岡山新倉敷-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >岡山新倉敷-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位販売(購入)

商品検索
岡山新倉敷-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位

岡山新倉敷-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 岡山新倉敷-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位の購入はこちら
ご利用案内

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

新倉敷駅

新倉敷駅(しんくらしきえき)は、岡山県倉敷市玉島爪崎にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅。
開業当時の名称は玉島駅(たましまえき)であったが、新幹線乗り入れと同時に現駅名となった。

概要

倉敷市西部に位置する玉島地域唯一の鉄道駅で、せとうち地域鉄道部管理の直営駅。山陽新幹線と在来線の山陽本線との接続駅となっている。山陽本線はICOCAの利用エリアに含まれており、岡山駅 - 福山駅間の快速列車「サンライナー」が停車する。なお、玉島の中心市街からは北に2kmほど離れている。

新幹線ダイヤの変遷

1975年3月10日に山陽新幹線が全線開通した当時は、東京 - 広島間運転の「ひかり」[2]が毎時1本停車していた。また、朝晩時間帯を中心に「こだま」と山陽区間内の「ひかり」[3]が運転される場合もあった。
1980年10月1日改正以降、停車本数が毎時2本となる時間帯が徐々に増やされた。これは、従来の東京 - 広島間「ひかり」に加えて、東京 - 博多間「ひかり」[2]もしくは新大阪 - 博多間「こだま」のどちらかが運行されるようになったためである。
1986年11月1日改正以降、山陽新幹線区間の「こだま」が増発され、「ひかり」の停車本数が順次削減された。1997年11月29日改正以降、岡山駅での「のぞみ」と「こだま」の接続が改善されたため、「ひかり」の停車はなくなった。
当駅は、基本的に「こだま」が毎時1 - 2本停車するのみであるが、2008年3月15日のダイヤ改正により早朝時間帯に上りのひかり号(東京行き1便)、ひかりレールスター(1便)が停車する形で「ひかり」の停車が復活した。また、翌2009年3月14日改正より下りのひかりレールスター停車が1便追加された。

歴史

・1891年(明治24年)7月14日 - 山陽鉄道 倉敷駅 - 笠岡駅間の開通と同時に、玉島駅として開業。旅客・貨物の取扱を開始。
・1906年(明治39年)12月1日 - 山陽鉄道の国有化により国有鉄道の駅となる。
・1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。山陽本線の所属となる。
・1974年(昭和49年)10月1日 - 貨物の取扱を廃止。
・1975年(昭和50年)3月10日 - 山陽新幹線開業。同時に新倉敷駅に改称され橋上駅舎になった。
・1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
・1997年(平成9年)11月29日 - ダイヤ改正により「ひかり」の停車が廃止され、「こだま」のみの停車駅となる。
・2005年(平成17年)2月20日 - 山陽新幹線改札に自動改札機が導入される。
・2007年(平成19年)
・5月27日 - 在来線にICOCA対応の自動改札機を導入。
・9月1日 - ICOCAの使用を開始。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/25現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ