コンビニで使えるビール券の格安チケットを販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >コンビニで使えるビール券販売(購入)

商品検索
コンビニで使えるビール券
(2012年7月30日現在のデザイン)

ビール券 大瓶 10枚セット

アサヒ、キリン、サッポロ、サントリーやその他のメーカーの商品と交換出来ます。
※発行元はお選びいただけません。
予めご了承ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • コンビニで使えるビール券の購入はこちら
ビール券

ビール券(ビールけん)とは、日本全国共通で流通する金券(商品券)の一種である。2011年1月現在、全国の酒屋の協同組合である全国酒販協同組合連合会(全酒協)が発行している。
かつては大手ビールメーカ各社(アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリー)も発行していたが、いずれも撤退し取り扱っておらず、全酒協のみが発行している。

歴史

ビールの全国流通券は、1969年(昭和44年)にアサヒビールが発行を開始、翌1970年にキリンビール、サッポロビール、サントリーの三社が参入した。さらに1971年(昭和46年)には全酒協が参入。
しかし、量販店台頭の影響などによるビール価格のオープン価格化とビール券制度そのものの持つ不具合や利用者からの苦情などが相次ぎ、2005年(平成17年)3月末をもってアサヒ、キリン、サントリーの三社が撤退。
その後、サッポロと全酒協の二社が大瓶633 ml 2本券と缶ビール350 ml 2本券の発行を継続したが、2009年(平成21年)2月末で諸経費の上昇を理由にサッポロも撤退を表明[8]。2009年(平成21年)3月からは全酒協一社の発行となった。
なお、手持ちの券は基本的にいつでも利用できるが、全酒協は2005年(平成17年)10月発行の券より有効期限を設定している。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストア (convenience store) とは、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食品、日用雑貨など多数の品種を扱う形態の小売店である。
略称は「コンビニ」「CVS」などで、これらの略称が定着する前の1980年代以前には「コンビ」「深夜スーパー」などという呼び方もされた。

多くの場合、大手資本によるチェーン店舗として展開されている。
日本の経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。

なお、コンビニエンスストアの名称は、日用に供する食品・商品=コンビニエンス商品を扱う店と言う意味であったが、日本では利便性=コンビニエンスの店とされている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/7/30現在

商品FAQ
Q.有効期限はありますか?
  • 有効期限がございます。

Warning: include(../../common/faq/faq_special.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/beer/03/index.html on line 207 Warning: include(../../common/faq/faq_special.inc): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/beer/03/index.html on line 207 Warning: include(): Failed opening '../../common/faq/faq_special.inc' for inclusion (include_path='.:') in /var/www/vhosts/access-ticket.com/httpdocs/sell/beer/03/index.html on line 207
ページトップへ