東海汽船/久里浜/チケットの格安印紙を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >東海汽船/久里浜/チケット販売(購入)

商品検索
東海汽船/久里浜/チケット
(2012年3月16日現在のデザイン)

東海汽船/久里浜/チケット

東海汽船の全航路の全等級を1区間1名に限り、35%割引にて利用できます(7月~8月は25%割引)。

  • 東海汽船/久里浜/チケットの購入はこちら
ご利用案内

東海汽船の全航路の全等級を1区間1名に限り、35%割引にて利用できます(7月~8月は25%割引)。

東海汽船

東海汽船株式会社(とうかいきせん)は、日本の海運会社。東京と伊豆諸島などを結ぶ航路を運航している。

概要

関連会社の伊豆諸島開発(伊豆諸島の各島間などのローカル航路)・神新汽船(下田から各島への航路)・伊豆七島海運(貨物航路)と一体的な航路運営を行っており、他の関連会社を含めて伊豆諸島および小笠原諸島への海運をほぼ独占している。また、主力の海運業の他にも子会社などを通じて、路線バスの運行(伊豆大島)・ホテル経営(同上)および、各島へのセメントや燃料等の販売なども手がけている。

歴史
江戸時代
平作川の河口に位置する久里浜は、もともと沼地であまり人も住まない地であったが、1660年(万治3年)に砂村新左衛門が8年間かけ新田(内川新田)を開発した。難工事だったらしく地元には人柱伝説も残っている。しかし工事のおかげで飛躍的に石高が上昇したという。 嘉永6年(1853年)6月3日浦賀にある浦賀奉行が協議の結果 来航したペリー艦隊の陸戦隊300人と交渉し、この地でアメリカ側の国書を受け取った。当時の久里浜はただの漁村だったというが、岬を隔てて浦賀に隣接し、大人数が集結するに適した浜があったため上陸の地に選ばれた。
明治 - 敗戦
維新後は帝都防衛の要として横須賀の他の地域同様軍事施設が多く作られた。1938年(昭和13年)に現在の久里浜駐屯地の前身にあたる海軍通信学校が開校した。1942年(昭和17年)に東京急行電鉄(大東急)により、久里浜駅(現在の京急久里浜駅)が開業する。2年後の1944年(昭和19年)に軍事目的で建設された横須賀線久里浜駅が開業する。
戦後・現在
敗戦後、旧日本軍施設は米軍に接収されたのち返還され、法務省、国土交通省、自衛隊など国の施設・研究所、文教施設、工業団地などに生まれ変わった。埋め立て地には3本煙突がランドマークとなっている横須賀火力発電所が立地し、東京湾フェリーの就航によって房総半島への玄関口としての役割も担うようになった。残っていた田畑は姿を消し、平野だけでなく丘陵部にも宅地開発が進んだ。このため東京、横浜のベッドタウン化が進み人口は急激に増加した。現在はくりはま花の国やペリー公園など観光施設の整備、『久里浜ペリー祭』といったイベントの開催など、『開国の街』として魅力的な町づくりが進められている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/5/10現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_inshi.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/busship/tokaikisen_kurihama/index.html on line 188 Warning: include(../../common/faq/faq_inshi.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/busship/tokaikisen_kurihama/index.html on line 188 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_inshi.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/busship/tokaikisen_kurihama/index.html on line 188
ページトップへ