茅野・富士見-新宿発着 特急あずさチケットの格安券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

金券ショップ アクセスチケットトップページ >茅野・富士見-新宿発着 特急あずさチケット販売(購入)

商品検索
茅野・富士見-新宿発着 特急あずさチケット

茅野・富士見-新宿発着 特急あずさチケット

特急あずさの普通車指定席がご利用になれるチケットです。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

  • 茅野・富士見-新宿発着 特急あずさチケットの購入はこちら
ご利用案内

特急あずさの普通車指定席がご利用になれるチケットです。駅の指定席券売機または「みどりの窓口」にて日付・時間・席をご指定ください。
以下の期間はお使い頂けません。ご注意ください。
・4/27~5/6
・8/11~8/20
・12/28~1/6

あずさ (列車)

1966年(昭和41年)12月12日に新宿駅 - 松本駅間で1日2往復で運転を開始した特急列車である。

1977年(昭和52年)3月25日に販売開始された、兄弟デュオの狩人が歌ったデビュー・シングル『あずさ2号』が大ヒットしたこともあり、一時的に「あずさ」の利用客が増えるなど、沿線利用者や鉄道ファン以外でも知名度は高い。

1986年(昭和61年)11月1日に「かいじ」などを廃止して、一部の急行「アルプス」を特急「あずさ」に格上げしたが、1988年(昭和63年)3月13日に「あずさ」の甲府駅発着列車を再び「かいじ」に分離している。

1993年(平成5年)12月23日には振り子式車両であるE351系電車の使用を開始し、同車を使用した列車は1994年(平成6年)12月3日から「スーパーあずさ」として運転を開始した。

富士見駅

富士見駅(ふじみえき)は、長野県諏訪郡富士見町富士見にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線の駅である。

駅構造

駅舎に接して単式ホーム1面1線、その奥に島式ホーム1面2線、あわせて2面3線を持つ地上駅。二つのホームは屋根つきの跨線橋で結ばれているが、エレベーター、エスカレータ等のバリアフリー施設は設置されていない。のりばは駅舎側から1番線、2番線、3番線である。

直営駅(駅長配置)であり、管理駅として信濃境駅・すずらんの里駅を管理している。駅舎は木造平屋建てで、三角屋根が特徴的である。内部には待合室、コンコースのほか出札口(みどりの窓口、営業時間 6:00 - 19:00)、待合室および駅舎の外から利用が可能な立ち食いそば屋がある。自動券売機は設置されているが、自動改札機の設置は無い。

特急「スーパーあずさ」はすべて通過するが特急「あずさ」の一部とすべての普通列車が停車する。当駅折り返しの列車が少数ながら設定されている。

駅周辺

富士見町の中心集落に位置する。駅前は広く広場がある。駅舎から外を望んで左側(甲府・新宿方面)に南北自由通路がある。富士見町内にある3駅では最も利用者数が多く、街の中心となっている。
駅前広場からは八ヶ岳が望める。高原に位置するため、気候は比較的冷涼である。
・富士見パノラマスキー場
・入笠山
・富士見町役場
・富士見町図書館
・長野県富士見高等学校(標高967m、日本最高所にある高等学校)
・富士見町立富士見高原中学校
・富士見町立富士見小学校
・富士見高原病院
・塩沢温泉 - 当駅からバスの便あり、30分ほど
・国道20号
・電車に乗り、小淵沢方面へ1kmほど行き、乙事トンネルを抜けると左側に中央本線の旧線が見える(立場川橋梁)。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/3/9現在

商品FAQ
Q.事前に手続きが必要ですが?
  • 指定席回数券をご利用の場合は、みどりの窓口または券売機で 座席指定のお手続きが必要です。

Q.有効期間はありますか?
  • 有効期間について特に記載のない場合は1か月以上期間が残っている回数券でのご 案内となります。

Q.いつでも利用できますか?
  • 下記期間は格安あずさ回数券をご利用いただけません。
     ・ゴールデンウイーク期間中:4月27日~5月6日
     ・お盆期間中:8月11日~8月20日
     ・年末年始期間中:12月28日~1月6日

ページトップへ