松屋フーズの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >松屋フーズ販売(購入)

商品検索
松屋フーズ
(2013年1月17日現在のデザイン)

松屋フーズ

全国の松屋フーズにて以下のA〜Cでご利用いただけるお食事券です。
A:定食各種(700円以下)+ライス大盛
B:セットメニュー(700円以下)
C:定食・セットメニュー以外のメニュー(700円以下)+サイドメニュー
詳細はこちら

  • 松屋フーズの購入はこちら
ご利用案内

全国の松屋フーズにて以下のA〜Cでご利用いただけるお食事券です。
A:定食各種(700円以下)+ライス大盛
B:セットメニュー(700円以下)
C:定食・セットメニュー以外のメニュー(700円以下)+サイドメニュー
詳細はこちら

松屋フーズ

株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、牛丼(牛めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開している企業。

概要

創業者の瓦葺利夫が1966年(昭和41年)に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのがその始まりである。この店は1969年(昭和44年)に閉店した。

この店がなかなか軌道に乗らなかったこと、商店街で商売を試してみたかったこと、専門誌で紹介されていた「何時屋」の「ぶっかけ」という牛めしに衝撃を受けたこと、吉野家の味に感銘を受けたことなどにより、瓦葺が牛丼の研究を重ね独自の味を完成させて、1968年(昭和43年)6月に江古田に牛めし・焼肉定食店としての「松屋」をオープンさせた。これは2011年(平成23年)現在の江古田店であり、これが1号店としてカウントされる。

同業の他社チェーンと比較して、牛めし以外のカレーライスや定食などの比率が高いのが特徴である。これは1号店の江古田店近辺は学校が多いことから昼間は学生で賑わい、ベッドタウンでもあることから夜は独身サラリーマンが戻ってくるという当時の土地柄を考慮して、学生層向けの牛めしだけではなく独身サラリーマン層向けには定食とカレーが必要と考え、「牛めし」「定食」「カレー」の三本柱でメニューを構成することになり、その後の展開においてもこの方針を維持している。

ロゴマークは当初、社員の家族が考えた丼を持っている牛(通称:牛ちゃん)だった。会社が大きくなってきたのでデザイナーに依頼、盆に乗せられた丼と味噌汁椀をモチーフとしたものになった。丼・カレーに味噌汁が付く松屋の特色を表したものである。
2012年(平成24年)9月時点の未出店地域は青森県、秋田県、鳥取県、島根県、香川県、高知県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県である。 海外の出店は中国上海市、またラーメン居酒屋、豚カツ専門店などをアメリカ合衆国ニューヨークで営業している。

メニュー

日本にて牛肉輸入自由化された後、松屋のメニューを牛めしに特化することも模索されたが、当時既に牛丼といえば吉野家というブランドイメージが出来上がっていた状況の中で、松屋が牛めしに特化しても良い結果を出すのは難しく、慣れている三本柱メニューでマーケットに訴えた方が良いということで却下された。

新メニューは上層部も関わって随時開発する方針を採っており、需要の低いメニューは終了して入れ替え、需要の高い既存メニューも適時改良している。

店内で食べる場合は、カレー等にまで無料で味噌汁が付くが、持ち帰りの場合は別売り(有料)となっている。ちなみに、瓦葺会長の「日本の食卓といえば麹の味噌汁だ。」という意向により、松屋の味噌汁は麹入りとなっている。同社総務人事部によれば、注文が一番多いメニューは通年においては牛めしとなっているが、月によっては定食などの新メニューが一番注文されることもあり、客単価は四百円台後半(大体480円位)となっている(2009年(平成21年)時点)。

一部メニューの名称に特徴があり、他店でいう牛丼を牛めし、豚丼を豚めし、あいがけをカレギュウ、サラダを生野菜と呼ぶ。

現在の主なメニュー

  • 牛めし
  • カレー
  • 定食
  • 朝定食(5時~11時のみ販売、持ち帰り不可)
  • サイドメニュー
  • トッピング

この他、期間限定メニューが随時登場している。
上記のメニュー以外にも店舗限定商品や一部外販弁当実施店舗などは独自のオリジナルメニューを導入している。

個食パック

セット販売されており、持ち帰りや電話・インターネットの通販で購入可能。一部のスーパーマーケットなどの店頭でも取り扱いがある。

  • 牛めし個食パック、豚めし個食パック
  • オリジナルカレー
食材

吉野家との関係

松屋の店舗が江古田のみだった黎明期、吉野家と肉などの材料の卸を共有していた時期がある。これは瓦葺社長が偶然立ち寄った吉野家の味に感激し、研究も兼ねて通い詰めるようになった結果、吉野家のスタッフと顔見知りになったことによる。当時の吉野家は築地の1店舗のみを経営していたが、新橋に2号店を出す際に瓦葺を役員として誘ったものの瓦葺は恐れ多いと丁寧に辞退。これを期に独自の味を探索するようになった。

米国産牛肉禁止による影響

2004年(平成16年)2月4日から米国産牛肉の輸入が禁止された際も、牛めし以外の比率が高かったこと、および新メニューとして開発していた『豚めし』が日本にてBSE発覚の日に完成した"奇遇"も追い風になり、主要チェーンでは最も遅い2004年(平成16年)2月14日まで牛めしを販売していた。その後中国産の牛肉を使用した牛めしで販売復活を果たし、現在はオーストラリア産、メキシコ産の牛肉をブレンドしたものを販売している。現在は再び、米国産牛肉による牛めしも販売。なお、豚めしの豚肉はデンマーク産である。 かつてはメニューの原産地情報を積極的に公開していたが、2008年(平成20年)時点では公開しているメニューは少ない。2008年(平成20年)4月現在のキャンペーン商品である「唐揚げ」や、長寿商品の「ビビン丼」も掲載されていない。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/1/17現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限は購入券種によって異なります。購入ページの有効期限をご確認ください。

Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/foods/matsuya/index.html on line 270 Warning: include(../../common/faq/faq_jousenken.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/foods/matsuya/index.html on line 270 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_jousenken.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/foods/matsuya/index.html on line 270
ページトップへ