京都-掛川発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >京都-掛川発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
京都-掛川発着 東海道新幹線チケット

京都-掛川発着 東海道新幹線チケット

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 京都-掛川発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

掛川駅

掛川駅(かけがわえき)は、静岡県掛川市南一丁目および南西郷にある、東海旅客鉄道(JR東海)・天竜浜名湖鉄道の駅である。
JR東海の東海道新幹線と在来線の東海道本線に加え、掛川駅を起点とする第三セクター鉄道の天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線の合計3路線が乗り入れている。
天竜浜名湖線は、現在の天竜浜名湖鉄道に経営移管される前は日本国有鉄道(国鉄)の二俣線と呼ばれ、当時国鉄の路線であった東海道本線と同一事業者の路線であった。
東海道新幹線は、掛川駅新設時から各駅停車の「こだま」のみが停車する。東海道新幹線内では新富士駅と三河安城駅も「こだま」のみの停車であるが、掛川駅がその中でも利用者数は一番多い。

掛川駅構造

改札は掛川駅北口(表口)、掛川駅南口(新幹線口)および乗換口(東海道新幹線と在来線の中間改札)があり、各改札と在来線ホームは地下通路と跨線橋で結ばれている。掛川駅南口からは東海道新幹線構内に直接入出場できる。
東海道新幹線停車駅では唯一、木造駅舎(北口)を有している。掛川市長であった榛村純一が木の文化を大切にするという姿勢をとっていたため、1940年(昭和15年)に建築された駅舎が現在も残っている。一方で駅舎の耐震化がなされていないことから、掛川市では駅舎を建て替えの上で元の木造駅舎の資材を利用して外観を復元する工法による耐震化工事を2012年(平成24年)12月から開始、2014年(平成26年)1月26日に工事が竣工して翌27日から掛川駅駅舎の供用を再開した。
掛川駅は、駅長・駅員配置駅(直営駅)であり、管理駅として、菊川駅を管理している。
みどりの窓口は掛川駅北口駅舎に併設されたJR東海ツアーズ内と掛川駅南口改札傍の2ヶ所にある。
東海道新幹線特急券の自動券売機は、掛川駅北口に1台、掛川駅南口に3台、新幹線乗換口改札付近に2台設置されている。
駅舎東側に線路下を通る自由通路があり、掛川駅は改札内を通らずに南北を往来できる。東海道新幹線高架下にはジェイアール東海静岡開発の運営する商業施設「アスティ掛川」があり、土産物売店、カフェなどがある。

駅弁

掛川駅で販売される主な駅弁は下記の通り。
・浜の釜めし
・四季の二段重
・喧嘩凧
・しらす弁当
・一豊御膳
・うなぎ弁当(赤ワイン仕込)
・濱松うなぎ飯

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部改編
2014/08/03現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ