名古屋-新横浜発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >名古屋-新横浜発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
名古屋-新横浜発着 東海道新幹線チケット

名古屋-新横浜発着 東海道新幹線チケット

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 名古屋-新横浜発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「のぞみ号」「ひかり号」「こだま号」の普通車指定席がご利用になれる回数券です。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

名古屋駅

名古屋駅(なごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海高速鉄道・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。

名古屋港

名古屋港(なごやこう)は、愛知県名古屋市、東海市、知多市、弥富市、海部郡飛島村にまたがる港湾である。地元では名港(めいこう)の略称でも呼ばれる。日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつ。

日本の主要な貿易港の一つであり、平成20年度までのデータによれば、その貿易額と貨物取扱量は日本最大を維持し続けている。 第二次産業の集積した中部経済圏の窓口として、輸出入における黒字率が極めて高いのが特徴であり、日本の全港湾の貿易黒字の約6割を名古屋港単港で担っている。

港湾法上の国際戦略港湾、港則法上の特定港、また四日市港と共に政令上の指定港湾(旧スーパー中枢港湾)に指定されている。

名古屋テレビ塔

1953年9月19日着工。現在建っている土地は当時の名古屋市助役であった田淵寿郎によって復興のシンボルになるという理由で、有償貸与されている[1]。昼夜を通して工事が行われただけでなく建設許可の際、「塔の直下に地下鉄を通す」ことを条件に建設されたため4本の脚部は深さ6 mまでしか埋め込まれておらず将来の地下鉄工事に備えるためにだるま式構造と呼ばれる4本の脚を鉄筋コンクリートのアーチで結合して固め、重心を下げる工事も行われている[2][注 1]。1954年6月19日竣工、翌日には開業・電波の発射を開始した。設計者は内藤多仲。名駅地区を中心に超高層ビルが乱立する中でも、名古屋市中心部のシンボルとして親しまれている。

テレビ塔の建設費は愛知県と名古屋市が当時の金額でそれぞれ2000万円を、名古屋鉄道などの名古屋の財界が4000万円を出資している。さらにNHKが放送機材として4000万相当の鉄塔を現物で出資し、その方針に倣い中部日本放送(CBC)も同額で鉄塔を購入している。そのため鉄塔にある展望台(90 m)より上はNHK、それより下はCBCの持ち分になっている。

2011年7月24日までNHK名古屋放送局(総合・教育)、中部日本放送(CBC)、東海テレビ放送(THK)、名古屋テレビ放送 (NBN)のVHF4局がここから地上アナログテレビの電波を送信していた。

名古屋市内の繁華街ということなどもあり、一部放送局の中にはお天気カメラを設置しているところもある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/6現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ