米原-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >米原-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位販売(購入)

商品検索
米原-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位

米原-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 米原-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位の購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

米原駅

米原駅(まいばらえき)は、滋賀県米原市米原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・近江鉄道の駅である。

駅弁

JRの駅では株式会社井筒屋(北九州市にある百貨店の井筒屋とは無関係、5・6番のりばの立ち食いそば屋も運営)が販売している。

・鯖寿し
・元祖鱒寿し
・近江の味
・牛肉弁当
・伊吹釜めし
・近江牛大入飯
・湖北のおはなし
・ステーキ弁当
・てき重(加熱式)

歴史

1889年、現在の東海道本線に当たる関ヶ原駅 - 馬場駅(現在の膳所駅)間と、北陸本線の長浜駅 - 米原駅間が開業したことに伴い、両線の接続駅として設置された。それまでは関ヶ原駅 - 長浜駅間に鉄道が存在し、大津から長浜の間を結ぶ太湖汽船の鉄道連絡船もあわせて長浜駅がその役割を担ってきたが、その役目を引き継いだ形になる。

かつては、東海道本線における急勾配区間の一つであった大垣駅 - 関ヶ原駅間を越えるための補助機関車を留置する基地、それに北陸本線の起点として機関区が設けられ、多数の蒸気機関車が在籍していた。
東海道線本線稲沢駅 - 当駅間電化の際には、新たに電気機関車も当駅に配置され、ここで電気機関車と蒸気機関車の付け替えが行われた。さらに北陸線が交流電化された際は、当駅 - 田村駅間で蒸気機関車による列車継走が行われ(その後ディーゼル機関車に移行)、EF81による直通運転が始まるまで、交直接続のつなぎとして大きな役割を担った駅である。

また、北陸線列車の始発駅として大きな役割もあった。客車区が置かれ北陸線の普通列車に運用されていたほか、郵便や荷物の積み替えも多かった。1955年には貨物操車場が駅南側に移転拡張され、東海道線と北陸線の貨車の授受作業とともに貨物列車の仕立ても行われていた。

駅の開業時は東海道線と北陸線の3面5線の規模で、駅舎と各ホームは地下道で結ばれていた。

1955年、稲沢駅 - 米原駅の電化開業に合わせ操車場の移設を含む大幅な改良工事が行われ、上り線は大きく湖側に離れ、上下線間に操車場を抱き込む形になった。このとき上り線の2面4線のホームが新たに設けられ、北陸線と東海道線上りは駅の北側で立体交差することになった。下り側1 - 5番線と上り側7 - 10番線の間には操車場への通路線が複数入り、長い跨線橋が新設され、下り側ホーム群と上り側ホーム群を繋いでいた(6番線は欠番)。機関区も電気機関車対応の施設が新設され、EF58やのちにはEF65型機関車などが配置されていた。

1964年には、新幹線が開業した。在来線上りホームに隣り合う湖岸側に駅舎(西口)が設けられ、駅は西側に大きく広がることとなる。ただし、新幹線に出入りできる直接の改札はなく、一旦在来線構内を通って新幹線改札に進むものであった。この形は国鉄分割時にもそのまま引き継がれ、東西の駅舎はJR西日本が、構内の新幹線部分をJR東海が管理することになった。

JR化後客車列車の減少とともに機関区・客車区は廃止され、跡地は電留線になっている。 1998年には操車場の縮小整理と基盤整備に合わせて下りホームが上り側に移設され、新たに1面2線のホームを設けるとともに、東口駅舎も移設新築された。旧の下りホーム3面5線と東口駅舎は解体され、跡地は新しい駅前広場として整理されている。

さらに2009年には橋上化が完成し、東西自由通路上に在来線(JR西日本)と新幹線(JR東海)の駅舎が並ぶ形となった。

米原操車場

米原操車場は、米原駅構内の南方1.1kmに存在するJR貨物の操車場で、上下本線の間に数本の入換線を有している。東海道本線と北陸本線の結節点であり、一部の高速貨物列車・専用貨物列車の入換作業が行われている。
改良前の米原駅は貨車仕訳線が東部・中部・西部の3グループに分かれており、貨車中継・組成作業が扱い量の増大により困難になってきた。そこで、新たに駅南側のかつての入江であったところを埋め立て、新たな操車場を建設することになった。軟弱な地盤であり、しかも平均3mの盛土が必要であった。1955年に完成したこの改良により、貨物列車と旅客列車の平面交差もなくなり、作業能力は飛躍的に向上した。構内の東西に上下の発着線を持ち、中に広い仕訳線を持つ配線で、ハンプは持っていなかった。新鶴見・稲沢や吹田と富山・新潟などの各操車場間を結ぶ地域間急行貨物なども設定されていた。がその後湖西線開業による通過貨物の減少、さらにはヤード系貨物列車の廃止などにより1984年2月1日のダイヤ改正から列車の組成をすることはなくなってしまった。

現在は一部の発着線を残し縮小され、仕訳線などの撤去により生じた跡地利用の基盤整備が行われており、鉄道総合技術研究所(鉄道総研)の大型風洞施設などが跡地に作られている。また、コンテナ荷役のできる米原貨物ターミナル駅を設置する計画もある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/25現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ