KDDI国際テレホンカード1050円券10枚セットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >KDDI国際テレホンカード1050円券10枚セット販売(購入)

商品検索
KDDI国際テレホンカード1050円券10枚セット
(2012年3月19日現在のデザイン)

KDDI国際テレホンカード1050円券10枚セット

国際電話にご利用いただけるプリペイドカード1050円分です。
詳細はこちら

  • KDDI国際テレホンカード1050円券10枚セットの購入はこちら
ご利用案内

国際電話にご利用いただけるプリペイドカード1050円分です。
詳細はこちら

KDDI概要

2000年に第二電電 (DDI) 、ケイディディ (KDD) 、日本移動通信 (IDO) が合併し、株式会社ディーディーアイ(略称・KDDI)として発足する。2002年11月に現社名の「KDDI株式会社」に変更。

NTTの最大のライバル企業、いわゆる新電電 (NCC) の最大手として認知されているが、前身企業のひとつで、合併時に多くのインフラや資産が継承された旧・国際電信電話(国際電電、KDD)があり、1953年に国際通信網整備のために旧・電電公社から分離・設立された特殊会社であったため、事実上はNTTと同根の企業ともいえる。

KDDIスーパーワールドカード

KDDIスーパーワールドカード(ケイディーディーアイスーパーワールドカード)とは、KDDIが発売する国内・国際電話のプリペイドカードである。後述する@ca(エーカ)は、電子マネーのプリペイドカードとしての側面もある。

本カード使用による日本国内の固定電話発着(公衆電話も含む)の通話料金は「全国一律に6秒ごとに2円」である。長距離通話ではNTT東西の公衆電話料金よりも格段に安く、また市内通話でも短時間(24秒以内)なら同様である。しかしダイヤルする総桁数が膨大になることや、携帯電話等の普及によりあまり知られていない。また最近のピンク電話では本カードを利用できないものも増えつつある(最初の「00」をダイヤルした時点で「この番号にはかけられません」などと表示され拒否される)。

日本国外におけるKDDI

1970年代後半から1980年代後半に、旧KDDの日本国外での現地法人として、主に日本人、日本法人向けに開業したのが始まりである。主に国際通信サービス、国際電報、データセンター (TELHOUSE) などのシステムインテグレーション、 ANDROMEGAやGlobridgeなどの国際通信網を活用したICTインフラのコンサルティングおよび構築、運用、保守、現地通信サービス導入時のサポート、各種通信機器の提供、インターネットサービス、携帯電話の貸し出し、帰国時のサービス移行手続き、国際オペレーション通話、KDDIの海外におけるカスタマーセンター(ヘルプデスク)業務(日本語対応)などを行っている。

種類

・500円カード=500円分
・1000円カード=1050円分
・3000円カード=3200円分
・5000円カード=5350円分
・7000円カード=7850円分

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/19現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_prepaid.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/com/kddi1050/index.html on line 211 Warning: include(../../common/faq/faq_prepaid.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/com/kddi1050/index.html on line 211 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_prepaid.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/com/kddi1050/index.html on line 211
ページトップへ