年(平成7年) 517,080 ←←←← 248,273 765,353
1996年(平成8年) 504,180 ←←←← 233,273 737,453
1997年(平成9年) 477,870 ←←←← 228,001 705,871
1998年(平成10年) 478,560 ←←←← 238,599 717,159
1999年(平成11年) 446,970 ←←←← 222,201 669,171
2000年(平成12年) 426,360 ←←←← 224,293 650,653
2001年(平成13年) 418,590 ←←←← 225,283 643,873
2002年(平成14年) 411,840 ←←←← 230,572 642,412
2003年(平成15年) 404,520 ←←←← 227,514 632,034
2004年(平成16年) 388,290 ←←←← 223,814 612,104
2005年(平成17年) 396,840 ←←←← 223,927 620,767
2006年(平成18年) 409,530 ←←←← 228,065 637,595
2007年(平成19年) 425,220 ←←←← 229,096 654,316
2008年(平成20年)   ←←←←    
2009年(平成21年)   ←←←←    
駅周辺
  • 霞ヶ浦緑地公園(徒歩30分)
    • オーストラリア記念館(大阪万博オーストラリア館)
    • 四日市ドーム
    • 四日市競輪場 - ただし、無料送迎バスは近鉄四日市駅から発着する
  • 四日市羽津郵便局
  • 垂坂公園・羽津山緑地(徒歩20分)
隣の駅
近畿日本鉄道
名古屋線
■急行
通過
■準急・■普通
近鉄富田駅 - 霞ヶ浦駅 - 阿倉川駅
歴史
  • 1929年(昭和4年)
    • 1月30日 - 伊勢電気鉄道桑名 - 四日市間開通時に羽津駅開業。
    • 10月28日 - 臨時駅として(旧)霞ヶ浦駅開業。(現駅の名古屋方0.5km)
  • 1931年(昭和6年) - (旧)霞ヶ浦駅が常設駅となる。
  • 1936年(昭和11年)9月15日 - 参宮急行電鉄が伊勢電気鉄道を合併。羽津駅と(旧)霞ヶ浦駅が参宮急行電鉄伊勢線の駅となる。
  • 1938年(昭和13年)12月7日 - 線路名称改定。羽津駅と(旧)霞ヶ浦駅が名古屋線の所属となる。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併。羽津駅と(旧)霞ヶ浦駅が関西急行鉄道の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)10月22日 - (旧)霞ヶ浦駅廃止、羽津駅を現在地に移設。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 関西急行鉄道が南海鉄道(現在の南海電気鉄道の前身)と合併、羽津駅が近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1950年(昭和25年)6月5日 - 羽津駅が(現)霞ヶ浦駅に改称。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。
  • 2008年(平成20年)2月 - 当月開催時をもって、急行の臨時停車および四日市競輪場への送迎バス運行が廃止される。
旧羽津駅
  • 旧羽津駅は阿倉川駅との間にある2本のコンクリートトンネルあたりにあった。このトンネルの上部には羽津城と呼ばれる砦跡があり、この城山を崩して線路が通る形となっている。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/9/5現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/kasumigaura/index.html on line 846 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/kasumigaura/index.html on line 846 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-kintetsu/kasumigaura/index.html on line 846
ページトップへ