京都-浜松発着 東海道新幹線チケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >京都-浜松発着 東海道新幹線チケット販売(購入)

商品検索
京都-浜松発着 東海道新幹線チケット

京都-浜松発着 東海道新幹線チケット

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 京都-浜松発着 東海道新幹線チケットの購入はこちら
ご利用案内

「ひかり号」「こだま号」の普通車自由席がご利用になれる回数券です。自動改札機に通して、そのままご利用いただけます。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

浜松駅

浜松駅は、静岡県西部の政令指定都市、浜松市の中心駅であり、東海道新幹線と在来線の東海道本線が乗り入れている。近隣にある遠州鉄道の新浜松駅と合わせて、静岡県西部(遠州地域)の拠点駅としても機能している。
浜松駅には東海道新幹線が、東京 - 岡山間(一部、東京 - 名古屋・新大阪間)の「ひかり」が毎時1本と、各駅停車の「こだま」が毎時2本停車する。また朝・夜に当駅発着の「こだま」が1.5往復(上り2本、下り1本)設定されている(2014年3月15日現在)。一部の「ひかり」は上下とも浜松駅で「のぞみ」の通過待ちをする。
在来線は、日中は静岡方面が毎時4本(掛川行1本[1],静岡以東行3本)、豊橋方面が毎時3本運転されている。また通勤客向けに浜松駅と静岡・沼津駅間を結ぶホームライナーが設定されている。特急列車は、寝台特急の「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の下り列車が浜松駅に停車するのみである。

浜松駅構造

浜松駅は、新幹線・在来線ともに高架駅である
東海道新幹線の浜松駅は、相対式ホーム2面2線を有し、中央の2線は通過線(本線)となっており、西側から浜松工場への引き上げ線が分岐している。上下ホームとも、両端に各車系ごとの停車位置表示がある。
在来線の普通列車の多くが浜松駅で乗り換えとなる。しかし、下り(上り)列車が上り(下り)ホームに到着して折り返す場合があるため、構造が似て見える静岡駅と異なり、浜松駅では常に同じホームで乗換えができるとは限らない。
浜松駅は駅長・駅員配置駅(直営駅)である。管理駅として、東海道本線の天竜川駅・高塚駅・舞阪駅の3駅を管理している。
浜松駅は軌道道床にスラブ軌道を広範囲に使用していることが特徴である。浜松駅より先に高架化を果たした静岡駅は極僅かな区間に限られている。
浜松駅の東海道新幹線在来線乗り換えコンコースの在来線側に設置されている東改札口は、駅ビル「メイワン」を経てアクトシティ浜松の連絡通路へつながっている。利用できる時間は7時40分から21時15分までで、近距離用の自動券売機が設置されている。
自動改札機のみで有人通路はないが、駅係員がいることが多く非自動化券を持っている場合は業務用通路から出場の便宜を図ってもらえることがある。いったん「メイワン」の2階に入る構造になっているが、メイワン営業時間外でも浜松駅改札口の利用時間であれば利用できる。

駅弁

浜松駅で自笑亭によって販売される主な駅弁は下記の通り。
・浜の釜めし
・四季の二段重
・喧嘩凧
・しらす弁当
・一豊御膳
・うなぎ弁当(赤ワイン仕込)
・濱松うなぎ飯
・粋な寿司弁当

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より一部改編
2014/08/03現在 Copyleft(c)

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。
    ※指定席回数券で自由席をご利用の場合は、そのまま自動改札をご利用いただけま す。

    自由席回数券をご利用の場合はそのまま自動改札機を通してご利 用いただけます。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安新幹線回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

     JR各社の株主優待券は上記期間もご利用いただけます。詳しくはJR各社の株主優待券購入ページをご覧ください。 JR東海株主優待券購入ページをご覧ください。

ページトップへ