浜松-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位の格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >浜松-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位販売(購入)

商品検索
浜松-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位

浜松-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 浜松-東京発着 東海道新幹線回数券 1冊単位の購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

浜松駅

静岡県西部の政令指定都市、浜松市の中心駅であり、東海道新幹線と在来線の東海道本線が乗り入れている。近隣にある遠州鉄道の新浜松駅と合わせて、静岡県西部(遠州地域)の拠点駅としても機能している。

新幹線

相対式ホーム2面2線を有する。中央の2線は通過線(本線)となっており、西側から浜松工場への引き上げ線が分岐している。上下ホームとも、両端に各車系ごとの停車位置表示がある。 東京 - 岡山間(一部、東京 - 名古屋・新大阪間)の「ひかり」が毎時1本停車するほか、朝・夜に当駅発着の「こだま」が1.5往復(上り2本、下り1本)ある(2008年3月15日現在)。

利用状況

JR東海によれば、1日平均の乗車人員は約35,000人である(2009年度)。これはJR東海の駅では、名古屋、東京、新大阪、静岡、金山に次ぎ第6位(東京と新大阪は東海道新幹線のみ)で、静岡県内では第2位である。

機関車交換駅時代

1949年5月20日に東海道本線静岡 - 浜松間の電化が完成すると、浜松駅は電化区間の境界となり、東京方面の電気機関車と名古屋方面の蒸気機関車との付け換えが行われるようになった(戦前では沼津駅でのそれが知られる)。これに伴う長い停車時間は、浜松駅に以下のような「名物」を生むことになった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/25現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ