外国ビールが格安ビール券で安いの格安チケットを販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >外国ビールが格安ビール券で安い販売(購入)

商品検索
外国ビールが格安ビール券で安い
(2012年7月30日現在のデザイン)

ビール券 大瓶 10枚セット

アサヒ、キリン、サッポロ、サントリーやその他のメーカーの商品と交換出来ます。
※発行元はお選びいただけません。
予めご了承ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • 外国ビールが格安ビール券で安いの購入はこちら
ビール券

ビール券(ビールけん)とは、日本全国共通で流通する金券(商品券)の一種である。2011年1月現在、全国の酒屋の協同組合である全国酒販協同組合連合会(全酒協)が発行している。
かつては大手ビールメーカ各社(アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリー)も発行していたが、いずれも撤退し取り扱っておらず、全酒協のみが発行している。

歴史

ビールの全国流通券は、1969年(昭和44年)にアサヒビールが発行を開始、翌1970年にキリンビール、サッポロビール、サントリーの三社が参入した。さらに1971年(昭和46年)には全酒協が参入。
しかし、量販店台頭の影響などによるビール価格のオープン価格化とビール券制度そのものの持つ不具合や利用者からの苦情などが相次ぎ、2005年(平成17年)3月末をもってアサヒ、キリン、サントリーの三社が撤退。
その後、サッポロと全酒協の二社が大瓶633 ml 2本券と缶ビール350 ml 2本券の発行を継続したが、2009年(平成21年)2月末で諸経費の上昇を理由にサッポロも撤退を表明[8]。2009年(平成21年)3月からは全酒協一社の発行となった。
なお、手持ちの券は基本的にいつでも利用できるが、全酒協は2005年(平成17年)10月発行の券より有効期限を設定している。

世界的なビール製造企業・グループ

世界的な規模のビール製造会社は他国へ直接の資本進出を行ったり、各国の地場ビール会社を資本支配下に収め、あるいは資本提携を行う事で進出を行っている。また、世界的なブランドは直接ブランド所有会社との資本関係にはなくとも各国の企業によるライセンス製造が行われるケースもある。

単純に計算すると上位5グループで世界の生産量の50%近くを占めることになる。InBev社の主張によれば2005年には同社グループの生産量は世界のマーケットシェアの14パーセントの生産量を占めていると主張している。ただし、例えばカナダではInBev社系列のラバット社がバドワイザーを製造しているようにブランドと企業の入り繰りも存在している。また、オーストラリアや日本のように民族資本が強力な場合には進出の程度が輸出あるいはライセンス製造に留まっているケースもある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/7/30現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_special.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/beer/10/index.html on line 202 Warning: include(../../common/faq/faq_special.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/beer/10/index.html on line 202 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_special.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/beer/10/index.html on line 202
ページトップへ