甲府・竜王-新宿発着 特急あずさチケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >甲府・竜王-新宿発着 特急あずさチケット販売(購入)

商品検索
甲府・竜王-新宿発着 特急あずさチケット

甲府・竜王-新宿発着 特急あずさチケット

特急あずさの普通車指定席がご利用になれるチケットです。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 甲府・竜王-新宿発着 特急あずさチケットの購入はこちら
ご利用案内

特急あずさの普通車指定席がご利用になれるチケットです。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

あずさ (列車)

1966年(昭和41年)12月12日に新宿駅 - 松本駅間で1日2往復で運転を開始した特急列車である。

1977年(昭和52年)3月25日に販売開始された、兄弟デュオの狩人が歌ったデビュー・シングル『あずさ2号』が大ヒットしたこともあり、一時的に「あずさ」の利用客が増えるなど、沿線利用者や鉄道ファン以外でも知名度は高い。

1986年(昭和61年)11月1日に「かいじ」などを廃止して、一部の急行「アルプス」を特急「あずさ」に格上げしたが、1988年(昭和63年)3月13日に「あずさ」の甲府駅発着列車を再び「かいじ」に分離している。

1993年(平成5年)12月23日には振り子式車両であるE351系電車の使用を開始し、同車を使用した列車は1994年(平成6年)12月3日から「スーパーあずさ」として運転を開始した。

甲府駅

甲府駅(こうふえき)は、山梨県甲府市丸の内一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)の駅。

乗り入れ路線

当駅の所属線となっている中央本線と、当駅を終点とする身延線の2路線が乗り入れている。1987年4月の国鉄分割民営化までは、両路線とも日本国有鉄道の路線であったが、分割民営化によって中央本線の当駅を含む塩尻駅以東の区間はJR東日本、身延線はJR東海の管轄となり、当駅はJR東日本とJR東海の境界駅となった。当駅はJR東日本八王子支社の管轄であり、身延線下り場内信号機に会社境界が設置されている。

駅構造

橋上駅で、舞鶴城跡の一部にある。南口に接して単式ホーム1面1線、その北側に島式ホーム1面2線が置かれ、南口側から1番線、2番線、3番線の順に付番されている。さらに単式ホームの東寄りには、駅舎の脇と1番線の脇に切欠ホームがそれぞれひとつずつあり、計4面5線となる。切欠ホームのうち1番線に近い方が5番線、南口に近い方が4番線である。開業時から長年にわたり4番線は欠番となっており、代わりに6番線が存在したが、2010年7月15日に変更された。すべての番線が身延線へ(から)直通できる構造になっているが、現在は中央本線と身延線相互間の定期直通列車は存在しない。なお、中央本線ホームである番線から身延線へ進入する出発信号機、身延線から中央本線への場内信号機は使用停止ではなく現在も常時稼動している。

かつては4番線のさらに南寄りに身延線用のホームが存在し、現行の4・5番線の位置には側線が存在していただけであった。旧身延線ホームは、多くは更地になり甲府市に売却されて公園となったものの、残った区画には2005年まで一部が残存しており標識等も残っていたが、その後解体されて消滅した。また、1番線と2番線の間と3番線の外側にそれぞれホームがない線路が1線ずつあり、貨物列車が旅客列車を待避するために使用される。駅から1.5キロメートルほど西側には、JR東日本甲府運輸区の車両留置線がある。

JR東海身延線の線路・ホーム・その他設備を含む駅構内全般はJR東日本が所有し、出改札等の駅業務全般をJR東日本が担当している。ただし直通運転や法的にJR東海の第二種鉄道事業(他社線路使用)ではない。

構内北側に旧・日本国有鉄道(国鉄)甲府機関区が、南口ロータリーの西側には1面2線の貨物ホームや貨車仕分け線などがあった。コンテナなども取扱う大規模な駅であったが、1984年に貨物取扱は廃止され、その後1988年に新たなコンテナ取扱駅として竜王駅が整備された。なお、これらの跡地の再開発は長年にわたり進んでいなかったが、2000年代に入ってから歴史公園などが整備されている。

ホーム上は1番線と2・3番線にNEWDAYS(コンビニエンスストア)、KIOSK、駅弁販売所、個室タイプの待合室と喫煙ルーム[2]が設置されている。一方、4・5番線にはベンチと自動販売機のみ設置されている。現駅舎竣工から長い間改札内コンコースを結んでいたのは階段のみであったが、バリアフリー対応の一環で2010年7月15日までに1番線新宿方面および2・3番線松本方面にエレベーターとエスカレーターが設置された。

駅事務室や自動改札口、びゅうプラザ(営業時間6:00 - 22:00[3])などを備えた橋上駅舎は、南口の駅ビル「エクラン」の2階に接している。北口へは橋上駅舎から跨線橋が伸びており、通路にはコインロッカーとVIEW ALTTE(ATM)が設置されている。近距離乗車券等の自動券売機には、JR移行直後にはJR東日本区間とJR東海区間を区別する機能があった。

当駅はJR東日本東京圏輸送管理システム (ATOS) 導入の最西端の駅となる。

駅ビル「エクラン」は1986年(昭和61年)の「かいじ国体」開催にあわせ、1985年(昭和60年)10月に改築完成したものである。以前は戦前からの木造平屋の駅舎を持ち、1番線を除く中央本線各ホームへは跨線橋でアクセスしていた。この跨線橋はかなり古いものであった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/9現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安あずさ回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

ページトップへ