上諏訪・下諏訪-新宿発着 特急あずさチケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >上諏訪・下諏訪-新宿発着 特急あずさチケット販売(購入)

商品検索
上諏訪・下諏訪-新宿発着 特急あずさチケット

上諏訪・下諏訪-新宿発着 特急あずさチケット

特急あずさの普通車指定席がご利用になれるチケットです。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 上諏訪・下諏訪-新宿発着 特急あずさチケットの購入はこちら
ご利用案内

特急あずさの普通車指定席がご利用になれるチケットです。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

あずさ (列車)

1966年(昭和41年)12月12日に新宿駅 - 松本駅間で1日2往復で運転を開始した特急列車である。

1977年(昭和52年)3月25日に販売開始された、兄弟デュオの狩人が歌ったデビュー・シングル『あずさ2号』が大ヒットしたこともあり、一時的に「あずさ」の利用客が増えるなど、沿線利用者や鉄道ファン以外でも知名度は高い。

1986年(昭和61年)11月1日に「かいじ」などを廃止して、一部の急行「アルプス」を特急「あずさ」に格上げしたが、1988年(昭和63年)3月13日に「あずさ」の甲府駅発着列車を再び「かいじ」に分離している。

1993年(平成5年)12月23日には振り子式車両であるE351系電車の使用を開始し、同車を使用した列車は1994年(平成6年)12月3日から「スーパーあずさ」として運転を開始した。

上諏訪駅

東京方面から来た場合、山岳地帯を走り終え、眼下に諏訪湖を眺められるようになると当駅に到着する。諏訪湖観光はもとより、霧ヶ峰高原・高島城の最寄り駅ともなっており、また駅周辺には上諏訪温泉が湧出し温泉宿が軒を連ねることから、多くの観光客が訪れる。当駅の1番線ホームにも足湯があり、列車を眺めながら浸かることができる(後述)。毎年夏には諏訪湖畔で諏訪湖祭湖上花火大会、全国新作花火競技大会が行われ、当日は臨時改札口も設けられ多くの人で混雑する。このように多くの観光の拠点となっていることから、特急「あずさ」、「スーパーあずさ」、臨時で延長される「かいじ」、また臨時特急「はまかいじ」、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線から直通する普通列車など、当駅を経由するすべての旅客列車が停車する。

当駅の名前の由来は、開業時の町名・上諏訪町である。周辺の村と合併し現在の諏訪市となったのは1941年(昭和16年)8月10日でありかなり歴史の古い市であるが、駅名は当時の町名のままとなっている。しかし諏訪市唯一の駅として、また観光の拠点として機能している。

中央本線(中央東線)の単線区間中にある。駅西口には、松本運輸区上諏訪支区が置かれ、中央本線の運転上の拠点となっている。標高は約761.9メートルで、諏訪湖畔にある岡谷・下諏訪・上諏訪の3駅中では最も低い。

駅構造

駅舎に接して単式ホーム1面1線、その奥に島式ホーム1面2線の、あわせて2面3線を有する地上駅。駅舎は、国道20号沿いにあり、常設唯一の改札口である東口(愛称「霧ヶ峰口」)改札を有する。西口(愛称「諏訪湖口」)に常設の改札口は無い(近隣のイベント開催時のみ開設される)。西口と東口の連絡のため、国道20号の横断歩道橋を兼ねた自由通路が駅舎外に設置されている。エレベーターが設置されており、車椅子等での利用も可能である。

駅舎は1950年(昭和25年)3月完成の2階建てで、数度の改修を経て使用されている。駅としての機能は1階部分に集まっている。また、改札口につながるホームを含め、各ホームともエレベーターが設置されている。

改札口には4通路の自動改札機(Suicaは利用できない)が設置されている。改札の外には、みどりの窓口1窓口、自動券売機4機、指定席券売機2機、待合室が設置されている。みどりの窓口上には上下の直近各3本の列車の案内等のための発車標が設置されている。コンコースの待合室脇にはコンビニエンスストア「NEWDAYS MINI」がある。以前はそれぞれ1番線ホームからも利用できたが、現在はどちらもホーム側からは利用できない。このほかホーム上には、飲料の自動販売機が設置されている。

改札の中には、二つのホームを結ぶ跨線橋が2本があり、下諏訪方面の跨線橋にはエレベーターが、茅野方面の跨線橋の1番線側脇にはトイレが設置されている。喫煙所は茅野方面の各ホーム端にある。当駅名物の足湯は1番線ホーム上の下諏訪寄りにある(足湯についての詳細は後述)。 利用客の注意を促すため、列車接近表示機及び接近自動放送、発車ベルと発車放送が整備されているが、次に到着・発車する列車を案内するような旅客案内用の電光掲示板や自動放送は整備されていなかったが、2008年12月下旬頃に2・3番線ホームにある階段付近に電光掲示板が設置され、2009年(平成21年)1月下旬より稼働している。なお、最大12両の特急列車が停車するため、ホームはいずれもこれに対応できるだけの長さを持っている。

駅舎外には、東口に喫茶店「タリーズコーヒー上諏訪店」(駅舎内待合室などとつながっている)、旅行センター「びゅうプラザ上諏訪」が営業している。トイレは、東口は駅を出て茅野駅側、東西自由通路のエレベーター脇に設置されており、西口は自由通路階段を下りて直進した突き当たりに設置されている。東口には多目的トイレも設置されている。

3番線を利用し、特急列車と普通列車の間で緩急接続がとられる。

かつては「上諏訪機関区」が置かれ蒸気機関車の基地となっていたので、その名残で構内が広い。中央本線や、飯田線から乗り入れる一部の普通列車、快速列車の始発・終着駅となっており、3本の側線が留置に使われている。車両の入換は、入換用の線路長の関係で、茅野駅方で6両、下諏訪駅方で4両までの編成に制限される。茅野駅方では踏切を横切るために、自動車、歩行者等の交通を遮断する必要があるが、下諏訪方では踏切を通らないため、交通に支障は出ない。

足湯

上諏訪駅の1番線ホーム脇には上諏訪温泉がひかれている。かつてはこれを利用した露天風呂形式の公衆浴場が設置されておりマスコミにもたびたび取り上げられたが、2002年(平成14年)にこれを足湯に改装され、脱衣の手間なく気軽に利用できるようになったほか、一度に利用可能な人数が増加した。湯は50°C前後の熱めで、足のみを暖める足湯としては一般的な湯加減である。

利用後に足を拭くタオルなどは備え付けられていないので、利用者自身で用意する必要がある。コンコースのNEWDAYSにはオリジナルのタオルが販売されている。また、更衣室が設置されている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/9現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安あずさ回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

ページトップへ