京都-三島発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >京都-三島発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
京都-三島発着 東海道新幹線チケット

京都-三島発着 東海道新幹線チケット

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 京都-三島発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

三島駅

三島市の代表駅である三島駅(みしまえき)は、静岡県三島市一番町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・伊豆箱根鉄道の駅であり、JR東海の東海道新幹線、JR東海・JR貨物の東海道本線(JR東海が第一種鉄道事業者でJR貨物が第二種鉄道事業者)、伊豆箱根鉄道の駿豆線の合計3路線が乗り入れている。
三島駅のJR東海の駅舎と伊豆箱根鉄道の駅舎は分離されているが、駅構内は隣接し、線路がつながっている。
JR東海の三島駅南口駅舎は富士山と三嶋大社をイメージしたものになっており、中部の駅百選にも選定された。
東海道本線で運行される列車のうち、三島駅に停車するものは普通列車が中心だが、東海道本線と駿豆線を直通運転する特急「踊り子」も停車している。三島駅以西へ向かう特急列車も存在していたが、2007年(平成19年)3月18日の特急「東海」の廃止により消滅した。
快速「ムーンライトながら」は下りのみ(臨時を含む)三島駅に停車していたが、2009年(平成21年)3月14日のダイヤ改正で臨時列車への格下げと同時に停車駅が見直され、両方向とも三島駅通過となった。
その他夜の下りホームライナー1本が三島駅始発で運転されていたが、始発駅が沼津駅に変更され、こちらも三島駅への停車がなくなった。
東海道新幹線の列車は、「こだま」の全列車と、東京 - 岡山間(上下各1本は新大阪発着)の「ひかり」が1日上下6本ずつ(2時間に1本)三島駅に停車し、「こだま」は三島駅発着列車も設定されている。
三島駅は東海道本線の丹那トンネル開削に伴って1934年(昭和9年)12月に開業した。同時に、1898年(明治31年)に運行を開始した駿豆線も下土狩駅から起点を変更し乗り入れた。この三島駅は2代目であり、駿豆線の起点であった下土狩駅が初代の三島駅であった。1969年(昭和44年)4月には東海道新幹線側にも駅が完成し、1987年(昭和62年)4月に行われた国鉄分割民営化では、それまで日本国有鉄道(国鉄)が運営していた三島駅の旅客営業をJR東海、貨物営業をJR貨物がそれぞれ継承した。

三島駅構造

在来線(東海道本線)のホームは三島駅構内の南側にあり、その北側に東海道新幹線のホームがある。在来線ホームは地上にあり、東海道新幹線ホームは高架上にある。 東海道新幹線は島式ホーム1面2線を使用し、ホームの南側が5番線、北側が6番線でとなっている。ホームがある線路は待避線(副本線)であり、その外側にホームのない本線(通過線)がある。島式ホームの外側に本線(通過線)を設ける構造は全国の新幹線駅では三島駅のみである。
熱海駅新幹線ホームが2面2線の通過本線がない関係で、三島駅始終着を除く「こだま」号の大半は、小田原駅と共に三島駅で通過列車の待ち合わせを行なう。
三島駅のホームの南側には検修庫(三島車両所検修線)が設置されているため、ここから在来線ホームを見渡す事ができない。検修庫の東側には新幹線の保線基地(三島保線所)が置かれている。また、三島駅の西方には三島車両所の新幹線留置線が広がっている。車両所・保線所の他に、新幹線関連の機関として三島電力所と三島信号通信所が駅構内に置かれている。

駅弁

三島駅で東華軒によって販売される主な駅弁は下記の通り。
・清流うな重(三島名物のうなぎを使用)
・三嶋旅情 頼朝公旗挙げ御膳(地元の三嶋大社で平氏打倒の旗揚げをした源頼朝をイメージ。三島駅でのみ購入可)
・桜えびめし(静岡市由比・蒲原地区で揚げられた桜海老使用)
・三嶋物語 おおね御膳(季節弁当)
・港あじ鮨
・さとやまのさち
・御弁当(幕の内)
・地鶏どん
・奥駿河の磯ちらし
・鯛めし
・助六寿司
・サンドウィッチ
・桜えびのおにぎり
・とり重
・富嶽あしたか牛すき弁当
・伊豆龍馬飛翔会席膳
・伊豆の思い出 文士の玉手箱/br>

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部改編
2014/08/03現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ