熱海-東京発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >熱海-東京発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
熱海-東京発着 東海道新幹線チケット

熱海-東京発着 東海道新幹線チケット

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 熱海-東京発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

熱海城

熱海城は、昭和34年(1959年)に海抜100mの位置に建てられた。外観5層、内部9階の日本の城郭に見られる天守を模して造られた鉄筋コンクリート造建築であり、天守閣風建築物とよばれるものである。浅野祥雲作による金鯱を戴く天守閣からは、熱海市街、初島、大島、相模灘を一望することができる。

三方が断崖という、城郭を築くには理想的な場所であり、北条家歴代の名将たちも、築城を目指しながら果たしえなかったと伝えられる。

歴史上存在した城郭で無かった事もあり、完成当初はあまり注目されなかったが、1962年に公開され世界的に大ヒットしたゴジラ映画「キングコング対ゴジラ」のクライマックスで熱海城が登場してゴジラとキングコングという日米二大怪獣に破壊された事で熱海城はたちまち有名になった。

かっては地下に温泉施設があり、隣接する離れは宿泊棟だったが共に閉鎖され久しい。現役の展望台真下には旧い展望台がそのまま残る。

熱海七湯

温泉街には、熱海七湯と呼ばれる、古くからの源泉が存在する。源泉は整備されているが、源泉の利用はホテル旅館等で使用されており、源泉にちなんだ共同浴場などはない(旅館ホテルの外来入浴のみ)。 熱海七湯は以下の7つの源泉である。
・大湯
・野中の湯
・佐治郎の湯
・風呂の湯
・清左右衛門の湯
・河原湯
・小沢の湯
・大湯は現在は人工の間欠泉として整備されている。大湯間欠泉は古くは自噴していたが、明治時代中期に自噴がとまった。その後、関東大震災の際に再び自噴が始まったが、昭和初期に再び自噴がとまった。その後、1962年(昭和37年)に人工の間欠泉として整備され、現在に至っている。大湯間欠泉の傍には、日本最初の電話ボックスが再現されている。(現在の熱海ニューフジヤホテルアネックス館脇)

駅周辺

国際観光文化都市熱海市の主要部である熱海市市街地の北側に立地し、駅前には熱海温泉のホテル・旅館・みやげ物店が立ち並ぶ。駅前広場には足湯(利用可能時間は9:00-16:00)があり、その横に熱海鉄道の蒸気機関車が静態保存されている。

歴史

東海道本線は当初、小田原 - 熱海 - 三島の山岳地帯にトンネルを開削する技術がなかったこともあり、現在の御殿場線ルートで建設された。そのルートから外れた小田原・熱海では、国府津駅より小田原電気鉄道という路面電車で小田原市街へ、さらに豆相人車鉄道→熱海鉄道→大日本軌道→熱海軌道組合の人車軌道・軽便鉄道により熱海まで連絡を図った。

その後、御殿場経由は急勾配が存在し輸送力増強の障壁になることや、トンネル掘削の技術が進展したことなどから、当初見送られた熱海経由での路線整備が決定する。そして1925年(大正14年)、熱海線の名目で現在の熱海駅まで鉄道路線が開業して路面電車や軽便鉄道は全廃。1934年(昭和9年)、丹那トンネルが開通すると熱海線は東海道本線となった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/2/27現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ