博多-東京発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >博多-東京発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
博多-東京発着 東海道新幹線チケット

博多-東京発着 東海道新幹線チケット

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 博多-東京発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

博多駅バイパス

博多駅(はかたえき)は、福岡県福岡市博多区博多駅中央街にある、九州旅客鉄道(JR九州)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・福岡市交通局(福岡市地下鉄)の駅である。

概要

九州・福岡を代表するターミナル駅で、九州地方最大の駅でもある。当駅を拠点に、九州の主要都市とを結ぶ特急列車や福岡都市圏等を走る多くの快速・準快速・普通列車が発着する。2004年(平成16年)時点で特急列車の発着本数は日本一であった[1]。

山陽新幹線の終点にして東海道・山陽新幹線系統の西端でもあり、大阪・名古屋・東京など本州とを結ぶ多くの新幹線列車が発着している。2011年(平成23年)3月12日には九州新幹線(鹿児島ルート)が当駅まで延伸・全線開業し、当駅は同線と山陽・九州新幹線系統の起点となった。

2007年(平成19年)3月に博多井筒屋が入居していた旧駅ビル(博多ステーションビル)が解体され、阪急百貨店や東急ハンズ、シネマコンプレックス「T・ジョイ」などが入居する新駅ビル(JR博多シティ)が建設され、九州新幹線開業の9日前の2011年(平成23年)3月3日に開業した。

福岡市営地下鉄(空港線)の駅はJRホームの真下にあり、福岡市地下鉄の駅の中では天神駅に次いで二番目に利用者が多く、同線の拠点駅である。また、2020年度を目処に七隈線を当駅まで延伸する計画がある(後述)。

キャナルシティ博多

旧福岡シティ銀行(現:西日本シティ銀行)系列の不動産会社である福岡地所が、1996年(平成8年)4月に、カネボウプール(さらにその前は鐘紡の工場・一時期はゴルフ練習場や駐車場にもなっていた)跡地にオープンさせた。建築デザインはアメリカ人建築家ジョン・ジャーディ(英語版)が担当した。

施設は7つの建物群から構成されている。キャナルシティ・オーパビルが中央部に位置し、それを扇状に拡げる形でシアタービル、福岡ワシントンホテルビル、ビジネスセンタービル、アミューズメントビル、メガストアビル、オーパビルの対向にグランドハイアット福岡ビルが置かれている。4階以下ではシアタービル、福岡ワシントンホテルが入居するビル、アミューズメントビル、メガストアビルはキャナルシティ・オーパビルを介して一体となっており、地下1階・1階・3階でその他のビルと連絡している。

英語で「運河」を意味する「キャナル (canal) 」の名前の通り、地下1階には運河が流れている。ほとんどの施設は運河の東にあり、「グランドハイアット福岡」のみ運河の西にある。施設中央の運河沿いにはサンプラザステージがあり、ほぼ毎日マジックショーなどの様々なイベントが行われており、週末を中心に音楽ライブや地元テレビ局の番組収録なども頻繁に行われている。

なお、キャナルシティ博多の西側近隣は九州最大の歓楽街・中洲であり、水商売、風俗店やラブホテル等のビル・店舗が西方周辺すぐ近くに林立しているため、施設内からは西側の景観は意図的に見渡しにくい構造になっている。

博多駅地下街

福岡市地下鉄博多駅の博多口側コンコース広場(地下1階)に隣接しており、当該コンコースから、博多バスターミナル(「バスチカ」)、博多新三井ビル、福岡朝日ビル(サンプラザ地下街)にそれぞれ伸びる地下連絡通路に沿う形で地下街を形成している。地下街での買い物や食事の他に、駅前の交通量の多い通りを避けて横断できる通路としても人通りが多い。

博多駅の現在地への移転(1963年)や、博多口の旧駅ビル(博多ステーションビル)の開業(1964年4月)から程なく開業し、博多駅界隈でも古い歴史を持つ地下街である。
「食堂街一番街」は2007年4月から新駅ビル・JR博多シティ建設工事のため休業し、2011年3月3日の新駅ビル開業時に「博多一番街」としてリニューアルオープンした。

博多一番街・博多駅地下街ともに、新駅ビルJR博多シティや、博多駅前広場南寄りの地下施設[1]とも直結、あるいは地下鉄コンコース経由で連絡する。
2011年10月31日には、前述の「アミュ地下」と福岡センタービル[2]、西日本シティ銀行との間が、歩行者用通路「はかた駅前通り地下通路」で結ばれた。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/27現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ