東海道新幹線 東京-徳山 指定席回数券の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >東海道新幹線 東京-徳山 指定席回数券販売(購入)

商品検索
東海道新幹線 東京-徳山 指定席回数券

東海道新幹線 東京-徳山 指定席回数券

「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 東海道新幹線 東京-徳山 指定席回数券の購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

東海道新幹線

東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)は、東京駅から新大阪駅までを結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の高速鉄道路線およびその列車(新幹線)である。
多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん)」とも呼ばれる。

徳山駅

徳山駅(とくやまえき)は、山口県周南市御幸通二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅。

概要

周南市の徳山地区(旧徳山市)の中心駅である。駅の南側には徳山下松港が展開し、新幹線プラットホームからは臨海部に広がるコンビナート群を眺められる。
山陽本線の和木駅 - 大道駅間各駅と岩徳線の全駅、山陽新幹線単独駅である新岩国駅を管轄する徳山地域鉄道部が構内に置かれた直営駅であり、当駅はこれらの駅の事実上の管理駅となっている。ただし徳山駅が直接、管理面での窓口となる対象は山陽本線の下松駅 - 戸田駅間、岩徳線の高水駅以西のみで、それ以外の区間の駅については近接する直営駅に窓口の役割を委ねている。

乗り入れ路線

山陽新幹線と、在来線の山陽本線との接続駅であり、このほかに山陽本線で隣の櫛ケ浜駅から分岐する岩徳線の列車も乗り入れている。
山陽新幹線の「のぞみ」については、2012年(平成24年)のダイヤ改正時点では上下合わせて8本の定期列車が停車する。また、九州新幹線に直通する定期運行「さくら」が上下合わせ10本が停車する。その他定期運行されている列車では「ひかり」が1往復停車する。また、週末や多客期を中心に臨時の「のぞみ」や「さくら」が停車する事例が間々みうけられる。

駅構造
在来線

地上14階・地下3階の駅ビル内にあり、2階に在来線ホーム、4階に新幹線ホームとモノレールホーム、3階にコンコースと改札口がある。コンコースの南側は3・4階が吹き抜けとなっていて、その空間にモノレールが入り込んでいる。南北それぞれの出口からペデストリアンデッキを張り巡らせ駅周辺の主要施設と連絡している。2011年の九州新幹線全線開業に合わせて、南口は「小倉城口(こくらじょうぐち)」、北口は「新幹線口(しんかんせんぐち)」に呼称が変更された。
小倉城口はコレットに通じる歩道橋に小倉祇園太鼓の銅像がある。新幹線側は西日本総合展示場・アジア太平洋インポートマート(AIM)が駅から少々離れているため、動く歩道が設置されている。

JR九州・JR西日本

在来線の駅は2面4線の地平ホームと1本の上り貨物待避線を持ち、3・4番ホームが島式となっている。各ホームは跨線橋で結ばれている。
山陽新幹線開業前には山陽本線で運行されていた特別急行列車・急行列車の大多数が停車していた。この名残で、倉敷駅 - 門司駅間を走る在来線優等列車が全廃した21世紀初頭の現在でもプラットホームにはかつて運行された列車の号車案内が記されている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/23現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ