京浜急行電鉄|格安乗車券|京急蒲田駅の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >京浜急行電鉄|格安乗車券|京急蒲田駅販売(購入)

商品検索
京浜急行電鉄|格安乗車券|京急蒲田駅
(2013年2月3日現在のデザイン)

京浜急行電鉄|格安乗車券|京急蒲田駅

京浜急行電鉄の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。

京急蒲田駅→三崎口 定価760円
京急蒲田駅→三浦海岸 定価760円

詳細はこちら

  • 京浜急行電鉄|格安乗車券|京急蒲田駅の購入はこちら
ご利用案内

京浜急行電鉄の電車全線株主優待乗車券です。

1枚1人片道有効で、改札を出ると使えなくなります。
詳細はこちら

京急蒲田駅

京急蒲田駅(けいきゅうかまたえき)は、東京都大田区蒲田四丁目にある、京浜急行電鉄の駅である。駅番号はKK11。

駅構造

高架化

京急蒲田駅前の高架化工事、羽田空港方面(2010年5月)
京急蒲田駅東口仮設駅舎(2005年11月)

京急蒲田駅は、上り本線浦賀方面からの空港線乗り入れと空港線からの上り本線乗り入れが下り本線と平面交差となっている。中でも1番線は長らく空港線専用ホームとして使われてきたが、1993年4月1日に空港線が羽田駅(現・天空橋駅)まで延伸された際に本線品川方面からの直通列車が運転されるようになったので、両方向発着ホームとなった。

しかし、1998年11月18日の羽田空港駅開業後に空港線の輸送が強化されて以降、本線列車のダイヤ設定上のネックとなっているにもかかわらず、本線や空港線が絡む過密ダイヤを3線でさばいていた。また、京急蒲田駅に隣接する東京都道311号環状八号線(環八通り)および第一京浜はともに都内有数の交通量の多い道路であり、それぞれの交差点と踏切が隣接していることもあって慢性的な交通渋滞が発生しており、両踏切とも国土交通省からボトルネック踏切(いわゆる「開かずの踏切」)と認定されている。

さらに、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の復路が開催される毎年1月3日は、出場選手の通過のために踏切の遮断時間を短縮するダイヤ変更も行われていた。変更内容は、羽田空港発着列車の一部を京急川崎駅発着に変更することと、横浜方面からの羽田空港発着列車の一部を品川駅発着に変更することであった。

これらの問題を解決するために、2000年から京急蒲田駅を中心とした本線4.7km(平和島 - 六郷土手間)と空港線1.3km(京急蒲田 - 大鳥居間)の合計6kmを連続立体交差化(高架化)する工事を施工し、京急蒲田駅ではそれに併せて本線・空港線での平面交差の解消や京急蒲田駅での緩急接続などを目的に、駅舎の建て替えと線路の移設工事が行われることになった。

工事に当たっては国土交通省の鉄道駅総合改善事業補助を受けるため、大田区が出資した第三セクターの蒲田開発事業株式会社が駅関係施設を保有して事業主体となり京急が受託する形となった。施工については京急建設と鹿島建設が主体となって工事が進められ、2010年5月に一部高架化し、2012年10月に全面高架化となった。

  • 1番線の横浜方面接続(前述)と同時に1番線ホームが線路1線分東に移設された。その後2番線ホームも1線分東に移設され、一時的に距離があった1・2番線が再び同じホームになった。その後、3番線もホームが1線分東に移設され、同時に元々地上にあった駅舎は橋上駅舎となっていたが、地下通路化された。2011年10月時点では将来の3階ホームの建設が行われているほか、高架の躯体も形成されている。2階となる上りホームは2010年5月16日に完成したが、雑色寄りの待避線予定地の一部が仮設ホームとなっていた。
  • 高架化に先立ち、2008年5月に上り線の環八通り踏切前後が仮設高架橋へ移設され、より早い渋滞の軽減へとつながった。この仮設高架橋は上り高架化完了後に再整備され、2010年9月26日から下り仮本線へ転用され、環八通りの踏切は廃された。これにより当駅 - 雑色間の一部が右側通行となった。2012年10月21日に下り高架化完成により、仮設高架橋を撤去し、左側通行に戻っている。
  • 高架化工事後も、一部のエレベーターや階段は仮設構造となっている。

高架化工事完成により、本線ホームの雑色寄りに切欠き式の待避ホームが設置され、2面6線の形態となり普通列車が待避可能な駅構造となった。また、高架化工事完成に備えた東口バスのりば用地も確保されているほか、第一京浜を横断する蒲田第一踏切が廃止されたことにより箱根駅伝復路開催時の運行ダイヤ変更も2013年から解消された。また、空港線の急曲線の半径も半径80mから同100mに緩和された。

当駅の案内板の一部には、佐藤修悦による修悦体を使用した文字が使用されている。

東口には、「京急蒲田駅付近連続立体交差事業情報コーナー」が設置されている。

この高架化工事事業はグッドデザイン賞を受賞した。

駅舎概要
  • 高さ約24mの三層構造
  • 一層部:駅事務所、改札
    • 駅施設以外の部分(高架下)には駐車場や駐輪場が整備される。
  • 二層部:ホーム(1面2線、上り本線と空港線)
  • 三層部:ホーム(1面2線、下り本線と空港線)
    • ホーム長は389m、一部切欠きホームとなり、12両編成電車と6両編成電車が同時に直列停車および待避が可能になる。ホーム幅員は最大12m。

駅西側

  • 路線バスなどが乗り入れ可能な「京急蒲田駅西口駅前広場」 (2,900m²) および蒲田八幡神社側から大田区画街路第2号線(幅員11m)、補助36号線側から補助線街路第328号線(幅員15m)が整備される。

駅東側

  • 国道15号を渡った先(空港線と大田区産業プラザの間)に路線バスなどが乗り入れ可能な京急蒲田駅東口駅前広場 (2,400m²) が整備される。なお、京急蒲田駅と京急蒲田駅東口駅前広場の間は大田歩行者専用道路第1号線(高架、長さ110m、幅員5.2m)で結ばれる。
駅周辺

大田区の中心としての機能および商業施設は蒲田駅付近に集中しているが、一部は当駅近くに立地している。西側には蒲田駅東口に続くアーケード街と小規模の商店街が存在しており、東側には小規模の商店街が存在している。当駅周辺は中規模のビルが林立しており、連続立体交差事業が始まってからの約10年間で中・高層のマンションが数棟建設された。西口周辺は駅前広場の設置や広範囲にわたる再開発が計画されている。2012年12月には当駅南東にある南蒲田交差点の立体化が完成し、道路環境が変化した。しかし2013年2月現在、当駅の立体化以前の高架事業用地や地上ホーム跡の整理が進んでいないことから、歩道橋や東口駅前広場等の整備事業は進捗していない。なお、西口周辺では2013年4月以降進められる再開発に伴い、商店街あすと内の閉店が相次いだ。

  • 蒲田駅(東日本旅客鉄道〈JR東日本〉・東京急行電鉄) - 当駅から西へ800m程度離れているが、連絡運輸は行っていない。なお、この両駅を連絡する路線として蒲蒲線の整備計画がある。※整備計画の詳細は蒲蒲線を参照。
  • 大田区産業プラザ (PiO) - 蒲蒲線整備計画では周辺の地下に南蒲田駅(仮称)を建設する案があり、すでに駅建設のための空間が確保されているという。
  • 蒲田八幡神社
  • 東京誠心調理師専門学校
  • 警視庁蒲田警察署本庁舎
  • メガネドラッグ本店
  • 大田区総合体育館
  • 大田年金事務所
  • 蒲田医師会館
  • 東日本銀行蒲田支店
  • 東急ステイ蒲田
歴史
  • 1901年(明治34年)2月1日 - 蒲田駅として開業。(開業当時、現在のJR蒲田駅は未開業)
  • 1925年(大正14年)11月 - 京浜蒲田駅に改称。
  • 1987年(昭和62年)6月1日 - 京急蒲田駅に改称。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 空港線羽田駅(現・天空橋駅)開業に伴い、1番線ホームを両方向乗り入れに変更。
  • 1995年(平成7年)7月24日 - 本線用ホームを12両分に延長。同時に平日朝の通勤快特停車および夕方の下り快特臨時停車を開始。
  • 1998年(平成10年)11月18日 - 空港線羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)延長開業に伴い、エアポート快特・エアポート特急の運行開始。同時に快特停車駅となる。
  • 1999年(平成11年)7月31日 - 横浜方面からの羽田空港直通列車を運転開始。開始当初は梅屋敷寄りの渡り線を経由してスイッチバックを行っていた。同時にエアポート特急は廃止され、エアポート快特に統合される。当駅 - 新逗子間の急行も廃止される。
  • 2001年(平成13年)1月 - 高架化・駅舎建て替え工事に着手。その数か月後には東口を仮橋上駅舎へ移設。
  • 2002年(平成14年)10月12日 - 空港線線路と本線下り線路を結ぶ連絡線が開通し、横浜方面からの羽田空港直通列車の運転を本格的に開始する。
  • 2005年(平成17年)10月2日 - 空港線用の1番線ホームを仮線に移設。
  • 2006年(平成18年)11月25日 - 本線用の2番線ホームを仮線に移設。
  • 2007年(平成19年)12月2日 - 本線用の3番線ホームを仮線に移設。同時に高架化工事の支障となる跨線橋と仮橋上駅舎の東口改札を地下へ移設。
  • 2008年(平成20年)2月24日 - 西口改札を北側に移設。
  • 2010年(平成22年)5月16日 - 上り線高架化。同時にダイヤ改正が実施され、エアポート快特の停車駅から除外され、エアポート急行の停車駅となる。当駅 - 新逗子間では約11年ぶりの急行運行となる。
  • 2012年(平成24年)10月21日 - 下り線高架化。それに伴い、道路の"一旦停止"の表示がなくなった。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/12/27現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Q.どうやって使えばいいですか?
  • 通常の切符と同様に自動改札をお通りいただけます。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-keikyu/keikyu-kamata/index.html on line 289 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-keikyu/keikyu-kamata/index.html on line 289 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/tetsudo-keikyu/keikyu-kamata/index.html on line 289
ページトップへ