西明石-東京発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >西明石-東京発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
西明石-東京発着 東海道新幹線チケット

西明石-東京発着 東海道新幹線チケット

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 西明石-東京発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

明石市

明石市(あかしし)は、近畿地方の中部、兵庫県南部の明石海峡に面する都市で兵庫県東播磨県民局に区分されている。 2002年に、国から特例市に指定された。

名産品

玉子焼(明石焼) 明石焼と表記している店は観光客相手の所が多い
市街地の中心にある魚の棚商店街(通称「うおんたな」)などでは、様々な海産物を購入できる
・真鯛
・真蛸
・アナゴ
・ノリ
・イカナゴの釘煮
・焼穴子(全てが明石産の穴子というわけではない)
・ひっぱりだこ飯(駅弁)
・明石焼(陶磁器)

兵庫県

本州で唯一、北は日本海、南は瀬戸内海の二つの海に接している県である(本州の両端である青森県や山口県を除く。)南北に長い県域を持ち、近畿地方の府県で最大の面積を持つ。そのほぼ中央を日本標準時子午線(東経135度)が南北に通過し、明石市にはこれにちなむ明石市立天文科学館がある。県中央部には中国山地が東西に横たわり、交通の難所ともなっている。
南部の瀬戸内海沿岸は阪神工業地帯や播磨臨海工業地帯といった日本有数の重化学工業の集積地となっており、近畿圏最多の工場立地数となっている。一方で、中部から北部にかけては農林水産業が主な産業であり、過疎地や豪雪地帯も抱える。これら過密と過疎を平均した県単位の産業活動指数は全国平均であることから、日本の縮図と言われることがある。また、南東部の阪神間はベッドタウンとしての性質があり、神戸市(国内の大都市人口6位)と阪神地方で全人口の約6割を占める。なお、兵庫県の人口は国内7位であり、兵庫県の人口密度は国内8位である。
地域によって風俗や習慣に違いが見られ、方言も多彩である。県南部では近畿方言(関西弁)が使われるが、県北部では中国方言である但馬弁が使われる。県南部の方言も、中国方言の影響を受けた播磨地域の播州弁、大阪弁の流れを汲む阪神地域の摂津弁、播州弁と摂津弁の中間的な方言で神戸市を中心に使われる神戸弁、京言葉の流れを汲む丹波弁、徳島弁などとのつながりがある淡路島の淡路弁、と細かく分かれる。この県内風土の多様性により、兵庫県民としての連帯感はそれほど強くなく、神戸市、姫路市、豊岡市、阪神地域に隣接する大阪市など、各エリアの中心となる都市圏に帰属意識を持つ。そのため、自らを「兵庫県民」と称することが少ない。実際、県人会も県内の出身各地方で別々となっている(東京淡路会、大阪但馬人会、関東氷上・多紀郡郷友会など)

気候

兵庫県北部が日本海側気候、兵庫県南部が瀬戸内海式気候で、兵庫県北部を中心に豪雪地帯が広がる。広大な面積を有する為に歴史遺産や自然遺産にも恵まれている。
兵庫県内の豪雪地帯は日本海側気候、それ以外の地域は瀬戸内海式気候。隣接する岡山県に比べると全般に降水量は多い。
冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂に見舞われることがある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/25現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ